胃袋 向き。 消化に良い寝方を徹底解説!向きは左右どちらを下にする!?

猫が吐くのは病気?正常?~嘔吐の原因から発生メカニズムまで

胃袋 向き

食後は横になるのが消化とダイエットにいい! 誰しも聞いた事があるであろう 「食べた後すぐに寝たら牛になるよ」という言葉。 これ、実は間違っています。 古人が食べた後すぐに横になるのは行儀が悪いということで、しつけの意味で使ったようですが、消化のことを考えれば、食後は横になるべきなんです。 実は食後に身体を動かすと筋肉に血液が循環する為、消化を行っている胃腸に血液が回らなくなります。 そうなると消化不良を起こしてしまい、身体に悪影響を及ぼします。 例えば、学校で給食を食べた後に走ったりすると横腹が痛くなるということは、多くの人が経験していると思いますが、これが、まだ消化が不十分なので、体を休ませるようにという信号が脳から送られているからなのです。 食後に横になることで、肝臓へ血液が循環されるので、肝臓の負担を減らす事が出来て疲労も最小限で済みます。 肝臓の解毒効果を促す為にも、代謝を上げる為にも、食後は横になる方が医学的には健康的とされているのです。 とはいえ、食べた後にすぐ睡眠に入ってしまうのは良くありません。 食後すぐに寝てしまうと、体に脂肪を蓄積しやすくなるので、食事は就寝の3時間前には食事を済ませておくのが理想です。 ゴロ寝は肝臓の代謝も上げてくれますから、ダイエットにも効果があると言われています。 肝臓は基礎代謝の内二割を占めているので、ごろ寝をしながら適度な運動を続ければ、ダイエットが出来るなんて手軽ですし、簡単なダイエットですよね。 横になる向きは右下?左下? 食後に横になるのは、体に良いことだということがわかりましたが、横になる時は右、左どちらを下にして横になるのが良いのでしょうか。 これには諸説ありますが 「右を下にして横になる」というのは、昔からよく言われていて、とあるアンケートでも7割近くの方が「右下」と答えています。 その理由は胃の形にあります。 胃は左側に大きく膨らんでいるので、左を下にすると胃の中に食べ物が溜まってしまいますが、右を下にすると、胃の中に溜まらずに胃から腸までの流れをスムーズにすると考えられています。 しかし、最近では食後すぐなら 「左を下にして横になる」のが正しいと言われています。 食べ物が胃に入るとまず胃の上部に溜まり、それを少しずつ消化しながら、徐々に右側にある胃の出口、腸の入り口に流れていきます。 食べてすぐに右を下にすると食べ物が逆流してしまう恐れがあるそうです。

