トヨタ ヘルプ ネット。 「モリゾウ」、トヨタイムズで車の未来像をネット発信:朝日新聞デジタル

【トヨタ プリウス】50系 A グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説|中古車なら【グーネット】

トヨタ ヘルプ ネット

トヨタのプリウス50系 Aの装備・オプション解説 電子キーのリモコン操作で、 離れた場所から全ドアの解錠・施錠が行えます。 また、キーを携帯した状態であれば、ドアハンドルを握って解錠、 ドアハンドルのセンサー部分を触って施錠が可能です。 パワースイッチは運転席の右側にあります。 キーを携帯してブレーキペダルを踏み、 スイッチを押すとエンジンが始動。 併せてメーター類も起動します。 ステアリングの左側には、 オドメーターの表示を切り替えるTRIPスイッチと、 オーディオや音声機能を操作するスイッチが配置されています。 ステアリングの右側には、 コンビネーションメーターの表示を切り替えるスイッチと、 LDA(レーンディパーチャーアラート)を設定するスイッチ、 そしてクルーズコントロールの使用中に、 前方車両との車間距離を設定するスイッチがあります。 マルチインフォメーションディスプレイは、 コンビネーションメーターの中央に配置。 画面を切り替えることで、オーディオやエアコンの設定状況、 警報メッセージ、エネルギーモニターなど 様々な情報を確認可能です。 また、安全装備の設定変更もできます。 ステアリングの右下に、 クルーズコントロールのスイッチレバーがあります。 先端のスイッチを押すとシステムが作動。 アクセルペダルを踏まなくても、 自動で走行させることができます。 ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。 その反対側に、方向指示器・ライトスイッチがあります。 パワースイッチの右側に、 運転をサポートする機能のスイッチが並びます。 ハンドルを自動操作し、縦列駐車や車庫入れ、縦列出庫を アシストする機能のスイッチです。 ONにするとマルチインフォメーションディスプレイに ガイド画面が表示され、 安全に駐車や出庫を行うことができます。 滑りやすい路面で横滑りを抑える VSC(ビークルスタビリティコントロール)の機能と、 タイヤの空転を抑えるTRC(トラクションコントロール)の 機能を停止するスイッチ。 短く押すとTRCがOFFになり、 3秒以上長押しするとVSCとTRCがOFFになります。 ONにすると、運転席正面のフロントガラスに、 ヘッドアップディスプレイが表示されます。 車両前方の明るさを判定し、 自動的にハイビームとロービームを切り替える機能のスイッチ。 ハイビームを点灯させてからスイッチを押すことで、 機能が作動します。 販売店オプションで、 メーカー純正のエントリーナビを装着可能。 トヨタ独自のコネクティッドサービスの利用が可能になります。 外気や室温などを感知し、快適な室内環境を保つオートエアコン。 設定状況はマルチインフォメーションディスプレイでも 確認可能です。 また、燃費性能を優先したエコ空調モードや、 エアコンの送風をフロント席に優先させるS-FLOWを設定できます。 シフトレバーは手を伸ばしやすい位置にあり、 軽やかな操作性がポイント。 シフトポジションをPに切り替えるときは、 レバーの右隣にあるPポジションスイッチを押します。 シフトポジションをRに入れると、 ナビの画面が車両後方の映像に切り替わります。 ガイドライン表示で、車庫入れや縦列駐車をサポートします。 シフトレバーの左側に、3種類のスイッチが配置されています。 