法隆寺 金堂。 飛鳥様式の特徴を解説。胴張の柱、卍崩の高欄、雲斗雲肘木等図解入りで解説

法隆寺金堂釈迦三尊像

法隆寺 金堂

胴張のある円柱(法隆寺の柱のふくらみをエンタシスと書いているものを見かけますが、エンタシスであるかどうかは証明されていません。 エンタシスとはギリシャ神殿の柱のふくらみのことを言います)• 柱の上部は皿斗付きの大斗• 高欄に卍崩しの形が入っている• 高欄に人形束(又は割束)が入っている(五重塔にはない)• 軒下の斗供、肘木が雲型になっている• 軒の構造 1・胴張の柱 法隆寺の中門、金堂、五重塔、回廊の柱は少し膨らんだ形になっています。 そして、柱上部の大斗の下に皿斗がついています。 法隆寺の柱はギリシャのエンタシスと同じという説明を聞くことがあります。 色々な解説がありますが、私はギリシャと法隆寺は関係ないと考えています。 柱については別の記事で私の考えを書いています。 興味のある方はよんでみてください。 2・高欄 法隆寺の金堂、中門の高欄には卍崩しと、人形束が入っています。 五重塔の高欄には人形束がありません。 3・雲斗雲肘木 肘木や斗が雲型をしている。 4・軒の構造 上記の断面で、尾垂木の先に乗った巻斗(まきと)で上部の丸桁(がんぎょう)を受けています。 その上に垂木がのっています。 飛鳥様式では垂木と尾垂木が屋根の荷重を受けています。 その荷重が尾垂木の先端にかかります。 飛鳥時代では垂木と尾垂木で軒を出す構造になるので、軒先が下がりやすくなっています。 軒先が垂れてくるため、屋根の隅木に束が入っています。 垂木が一段になっている軒を 一軒(ひとのき)といいます。 薬師寺や唐招提寺は 一軒から 二軒に、 雲肘木もなくなり、 三手先(みてさき)に進化していきます。 裳階(もこし)ってなに?裳階は飛鳥様式? 法隆寺の金堂、五重塔には裳階というものがついています。 創建当初は裳階はついていなかったと考えられていて、雨除けのためにつけられたようです。 裳階は後からつけた雨除けで、飛鳥様式の特徴とはいえません。 ちなみに裳階付きの建築物はけっこうあります。 裳階付きの建築は、薬師寺の西塔、東塔、興福寺・中金堂、法界寺・阿弥陀堂などがあります。 五重塔 五重塔も飛鳥様式となっています。 金堂との違いといえば、高欄に人形束がないことくらいでしょうか。 五重塔も金堂と同じように一軒の軒先になっています。 五重塔の構造・名称など 飛鳥様式とは関係ありませんが、五重塔の構造と名称を書いておきます。 五重塔も金堂も軒を出す構造は基本的には同じです。 柱のたてかたは、垂木の上に台輪を乗せ、その上に柱を立てます。 そうして、少しづつ下層と柱の位置をずらすことによって 逓減率の大きな立面になります。 正面からみると上に行くにしたがって上部が小さくなっていくことがわかります。 法隆寺の五重塔の逓減率は約0. 5です。 金堂も上下の柱の位置がずれているので、逓減率が大きくなっています。 相輪は心柱が下から支えています。 心柱はどこにも触れていません。 法隆寺の心柱は掘っ建てになっていて、土の中に埋まっていたそうです。 (今はどうなっているかはわかりません) 昭和24年の調査で心柱の下に仏舎利容器が収められていることが確認されました。 仏舎利容器のレプリカが大宝蔵院に展示されています。 まとめ 飛鳥様式についてまとめてみました。 軒先の構造等は現地で見ることができないので、参考にしていただければと思います。 様式を知ることによって、建築の楽しみ方が増えると思います。 飛鳥様式だけでなく、和様、大仏様なども今後まとめていきます。 法隆寺周辺では、法輪寺、法起寺の三重塔が飛鳥様式になります。 大阪の四天王寺は鉄骨鉄筋コンクリートで飛鳥様式で再建されています。 法隆寺を見て他の建築と見比べると、微妙な違いがあったりするので、またおもしろい味方ができると思います。

