かす うどん。 油かすとは?

【楽天市場】かすうどん:安井商店

かす うどん

そもそも「油かす」とは大阪の南河内地方で昔から食されてきた郷土料理です。 牛の腸を油でじっくりと時間をかけて揚げ、余分な油分が抜けて肉の旨味が凝縮された、美味でしかも栄養価も高い食材です。 まわりはカリカリと香ばしく、中はぷるぷるとした独特の歯ざわりが特徴です。 この「油かす」を手間暇かけて開発した特製のダシを使ったうどんにトッピングしたものが当社オリジナルの「かすうどん」です。 この「かすうどん」は、1995年の当社店舗のオープンより瞬く間にたくさんのファンを生みました。 最近では当社を真似たかすうどん店が多くオープンしているほどです。 日本の文化は2分すれば関東を中心にした東の文化、関西を中心にした西の文化とに大きく分かれます。 肉といえば関西人にとって牛肉です。 関西の中心は大阪、その大阪でも南に位置する河内は人間も一風変わっているようにその独自の文化は食い物にも及んでいます。 河内人は肉好きです。 牛肉は捨てるものが無く、内臓もみんな口に入ります。 牛腸、特に小腸は外周りに脂肪がいっぱい付いていて、溶けて油となるのでその油で揚げました。 カットされた小腸は脂肪の溶けない部分と共に高温の油でしっかり収縮して塊となります。 これを河内の人たちは<かす>と呼びます。 かすは手軽に鍋料理やスープに牛肉風味を加えることが出来ます。 刻んでおけば牛肉の香ばしい匂いと味がたっぷりの具ともなります。 一度口にすれば忘れられないほど印象的で、かすを加えて料理の味が引き立つゆえに外食産業では大変に重宝されており、外食産業がますます繁盛している現代日本ではかすの用途は更に開発されその使用量も今後飛躍的に増えること請け合いです。 今から20年前、当社の津野社長は独立を志しそれまで働いていた外食産業の会社を辞めて自ら外食産業へ参入を計画しました。 彼は日本人になじみのうどん屋に目をつけました。 言うなればうどん屋は昔からの日本の伝統的外食産業です。 今も日本の街角の至る所にうどん屋は有り特に珍しいものではないが、彼はうどん屋の古いイメージを革新しようとしているのです。 若い世代にも受け入れられるようなうどん屋、それは外観ばかりではなくうどんの味にも及ばなくてはなりません。 そこで、河内人でもある彼はかすに目をつけました。 これをうどんのスープに使えば他店に無い、新しい味を持つうどんメニューが作れるとアイデアがひらめいたのです。 こうして生まれたのが彼独自の発想によるメニューの<かすうどん>です。 たちまち評判となってかすうどんは他店の真似するところとなり今もかすうどん屋は増え続けています。

次の

油かすとは?

かす うどん

概要 [ ] 手軽な庶民食、食の代用食として、また、祝い事に際して振る舞われる「」の食物として、古くから全国で食べられてきた。 地域によって、調理法や具材が違っている。 麺を大きなで上げる場合には、鍋の周囲に引っ掛けた状態で茹でられるよう、金属製あるいは製で深いの「鉄砲ざる」(略して「テボ」「てぼざる」とも言われる)が用いられることも多い。 供する器には、()や、(うどん鉢等)、(ざるうどん等)、鍋()のほか、(うどん桶)、(たらいうどん)なども用いられる。 専門店のほか、も並行して提供する店舗があるほか、などのメニューともなっている。 また、麺のみの販売もなどで乾麺、茹で麺、生麺の状態で行われており、としても多くのメーカーが多様な種類を販売している。 歴史 [ ] 発祥には諸説あり定かではないが、時代順に並べると以下のようになる。 にによってから渡来した小麦粉の入りの「 混飩(こんとん)」に起源を求める説。 の『饂飩の歴史』によれば、に相当する中国語は「餛飩」(コントン)と書き、またこれを「餫飩」(ウントン、コントン)とも書き、これが同じ読み方の「温飩」(ウントン)という表記になり、これが「饂飩」(ウドン)となったとする説。 に遣唐使としてに渡ったが饂飩をに伝えて讃岐うどんが誕生したという伝説。 平安時代の、がへ詣でた際に「はくたく」を食べたという『』の記述から、発祥はとする説。 