電気モーターのみを使って走行するモードに切り替えるスイッチ。 騒音や排気ガスを気にせず走行できます。 走行状況に応じて、3種類の走行モードを選べるスイッチ。 ノーマルモードのほか、 きびきびとした走りを楽しめるパワーモード、 燃費の向上に適したエコドライブモードが設定可能です。 走行モードの変更はマルチインフォメーションディスプレイの 表示とスピードメーター左上の表示灯で確認できます。 ガソリンエンジンが停止した状態で走行している時に、 周囲へ車両の接近を知らせる音をストップさせるスイッチです。 トヨタのプリウス50系 Aの内装解説 広い範囲を照らせるようにデザインされたマップランプ。 交通事故などの緊急時に、 ヘルプネットセンターに接続することができるボタンです。 マップランプの下には、 サングラスの収納に便利なオーバーヘッドコンソールがあります。 後続車のヘッドランプのまぶしさに応じて、 反射光を自動的にやわらげる機能を持つインナーミラー。 中央のスイッチを押すと、システムが作動します。 運転席と助手席のサンバイザーは、 バニティミラーと天井照明をセットで装着。 身だしなみのチェックに便利です。 左右のフロントドアには上下2つのポケットを用意。 下のポケットはボトルホルダーが付いています。 ETC車載器は運転席の下部に装着されます。 シフトレバーの下には、大型のトレイを設置。 その下には2個のカップホルダーと小物入れ、 そしてアクセサリーソケットを用意しています。 アームレストにも使える大型のコンソールボックス。 中は取り外しができるトレイとの二段構造になっており、 車内の整理整頓に重宝します。 助手席の正面にはグローブボックス。 車検証などの収納に適した大きさです。 左右のリヤドアには、小さなポケットとボトルホルダーを用意。 運転席と助手席の裏側に、大きなポケットを用意。 助手席のポケットはファスナー付きのポケットも装着しています。 リヤシートの中央には収納式のアームレストが。 先端には2個のカップホルダーが付いています。 ラゲージルームは、小型化したハイブリッドバッテリーを リヤシート下に配置したことで、 450リットルオーバーの容量を確保。 プライバシーの保護に欠かせないトノカバーを装備。 ラゲージを広く使いたい時には取り外しも可能です。 ラゲージの左側に、スイッチ式のランプを用意。 その上には4kgまで対応可能のフックを装備しています。 フックは右側にもあります。 デッキボードを外すと、 工具類を整理して格納できるトレイがあります。 トレイを取り外すと、 もしもの備えに欠かせないスペアタイヤが格納されています。 ラゲージルームは、シートアレンジをすることで、 スペース拡張が可能です。 はじめに、トノカバーを取り外します。 そして、リヤシートの肩口にあるレバーを引き起こし、 背もたれを前に倒します。 シートは左右分割で、フラットに倒すことが可能。 簡単な操作で、荷室を大きく広げることができます。 運転席は前後の位置やシートの高さなどを電動で調節可能。 より最適なシートポジションを設定できます。 シャープな目つきで精悍な表情を持つヘッドランプ。 1灯の光源でロービームとハイビームの切り替えができ、 高い省エネ性も併せ持っています。 リヤコンビネーションランプはサイドからバックドアへ伸び、 ボリューム感を強調。 夜間の被視認性をしっかりと確保しています。 メーカーではバラエティに富んだアクセサリーパーツを用意。 自分好みのビジュアルにカスタムする楽しさも生まれています。 以上、トヨタ・プリウスのご紹介でした。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

