パルミー イラスト。 【高い?】パルミー(Palmie)講座の評判/感想(入会レビュー!)

‎「イラストやマンガの描き方が無料で学べる!お絵かき講座Palmie(パルミー)」をApp Storeで

パルミー イラスト

新型コロナウイルスの影響で、家で過ごす時間が長くなるなか、これをきっかけに自宅で何かを学ぼうとする人が増えています。 そんななか話題となっているのが、ネット上でイラストやマンガの描き方が学べる「パルミー」です。 月額約1万円で、約130本の様々な授業動画が受け放題となるオンライン講座で、4月以降、新規の有料会員数が従来の約2倍になっているとのこと。 サービスの発案、そして運営を行うパルミー代表取締役社長・伊藤貴広氏に話をうかがいました。 僕は福岡県出身で、もともとマンガ家を目指して東京の美大に入ったんです。 ただその夢はかなわず、新卒でDeNAに入社しました。 そこでウェブサービスについて学ぶうちに、インターネット上にイラストの学校を作れば、日本全国のイラストレーターやマンガ家を目指す人たちが高水準の授業を受けられるのではないかと。 私立の美大に通うと4年で1000万円はかかりますし、専門学校でも数百万円はかかる。 地方にはそういう学校も少ないですしね。 そこで未来のクリエイターを支援しようと、2014年にパルミーを立ち上げました。 累計受講者数は3000人を超えています。 武蔵野美術大学を卒業後、DeNAに入社。 2014年にパルミーを立ち上げ、日本最大級のイラスト、マンガ学習サイトに育て上げた 多彩な講師陣と幅広い授業動画ですね。 スクールに通う人の話でよく聞くのが、「絵柄のテイストが合わない先生に当たってしまった」というもの。 パルミーでは基礎的な講座である「キャラクターイラスト入門講座」だけでも、10名の講師がおり、各ユーザーの趣向に沿えるようにしています。 しかも講師陣は、専門学校で教えている方などに加え、有名作品のキャラクターデザインを担当する現役の方もそろえています。 例えば、昨年放送されていた『仮面ライダージオウ』や、戦隊モノの衣装デザインを手掛けている、伊津野妙子先生の授業などは人気ですね。 授業では最新トレンドも取り入れており、「VTuberキャラクターデザイン実践講座」「縦読み漫画(ウェブトゥーン)講座」といったものも用意しています。 他にも、BL(ボーイズラブ)人気を意識した「おじさんの描き方講座」、二次創作の際の権利関係が学べる「イラスト・マンガのための著作権講座」などの再生数が高いですね。 スタート当初は、90分間の動画も作っていたんですが、途中で集中力が切れ、挫折してしまう人も多かった。 ユーザーは、30代のサラリーマンやOLの方も多く、皆さん限られた時間の中でいかに効率よく学べるかが大切になってくる。 そこで10分や20分のセクションごとに区切ることで、その都度、達成感を感じてもらったほうがウケが良かったんです。 例えば、動画を見るだけでは上達しないので、実際にイラストを描いていただき、プロが添削をするサービスを行っています。 質問もメールでいつでも受け付けており、24時間以内に返事をする仕組みとなっています。 その結果、半年以上続けてくれる会員さんがほとんどですね。 長い方だと、3年以上の方も。 卒業生は、イラストやマンガを生業としている方もいれば、改めて注目を集めるダブルワークの1つとして活用している方も多いです。 授業動画も充実してきたので、まずはアジアから進出したいと思っています。 特に近年、アジア圏から次々とアニメーターが生まれていて、イラスト投稿サイト「pixiv」のランキングでも、トップ10に必ず韓国や中国の方が入っているんです。 日本とも絵柄が近いですし、ニーズ含めてうまくやっていけると考えています。 パルミーイラストやマンガが学べるオンライン講座で、月額1万2000円で授業動画が見放題に(6カ月プランでは月額9800円)。 授業の内容も充実しており、「線の引き方練習講座」のようなゼロから始める人に向けたものから、「水中イラスト講座」「銃の描き方講座」といった細分化した上級者向けのものまで豊富にそろう。 授業スタイルも、講師とアシスタントの2人で進める『3分間クッキング』のような方式を導入。 生徒目線の質問をアシスタントがすることで、講師のより深い解説を引き出すようになっている。 その点パルミーは、人材育成のプラットフォームとして大きな存在感を示していると感じます。 今後、イラストやマンガといった日本発のコンテンツをグローバルで流通させていくためにも、世界の優れたクリエイターたちをも引きつけるような、そんな役割もパルミーには担っていってほしいです。 エンタテインメントやテクノロジー領域のコンサルティング、メディア運営、カンファレンス主催、海外展開支援などを行っている。 (構成 中桐基善) [日経エンタテインメント! 2020年7月号の記事を再構成].

