プリコネ 役割。 【プリンセスコネクト!Re:DIVE】始めようか考えている人へ【プリコネR】

【プリコネR】PT編成や戦闘のコツ!クエストやアリーナ攻略は相性が大事!

プリコネ 役割

低レアリティである星1キャラはステータスが低く比較しにくいので、ある程度才能開花させた状態での評価となる。 Point! Tier4のキャラは性能が低いといった評価ではなく、役割がかぶりやすいので優先度が下がるよ!といった評価です。 気になったキャラや好きなキャラがいればもちろん育成してOKです! アリーナキャラ評価の前提条件• キャラのレベル上げや才能開花が進んでいる• デバフの効果量も高く優秀。 また、デバフ攻撃の頻度も高く魔法防御力を減らした状態で攻撃できることが多い。 単体攻撃で大ダメージを狙える 水着キャルは、ユニオンバーストやスキルで敵に魔法の単体攻撃を行える。 自身の魔防ダウンスキルと相性が良く、効率的にダメージを与えることが可能。 さらに、自身に一定時間「物理攻撃を回避する」状態を付与でき、攻守を兼ね備えた優秀なアタッカーキャラだ。 パーティ編成を物理キャラで固めることで、クランバトルなどのボス戦を攻略しやすい点が優秀。 アタッカーとしても活躍 マコトは、単体攻撃を多く持ちダメージを与える手段もある。 自身の物理防御ダウン付与と合わせて、高いダメージを狙える点も非常に優秀。 自身だけでなく味方全体のUB回転率を上げられるため、アタッカーとしての役割だけでなく支援もこなせる。 自身のTPを大幅に回復可能 アリサは、自身のスキルによってTPを大幅に回復できる。 ユニオンバースト後はTP回復量がさらに増加するため、 高頻度でユニオンバーストを撃つことが可能な継続火力の高いキャラ。 代償として自身のHPを消費するため運用は難しいが、 使いこなせればトップクラスのアタッカー性能となる。 ユニオンバーストで自己回復が可能 イリヤはユニオンバーストによって、自身のHPを大幅に回復することができる。 自身の、HPを消費して攻撃するスキルと相性が良く、TP支援ができるサポートキャラを編成することで持久戦も可能。 また、ユニバには味方の物理攻撃力を上昇させる他、 自身への挑発効果も付与できる。 スタンや回復などのスキルも持っており、支援役としてもスキがなく優秀。 才能開花することでステータスが増強されるのでさらに強力なキャラクターになる。 これは挑発効果も頷ける。 全キャラトップクラスの耐久ステータスに加え、 相手の攻撃を吸収してHPを回復するので驚異の耐久力で敵に立ちはだかる。 アリーナでも壁役として優秀で、相手のユニオンバーストを複数回凌いでくれることも少なくない。 無敵になれるスキルが優秀! ミヤコはスキルで無敵になる事ができる。 一定時間ダメージを受けないので、ユニオンバーストなどの強力な攻撃を受け流すことが可能。 無敵になると解除されるまで攻撃できない点は注意が必要。 Point! ミヤコが幽霊 無敵 になっている時は毒や呪いなど、状態異常のダメージも受けません。 戦闘中ということを忘れてしまうくらい満面の笑み。 ユニオンバーストでは自己回復しつつ自身に魔法吸収バリアを展開できるので、魔法攻撃に対して非常に打たれ強い。 挑発スキルが非常に優秀 クウカは、スキルで敵の攻撃を自身に惹きつける「挑発」の能力を持つ。 タンクを無視できる攻撃などから味方を守ることができるため非常に優秀。 Point! 敵が物理攻撃だけならミヤコ、魔法攻撃だけならクウカなどの方が効果的な場面が多いです。 敵の攻撃が物魔混合の敵に対して使っていきましょう。 星6では火力も出せるタンクに ペコリーヌは星6にすることで、ユニオンバーストの火力が大幅にあがる。 アリーナなどでアタッカーに対して致命傷を与えることができ、突破力も備えたタンクと言える。 アリーナはもちろん、クランバトルなどでも高いダメージを出すために貢献できるキャラといえる。 範囲攻撃持ちの対象を増やすこともできるので、アリーナなどで優秀なスキルといえる。 専用装備作成後は味方全体に物理バリアを展開でき、アリーナでの使い勝手が更に良くなる。 UBは物理バリア展開できる上、範囲を吹き飛ばせるようになり妨害力も高くなっている。 効果量はそこまで大きくないものの、頻度が多く魔防の低い味方のサポートが可能だ。 敵単体を暗闇状態にするスキルも使えるので、強力な攻撃を回避することも出来る。 特に味方の魔法アタッカーを補助出来るので、優秀な魔法キャラと編成したい。 TPが回復するのも頷ける。 パーティを魔法キャラに寄せることで、 敵パーティの強力なタンク役を突破できるようになる。 攻撃スキルでダメージもだせる アカリは、スキルで敵単体に魔法大ダメージを与えることもできる。 自身が持つ魔法防御力ダウンスキルと相性が良く、アカリのみでもある程度ダメージを出せる。 これで頑張れる。 味方全体に物理無効バリアも展開できるので、物理攻撃が多い相手やクエストで活躍できる。 攻守バランスの良いので、クエストからアリーナまで幅広く活躍可能。 さすがお姉ちゃんである。