次の

逆流性食道炎で眠れない!横になる時・寝る向きや体勢は?寝る前にヨーグルトがいい理由

胃袋 向き

スポンサードリンク 内臓のイメージといえば、小学校の理科室にある人体模型でしょうか。 なんとなく心臓が真ん中に合って、その両横に肺があって、腸は下の方・・・。 といった、 「何となくのイメージ」という方がほとんどだと思います。 私は大学のときから人体解剖などを行い、解剖学の知識を養ってきたので分かりますが、一般の方にとってはブラックボックスになっていることでしょう。 内臓は昼も夜も私たちが活動するために、見えないところで働いてくれています。 休みなく働いていれば、どこかで不具合が生じることもあるでしょう。 そんなとき、それぞれの内臓がある場所を知っていればいち早く異変に気づくことができるかもしれません。 そこで今回は、それぞれの 内臓の位置がどのようになっているのか、解剖図を交えて解説していきます。 また、各臓器の機能についても簡単に触れていきます。 それぞれの臓器の詳しい解説はリンクを貼っていますので、そちらをご確認いただくとより理解が深まると思います。 臓器の配置は、 意味があってそこに位置しています。 解剖学を学ぶと面白い発見が多いです。 ぜひご覧ください。 もくじ• 内臓の位置と名称について 全体像と各臓器の位置を図でチェック! まずは、内臓の全体像から観察してみましょう。 内臓の全体像 内臓は、このような位置関係となっています。 骨格と筋肉を取りのぞくと、このように見えます。 正面からは確認できない臓器もあるので、後面からの図も見てみましょう。 上図の通り、腎臓、膵臓、脾臓などは正面からの解剖図では確認しにくいです。 しかし、後面からの図ではよく観察することができます。 続いては、各臓器について解説していきます。 肺の位置 上から順に、まずは肺【はい】です。 肺は、下図のように 左右両側にあります。 口や鼻から吸った空気が肺に流れ込み、空気から 酸素を取り込み、 二酸化炭素を排出しています。 左右の肺の大きさを比べると 右の肺に比べて、左の肺がやや小さめになっています。 下側からの図だと、大きさの違いが分かりやすいです。 画像に向かって右側が左肺、向かって左側が右肺になっています。 左肺が少しえぐれるようになっているのが、お分かりになるでしょうか? これは中心にある心臓が、やや左側によっているためです。 やや大きめの 右肺は上葉【じょうよう】、中葉【ちゅうよう】、下葉【かよう】という3つブロックに分かれますが、 左肺は上葉と下葉の2ブロックだけです。 ちなみに 誤嚥性肺炎【ごえんせいはいえん】は右肺に多いのですが、これは気管支の太さや肺へ侵入する角度が違うため起こることです。 わずかですが右の気管支の方が太く、真っすぐに近い角度となっているため誤嚥した物が入っていきやすいのです。 一方、左気管支は右気管支よりも曲がっているので、誤嚥した物が入りにくくなっています。 そのため、左に比べて右肺の方が誤嚥性肺炎を起こしやすいのです。 肺の位置や機能については、こちらの記事でより詳しく解説しています。 参照) 心臓の位置 続いて心臓です。 心臓【しんぞう】は胸のほぼ真ん中に位置します。 骨格を外すとこのような外観です。 心臓の働きは、ポンプの働きで全身に血液を循環させることです。 心臓は握りこぶし程度の大きさですが、 約1分程度で全身の血液が循環します。 心臓は筋肉でできており、これを心筋と呼びます。 心臓は4つの部屋に分かれており、静脈血と動脈血が混ざらず、逆流することのない仕組みになっています。 その4つの部屋にはそれぞれ右心房【うしんぼう】、右心室【うしんしつ】、左心房【そしんぼう】、左心室【さしんしつ】と名前が付いています。 さらに心臓には弁が付いており、血液が心臓内をうまく循環するのに役立っています。 右心房と右心室の間にあるのが三尖弁【さんせんべん】、右心室と肺動脈の間にあるのが肺動脈弁【はいどうみゃくべん】、左心房と左心室の間にあるのが僧帽弁【そうぼうべん】、左心室と大動脈の間にあるのが大動脈弁【だいどうみゃくべん】です。 自律神経の働きにより、運動したときや緊張したときなどには、拍動が早くなり血液をより早く循環させるようになります。 心臓の位置や機能については、こちらの記事でより詳しく解説しています。 参照) 胃の位置 食べ物を消化するのが胃【い】の役割です。 胃での消化がしっかり行われないと、この先にある腸での栄養吸収が上手く行われません。 胃については、こちらの記事でも位置と働きを詳しく書いています。 参照) 肝臓の位置 肝臓【かんぞう】は右のわき腹、肋骨の辺りにあります。 骨格を外すと下図のようになっています。 肝臓は内臓の中でも最大の臓器です。 5㎏ほどの重さがあり、 その機能は500以上あります。 解毒や 代謝、 栄養素の貯蔵などその働きは多岐にわたります。 重要な臓器であるとともに、強靭な臓器でもあるのが肝臓です。 肝臓は全体の 70%が失われても機能し、なおかつ 再生能力も備えています。 肝臓については、こちらの記事でも位置と働きについて詳しく書いています。 参照) 胆のうの位置 胆のう【たんのう】は肝臓の下に位置しています。 肝臓の下にある緑色の袋状のものが胆のうです。 胆のうは胆道と呼ばれる管を通して肝臓や膵臓とつながっています。 胆道は部位別に名前が細かく別れています。 胆のうの主な役割は肝臓から排出される胆汁を貯めておくことです。 