次の

パルミーイラストコンテスト

パルミー イラスト

新型コロナウイルスの影響で、家で過ごす時間が長くなるなか、これをきっかけに自宅で何かを学ぼうとする人が増えています。 そんななか話題となっているのが、ネット上でイラストやマンガの描き方が学べる「パルミー」です。 月額約1万円で、約130本の様々な授業動画が受け放題となるオンライン講座で、4月以降、新規の有料会員数が従来の約2倍になっているとのこと。 サービスの発案、そして運営を行うパルミー代表取締役社長・伊藤貴広氏に話をうかがいました。 僕は福岡県出身で、もともとマンガ家を目指して東京の美大に入ったんです。 ただその夢はかなわず、新卒でDeNAに入社しました。 そこでウェブサービスについて学ぶうちに、インターネット上にイラストの学校を作れば、日本全国のイラストレーターやマンガ家を目指す人たちが高水準の授業を受けられるのではないかと。 私立の美大に通うと4年で1000万円はかかりますし、専門学校でも数百万円はかかる。 地方にはそういう学校も少ないですしね。 そこで未来のクリエイターを支援しようと、2014年にパルミーを立ち上げました。 累計受講者数は3000人を超えています。 武蔵野美術大学を卒業後、DeNAに入社。 2014年にパルミーを立ち上げ、日本最大級のイラスト、マンガ学習サイトに育て上げた 多彩な講師陣と幅広い授業動画ですね。 スクールに通う人の話でよく聞くのが、「絵柄のテイストが合わない先生に当たってしまった」というもの。 パルミーでは基礎的な講座である「キャラクターイラスト入門講座」だけでも、10名の講師がおり、各ユーザーの趣向に沿えるようにしています。 しかも講師陣は、専門学校で教えている方などに加え、有名作品のキャラクターデザインを担当する現役の方もそろえています。 例えば、昨年放送されていた『仮面ライダージオウ』や、戦隊モノの衣装デザインを手掛けている、伊津野妙子先生の授業などは人気ですね。 授業では最新トレンドも取り入れており、「VTuberキャラクターデザイン実践講座」「縦読み漫画(ウェブトゥーン)講座」といったものも用意しています。 他にも、BL(ボーイズラブ)人気を意識した「おじさんの描き方講座」、二次創作の際の権利関係が学べる「イラスト・マンガのための著作権講座」などの再生数が高いですね。 スタート当初は、90分間の動画も作っていたんですが、途中で集中力が切れ、挫折してしまう人も多かった。 ユーザーは、30代のサラリーマンやOLの方も多く、皆さん限られた時間の中でいかに効率よく学べるかが大切になってくる。 そこで10分や20分のセクションごとに区切ることで、その都度、達成感を感じてもらったほうがウケが良かったんです。 例えば、動画を見るだけでは上達しないので、実際にイラストを描いていただき、プロが添削をするサービスを行っています。 質問もメールでいつでも受け付けており、24時間以内に返事をする仕組みとなっています。 その結果、半年以上続けてくれる会員さんがほとんどですね。 長い方だと、3年以上の方も。 卒業生は、イラストやマンガを生業としている方もいれば、改めて注目を集めるダブルワークの1つとして活用している方も多いです。 授業動画も充実してきたので、まずはアジアから進出したいと思っています。 特に近年、アジア圏から次々とアニメーターが生まれていて、イラスト投稿サイト「pixiv」のランキングでも、トップ10に必ず韓国や中国の方が入っているんです。 日本とも絵柄が近いですし、ニーズ含めてうまくやっていけると考えています。 パルミーイラストやマンガが学べるオンライン講座で、月額1万2000円で授業動画が見放題に(6カ月プランでは月額9800円)。 授業の内容も充実しており、「線の引き方練習講座」のようなゼロから始める人に向けたものから、「水中イラスト講座」「銃の描き方講座」といった細分化した上級者向けのものまで豊富にそろう。 授業スタイルも、講師とアシスタントの2人で進める『3分間クッキング』のような方式を導入。 生徒目線の質問をアシスタントがすることで、講師のより深い解説を引き出すようになっている。 その点パルミーは、人材育成のプラットフォームとして大きな存在感を示していると感じます。 今後、イラストやマンガといった日本発のコンテンツをグローバルで流通させていくためにも、世界の優れたクリエイターたちをも引きつけるような、そんな役割もパルミーには担っていってほしいです。 エンタテインメントやテクノロジー領域のコンサルティング、メディア運営、カンファレンス主催、海外展開支援などを行っている。 (構成 中桐基善) [日経エンタテインメント! 2020年7月号の記事を再構成].