2年()にから帰国した(聖一国師)がの技術を持ち帰り、饂飩、、などのを広めたとする説。 (、円爾建立)には「饂飩蕎麦発祥之地」と記された石碑が建っている。 中国から渡来したが日本で独自に進化したものであるという説。 によれば、麵を加熱して付け汁で食するものは中国には無く、の平安時代の文献にあるコントンは肉のを小麦の皮で包んだもので、うどんとは別物であり、うどんを表現する表記の文献初出はの「ウトム」であるとする説。 南北朝時代末期の『』や『』などに「饂飩」「うとん」の語が現れる。 は「うどん」と「うんどん」の語が並存し、に描かれた看板などに「うんとん」と書いてあることがよくあり、初期の辞書『』には「うどんはうんどんの略」と記されている。 に記された『』に「索麺は熱蒸し、截麦は冷濯い」という記述があり、截麦(切麦)が前身と考える説もあるが、その太さがより細く、冷やして食されていた事から、冷麦の原型とされている。 切麦を温かくして食べる「温麦」と冷やして食べる「冷麦」は総じて うどんと呼ばれた。 いずれにせよ、現代の形の「うどん」は、江戸時代前期には全国的に普及して広く食べられるようになっていた。 現代のでは、日本のうどんを「」あるいは「烏龍麵」と表記するが、いずれも日本語の発音に基づくであり、うどんそのものの起源・由来とは関係がない。 江戸時代中期までは、はだった。 江戸時代後期に栽培が軌道に乗るに連れ、その地位を奪い今日に至っている。 文化 [ ] 日本におけるうどんの文化として、歴史的には蕎麦(蕎麦切り)より、うどんの方が古い。 また、小麦の原産地はからとされており、に向かない地域で耕作され発展している。 「蕎麦」と同じく、などに対する「門前饂飩」として古い歴史を持ったにまつわる文化的なうどんが各地に存在している(、、など)。 日本東西のうどん・そば文化 [ ] 主にで好まれ、蕎麦が好まれるではあまり好まれないとされるが、蕎麦=、うどん=とするのは正しくない。 江戸時代前期のの市中においては、まだとしての蕎麦(蕎麦切り)が普及しておらず、などの形で食べられていたことから、江戸でも麺類としては人気があったようである。 蕎麦きりの元祖はであり(蕎麦切りの最古の記録は、2年()にので落成祝いに蕎麦切りを振る舞ったというもの)、これがからやを通して江戸に伝えられたものとされる。 蕎麦切りが普及すると、蕎麦と蕎麦屋が独自の文化を育む母体となっていったこと、防止のためににも強い蕎麦が好まれたことなどの理由もある。 確かに、蕎麦が江戸で広がったことは事実であるが、現在のでも、やを中心として、それぞれの名物である「」や「」を始めとするうどん専門店も多い。 実際、度(16年度)のうどん生産量でも、1位は日本全国に向けて宣伝をしているのだが、2位はであり、群馬県もベスト5に入っている。 これらの地域では、による栽培が盛んで、日常的な食事であり、かけうどんや付け麺(もりうどん)にして食べられることが多い。 12年()に、で「砂場」という蕎麦屋が開業した記録があるなど、でも早い時期から蕎麦が食べられており、蕎麦切りも普及していった。 近畿地方では「そば屋」よりも「うどん屋」が多いが、では近隣の地方で蕎麦作りが盛んだったため、蕎麦文化も根付いており、専門の「そば屋」も多い上には京都の名物ともなっている。 「」をはじめとする近畿北部の蕎麦文化は、江戸時代に信州から導入されたものだという。 を除くの大部分の地域では、大阪や京都、、など腰が弱めでつゆ を吸いやすい、柔らかい麺が好まれている(より)。 また、では「かやくご飯」(二番出汁を有効活用した炊き込みご飯)と一緒に供することも多く、うどんは吸い物の感覚として好まれている。 一方、蕎麦はツユを吸わせて食べるようなものではないため、このようなつゆとの相性は良くないとされるが [ ]、関西のうどん屋や定食屋では、慣れ親しんだうどんつゆで蕎麦を提供する店も見られる。 日本三大うどん [ ] 「日本三大うどん」という呼称があるが、日本うどん学会によれば、これは特定の機関が認定したものではなく、それぞれの地域が独自に称しているに過ぎないものである。 参考として三大うどんとして、香川県の「讃岐うどん」、の「」、の「うどん」、群馬県の「」、の「」、の「きしめん」の計6種類が候補として挙げられている。 