ヘルプネットとはどのようなものですか?

トヨタ ヘルプ ネット

Q こんにちは。 以前の質問で走行中にDVDやテレビを見たいという質問があったのですが、 それと似たような質問になってしまうかもしれません。 申し訳ございません。 MAZDA車に乗っており、ナビは購入時につけてもらいました。 パナソニックのHDDナビですが、MAZDA用に改良されているものみたいです。 サイドブレーキをひいていないとナビが使えないのですが、同乗者が走行中に 経路を見る事もあり、とても不便です。 サイドブレーキにつながるコードを抜いてみたのですが、逆に常にブレーキが かかっている状態になってしまいダメでした。 ここまでうまくできていると、ナビの操作も携帯電話と同じように法律違反 なんでしょうか? 友人知人は走行中も使えるので、設定を変える方法はあると思うのですが ご存知の方いらっしゃいますでしょうか? 宜しくお願いいたします。 A ベストアンサー すべて自己責任でお願いします。 ナビの走行中の制御には二通りあります。 1)サイドブレーキ サイドブレーキが引かれているかどうかで、走行中か停車中かを判断します。 後付けのナビは、ほとんどこの方式です。 2)サイド+車速 サイド1)の方法に加え、車速センサーから車速信号を取り、速度が「0」を判断する方法です。 純正ナビは、この方法を取っている場合が多いです。 で、まず、この1)か2)を見極めなければなりません。 まず、案ぜんな場所で、サイドブレーキランプが点く一番弱い状態でサイドを引き、車速が20km/h程度で走行します。 1)の場合は、テレビが映ったり、ナビが操作できます。 2)の場合は、スピードが上がってくると、TV画面が移らなくなったり、ナビが操作できなくなったりします。 では、解除の方法は、 1)の場合は、サイドブレーキをボディーアースします。 サイドブレーキにつながっているナビの線を、車体の金属部分につなげることで、「サイドが引かれている」とナビが勘違いして映るようようなります。 抜くだけではだめですよ。 2)の場合は、 A)TVキットを購入する 特殊なナビをのぞいて、1万円前後で購入できます。 そこそこ器用なら、自分で取り付け出来ます。 こういった物です。 tohshow. 操作したい時だけそのスイッチをOFFにすると、車速「0」=停車とナビが勘違いして操作できるようになります。 この方法を使うと、スイッチOFFの時に、自車マークが動かなくなり、TVの裏画面でナビが停止するので、ルート案内をしなくなることがあります。 しかし、スイッチを入れると、すぐにGPSで自車位置を修正して、再度案内が始まるので、特に問題はないと思います。 この方法でも「解除できない」場合もあります。 ですから、下のリンクの掲示板などでお乗りの車種やナビの種類を確認してから実行してください。 carview. asp ナビやTVが映っているだけでは違法ではありません。 しかし、「安全」=違法or合法ではありませんので、そのあたりを十分にご理解して判断してください。 すべて自己責任でお願いします。 ナビの走行中の制御には二通りあります。 1)サイドブレーキ サイドブレーキが引かれているかどうかで、走行中か停車中かを判断します。 後付けのナビは、ほとんどこの方式です。 2)サイド+車速 サイド1)の方法に加え、車速センサーから車速信号を取り、速度が「0」を判断する方法です。 純正ナビは、この方法を取っている場合が多いです。 で、まず、この1)か2)を見極めなければなりません。 まず、案ぜんな場所で、サイドブレーキランプが点く一番... A ベストアンサー ガソリンスタンドでアルバイトしてます。 お客様でそういった方々が来店されます。 黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。 その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月に一回または週一でコーティング(洗車機でノンブラシでコーティング)たまにポリマー加工をします。 あまりワックスはかけません。 ワックスはどうしても夏場は溶けて水垢を取り込み頑固な汚れになりやすいためです。 本当に輝かせるのでしたら、研磨剤なしのカルナバロウの純度が高いワックスを塗りこむことです。 ワックスの輝きに勝てるものはありません。 (好き嫌いは分かれますが)特に濃色はワックスの種類、もともとの塗装の強さで輝きが違います。 軽自動車と高級車の違いはやはりすぐわかります。 <ぴかぴかにする方法> 車を日陰でまず水をかけてあらかた砂埃を落とす。 (中途半端に洗い流すといくら洗剤をつけていても傷が付きます) シャンプーを泡立てて泡をたくさん作る。 泡を惜しみなくボディーにかけ、洗剤を染み込ませたきれいなタオルでなでながら洗っていく。 (絶対に力を入れてはいけません) とにかくきれいに洗い流す、洗剤を残してはいけません。 軽く、人工セームでふき取ったらボディーがぬれている間にワックスをかけます、鉄粉が付いているようなら鉄粉除去ネンドで取り除いてから作業に移ります。 下地作りといってコンパウンドなんか使わない。 (素人が下手にコンパウンドを使うとただキズを付けるだけです) ワックスは大体5分くらいでボディー全体に塗ってしまいます。 たてたてよこよこ(早く塗らないと周りからのほこりが付いて研磨剤になります) 塗り終わったら、始めに塗ったところからネル布(できればふき取り用の布)などのやわらかいもので5分以内にふき取ります。 ここでも絶対に力を入れてはいけません。 以上です。 白色車の場合は、水垢がとても目立ちます。 できることならガソリンスタンドにあるような白色車専用ポリマーを使うのがいいのですが、市販品ならドイツ製のポリラックをお勧めします。 水垢のような汚れがとてもきれいに落ちます。 ちょっと高価で、親水性(水をはじかない)なので好き嫌いが分かれます。 白色車も手入れしている車とそうで無い車は輝きがまったく違います。 しかし、間違っても強アルカリ性のもの、荒いコンパウンドで水垢を落とすような製品は塗装に悪いですのでお勧めしません。 あと最後に、洗車機で洗っていらっしゃるとのことですがブラシの種類にこだわってみるとだいぶ違いますよ。 スポンジか布をブラシとして使っている洗車機で洗うと結構傷はつかないものです。 拭き上げに数枚の人工セームを使う。 同じタオルで一台を仕上げないでどんどんタオルを換えるといいです。 ガソリンスタンドでアルバイトしてます。 お客様でそういった方々が来店されます。 黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。 その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月...