次の

イラスト上達の最短ルートは?Palmie(パルミー)の動画講座がオススメだ!

パルミー イラスト

7月20日14時まで サマーセール開催中です 絵が上手くなりたい…。 絵を仕事にしたい…。 自分の好きなシチュエーションを描きたい…。 神絵を描いてチヤホヤされたい…。 絵を描いている人なら、一度くらいはぶつかる問題だと思います。 動機がなんであれ 画力が必要なのは確かな事。 しかし、現実は非情です…。 ネットが普及し自分より画力の高い人を手軽に見つけられるようになった反面、この画力のハードルも上がった気がします 昔のことは知らんけど。 画力を上げるには…勉強するしかないのです…!幸い、このご時世では様々な情報をネットから得る事が出来ます。 今回紹介する 「」も そのうちの一つとして考えてもらえればなと思います。 タイトルに書いてありますが、私はこのお絵かき講座パルミーのプレミアム講座を6ヶ月受講しました…!私が絵を描き始めたのは2年前の高校3年生の時。 絵を描き始める年齢としては遅い方だと思います。 模写も苦手です。 また、去年は大学の勉強に付いていくのに必死で、ほとんど絵を描いていませんでした。 なので、実質数ヶ月です。 そんな私が6ヶ月の勉強で一体どのくらい上達したのでしょうか…? お絵かき講座パルミーでイラストを6ヶ月勉強した結果! 一応言っておきますが…左が受講前で右が受講後です。 どうでしょうか…?「お…おぉ…?」って感じの方は今すぐ このページを閉じて記憶から消してください。 私としてもこういう形で絵を見られるのはめっちゃ恥ずかしいです。 「おぉ!」って感じの方は引き続き読んでくださればなと思います。 こういうのってもったいぶるとハードルが上がっちゃうから最初に載せておきたかったんですよね 個人的に上達を実感したのは2回ほど。 色塗りや仕上げに関しての上達はよく感じられました…。 ただ、模写やデッサンなどの基礎を疎かにしてきたのが良くなかったですね。 まだ人間みたいな何かの域は出ていないです。 なので、今後は模写やデッサンなども頑張りつつ、お絵かき講座パルミーも継続していこうと考えています。 他の絵は、、、で公開しているので暇な時にでもどうぞ。 生の声を聞くならTwitterのもオススメですね。 お絵かき講座パルミーの5chやTwitterでの評判は? パルミーの評判を知りたくてこの記事を読みにくる方が多かったので5chやTwitterでの評判を改めて調べました。 初めに断っておきますが、5chやTwitterでの評判をすべてそのまま持ってくるわけにもいかないので、 お絵かき講座パルミーを6ヶ月受講した私のフィルターやバイアスを通してまとめたものという前提でお願いします。 客観的に調べたつもりですが、検索ワード一つとっても人によるので、客観的かどうかは自信が持てません…。 出来ることなら、 自分で徹底的に調べた方が受講するとしてもしないとしても満足のいく結論を出せると思います。 だいぶざっくりとしていますが「肯定的・否定的」「受講者・未受講者」という軸で分けてみました。 総評としては「講座の質とプレミアム講座自体の評判が少なかった 無料講座の評判は多い 」という印象です。 私は「胡散臭い」以外の評判には同意で 受講者のビフォーアフターがいまいちは耳が痛い 汗 、特に「否定的な受講者」の 二つが重要だと思っています。 詳しくは後述しますが、パルミーは解約の仕組みが厄介で、特に月謝制は いかに時間をとれるか、あるいは集中して主体的に取り組めるかで大きく満足度が変わってくると思うからです。 