その理由は、小麦粉のを引き締め、生地の弾力性を増加させるためである。 ごく少数ながら全く塩を使わないで作られるものもある。 うどん用小麦 [ ] 日本の伝統的料理であるが、現代において、うどんに使われる小麦の半分以上は産スタンダードホワイト(ASW)である。 ASWが年間76万トン程度が輸入されているのに対して、日本での小麦生産総量は約80万トンで、中華麺や菓子向けなどを除いたうどん用は8割強である。 低、もちもちした食感といった特性を備えた、うどん向け小麦も日本国内で相次ぎ開発・栽培されている。 「きたほなみ」「あやひかり」「きぬあかり」が代表的品種である。 規格 [ ] 乾麺については、の『乾めん類品質表示基準 』にて、小麦粉に食塩と水を混ぜてよく練った生地を帯状に細く切って乾燥させる製法で機械にて製造しているものは機械麺に分類し、長径 が1. 7以上に成形したものとしている。 また、長径 1. 3mm以上 - 1. 7mm未満に成形したものは「」の基準でもあるが、それを満たしている場合「細うどん」とも表示可能である。 手延べうどんについては、小麦粉に食塩と水を混ぜてよく練った生地に、でん粉や食用油または小麦粉を塗付して、よりをかけながら引き伸ばして乾燥、熟成させる製法で長径 1. 7mm以上の丸棒状または帯状に成形し、『』の詳細を満たしているものが該当する。 生麺・茹で麺等(半生・冷凍麺等も含む)についてはを問わず『生めん類の表示に関する公正競争規約 』にて、「この規約で「うどん」とはひらめん、ひやむぎ、その他名称のいかんを問わず小麦粉に水を加え練り上げた後製麺したもの、または製麺した後加工したものをいう」となっているので、この規約上「ひやむぎ」や「そうめん」も内包されており、狭義では「生麺・茹で麺タイプはうどんのみ存在する」とも解釈できる。 しかし、別項にて「一般消費者に誤認されない名称に替えることができる」となっているため、それにより「ひやむぎ」や「そうめん」の名を使用することも認められている。 かつては製法の違い(や機械で生地を伸ばしてから切るか、細く丸めた生地を引いて伸ばすか等)、社会通念上も、細い麺の「細うどん」と「ひやむぎ」は明確に区別されていたが、現在では「うどん(細うどん)」と「ひやむぎ」の名前の区別は基準・規約に沿った上で取り扱う業者に委ねられているため、乾麺・生麺などにおいて曖昧となっている部分がある。 製法の一例 [ ]• 1人分の材料は、小麦粉 260出来上がり750g)、、食塩適宜。 塩と水を混ぜる。 うどん粉を容器に入れ食塩水を少しずつ流し込んで混ぜ、固まる程になったらしばらく寝かせ、板の上に載せ棒で伸ばして細く切る。 製法による分類 [ ] 一般的な製法には、 手打ちと 手延べがある。 製麺機による製造もこの2つの製法の中の何れかもしくは全工程を機械で行っているものである。 手打ちうどん 小麦粉(一般的には中力粉)を水と食塩で練り上げた生地を練り、こねた後一定期間寝かせたのち、よく踏み、麺棒で平たく伸ばし最後に、包丁で切ったもの。 よく踏むことでグルテンが成長しコシが出るのが特徴。 包丁で切るため断面は四角になる。 産地により食塩を入れないものも存在する。 手延べうどん 小麦粉(薄力粉が多い)を水と食塩で練り上げた生地を練りあげ後一定期間寝かせ、寝かした生地を2本の棒の両端に掛け何度も伸ばしたもの。 伸ばす際、油を塗るものもある。 細くてのど越しが良い麺が特徴。 伸ばしの際、折れたり切れたりしないよう、コシがないのが一般的。 伸ばして作るため断面は丸となる。 練りには機械を用いるものも存在するが、伸ばす作業は人手によるものがほとんどである。 この製法で作られるうどんは稲庭うどん(秋田県)や五島うどん(長崎県)、うどん()が代表的な例である。 麺の状態による名称 [ ] うどん玉(ゆでうどん) 生うどんを製麺後、熱湯で茹でることにより麺の熟成を止め、1食分ずつに分けたもの。 丸くまとめるので「玉」と言われている。 袋詰めにしたものは「ゆでうどん」としてスーパーやなどでも売られる。 カップ入りや袋入りのインスタント製品には、茹でた後に、やをとしてまぶし、にした製品もある。 