次の

金堂

法隆寺 金堂

東洋仏教絵画の至宝、法隆寺金堂壁画の最新資料決定版 世界遺産・法隆寺。 その西院伽藍の中心をなし、世界最古の木造建築である金堂には、およそ1300年前の飛鳥時代に描かれた壁画がありました。 東洋仏教絵画の白眉と言われた貴重なこの壁画は、戦後間もない昭和24年 1949 の火災により大半が焼損してしまいました。 この火災を機に、1950年に文化財保護法が制定されてから70年目の節目の年に開く本展は、優れた壁画模写と、飛鳥時代の仏像の代表作である百済観音像ほかゆかりの仏像を通じて、法隆寺金堂の美の世界を表すとともに、文化財を継承することの大切さを伝えます。 図録では、焼損前の明治~昭和にかけて、桜井香雲 1840~1902 や鈴木空如 1873~1946 が描いた模写や、記録として撮影されたガラス原板のほか、焼損後に前田青邨 1885~1977 らによって描かれ、現在の金堂におさめられた再現壁画など、出品作をはじめ、出品されない作品も含めて金堂壁画に関する図版を充実して掲載。 モノクログラビアや壁画配置図、各種論文もあわせて収録し、法隆寺金堂壁画を読み解く最新資料決定版です。 東京では23年ぶりの公開となる百済観音像は、魅力的な微笑みや美しい指先をクローズアップしてご紹介します。 百済観音像の謎に迫るコラムや論文も読みごたえがあります。 グッズ 「海洋堂 百済観音フィギュアセット前売券」をご購入されたお客様 このたび政府からの緊急事態宣言が出されたため、5月10日 日 までの会期を予定しておりました特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」は大変残念ながら開幕を断念し、中止となりました。 これに伴い「海洋堂 百済観音フィギュアセット前売券」をご購入されたお客様については下記のとおり対応いたします。 【払い戻し・引換期間】 2020年5月7日(木)~ 6月30日(火)まで• 期間を過ぎますと対応できませんのでご注意ください。 各社のホームページ等にて払い戻し方法をご確認ください。 後日、フィギュアと本展覧会公式図録を進呈させていただきます。 <宛先> 〒150-0047 東京都渋谷区神山町5-5NRビル NHKプロモーション 法隆寺展グッズ係• ご理解のうえご郵送ください。 木村多江さんが 音声ガイドナビゲーターに決定! 女優の木村多江さんが、法隆寺金堂壁画の在りし日の姿に迫ります。 壁画の焼損から保存、継承にまつわるドラマ、模写や再現に関わった画家たちのエピソードもたっぷり織り交ぜてご案内。 メッセージ 日本には美しいものが沢山あり、年々、それを知りたい、感じたいと思うようになりました。 そんな中、日本の美の継承に関わらせていただける機会をいただけましたこと、大変光栄に思っております。 皆さまを少しでも、法隆寺の美の世界に誘うお手伝いができたら嬉しいです。 どうぞ、東京国立博物館へ、尊い世界にお越しくださいませ。 プロフィール 1971年生まれ 東京都出身 女優。 2008年、初主演となる映画「ぐるりのこと。 」では第32回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ他多くの映画賞を受賞。 2014年よりNHKBSプレミアム「美の壺」にて天の声も務めている。 映画やドラマ、CMなど、幅広い分野で活躍中。 【ガイド制作】(株)アコースティガイド・ジャパン 音声ガイドのナレーション収録後、木村多江さんにお話しを伺いました。 法隆寺さんには、学生の頃以来伺っていないので、今回、音声ガイドナビゲーターのお話しをいただいて、ご縁ができたようで本当に嬉しかったです。 火災で焼損したものが、色々な方々の思いで模写され、今に伝えられている、そしてそれを目にすることができるというのは、なかなかないことだと思うんです。 壁画をただ見る、とは感覚が少し違って、継続して伝えられていった思いを見ているような・・・また深さが違うように思いました。 鈴木空如は、お金ももらわず、あの3メートル近い壁画すべてを3回も描いて。 毎日毎日通って、何か取りつかれたように描いたんだろうと…それだけの吸引力が壁画にあったという事ですよね。 百済観音もそうですが、写真で見ても、その表面的な美しさだけではない、何か目に見えない抽象的なものを感じ取れるんです。 造形の美しさだけじゃなく、百済観音の持っている心の美しさ、心のうちみたいなものが見えてくる…きっと皆さんも会場で、目に見えない何かを感じられるのではないでしょうか。 それを楽しみに来て頂けたら嬉しいですね。

