柔らかい料理 レシピ。 史上最強に柔らかい蒸し鶏

鮭を使ったレシピ・作り方一覧(208件)

柔らかい料理 レシピ

がおいしい! ゲストさん 05:32• がおいしい! ゲストさん 03:58• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:34• がおいしい! ゲストさん 02:22• がおいしい! ゲストさん 02:15• がおいしい! ゲストさん 02:06• がおいしい! ゲストさん 02:03• がおいしい! ゲストさん 02:02• がおいしい! ゲストさん 01:35• がおいしい! ゲストさん 01:19• がおいしい! ゲストさん 00:58• がおいしい! ゲストさん 00:45.

次の

史上最強に柔らかい蒸し鶏

柔らかい料理 レシピ

最高の柔らかさと、口に広がるジューシーな旨み。 比較実験の結果をもとにした、究極の仕上がり。 5g(皮をはいだ鶏むね肉重量の0. 8〜0. 9%) <ねぎしょうがソース> ・しょうが 1片(約5g) ・白ねぎ 7cmくらい ・サラダ油 大さじ2 ・ごま油 大さじ2 ・塩 1〜2g(お好みで調整。 強めくらいがちょうど良い。 4 g — タンパク質 33. 5 g 体重 x 1. 5 g 脂質 18. 3 g — 食物繊維 0. 2 g 20 g 以上 カリウム 541 mg 3500 mg 以上 カルシウム 9 mg 650 mg 以上 マグネシウム 42 mg 350 mg 以上 鉄分 0. 3 mg 7. 5 mg 以上 亜鉛 1. フリーザーバッグに投入 鶏むねの皮をはぎ、余分な脂を切り落とす。 フリーザーバッグに鶏むね、白ねぎの青い部分、しょうがの皮、ごま油を入れ、空気を抜いて密封する。 フリーザーバッグの密封方法: BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。 ねぎしょうがソースを作る しょうが、白ねぎをみじん切りにし、サラダ油、ごま油、塩、こしょうと混ぜ合わせる。 フリーザーバッグに塩を投入 BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出して塩を投入し、再び空気を抜いて口を閉めておく。 すぐに食べる場合にも、最低30分はそのまま置いて塩をなじませる。 すぐに食べない場合は、塩を投入後にバッグごと氷水につけて完全に冷却する。 仕上げ 鶏むねを取り出してスライスし、ねぎしょうがソースをかけたら出来上がり。 《作る際のポイント》 以前に「」のレシピを作成しましたが、「」の比較実験結果を踏まえ、今回改訂版のレシピを作成しました。 以前は鶏むね肉に塩で下味をし、その後フリーザーバッグに入れてBONIQで調理していましたが、上記の実験結果から、BONIQでの調理後にフリーザーバッグに塩を入れて味を含ませた方が、より柔らかくジューシーに仕上がるということが判明しました。 一度フリーザーバッグを開けて塩を入れ、最低30分は塩が浸透するのを待つため、以前のレシピよりも工程が増えることになります。 しかし、究極の仕上がりを求めるなら、塩をBONIQ後に入れる方法をおすすめします。 《作った感想》 以前の方法でも充分美味しいと思っていたのですが、今回のBONIQ後にフリーザーバッグに塩を入れて味を含ませる方法で、究極の仕上がりになりました。 これ以上に柔らかくてジューシーな蒸し鶏はないんじゃないか、というくらいのクオリティです。 もう蒸し鶏は何度も作った、という方も、ぜひこの方法で違いを感じてみてください。 BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス 長ねぎと生姜を鶏むね肉と低温調理することで臭み消しになります。 鶏むね肉は安価なうえ、低脂質・高たんぱくな食材です。 そのうえ糖質はほぼゼロなので筋肉量を増やすためのたんぱく質補給に最適な食材です。 筋肉量が増えることで、代謝が高まり太りにくい体を維持することができます。 また、代謝が良くなると体温も上がり、免疫力の強化にもつながります。 鶏むね肉には運動後に体の回復力を高める「イミダペプチド」という成分が多く含まれています。 イミダペプチドは抗酸化作用を持ち、体の疲労をやわらげる働きや、脳の老化を防ぐ働きを期待できます。 このように、鶏むね肉には悪い点がないと言ってもいいほど優れた食材です。 しかし、健康を維持するためにはバランスの良い栄養摂取が必要なことを忘れずに。 鶏むね肉に含まれていない種類のビタミンやミネラルは、野菜などの他の食材から摂取することを心掛けましょう。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。 詳細はこちらのを参照下さいませ。 また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。