生うどん 製麺後そのまま、もしくは表面に粉をまぶして包装されたもの。 食味に優れるが、麺の熟成度が時間と共に変化するため長期保存には向かない。 少しでも熟成やを抑えるべく、といっしょに包装している場合もある。 半生うどん 食べる直前に熱湯で茹で、湯切りの後に流水で締めて供するのが正統。 小麦の専用品種の作付けが増加している。 脱剤といっしょに包装している場合が多い。 干しうどん 一般的に「乾麺」と呼ばれる状態。 細うどんに多い。 製麺後に乾燥させて20cm内外の棒状に揃え、保存しやすくしたもの。 冷凍うどん 熱湯で茹でた直後、急速冷凍したもの。 一般的に麺類を凍らせると、凍結時に水分が膨張して分子構造が分断された状態となり食味に劣る。 そこで茹で戻してからの弾力を得るため、冷凍うどんではがとして使われることがある。 油揚げ麺(フライ麺)などインスタント麺 カップ入りや袋入りのインスタント製品は、で揚げたり、や茹でてから熱風乾燥させたりしたものが使われている。 すなわち、伸長度のこと。 讃岐うどんの場合、伸長度が1. 7倍、例えば5cmのうどんを引っ張り8. 食品加工学研究者の三木英三(名誉教授)は、コシを「弾力性と粘りの両方がある状態」と定義。 小麦粉に水と塩を加えてこねると、小麦粉に含まれるのうち弾力性に富むと、粘りが強いが絡み合っての網目構造となり、コシを生み出すと分析している。 讃岐うどんやでは強いコシが求められるが、関西や九州などコシが強くないうどんを好む地域・人も多い。 料理 [ ] 多種多様な料理が作られている。 料理方法や食べ方による種類 [ ] 薬味や具は地域や店により様々なものが存在する。 詳細は「」を参照 丼に入れたうどんに熱いつゆをかけたもの。 主に関東では薬味(主に刻み)以外は入れず、具・種物を入れた場合それらは「かけうどん」とは呼ばれない。 西日本(香川県を除く)では「素(す)うどん」と呼ばれ、や薄切りのなど何かしらの具材が入ることが多い。 また、つゆの香りを味わいたい時は、つゆのコクを味わいたい時はを用いる。 ざるうどん [ ] 茹でた麺を冷水で締めて、(ざる)などの器に盛ったもの。 に付けて食べる。 「もりうどん」とも呼ばれるが、と同様に刻みの有無で区別される場合もある。 ぶっかけうどん [ ] 茹でた麺を湯切りして器に盛り、や少量のつゆをかけて食べる。 具は様々であり、具材名を冠して「肉ぶっかけ」などと呼ばれることがある。 釜揚げうどん [ ] 力うどん が入ったもの。 他の具と組み合わされる場合も多い。 近畿地方での呼び方の「かちんうどん」「かっちんうどん」とは、「餅」を指す「おかちん」から。 通常は焼き餅が乗せられることが多い。 かやくうどん・五目うどん・おかめうどん [ ] 「たねもの」「かやく」と呼ばれる具を数種類入れたもの。 具は、、、など様々で、「五目うどん」とも呼ばれる。 特に具の種類の多いもの(8種類以上)については、東京や西日本の一部地域で「おかめうどん」(に由来)と呼ばれることもある。 おかめうどんは元々は東京の太田庵が発祥で本来はそばのメニューであり、や、かまぼこ等の具がおかめの顔に見立てて配置されている。 現在ではかまぼこ以外の具は省略されるか別の食材に置き換えられることが多い。 具のことを関西では「(かやく)」と呼ぶことが多い。 関東では具の入ったものを「種物(たねもの)」と呼ぶ。 卓袱(しっぽく)うどん [ ] 上記の五目うどんに似るが、地域によって具・出汁など内容が異なる。 香川・京都などに多く、にも「しっぽく」が訛ったと推定される「すっぽこうどん」がある。 京都の卓袱うどんは、の煮付け、、、、などを載せたもの。 香川では、冬のメニューともなっている。 元々は江戸時代にの影響を受けて京阪地区で考案された。 あんかけうどん [ ] つゆにやなどを入れ、とろみをつけた(あん)をかけたもの。 京都では細切りの油揚げを載せて、くずあんを掛け、おろし生姜を添えたものを「たぬきうどん」と呼ぶが、そこから油揚げを除いた物のことを「あんかけうどん」呼ぶ。 また、餡に溶き卵を混ぜたものを「けいらんうどん」と呼ぶ。 