あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 意味。 宛先不明で戻ってきた年賀状は再送できる?出し直しや交換についても

送った郵便物が自分のところへ戻ってきてしまいました。再度送りたいのですがどうしたらいいですか?

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 意味

「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」とは? 「あて所に尋ねあたりません」は 「あてどころにたずねあたりません」と読むようです。 そしてこのスタンプが押されている年賀状(ハガキ)ですが、 文言のとおりで配達準備中に調査したけど宛先の住所、受取人に年賀状やハガキなど郵便物が届けられなかったことを意味します。 どうしてこのハガキが届かなかったのか? 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」になる原因は? ハガキや年賀状にこのスタンプ 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」が押されてしまう原因を調べてみました。 次のようなケースで受取人に届けられないと差出人に戻ってきてしまうようです。 宛先の受取人が引っ越しした場合• 日本郵便が管理している名簿の台帳と一致しない場合• 宛先の住所を間違えている場合• 受取人の住所に表札がない場合• 宛名が書かれていない場合• 配達員が居住を確認していない場合• 受取人の転居届の手続きが住んでいない場合 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」の解決方法は? この問題の解決方法については、先ほどの原因から適切な対応をしていくしかありません。 こちらが宛先の住所を間違えている場合や受取人の住所が間違えている場合は、 正しい住所を間違えなく記入するようにしましょう! そして正しい住所を記入しているのにも関わらずに 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」というスタンプが押されて郵便物が戻ってきてしまう場合は、 受取人が宛先の住所に住んでいるのかの確認がとれていない場合があります。 ( 郵便局の方では郵便物を送る時に独自の台帳を持っているようなのですが、宛先の住所にこの受取人が住んでいるのかを確認しています。 この確認が上手くとれていないと、郵便局の台帳と「宛先」と「宛名」が不一致となり、郵便物を届けられないようになってしまうようです。 ということでこの問題が発生している場合は、受取人が居住の確認を郵便局にできていない可能性があります。 受取人が居住の確認や転居の手続きが郵便局側と連携できているのかをしっかりと確認しましょう! 居住が確認できていない住所に対して受け取り先を指定されている場合は、郵便局側ではハガキや年賀状、郵便物を届けられない場合があるようです。 この場合は、 ヤマト運輸や佐川急便などの宅配サービスを使うしかないのかもしれません! 書き損じはがき・切手の交換サービスはできない! 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」となってしまい、受取人に届けてもらうことができなかった郵便物ですが、届かなかったので 「再利用」や 「書き損じはがき」として 切手の交換サービスなどができないのか最寄りの郵便局に確認してみました。 この場合は「再利用はできない」「切手の交換サービスもできない」とのことでした。 郵便局側としては、受取人へ届ける調査や努力をして差出人へ郵便物を返したことでサービスを提供した扱いとしているようです。 ということで、郵便物を届けるという目的は果たせなかったけど仕方ありませんよね! 年賀状とかだったら 年賀状のお年玉くじの番号だけ確認したら処分しちゃって良いと思います! ということで今回は、ハガキや年賀状などの郵便物に 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」となってしまった場合の対応についてのお話でした!.

次の

「あて所に尋ねあたりません」で戻ってきたハガキは交換できなかった

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 意味

ヤフオク・メルカリで発送した商品が「あてどころに尋ねあたりません RETURN UNKNOWN 」で郵便物が返送されてきた・・・ 先日、ヤフオクで発送した商品が「あてどころに尋ねあたりません RETURN UNKNOWN 」というハンコが印字されて戻ってきてしまいました。 「あて名不完全のため配達できません」「保管期間経過のため返還」で戻って来たことはあったのですが、「あてどころに尋ねあたりません」は初めてでした。 「あてどころに尋ねあたりません RETURN UNKNOWN 」の意味ですが、で調べた所、「あて先の住所に受取人が居住していない。 」というのが理由で返送されて来たようです。  主な返還理由 あて所に尋ねあたりません:あて先の住所に受取人が居住していない。 あて名不完全で配達できません:あて先が不完全のため、配達できない。 保管期間経過のため返還:受取人が不在のために郵便局でお預かりしていた郵便物等の保管期間 配達の翌日より7日間 に受取人が受け取らない。 再度お送りになる場合は、下記の手順で手続を進めてください。 「あてどころに尋ねあたりません RETURN UNKNOWN 」で返送された場合の対応方法 ヤフオクの取引ナビで、住所があっているかを落札者に確認させて頂いたところ、登録した住所が古く間違っていたとのことでした。 送料はそれほど高くなかったので、今回は再度切手を貼り直して再送することになりました。 「あて名不完全のため配達できません」「保管期間経過のため返還」「あてどころに尋ねあたりません RETURN UNKNOWN 」などのハンコが押されて郵便物が返送されて来てしまった場合は、まずは取引ナビなどで落札者と連絡を取り、送り先の住所があっているかを確認することで解決するケースが多いと思います。

次の

郵便局はやっぱりおかしい: RABタイムリー・ブログ

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 意味

「あて所に尋ねあたりません」ハガキは交換できなかった 印刷に失敗したハガキを郵便局で交換してもらう時、今回あて先不明で戻ってきたハガキも持っていくつもりでした。 しかし念のため調べてみると、一度ポストに投函されたものは新しいハガキに交換することはできないそうですね。 しかし「あて所に尋ねあたりません」ハガキは再差出可能 しかし切手を貼り宛先を訂正等することで、もう一度差出することはできるとのことでした。 によると、 はがきの場合• 「お返しした理由」の欄を二重線で消去し、必要に応じて正しいあて先・住所・氏名を記載してください。 表面の見やすい所に赤い文字で『再差出し』と記入してください。 再度切手を貼付して最寄りの郵便局に差し出してください。 こうすればもう一度送ることができるんですね。 しかし、個人的に、スタンプが押されてたり訂正されたハガキはもう一回送るのは難しいような気もします…。 また切手も新しく貼らないといけないみたいだし。 送付先が仕事関係の相手ならなおさら…友人でも微妙だな。 「おいおいお前一回間違って送ってんじゃないよー前に住所教えたやん」とか思われそうで…。 引っ越したことを教えてもらってないので、あて先不明で戻ってきたということもあるでしょうが。 結局、今回戻ってきたハガキは再差出せず、新しいハガキで出し直しました。

次の