次の

1月26日 <法隆寺金堂で火災発生(1949年=昭和24)>

法隆寺 金堂

法隆寺の創建 法隆寺が創建されたのは607年となっているが、「日本書記」によると670年4月30日に法隆寺が焼失したとあり、法隆寺が再建されたという説と、再建はされていないという説で論争があった。 その後、昭和の解体修理などで、再建されたという意見で大方固まっている。 ただ、いつ再建されたか等ははっきりとはわかっていない。 日本で最古の木造建築であることに変わりはなく、法隆寺には奈良前期時代と平安前期時代を除いた時代の建築があり建築史の博物館といわれている。 さすが日本最古の寺院、謎が多い。 それもまた法隆寺の魅力だ! 法隆寺の伽藍配置 東に金堂、西に五重塔があり北側に大講堂があり法隆寺式伽藍といわれている。 法隆寺よりも古い四天王寺から伽藍配置が変わっている。 四天王寺は五重塔と金堂が一直線に並び、五重塔が金堂よりも南側にあり、五重塔が伽藍の重心になっていた。 法隆寺では五重塔と金堂が並び対等な関係に配置されている。 法隆寺では仏像が以前よりも重要になってきている。 上の伽藍の画像で廻廊の折れ曲がっている部分がある。 この折れ曲がった回廊は鎌倉時代に付け足された回廊で、大講堂、鐘楼、経蔵をつなぐ形に改造された。 この鎌倉時代に付け足された廻廊は飛鳥様式ではなく、飛鳥様式を部分的に踏襲しながらところどころアレンジされている。 中門 国宝 飛鳥様式 中門の概要• 断面構成は重層、二層目に機能はない• 平面構成 桁行四間、梁間三間• 屋根 入母屋造り、本瓦葺き• 両脇に仁王像が入る 南大門よりも大迫力!の中門 中門は南大門よりも大きい。 この門で注目すべきは 門の中央に柱があり中央からは出入りできないようになっていることだ。 このような門はみたことがない。 飛鳥時代にはすでに片側通行が採用されていたようだ(知らんけど) 柱には胴張があり、雲斗、雲肘木、卍崩しの高欄など飛鳥時代の建築様式を見ることができる。 両脇には仁王像が入り、堂々として迫力がある。 2016年から屋根等の改修工事が終わり、また中門の全容が見れるようになりました。 金堂 国宝 飛鳥様式 金堂の概要• 断面構成は重層、二層目に機能はない• 平面構成 桁行五間、梁間四間• 屋根 入母屋造り、本瓦葺き• 初層に裳階(もこし)がつく 安置されている仏像• 金銅釈迦三尊像(飛鳥時代)• 金銅薬師如来像(飛鳥時代)• 金銅阿弥陀如来像(鎌倉時代)• 四天王像(白鳳時代)• 吉祥天立像、毘沙門天立像(平安時代) 飛鳥の風を感じる金堂 金堂は日本最古の建築様式である飛鳥様式で建てられている。 金堂の前に立つと他の寺院では感じられない、古代の姿を見ることができる。 洗練されているとはいえないが、簡素な構造による軽快さ、謎めいた模様の卍崩しの高欄など1300年前の姿が目の前にあると思うと不思議な気持ちになる。 内部も外部と同様に見ごたえがる。 仏像が安置されている上部の天蓋は壮麗で美しい。 内部の壁画は昭和の修復中に焼失してしまったが、現在は再現された壁画のパネルが取り付けられていて創建当初の壮麗な内部を見ることができる。 内部に入ると胴張のついた立派な柱がある。 法隆寺の柱はエンタシスと呼ばれているが、その証拠はまだない。 エンタシスのことを胴張と呼ぶほうが、適切であると男は考えている。 金堂は 飛鳥様式の特徴が最もよく揃っている建築物だ。 飛鳥様式の特徴をまとめておこう。 飛鳥様式の特徴• 胴張のある円柱(法隆寺の柱のふくらみをエンタシスと書いているものを見かけますが、エンタシスであるかどうかは証明されていません。 