次の

柔らかい料理

柔らかい料理 レシピ

思わず「これが柿!?」と叫びました 柿も切って並べるのが簡単で美味しい食べ方です でも、もっとオシャレで美味しく食べるレシピがたくさんあります。 柿農家でも「これが柿!?」と驚いたレシピを紹介します。 「色んな食べ方で柿を味わいたい」、「たくさんもらったけど、ちょっと飽きちゃった」、「柔らかい柿は苦手なんだよ」といった方、ぜひお試しください! いつもの料理に加えたり、他の食材と混ぜるだけで新しい世界が広がります。 きっとお気に入りの味を見つけられると思います。 なお、当サイトは美味しい柿レシピを募集しています。 「こんな料理があるよ!」という方はメールやブログにご連絡ください。。 また、柿の栄養分や効用に関してはでご紹介しています。 でらうま柿農園オススメの柿レシピ 柿と生ハム 柿とスモークサーモン 私のイチオシ柿料理はこれです! 「料理の鉄人」で出てきたので試しに作ってみたら・・・、柿の甘みと、生ハムの塩味がとても合って驚きました。 生ハムメロンのようなイメージです。 柿料理の新しいスタイルを探したいと思わせてくれた料理です。 そして見た目も味も高級感があります。 オリーブオイルをかけるとさらに美味しいです。 トッピングにカマンベールチーズや葉物野菜を加えると食感もUPしてオススメです。 同様に、スモークサーモンも合います。 こちらも塩味とのコンビネーションが絶妙です。 少しマヨネーズをつけたり、軽く塩コショウをふってもいいです。 どちらも柿を切って生ハムやサーモンを添えるだけですが、キレイなお皿に盛り付ければ高級感のある一品料理になります。 柿サラダ これも産地ではよく食べられているもので、学校給食でも秋の定番のメニューとなっています。 写真はサラダに柿とローストビーフを並べたものですが、数多くのレシピがあります! シンプルで定番なのは大根を短冊切りにして、軽く塩もみ。 柿も短冊切りにして、マヨネーズをかけるだけ! 大根以外にもきゅうり、ニンジン、水菜、株、玉ねぎ、白菜なども合います。 もちろん、組合せも自由ですね。 柿とマヨネーズは意外に相性がよく、とてもさっぱりしてシャキシャキ感も楽しめます。 味付けはマヨネーズに醤油やめんつゆを少し加えても不思議ですが合うんですよね。 また、ハムやローストビーフ、スモークサーモン、ツナ、白身魚などを入れると少しボリューム感のあるサラダになります。 先ほどの野菜に加え、レタスやトマトなどを加えると見た目もグッと豪華になります。 ここまで来ると味付けも様々で、オリーブオイルに酢と塩コショウのみでも素材の味が楽しめますし、市販のドレッシングを利用されるのもよいでしょう。 サラダに柿の甘いアクセントがとても美味しいです。 ワインにも合いますね。 柿シャーベット 柿は熟してくるとトロトロになってきます。 そんな柔らかい柿は苦手といった方にお勧めなのが、柿シャーベットです。 作り方はいくつかありますが、最も簡単なのは熟したものを凍らせて、そのままスプーンで食べるだけです。 天然のシャーベット、甘くてシャリシャリでとても美味しいですよ。 お子様のおやつにも好まれています。 中身だけボールに入れてつぶし、少し牛乳とブランデーやラム酒を足して大人風味も美味しいです。 容器に入れて凍らせればOKです。 氷の容器に入れると大きさも調整されて食べやすいですね。 もっと本格的に作るなら、グラニュー糖100gと水200ccを鍋で溶かし、柿2〜3個をミキサーにかけ、混ぜます。 馴染んだら少しレモン汁やラム酒を入れ凍らせます。 本格的なシャーベットをカクテルグラスに取り分ければ、最高のデザートになりますよ。 柿のドライフルーツ 干柿より簡単に、甘く濃厚な柿を味わえます。 皮を剥いたら5ミリくらいにスライスし、それをお皿に広げて天日干しするだけです(夜は屋内に入れてください)。 甘みと味がグッと増し、濃厚な味になります。 