胆汁は食べ物に含まれる脂肪を乳化といって、吸収できる状態にする働きがあります。 ですから、脂肪ぶんのある食べ物を食べると胆汁が分泌されます。 このとき消化酵素を多く含む膵液とも胆道を通じて混ざり合わさり、十二指腸の大十二指腸乳頭(ファーター乳頭)から分泌されます。 胆のうについては、こちらの記事でも位置と働きについて詳しく書いています。 参照) 膵臓の位置 膵臓は他の内臓と比べて、背中側に位置しています。 癌に侵されると 外科手術がしにくい位置であるため、予後不良になることがあるのが特徴です。 膵臓は 高性能の消化液を分泌する臓器です。 その消化液は膵液と呼ばれ、十二指腸で分泌され タンパク質、脂肪、糖質を全て分解できるのです。 また生活習慣病である糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンが出にくくなったり、効きが悪くなることによって起こる病気です。 膵臓の位置や機能については、こちらの記事でより詳しく解説しています。 参照) 腎臓の位置 腎臓【じんぞう】はへそよりも上に、 左右一対で位置しています。 左側に比べて、 右側の方がやや下に位置しているのは、右側に肝臓があるためです。 腎臓は血液中の有害物を尿として排出したり、水分量をコントロールすることで 血圧の調節もします。 肝臓と腎臓はともに 毒を分解したり、 排泄したりして体に欠かせない重要な臓器です。 ちなみに現代人にとって毒というと、食品添加物や野菜などにかかっている農薬も含まれます。 肝臓や腎臓を労わるためには、食べ物も見直す必要がありそうですね。 腎臓については、こちらもご覧ください。 参照) 脾臓の位置 脾臓【ひぞう】は左の肋骨下にあり、握りこぶし程度の大きさがあります。 骨格を外すとこのように見えます。 健康な状態の脾臓は、スポンジのように柔らかい臓器です。 脾臓には 白脾髄と 赤脾髄という組織があります。 白脾髄は、病原菌などを退治する リンパ球を作り、免疫の働きを高めています。 赤脾髄にも、免疫系の働きがありますが、それに加えて古くなった 赤血球を集めて、分解する働きがあります。 つまり、 血液をきれいにする働きがあるということです。 さらに赤脾髄には、 血液の成分をためておく機能もあります。 普段、意識されることの少ない臓器ですが、重要な機能がある臓器です。 脾臓の位置や機能は、こちらの記事でより詳しく解説しています。 参照) 小腸の位置 消化した栄養素を吸収するのが小腸【しょうちょう】の役割です。 つまり、腸が健康でなければ、いくら食べ物を食べても、消化しても、身体は栄養を取り込むことができないということです。 腸が健康であってこそ、全身の健康や命を繋ぐことができているのです。 まさに、小腸は命の中心ということができます。 小腸の位置ですが、内臓の中でも下方に位置して、 6~7mほどの筒状になっています。 すべてのひだを広げると、 テニスコート1面分の広さになると言われています。 表面積を大きくすることで、少しでも多くの栄養素を吸収するための工夫なのです。 小腸は3つの部位に分けることができます。 十二指腸【じゅうにしちょう】、空腸【くうちょう】、回腸【かいちょう】です。 それぞれ画像で見てみましょう。 まずは十二指腸です。 黄色く着色されているところが十二指腸です。 赤丸はトライツ靭帯です。 トライツ靭帯より口側が十二指腸、肛門側が空腸となります。 続いて空腸です。 黄色く着色されているところが空腸です。 続いて回腸です。 黄色く着色されているところが回腸です。 回腸から大腸へとつながっていきます。 小腸については、こちらの記事でも詳しく解説しています。 参照) 大腸の位置 数々の内臓の一番最後に位置するのが大腸です。 大腸は小腸の周りをぐるっと囲むように位置します。 大腸は小腸で栄養を吸収された残りカスから、 水分を吸収しながら便をつくる臓器です。 長さは1. 5〜1. 6m程度です。 体への重要な働きとして、大腸内には 約600~1000兆匹もの腸内細菌がいます。 近年の研究でこの腸内細菌が、人の健康に大きくかかわっているということが明らかになりつつあります。 腸内細菌の種類によって、宿主の性格まで変化してしまうということも分かっており、その影響は計り知れないものがあります。 大腸は盲腸【もうちょう】、上行結腸【じょうこうけっちょう】、横行結腸【おうこうけっちょう】、下行結腸【かこうけっちょう】、S状結腸【えすじょうけっちょう】、直腸【ちょくちょう】に分けられます。 大腸については、こちらの記事でより詳しく解説しています。 参照) まとめ 各内臓の位置関係について、図を交えながらお伝えしてきました。 内臓の場所はなんとなーくは分かっていても、あやふやになっていることが多いと思います。 「でも、そんなこと知らなくても困らないし」と思っている人も多いかもしれません。 確かに内臓の位置をはっきりと知らなくても、日常生活で問題はないです。 しかし位置関係を知っておくと、お腹が痛くなったときにどこの臓器が痛んでるのか見当がついたり、内臓の位置も理由があってそこにある、ということが理解できます。 健康な身体を作るのは内臓ですので、これをきっかけにして内臓に気をかけた生活を送ってみてはいかがでしょうか。 内臓は、冷えすぎるとその働きが落ちますので、冷たい飲み物の摂取を控えて、温かいものを意識的に摂るようにすると内臓の負担を和らげることができます。