おだまきうどん [ ] の材料に麺を入れたもの。 うどん入り茶碗蒸しを「おだまき蒸し」と言うのに対し、こちらはあくまで麺が主体である。 「おだまき」は「小田巻」と漢字で書かれることが多いが、玉が麻糸を空洞の玉のように巻いた様に似ていることから「 」と名付けられたという説もある。 高価な品だったが、期までは大阪で盛んに供された。 しかし手間がかかることが嫌われ、現在では正規のメニューに載せている店は非常にまれである。 カレーうどん [ ] 「」で提供されている カレーうどん・ カレー南蛮うどん(地方によっては カレーなんば)と呼び、蕎麦の「」と同様の料理である。 だし汁にカレー粉を加えて風味にしたものや、だし汁で延ばした和風カレーをつゆとして用いたもの、あるいは茹でた麺に用のカレーを直接ないし温かい麺つゆと共に掛けたものなど多彩である。 全国的に一般的なものは、鰹節など、うどん全般に使用される和風だしのつゆをベースに、カレー粉を溶き、片栗粉でとろみをつけたスープを、うどんにかけたものが多い。 10年頃は、カレーライスより盛んに食べられており、各社から「南蛮カレー粉」が発売されていた。 地域により具材、調理法が異なりバリエーションが多い。 南蛮は、かつお節などの出汁を使用し長ネギを入れたカレー風味のつゆを使用したものである。 「冷やし」もあり、地方では、など、のための独自料理となっているものも多い。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 鴨南蛮・鶏南蛮・かしわうどん [ ] 「」の麺を、うどんとしたもの。 地域によっては「鴨南蛮」「かもなんば」という名前で鶏肉が用いられる例もしばしば見られる。 白ネギの流通が少なかった西日本では、青ネギの斜め切りが用いられることも多い。 肉うどん [ ] 姫路(うまいもん横丁) 風の料理。 醤油や味噌、などで味付けされる。 地域によっては麺に乾麺を用いるところもある。 発祥のご当地グルメで「」と「」がミックスされたもの。 太さの違うが合わさった食感は新感覚としてで幾度か取り上げられた。 風の料理であるが、メインが麺である。 近畿地方でよく食べられる。 揚げうどん 揚げ蕎麦のように揚げたもので、のつまみやとして食べる事が多い。 野菜と合わせてドレッシングを掛けることでサラダにされることもある。 は、名称に「うどん」とあるが、うどんを使用しない麺料理である。 日本国内における地方のうどん [ ] 小麦の生産される、、醤油などの醸造業やなどの、流通を担うなどの存在により、その地域独特のとなっているもの、また村おこしの一環として地域のとなったものなど様々な種類がある。 豪雪うどん [ ] の一大生産地である麓で、昔から農家の家庭食として「でんぷんうどん」なるものが食べられてきた。 ジャガイモのでん粉と小麦粉などの配合を調整し、時間がたっても美味しく食べられるように改良されたもの。 羊蹄山麓が豪雪地帯であること、麺の見た目が雪を連想させる半透明であることが、「」の名前の由来。 近年は独自のテレビも制作され、道内外での知名度も高まってきている。 チホクうどん [ ] 北海道産のチホク小麦を使用したうどん。 他の一般的なうどんと比べると価格は高いが、他のうどんにはないツルツルとしたのどごしと食感である。 稲庭(いなにわ)うどん [ ] 京うどん(はいからうどん) 京都の家庭や店で食べられており、だしに強くこだわり、麺は細い麺をコシがなくクタクタになるまで煮て箸で麺を持ち上げると切れるくらいにするのが特徴。 ただし、それ以外決めごとはないのでお店で出されているものに統一感が無い。 こぶうどん [ ] の店ではよく見られるメニュー。 「」あるいは「おぼろ昆布」を乗せて供する。 近畿では昆布を「こぶ」と呼ぶことが多く、メニューにおいても「こんぶうどん」ではなく「こぶうどん」と表記される。 「とろろうどん」「おぼろうどん」と呼ばれることもある。 かす汁うどん [ ] 酒造地帯であるを中心とするエリアで冬季限定で提供する店があり、を用いたベースの料理。 専門店よりも定食屋で多く見られるメニューである。 