次の

プリコネ攻略ダンジョンコインの効率の良い集め方と優先交換キャラは? | プリコネ無課金ガチ勢

プリコネ 役割

『プリコネR』は、『プリコネ』からストーリーがつながっていますが、『プリコネ』を知らない方でも楽しめるように作っています。 第1部には『プリコネ』を遊んでいない人に世界観を知ってもらう役割もあったので、キャラクター紹介的なシーンも多くなりました。 それによってシナリオのつなぎが変わったりもしましたね。 ストーリーに深く関わってくる新キャラクターがたくさん登場して、さらに大掛かりな展開が待っています。 第1話のアニメに登場したキャラクターの多くはご覧の通り敵キャラクターですが、もちろん味方になるキャラクターも登場します。 新しく登場したドラゴン族の少女・シェフィがどんなキャラクターなのか、という点でしょうか。 第1部で解き明かされなかった謎にも注目してもらいたいですね。 既存キャラクターに関しては、活躍が増えるキャラクターが多くなって、美食殿以外のキャラクターが活躍するところをたくさん見られると思います。 公開が11月になったのは、あのタイミングが『プリコネ』と『プリコネR』、両方のストーリーを楽しめるベストなタイミングだったためです。 『プリコネ』の最終ストーリーが更新される頃には企画が動き出していました。 前作は、サイバーエージェントと共同開発で、サイゲームスはキャラクターを作っていました。 そして、そのキャラクターで続編を作りたいと思い、許可が降りて動き出したという形です。 ストーリーの更新だけになった頃に時間があったので、その間で主人公がペコリーヌに決まり、前作のエンディングに登場させた流れです。 『プリコネR』から始めた人が多く、『プリコネ』を知らない方にもすんなり受け入れていただけたなと。 アニメRPGという新ジャンルとして打ち出したのも、受け入れられた大きな要因だと思います。 1本だけだとバトルシーンばかりになってしまうので、ほかにも1シーン入れたいというのが当初からありましたが、それが実現できたことでアニメRPGとしての完成度をさらに高められたと思っています。 「新キャラクターを作らなければいけない」とはずっと考えていました。 既存のキャラクターの活躍だけでは物語が広がっていかないと思うので。 それと、ムイミもそのうちイベントに出せればいいなと。 難しい立ち位置のキャラクターなのでタイミングに悩みますが、第2部がある程度進んだら出せるようになるかなと思います。 別の理由でジータやルナなどのコラボキャラクターはイベントに出しづらかったりします。 ただ、絶対に出せないわけではないので、いずれ登場するかもしれません。 第1部のラストを作っている時が大変でした。 チームとしては限界に近かったです。 第2部を早くお知らせしたくてその後も少し無理をしましたが、2月に第1章の後編を実装したあと、3月はメインストーリーの実装をお休みしようと思っています。 その時期には育成キャンペーンを行い、皆さんの反応を見られたらと考えています。 ちなみに今後は星6の追加ペースが上がるのでしょうか? 星6はその時々のゲーム環境やユーザーさんの状況などを見つつ、活躍の場が減ってきたキャラや、バトルにおいて同じような役割が増えてきたキャラなどを改めて輝かせたり、役割分担の差別化を図るためなどの理由で、星6の追加順番を決めたりしています。 追加ペースは基本的に月1ペースのままですが、たまに複数キャラクターの星6を同時に実装する予定です。 諸々のバランスを考え、星4以上まで育てたキャラクターを星3まで下げられるようにする方向で検討しています。 装備RANKを下げる機能は今のところ予定していません。 装備は違う方法でどうにかならないか考えています。 星とRANKの両方を自由に設定できるとバランスを調整しきれない恐れもありますので。 ずっと意識していることではありますが新しく始めた方のキャラクターを成長させるスピードを上げ、既存ユーザーさんに追いつけるまでの期間をある程度一定に保つことを課題にしています。 理由としては、そのゲームの中で一番多くの人が楽しんでいるコンテンツをみんなで一緒にできることがゲームの楽しさの一つだと考えていて、だいたいそういったコンテンツはある程度レベルやキャラクターが育っていないと楽しめないものが多くなりがちだからです。 ただ、あまりにも簡単に成長できると、レベルがカンスト(上限に到達)付近になった途端に成長スピードが落ち、一気につまらなく感じると思うので、そうならないバランスを心がけます。 同じように、新しいキャラクターを手に入れた時の育成も大変なので、入手してすぐに実践投入できるような仕組みも考えています。 8くらいの状態で手に入るバランスにしました。 それと、恒常の新コンテンツを作る予定です。 ユーザー同士で競うのではなく、純粋にアイテムが手に入るようなものを考えています。 日課が皆さんの負担になると感じたら、いずれかのコンテンツをスキップできるようにします。 今年もそういった目標はありますか? 単独イベントとアニメ……と言いたかったのですが、ありがたいことに両方決定しました。 まずは、これらをしっかりやりたいと思います。 単独イベントはステージだけでなく、いろんなアトラクションやブースを巡りながら楽しめるものを想定しています。 ユーザーの皆さんのおかげで開催できるので、できるだけ楽しんでもらえるようなものにしたいです。 TVアニメは4月に放送開始予定で、『プリコネR』の世界にじっくり浸れるようなものになっています。 ゲーム内のアニメーションは戦闘シーンが多いのに対し、TVアニメは日常を多く描いて、癒されるようなものになっています。 ユーザーの皆さんが絶対に楽しめるものになっていますので、楽しみにお待ちください。