次の

【トヨタ プリウス】50系 A グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説|中古車なら【グーネット】

トヨタ ヘルプ ネット

Q こんにちは。 以前の質問で走行中にDVDやテレビを見たいという質問があったのですが、 それと似たような質問になってしまうかもしれません。 申し訳ございません。 MAZDA車に乗っており、ナビは購入時につけてもらいました。 パナソニックのHDDナビですが、MAZDA用に改良されているものみたいです。 サイドブレーキをひいていないとナビが使えないのですが、同乗者が走行中に 経路を見る事もあり、とても不便です。 サイドブレーキにつながるコードを抜いてみたのですが、逆に常にブレーキが かかっている状態になってしまいダメでした。 ここまでうまくできていると、ナビの操作も携帯電話と同じように法律違反 なんでしょうか? 友人知人は走行中も使えるので、設定を変える方法はあると思うのですが ご存知の方いらっしゃいますでしょうか? 宜しくお願いいたします。 A ベストアンサー すべて自己責任でお願いします。 ナビの走行中の制御には二通りあります。 1)サイドブレーキ サイドブレーキが引かれているかどうかで、走行中か停車中かを判断します。 後付けのナビは、ほとんどこの方式です。 2)サイド+車速 サイド1)の方法に加え、車速センサーから車速信号を取り、速度が「0」を判断する方法です。 純正ナビは、この方法を取っている場合が多いです。 で、まず、この1)か2)を見極めなければなりません。 まず、案ぜんな場所で、サイドブレーキランプが点く一番弱い状態でサイドを引き、車速が20km/h程度で走行します。 1)の場合は、テレビが映ったり、ナビが操作できます。 2)の場合は、スピードが上がってくると、TV画面が移らなくなったり、ナビが操作できなくなったりします。 では、解除の方法は、 1)の場合は、サイドブレーキをボディーアースします。 サイドブレーキにつながっているナビの線を、車体の金属部分につなげることで、「サイドが引かれている」とナビが勘違いして映るようようなります。 抜くだけではだめですよ。 2)の場合は、 A)TVキットを購入する 特殊なナビをのぞいて、1万円前後で購入できます。 そこそこ器用なら、自分で取り付け出来ます。 こういった物です。 tohshow. 操作したい時だけそのスイッチをOFFにすると、車速「0」=停車とナビが勘違いして操作できるようになります。 この方法を使うと、スイッチOFFの時に、自車マークが動かなくなり、TVの裏画面でナビが停止するので、ルート案内をしなくなることがあります。 しかし、スイッチを入れると、すぐにGPSで自車位置を修正して、再度案内が始まるので、特に問題はないと思います。 この方法でも「解除できない」場合もあります。 ですから、下のリンクの掲示板などでお乗りの車種やナビの種類を確認してから実行してください。 carview. asp ナビやTVが映っているだけでは違法ではありません。 しかし、「安全」=違法or合法ではありませんので、そのあたりを十分にご理解して判断してください。 すべて自己責任でお願いします。 ナビの走行中の制御には二通りあります。 1)サイドブレーキ サイドブレーキが引かれているかどうかで、走行中か停車中かを判断します。 後付けのナビは、ほとんどこの方式です。 