かすうどん [ ] 詳細は「」を参照 岡山県倉敷市のにあるの名刹・の修行僧が、江戸時代に食していた「一筋一椀」の別称。 大豆うどん [ ] の郷土料理。 と、を水に一晩漬けて出汁をとったツユを使い、出汁とりにつかった大豆のほか、油揚げ、かまぼこなどの具を乗せる。 鳴門うどん [ ] を中心に食べられている。 藩政時代から昭和後期までは地帯として栄えたが、塩田での重労働を終えた人々向けに、こなれのよい食物として提供されたものとされていた。 コシのほとんどない細麺で、だしはなどを用いたあっさりしたもの。 具は細かく刻んだ葱・竹輪・油揚げなど。 市では写真家の中野晃治が命名した「鳴ちゅる(なるちゅる)うどん」と言う呼称を使って宣伝を行っている。 たらいうどん [ ] 詳細は「」を参照 長崎県で産する乾麺。 厚めに丸く延ばした生地をで渦巻き状に切り出した後(この工程から「鎌切りうどん」とも言われる)、や稲庭うどんのような手延べ製法で作られる。 このため通常より細麺で断面が丸いのが特徴。 手延べの際に粉をふらず、五島産のを使用しており、微かにその香りがする。 伸びにくいという特徴もあり、たっぷりのお湯で茹で上げた熱々の釜揚げうどんを、醤油やアゴ()出汁のたれで食べる「地獄炊き」が代表的な食べ方である。 弘法大師伝来を称するに対し、五島うどんは地理的に大陸から独自ルートで直接伝来したと言われる。 あごだしうどん [ ] 長崎県で食べられている。 出汁は当地で獲れるアゴ(トビウオ)でとるため、だしよりあっさりした味。 長崎地方は古く中国大陸との貿易の歴史があり、五島手延うどんや島原手延そうめんに見られるように手延製法が受け継がれている。 の文献には「麦縄」としてうどんが書かれており、これは長崎の五島うどんや島原そうめんに見られる「手延製法」と一致すると考えられる。 ごまだしうどん [ ] 詳細は「」を参照 周辺の郷土料理である。 中の1940年代、不足の頃に代用食として食されていた。 トビウオのに小麦粉などを加えた麺を使い、出汁もトビウオの骨からとっている。 当地のもの(麺は柔らかくてコシがないのが一般的)とは違い、現代のものはコシが強い。 終戦後、永らく食されることはなかったが、1980年に魚料理の普及に努めていた日南婦人部が、土地の老人からの話を聞いて再現し、復活させた。 日本国外 [ ] などのによって、のみならず、や冷凍麺が等で販売され始めており、としても一般的になりつつある。 では「 烏冬麵」と書いて、読みで「ウードンミン」と発音する。 香港の日本料理店で使われ始めた表記だが、現在ではでもみかける表記となっている。 他に「 烏龍麵」という表記が使われる場合もあるが、これでは読みが「ウーロンミン」と訛る。 との関連はない。 では 烏龍麵、もしくは 烏龍湯麵という名称で親しまれている。 スープはやや現地化されているが、基本的には日本のものと大差はない。 では20世紀前半の日本統治の経緯から、現在でも日本式のものが 우동(ウドン・udong)の呼び名で知られ、韓国人の好きな日本料理の三番目に位置している が、だし汁にコショウが入っているのが普通で、味は似て非なるものが多い。 一方、周辺では日本と同様のだし汁ベースのものが有る(しかしが盛られている)。 日本式以外にもという手打ち麺がある。 は、明治から昭和初期にかけて多くの日本人の移民先となっており、と呼ばれる麺料理が存在する。 現在ではが用いられるが、だしの味は明らかに和風であり、日本人を中心とした各国の移民たちの交流の中で形成されていった料理であると考えられている。 は、戦前に日本のを受けていたの一部だったことにより、UDONと称する麺料理がある。 日本のものと同様の醤油味だが、の影響(過去、沖縄からの移民が多かったため)か、汁は少なめで、また現地で入手しやすいの麺が使われている点に大きな特徴がある。 2009年に日本を訪れた外国人旅行者を対象にが行った調査では、日本を訪れた外国人観光客が特に満足した食事のアンケートで、、、天ぷらに次いで5位であり、蕎麦は7位であった。 代表的なうどんの写真 [ ] 伊勢うどん 統計一覧 [ ] 各都道県ごとの消費量および店舗数の統計データ [ ]• 2014年のより、都道府県別うどん・そば消費量ランキング(数値は2012年〜2014年の平均値)• 各項目10位までの都道府県までのデータを掲載。 