肯定的な受講者は恐らくそのどちらかを満たしていたのだと思います 時間に余裕があった私もその一人。 後述する 月謝制のならそれらを試せると思うので、それも一つの手だと思います。 公式サイトを見た方が早い気もしますが、それぞれ説明していきましょう! 無料講座 まずは「」。 これは文字通り無料の講座で5分程度の動画が200点以上あります。 プレミアム講座と勝手が違いますが、カリキュラムやイラレポなど、独自の機能も無料で使えます。 好きな講師がいる• 無料講座では物足りない• 受講したい講座が決まっている• 銀行振込やコンビニ払いがしたい• 絵にかけられる時間があまり無い• 月謝制に対応していないプレミアム講座を受講したい プレミアム講座 月謝制 引用元: 三つ目と四つ目 は「」としてまとめていきます。 これは対象のプレミアム講座を見放題に出来るプランです。 1ヶ月にどのくらい受講するかにもよるのですが、 1ヶ月1講座のペースでも単体受講よりはお得ですし、6ヶ月プランであればペンタブとクリスタも 無料で付いてきます。 また、月謝制では学割を適用出来るので 学生の方には最もオススメのプランでしょう。 さっきも言いましたが、私はこれです。 無料講座では物足りない• 絵を描く時間がまとまってとれる• 受講したい講座が決まっていない• いろいろな絵柄や描き方を見てみたい• デジタルの画材を一通り揃えたい・買い替えたい 6ヶ月プランのみ 詳しくは後述しますが、 月謝制は7日間のもあります。 7日間あれば1講座は終わるのでかなりお得です。 またこれも後述しますが、私みたいに計画性に自信が無くてケチな人は特にオススメです…。 自分で支払った場合は自分のお金が定期的に削られるわけですから、毎月元を取らなきゃって嫌でも尻を叩かれます 笑 お絵かき講座パルミーの良かった点・悪かった点! パルミーの良かった点・悪かった点をまとめました。 良かった点その1:プロのイラストの描き方・ツールの使い方の一挙一動が分かる これは動画授業ならではの強みだと思います。 パルミーのプレミアム講座は講師の方のメイキングを見ながら一緒に描いていきます。 なので、どうしてそう描いたのか・どうしてそのツールを使ったのかなどがよく分かります。 また、基本的に生放送形式で パルミーの方が視聴者のコメントを拾ったり質問を投げかけたりしながら進行していきますし、講師の方もその度に答えてくださるので、神すぎて理解出来なかったという事態は防げます。 生放送を延長して質問に答えたり、新たに資料を作ってくる熱心な講師の方もいました。 私は録画として見ていたのですが、 それでもちゃんと見れば一通り形に出来るようになっています。 良かった点その2:プロのイラストデータを見ることが出来る パルミーのプレミアム講座の中にはCLIPファイルやPSDファイルなどのイラストデータを配布する講座もあります。 講座の復習としてはもちろん、 レイヤーの構成やレイヤー効果のかけ方など、まさに企業秘密と言えるような内容もたくさん詰まっています。 この手のファイルは有料で配布されることが多いので、とてもありがたかったです。 良かった点その3:対応が丁寧 Twitterでの様子を見てもらえれば分かりますが、対応がめっちゃ丁寧です。 「ペンタブがなかなか届かないなぁ」と 呟いたら「配達状況を確認しましょうか?」って自発的にリプライが来た時は本当に驚きました。 要望も聞いているようで「月謝制はクレカ払いしか出来ないのか?」という声に対応して、口座振替も出来るようになりました。 このサポート力があれば安心して受講出来ますね。 