次の

彼の胃袋をつかもう! 食べ応えも大満足なダイエットレシピ3選|CoCoKARAnext(ココカラnext)

胃袋 向き

食後すぐ寝るのはどうしてよくないの? 食後すぐに寝るのはよくないとされていて、根拠も存在します。 注意したいのは、寝るのが駄目だからといって、動くのが正解とは限らないことです。 しっかりと 消化のメカニズムを理解する必要があります。 胸やけ注意!逆流性食道炎を起こす! ? 食後にすぐに寝るのが体に悪いのは、食べ物を消化するための胃液が食道などに入り込み、炎症を起こすことがあるからです。 胸やけだと思っていた症状が、実際には 食道の炎症によって起こっていたというケースもあります。 逆流性食道炎という病気もあるので、食後すぐ寝るような習慣自体を、見直した方が良い場合があります。 食後すぐに眠ると太りやすくなる? 食後すぐに眠ってしまうと、血糖値のコントロールや代謝などが難しくなります。 起きていればエネルギーを消費する使い道が多く、無駄なくエネルギーを使えるようになります。 しかし、眠っている場合は、ゆっくりでも食事の消化が進み、使いどころのない血糖が脂肪にかわりやすくなるからです。 肥満が気になる場合は、 食後に休むタイミングをチェックする必要性があります。 夜寝る前は3時間前に食事を済ませるのがベスト! 食べ物の消化にかかる時間は、食べ物の内容によって異なります。 果物であれば20分から30分程度、野菜であれば1時間から2時間程度、ごはんやうどんなどの炭水化物は2時間から4時間程度と非常に長くなっています。 肉などのたんぱく質を消化させるには4時間から6時間もの時間がかかります。 多少の仮眠なら影響は少ない 食後の仮眠で10分から20分程度休むのであれば影響は少ないものの、しっかり休むのであれば身体に及ぼす影響も大きくなります。 夜寝る時は、就寝3時間前には最後の食事を終えておくのがベストです。 軽食で済ませるのであれば、量や内容応じて30分から1時間を目安に、起きている時間を調整するのがおすすめです。 横を向いて寝る時の左右にこんな違いが! 食後に横になって眠る場合、向きによって大きな違いがでてきます。 注意したいのは、人によって左右逆向きの方が良いケースがあることで、 自分の体質にあわせて選択することが重要になってきます。 左側を向いて寝る場合 食べ物は胃腸を通る時に、左から右に流れていきます。 右向きに寝ると食べ物が腸に向かいやすくなりますが、一方でその構造上の理由から、逆流性食道炎がおきやすくなるというデメリットがあります。 胃の形は左右対称ではなく、右向きに寝れば腸だけでなく食道にも食べ物が戻りやすくなってしまうからです。 食べ物と同時に胃酸が食道に流れ込み、食道に炎症を起こす危険性がでてきます。 左向きに寝れば胃のふくらみの部分に食べ物が収まるため、逆流性食道炎がおきにくくなります。 ただし、腸に食べ物が流れづらくなり、消化機能の妨げとなる場合があります。 右側を向いて寝る場合 健康的な消化器を持つ人や、胃下垂の人は右側を向いて寝る方が良いとされています。 メリットとデメリットは左向きと逆になりますが、健康な人であれば、下部食道括約筋がしっかりと働き、胃液や胃の内容物が逆流して食道にダメージを与えないといわれています。 下部食道括約筋とは、食道と胃のつなぎ目にある筋肉のことで、胃や食道が弱っていると、この筋肉の働きが衰えた状態になり、食べた物が逆流しやすくなります。 一般的に、右側を向いて寝る方が、食べ物が腸に流れやすくなるため、 消化不良がおきにくい等のメリットがあります。 寝る前に気をつけたいコトは何があるの? 