消費量は1世帯あたりの年間消費金額として算出。 都道府県 順位 1世帯あたり消費額 順位 店舗総数 順位 人口10万人当たり店舗数 代表的な郷土うどん 37 1 12,570円 14 630 1 63. 96軒 讃岐うどん 05 2 9,981円 44 118 43 11. 24軒 稲庭うどん 06 3 7,970円 26 308 8 26. 99軒 ひっぱりうどん 10 4 7,460円 8 856 2 43. 15軒 水沢うどん・桐生うどん・ひもかわ・おっきりこみ 26 5 7,103円 15 562 16 21. 48軒 卓袱うどん 19 6 7,059円 25 312 4 36. 84軒 吉田のうどん・ほうとう 20 7 6,788円 16 486 13 22. 90軒 おしぼりうどん・おにかけ 11 8 6,716円 2 1581 14 21. 95軒 加須うどん・武蔵野うどん・冷汁うどん・煮ぼうとう 23 9 6,691円 3 1416 23 19. 03軒 きしめん・味噌煮込みうどん 09 10 6,576円 13 676 5 34. 04軒 耳うどん 28 11 6,559円 9 781 34 14. 05軒 16 12 6,472円 28 289 9 26. 86軒 氷見うどん 17 15 6,367円 20 351 7 30. 29軒 小松うどん 36 19 6,063円 32 252 6 32. 73軒 鳴門うどん・たらいうどん 27 27 5,713円 4 1341 31 15. 15軒 かすうどん 14 21 5,993円 5 1185 36 13. 05軒 22 22 5,901円 10 760 17 20. 41軒 18 24 5,834円 23 314 3 39. 50軒 13 36 5,408円 1 2901 15 21. 81軒 武蔵野うどん 12 38 5,245円 6 1012 29 16. 34軒 40 41 4,987円 7 996 21 19. 57軒 博多うどん 45 45 4,375円 29 284 10 25. 36軒 魚うどん うどん用小麦の作付面積 [ ] うどん用小麦の作付面積(2005年) 順位 うどん用小麦品種銘柄 主な産地 作付面積(単位:ha) 1 ほくし ホクシン 北海道 100,847 2 のうり 農林61号 茨城ほか16府県 39,305 3 しろが シロガネコムギ 石川ほか7県 18,931 4 チクゴ チクゴイズミ 山口ほか8県 12,804 5 なんぶ ナンブコムギ 青森ほか5県 2,948 6 しらね シラネコムギ 宮城、長野両県 2,294 7 ねばり ネバリゴシ 青森、岩手、秋田、山形各県 1,714 8 いわい イワイノダイチ 栃木、岐阜、愛知、福岡各県 1,396 9 あやひ あやひかり 埼玉、三重両県 1,360 10 にしほ ニシホナミ 福岡県 1,355 11 ほろし ホロシリコムギ 北海道 1,241 12 ほろし さぬきの夢2000 香川県 1,235 13 つるぴ つるぴかり 群馬県 1,139 14 きたか キタカミコムギ 青森、岩手両県 1,098 15 きたも きたもえ 北海道 897 16 きぬの きぬの波 茨城、群馬両県 862 17 ふくさ ふくさやか 滋賀、広島両県 772 18 たいせ タイセツコムギ 北海道 396 19 しらさ シラサギコムギ 岡山、徳島両県 386 20 しゆよ しゅんよう 長野県 368 その他 [ ] 蕎麦も提供している店舗では、麺の加工や茹での工程で蕎麦粉が付着するおそれがあり、蕎麦のを摂取する可能性があるため、その旨の注意表示を掲げる店舗もある(参照)。 脚注 [ ]• 「饂」の字の右半分「𥁕(昷)」は温の字の正字。 音はウンまたはオン(ヲン)である(『』)。 「饂」はであるため字音は決め難い。 「ウンドン」または「ウドン」であることは『』に見え、「Vndon (ウンドン)ただし、ウドンと発音される」とある。 