グミのように食感を楽しみつつ、お菓子感覚で食べられます。 一般的な干柿は長く干さないといけませんが、ドライフルーツなら3日〜5日ほどで完成します。 また、少し熟した柿でも問題ありません。 屋外だと鳥が食べに来ることがあるので、網などをかけましょう。 お好みの硬さになったらビンなどに詰めて保存できます。 見た目が少々イマイチですが、お子さんがいらっしゃればおやつにもなりますし、コタツで食べるのもいいですよ。 焼き柿 柿は炒めるのも美味しいんです。 味が少し濃厚になり、グラッセのような柔らかい食感になります。 バターを混ぜるとより濃厚になりますし、砂糖やグラニュー糖を少しかけてもいいです。 軽く焼くと柿本来の食感を残しつつ楽しめ、しっかり焼くと焼きリンゴのような食感になります。 これも様々なアレンジができます。 バターかオリーブオイルで炒め、はちみつやシナモンをかけてトーストすると食べやすくてお腹にも優しいヘルシーな朝食になります。 パンと食べたり、ヨーグルトを添えてもOKです。 はちみつ、チーズ、ちょっぴり塩をふってトーストでチーズが溶けるまで焼いて、仕上げに黒こしょうを少し。 これで大人味になってワインなどのおつまみになります。 いろいろと工夫して自分好みの味を探し出してください。 柿のタルト ホットケーキミックスを利用した、簡単なタルトです。 いつものホットケーキが、柿の甘さと食感をプラスすることで味も豪華さもUPですね。 レモンの酸味、ハチミツの甘みも加わって、とても美味しいタルトになります。 柿1個を4等分し、1センチほどの厚さにスライスします。 柿に砂糖大さじ1ほどをまぶせレンジで少し温めます。 フライパンにバターをひいて、柿を並べ、上からホットケーキの生地(ホットケーキミックス100g、牛乳1カップ、砂糖大さじ2ほど)を入れます。 ふたをして、10分ほど弱火で焼きます。 焦げやすいので火加減には注意してくださいね。 最後に、皿をかぶせてフライパンをひっくり返して出来上がりです! フライパンで簡単にできるのに、見た目もちょっぴり豪華なお菓子になります。 リンゴと組み合わせて食べても美味しいですし、砂糖を減らしてハチミツを追加してもOKです。 多少熟して柔らかくなった柿も問題ありません。 この写真は焦げてしまったので裏側を軽く焼き直して撮ったものです(笑) 柿と柚子のデザート 柿だけの味に飽きてしまった方に、ひと手間だけで簡単に作れるオススメの食べ方をいくつかご紹介します。 その中でも一番オススメなのが、この柚子を使ったデザートです。 いつも通りに切った柿に、絞った柚子の果汁をかけ、柚子の皮を細く切って乗せます。 それだけです。 柿1個に対して柚子は半分〜1個ほどです。 そのまま食べてもいいですし、硬めの柿なら一晩おいて馴染ませてもOKです。 たったこれだけですが、とても美味しいです! 最初に柚子の香りが広がり、次に柿の甘さが追いかけてきます。 そして最後はとてもさっぱりして爽やかな気持ち満載です。 前菜にも、デザートにも、サラダの一品としても使えます。 柚子がない場合は柚子果汁でも代用できますし、レモン果汁でもいけます。 甘さが足りないと思ったら、お好みでハチミツをかけるのも美味しいです。 とっても簡単で、いつもと同じように柿を切って、きな粉と黒ゴマをトッピングするだけです。 私は柿1個にきな粉大さじ1くらい、黒ゴマを少しかけますが、お好みで増減させてください。 柿の甘みときな粉の香ばしさがミックスして、とっても和風なデザートです。 ホント、どこかの和菓子屋さんや旅館に出てきそうな味です。 硬い柿でもいけますが、熟した柿の方がオススメです。 きな粉が余分な水分を吸収するのか、柔らかい柿でも全く問題ありません。 お茶と一緒にどうぞ。 また、甘さが足りないと思ったら黒蜜やハチミツを少しかけるといいです。 ヨーグルトを少し入れるのもいけますよ。

次の