エンタシスとはギリシャ神殿の柱のふくらみのことを言います)• 高欄に卍崩しの形が入っている• 高欄に人形束(又は割束)が入っている• 軒下の斗供、肘木が雲型になっている• 柱の上部は皿斗付きの大斗 飛鳥様式図解 飛鳥様式の特徴をスケッチしてみました。 クリックすると拡大されるので見てみてください。 (カッコエエワ~!) 飛鳥様式は構造的に大きな軒の出を支えるには少し無理がある構造で、軒先を支える支柱を室町時代に入れたようだ。 五重塔の最上層にも同じような支柱が入っている。 このような細部の彫刻も法隆寺の見どころの一つだっ!! 五重塔 国宝 飛鳥時代 五重塔の概要• 断面構成は五層 高さは基壇より約32. 平面構成 方三間(方は正方形の意味)• 屋根 本瓦葺き• 初層に裳階(もこし)がつく 飛鳥美人な五重塔 五重塔を一言で例えるなら飛鳥美人という言葉がぴったりだ。 上に行くほど細くなる姿はとても美しい。 金堂と同時期にいれたのだろう。 五重塔の内部には釈迦の物語を表している四面に塑像がある。 塑像は奈良前期時代に作られたと考えられている。 塑像の表情や四面で構成される釈迦の物語はとても見ごたえがる。 五重塔といえば、仏舎利!その仏舎利容器が昭和24年の調査でその存在が確認された。 大宝蔵院にレプリカの仏舎利容器が展示されている。 とても綺麗でした。 お見逃しなく! 男は五重塔の相輪などをスケッチしてみた。 五重塔の裳階の上部にも彫刻がある。 力士像、邪鬼とも言ったりする。 各角にある裳階の力士像は上部からの荷重を裳階の柱に伝達している。 何百年と頑張っている力士像がしおらしい。 回廊 国宝 飛鳥時代 鎌倉時代の廻廊 時代の変遷が分かる回廊 西院伽藍をぐるりと囲む廻廊は、飛鳥時代と鎌倉時代に追加された部分でできている。 鎌倉時代に廻廊が追加される以前は大講堂、経蔵、鐘楼は伽藍の外にあった。 鎌倉時代に追加された部分は飛鳥様式を完全に踏襲せずに少し手が加えられている。 飛鳥時代の屋根は叉首で組むため虹梁には引張の軸力しかかからず虹梁のサイズを小さくすることができるが、鎌倉時代の廻廊の虹梁(こうりょう)は真ん中に束があるため、中央に曲モーメントがかかるため、飛鳥時代の虹梁よりも太くなっている。 飛鳥時代の構造のほうが力学的には合理的になっている。 鎌倉時代には飛鳥時代の構造的な思想が忘れられたのであろうか。 今の時代にも言えることかもしれないが、なんでも新しいほうが技術的に優れていると考えるのは危険な考え方ではないかと思う。 ほかに鎌倉時代にアレンジされている部分は、柱の上部の皿斗だ。 皿斗の端部の形が変わっている。 この細かいところを統一しなかったのは、作った時代が違うことを後世に伝えるためだったのかもしれない。 大講堂 鐘楼 経蔵 国宝 大講堂は元々廻廊の外にあったため、金堂、五重塔からはかなり離れた場所に立っている。 大講堂はいつ頃建ったかはっきりとはわからないそうだ。 大講堂は外から見るよりも中に入ったほうがこの建築の素晴らしさがよくわかる。 内部に入るとスケールの大きさに圧倒される。 経蔵も大講堂と同じく元々伽藍の外にあった。 廻廊が曲がりながら接続されている。 反対側の鐘楼も同じようにようになっている。 鐘楼です。 経蔵と対になる位置にある。 形もくりそつだ。 さいごに 法隆寺の核となる西院伽藍でした。 五重塔の裳階の上の力士像は4か所にあります。 すべて違う表情をしているので面白いです。 いかれた時は探してみてください。

次の