パルミーさんからいただいたお手紙です。 手書きではありませんが、受講を始めた当時は嬉しかったです。 良かった点その4:モチベーションを維持出来る仕組みが充実している 通信教育でネックとなるのはモチベーションです。 学校や塾などとは違って、自分を律して計画的に勉強する必要が出てくるわけです。 好きで始めた勉強ではあるのですが、私は完璧にそれをやり遂げる自信がありませんでした…。 パルミーはゲームの収集物のように講座の1回ごとに受講完了ボタンが用意されていたり、Twitterで講座に関連する絵をたまにRTしてくれたり、とにかくモチベーションを維持出来る仕組みが充実しています。 オススメなのはTwitterで パルミーの公式アカウントをフォローしておくこと。 同時期にパルミーを受講している人の絵が流れてきて刺激になったり焦ったりしますし、無料講座のリンクも流れてくるので、それを見たら5分だけでも頑張ってみるという習慣を付けておくと、それが1時間以上のプレミアム講座を見るモチベーションになります。 さっきも言いましたが、もオススメです。 毎月銀行からお金を引き出されるのを見るのは心臓に悪いですが、確かに効果はあります。 やっぱり人間、綺麗事だけじゃ動けないんですね…。 悪かった点その1:クリスタの講座が多い パルミーはクリスタの講座が多く、他のソフトやアナログの講座が少なめです…。 私はパルミーを機にCorel Painterからクリスタに変えて「なんだこのソフト!最高か!」ってなったので特に問題は無かったのですが…人を選ぶところはありそうです。 今後に追加される講座に期待ですね。 コピックの色塗り講座がパルミーに登場💮 これからパルミーはアナログ画材の講座もどんどん増でます• 無料期間終了後は、お客様が申し込まれた利用期間の途中で解約することはできません。 サービスは利用期間の最後まで提供され、利用料金は当社規定に基づき請求されます。 また、パルミーを退会された場合も、返金や未利用期間の日割り計算による精算は一切行っておりませんのでご注意ください。 月謝制はお客様が自ら自動更新を停止しない限り、同一の条件で自動的に契約更新されます。 自動更新の停止は、マイページの「プラン確認・設定」からいつでも設定可能です。 引用元: 悪かった点というよりは注意点なのですが、 月謝制の期間中に自動更新を停止しておかないと自動で延長されてしまいます。 また、中途解約が出来ないので自動更新を停止しておかなかった場合、6ヶ月プランの場合はもう6ヶ月分を支払わなければならないというわけです。 これはなかなか厄介だと思います。 私が受講した時は無かったはずです。 設定自体は簡単に出来るようですが、Twitterでは解約のし忘れによる嘆きの声もちらほら見受けられました。 月謝制を解約したいです。 無料お試し期間中は、いつでも好きなタイミングで解約が可能です。 無料期間終了後は、事前にお申込みいただいた期間内に途中で解約することはできません。 無料お試し期間中に解約する際は、マイページの月謝制タブ内にある「プラン確認・設定」から解約手続きをお願いいたします。 月謝制契約中に解約する際は、マイページの月謝制タブ内にある「プラン確認・設定」から月謝制の自動更新をOFFにしてください。 自動更新をOFFにしていただくことで、ご契約プランの期間終了後自動的に解約されます。 引用元: 意図しない形で請求されるのは本当に辛いので、 余裕をもって確認しておくことをオススメします。 お絵かき講座パルミーをお得に利用するには? 最後にパルミーをお得に利用する方法をまとめました。

次の