2)サイド+車速 サイド1)の方法に加え、車速センサーから車速信号を取り、速度が「0」を判断する方法です。 純正ナビは、この方法を取っている場合が多いです。 で、まず、この1)か2)を見極めなければなりません。 まず、案ぜんな場所で、サイドブレーキランプが点く一番... A ベストアンサー ガソリンスタンドでアルバイトしてます。 お客様でそういった方々が来店されます。 黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。 その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月に一回または週一でコーティング(洗車機でノンブラシでコーティング)たまにポリマー加工をします。 あまりワックスはかけません。 ワックスはどうしても夏場は溶けて水垢を取り込み頑固な汚れになりやすいためです。 本当に輝かせるのでしたら、研磨剤なしのカルナバロウの純度が高いワックスを塗りこむことです。 ワックスの輝きに勝てるものはありません。 (好き嫌いは分かれますが)特に濃色はワックスの種類、もともとの塗装の強さで輝きが違います。 軽自動車と高級車の違いはやはりすぐわかります。 <ぴかぴかにする方法> 車を日陰でまず水をかけてあらかた砂埃を落とす。 (中途半端に洗い流すといくら洗剤をつけていても傷が付きます) シャンプーを泡立てて泡をたくさん作る。 泡を惜しみなくボディーにかけ、洗剤を染み込ませたきれいなタオルでなでながら洗っていく。 (絶対に力を入れてはいけません) とにかくきれいに洗い流す、洗剤を残してはいけません。 軽く、人工セームでふき取ったらボディーがぬれている間にワックスをかけます、鉄粉が付いているようなら鉄粉除去ネンドで取り除いてから作業に移ります。 下地作りといってコンパウンドなんか使わない。 (素人が下手にコンパウンドを使うとただキズを付けるだけです) ワックスは大体5分くらいでボディー全体に塗ってしまいます。 たてたてよこよこ(早く塗らないと周りからのほこりが付いて研磨剤になります) 塗り終わったら、始めに塗ったところからネル布(できればふき取り用の布)などのやわらかいもので5分以内にふき取ります。 ここでも絶対に力を入れてはいけません。 以上です。 白色車の場合は、水垢がとても目立ちます。 できることならガソリンスタンドにあるような白色車専用ポリマーを使うのがいいのですが、市販品ならドイツ製のポリラックをお勧めします。 水垢のような汚れがとてもきれいに落ちます。 ちょっと高価で、親水性(水をはじかない)なので好き嫌いが分かれます。 白色車も手入れしている車とそうで無い車は輝きがまったく違います。 しかし、間違っても強アルカリ性のもの、荒いコンパウンドで水垢を落とすような製品は塗装に悪いですのでお勧めしません。 あと最後に、洗車機で洗っていらっしゃるとのことですがブラシの種類にこだわってみるとだいぶ違いますよ。 スポンジか布をブラシとして使っている洗車機で洗うと結構傷はつかないものです。 拭き上げに数枚の人工セームを使う。 同じタオルで一台を仕上げないでどんどんタオルを換えるといいです。 ガソリンスタンドでアルバイトしてます。 お客様でそういった方々が来店されます。 黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。 その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月...

次の