寝る前に気をつけることとは、どのようなことでしょうか。 ここでは、 寝る前の過ごし方と休憩のとり方をみていきます。 食後の過ごし方 寝る前に注意したいのが、食後すぐに動いた場合も消化不良が起きやすくなるなど、体に悪影響を及ぼす危険性があるということ。 『食べた後にすぐに寝ると牛になる』という言葉もあり、牛になる=太るというイメージがつきがちです。 しかし、食べ物の消化には消化液を分泌するためのエネルギーも必要で、すぐに激しい運動をすると、消化器にいくはずの血液が不足して、消化管の血流不足から消化不良がおきやすくなり、かえって太る原因にもなります。 寝る際の左右が気になるからといって極端に動いても、デメリットの方が大きくなります。 意識がなくなると、体はリラックス状態になろうとしますが、胃に食べ物がある場合は、消化のための活動などをしなければならず、リラックスしきれないのがポイントになります。 横になるのは意識がある状態を指し、いつでも活動に移れる状態を指します。 目を閉じていても、意識があれば眠ったことにならないのがポイントです。 目を閉じているだけ、横になっただけでも、体力はある程度回復するため、うまく使い分けるのがおすすめですね。 こんな病気にご用心!寝る姿勢に着目 寝る姿勢によっては、身体の不調や病気につながる可能性もでてきます。 胸焼け 食事の量が多すぎる場合や、油ものや肉などに偏った食事をすると胸焼けが起こりやすくなります。 食べ物を見ただけで胸焼けがするのは、実際に胸やけをした時のことを思い出したり、想像したりしてしまうから。 左側を向いて寝るクセがついている場合は、消化不良が原因で胸焼けが起こっている可能性が高くなります。 肥満 肥満は消化不良によって起きることもあります。 消化不良は短時間の仮眠で起きるリスクは低く、食後にしっかりした睡眠をとると発生のリスクが高まります。 また、左向きに寝ると消化不良が発生しやすくなることもあるため、注意してください。 逆流性食道炎 逆流性食道炎は、胃液が食道に逆流し、食道にダメージを与えると発生する病気です。 胃液の影響で食道が炎症を起こしてしまい、放置すると内部出血が起こり、ガンなどの重大な疾患が発生しやすくなります。 食道は胸の辺りまで伸びているだけでなく、痛みを感じる神経が発達していないため、胸焼けと勘違いしやすいのが特徴。 食直後右向きに寝ると起こりやすくなります。 胸部やみぞおち辺りに違和感がある場合は、医師の診断を受け、治療することが必要になります。 寝る向きを考えて休息を! 食後に寝る向きは、思っている以上に身体に大きな影響を与えます。 どの程度寝るのか、食後の寝る前にどの程度時間を置くかも重要で、仮眠かしっかりとした睡眠かでも影響の度合いが変わってきます。 普段意識していない寝る向きと習慣が、病気や肥満の原因となっているケースあります。 身体への負担を意識して、健康的な生活習慣に変えていき、病気や肥満などの健康リスクを予防・回避していきましょう。 関連する記事• 2016. 09 目次 1. 音楽を聴きながら寝るってアリなの?2. 流すタイミングと音楽によっては、睡眠の質は上がる2. 睡眠に良いの[…]• 2015. 31 「睡眠時間は肥満と関係がある」と聞くと、驚く方も多いかもしれません。 しかし睡眠不足が肥満につながることは、科学的に証明されています。 睡眠不足が肥満につ[…]• 2018. 26 「夢で疲れるのはどうして?」と、感じたことがある方も多いかもしれません。 夢で疲れを感じるのは、普段の生活と同じような現実感がある夢を見ているのが特徴[…].

次の