HP(閲覧2017年1月12日)• (閲覧2017年1月12日)• [ ]『』• 『』2014年9月14日(2020年5月18日閲覧)• [ ]『』• 博多の魅力(2020年5月18日閲覧)• [ ]『』(平成21年)閲覧• 後に、日本農林規格等により、うどんが区別されるようになった。 鈴木晋一『たべもの噺』(、1986年)p. (2020年5月18日閲覧)• [ ]• 大阪ではつゆを()と呼ぶことがあるが、出汁とはやからを抽出したものであり、つゆは出汁にやなどの調味料を加えたものである。 大阪など一部の地域で混同して呼ばれていることが見受けられる。 『』2020年7月8日(3面)2020年7月9日閲覧• では一部特産品を除き「太さに関する具体的な数値による基準」や「形状に関する具体的な規定」を設けていないため、「うどん」「細うどん」「ひやむぎ」「素麺」等は見た目の形状や製造・販売業者の意向等により、一般消費者に誤認されない範囲で自由に選択して名付けられる。 『』p. 382• この「玉」という言葉は量の目安となり、「1玉、2玉」などという表現で使われる• 『うどん大全』 旭屋出版、2006年。 【探る】うどんのコシ こねて強く/二つのたんぱく質絡み合う『』朝刊2018年3月15日(くらし面)• うどんミュージアム(福岡県)2017年1月12日閲覧• 麻糸を紡ぐ時に使った糸巻き(糸車)のこと• 『名古屋メン』 、2012年6月3日、68-69頁。 2020年5月24日閲覧。 2009年6月17日. の2009年6月19日時点におけるアーカイブ。 2017年11月17日閲覧。 大日本観光新聞(2020年5月18日閲覧)• の山間部に伝わる郷土料理として、柄の長い竹かごで 蕎麦を茹でる「とうじそば(投汁そば)」なるものがあり、関連性があると思われる。 共に標高の高い寒冷地であり、暖かくした麺を食べるための手法という点も共通している。 - 2019年6月12日閲覧• - 2019年6月12日閲覧• 2019年6月12日閲覧• - 2019年6月12日閲覧• (2020年5月18日閲覧)• ごく一部のの人はを嫌う傾向から「うろん」と発音する者もいる。 (「」作者、館長)・福岡市麺類協同組合理事長 より。 (平成20年)掲載 より。 宮崎県公式サイト: みやざきの味と花101:• NHK放送文化研究所「日韓市民意識調査」『放送研究と調査』2010年11月号• ITmedia [].

次の

【二本松市】かすうどんの”かす”は女性に嬉しい食材だった!「かす家」

かす うどん

「かす」と呼ばれる主役がある事をご存知ですか? まず最初に 「かす」とは何ぞや?と言う事から始めてみたいと思います。 「かす」とは、 牛のホルモン(腸)を脂分が抜けるまで低温でカリカリに揚げたもの。 通称 「油かす」と呼ばれ、本来はホルモン(腸)を加熱し食用油脂を抽出した残滓(のこりかす)であるので、油をとったあとのかす。 という事で「油かす」と呼ばれています。 以前はあまり使われていない食材でしたが、現在は 高タンパク、 低脂肪、おまけに コラーゲンもタップリという 女性にも大人気の食材となっています。 「油かす」独特の外はカリカリ、中はプルプルの食感と、脂が抜けているので旨みだけが残っているところが、どんな料理にもピッタリ合う魔法の食材です。 使い方は簡単、ただ入れるだけで旨みがUPし、やみつきになること間違いナシです。 例えば、お好み焼にも肉の代わりに入れるだけ、もつ鍋にも入れるだけ。 また大阪で大人気のメニューも忘れてはいけません。 その名も 「かすうどん」。 これまたシンプルなもので、かけうどんに「油かす」が載っているもの。 カリカリの油かすにたっぷりのかけダシをかけると、かすの旨みがダシに溶け込み かすもダシを吸って外はカリカリのまま、中はプルプルで食感もたまりません。 普通に食べてもおいしい「かすうどん」。 そこで、魔法の食材 「油かす」と、うどんの王様 「讃岐うどん」がコラボすればエライことになりませんか?ってことで、たもっちゃんが「エイッ!」と気合を入れたらこんな感じ! 「油かす」と「讃岐うどん」の最強タッグの誕生? !これは美味しい事間違いナシ! いっぺん食べてみて? ! ryo.

次の