次の

【プリコネR】最強キャラランキング/役割別でおすすめのキャラを徹底解説!【プリンセスコネクト】

プリコネ 役割

おすすめキャラクター 中衛キャラクターでおすすめするキャラクターは少ないですが、ピンポイントでこのキャラクターが欲しいという場面が多いです。 サポート 味方へのバフや敵へのデバフなど味方キャラとのシナジーを合わせることで強い編成を組むことができます。 ユカリ 最初は星1でステータスが低いです。 後半では星6でタンクもできる上に魔法攻撃をする敵には鉄壁の守りとなります。 ユカリのスキルのTP回復 UBのゲージ増やす はUBが強いキャラクターと組み合わせることでかなり強力なUBを連発することができます。 このスキルはUBゲージが低いキャラクターに使用するため初心者にも優しいです。 序盤から後半まで使えるキャラクターなので是非育てておきたいキャラクターです。 特別枠サレン サマー サレン サマー は限定キャラクターで復刻したとき以外に入手することができません。 しかし、最初から星3の上に星を上げない方が強いというキャラクターなので、入手したすぐ使用することができます。 星を上げない理由はステータスは上昇しますがUBの溜まる速度が遅くなるからです。 スキルは始めに1回だけ味方全体にTP回復する強力なスキルと味方全体の行動速度と攻撃力を上げる強力なUBとなっていて、始めからUBのラッシュができます。 味方に依存するキャラクターなので、UBが強いキャラクターたちと組み合わせると強力なキャラクターとなります。 特別枠シズル バレンタイン シズルは限定キャラクターで復刻したとき以外に入手することができません。 しかし、サレン サマー と同じく最初から星3で星上げが必要ないキャラクターになっています。 基本的に攻撃力が低く味方のサポートに特化したキャラクターは星を上げない方が強いことが多いです。 スキルは味方のHP・TPを回復し、味方に物理攻撃力・クリティカルを上げ、敵には物理防御デバフを与える強力なキャラです。 下手なアタッカーを入れるより、ダメージが伸びる上に、HP回復で安定します。 序盤から後半まで役に立つので物理パーティーを組むなら入れることをおすすめします。 アタッカー 基本的にアタッカーは敵を早く倒す役割となっています。 敵を早く倒すためにアタッカーにシナジーが合うキャラを揃えることが重要となってきます。 序盤から使えるキャラが少ないので後半まで我慢して育てていきましょう。 グレア グレアは最初から星3でステータスが高いです。 魔法パーティーを作る際に専用装備をつけることができれば強力な魔法アタッカーになります。 星を上げる前に専用装備をつけることを優先しましょう。 グレアは範囲攻撃を得意とするキャラクターでまとめて敵を倒すことができます。 攻撃力が高い反面、魔法キャラクターなのに前の方に配置され、HPも防御も低いのでHPには注意しておきましょう。 ミミ ハロウィン ミミ ハロウィン は最初から星3でステータスが高いです。 こちらは物理に特化した範囲攻撃キャラクターです。 味方の防御力を下げる代わりに攻撃力を上げる特殊なキャラクターです。 しかし、味方の防御力下げることで、敵からの受けるダメージ量が大きくなり被弾TP 敵からの攻撃を受けたときにたまるUBゲージの量 が増えUBを早く発動することができます。 専用装備をもらっていない現状でもかなり強いキャラクターなため、将来性もかねてかなりおすすめキャラクターです。 終わりに ここまで読んでいただきありがとうございました。 今回は中衛キャラクターを紹介しましたが次は後衛のおすすめキャラクターを紹介しますので、気になった方は是非そちらもご覧ください。

次の