沖縄 コロナ。 新型コロナウイルス感染症について(一般の方向け)/沖縄県

東京脱出し沖縄に一家で「コロナ疎開」 地元住民から冷たい視線も

沖縄 コロナ

コロナ禍で多くの人が自粛生活を送るなか、謎の正義感や危機意識で感染拡大リスクを高めている「コロナ偏差値が低い」人たちがいる。 時に迷惑にもなる、彼らの謎行動をリポートする。 冷たい視線にホテル軟禁生活 東京都での新型コロナ感染拡大を受けて一時話題となった「コロナ疎開」。 都内在住のITエンジニア、木島勝さん(仮名・39歳)も、3月のうちに意気揚々とコロナ疎開した一人だ。 「『4月1日に東京都が都市封鎖に踏み切る』という噂がきっかけです。 テレビ局勤務の知人から回ってきたので、これは確かだろうと。 仕事もリモートに切り替わったので、一家で東京を脱出しました」 疎開先は沖縄。 民泊サイトで予約した古民家に一家5人で身を寄せた。 そもそも日本の法律で都市封鎖などできないことは周知の事実。 本来なら感染拡大エリアからの人の移動は避けるべきだ。 「結局、東京で都市封鎖は行われず、美ら海水族館を観光するなど沖縄を満喫してました。 旅行気分で『来てよかったね〜』なんて家族で話していたんです」 風向きが変わったのは、沖縄でも感染者数が急増した4月上旬。 さらにはある事件も重なり、現地の人たちとは明らかに異なる観光客同然の木島一家には、冷たい視線が浴びせられるようになった。 「石田純一の感染発覚ですよ。 自覚症状がありながら沖縄に滞在していたことで、東京からの訪問者は肩身が狭くなった。 海辺で子供と遊んでいたら『あんたらみたいな人のせいで沖縄でもコロナが増えた』とはっきり言われたこともあります。 タクシー運転手にも『私らも命がけですよ』と皮肉を言われる始末で……」 それでも、4つ星なのに1泊6500円で泊まれるホテルを発見して滞在先を替えるなど、なんとか沖縄生活を続けようと画策していたという木島さん。 しかし、沖縄でも緊急事態宣言が出されたことで、結果的に東京にいた頃となんら変わらない状態に。 日に日に増す疎開者への風当たりの強さもあり、22日間の疎開生活を終え、東京へ舞い戻ったという。 「空港からの帰り路で、日に焼けた3人の幼い子を連れてスーツケースを引きずっているときの周囲の視線が少々痛かったですけどね(笑)。 でも、大人になって沖縄に長期滞在できるとは思ってなかったので、コロナも悪くなかったなと」 最後まで自慢げに話す木島さんだが、沖縄の住民からすれば迷惑千万な話でしかない。

次の

ホテル苦境 休業相次ぐ 新型コロナ 負担重く支援訴え

沖縄 コロナ

更新日:2020年6月3日 新型コロナウイルス感染症にかかる知事コメント 【令和2年6月3日】 知事コメント 本日は、大変悲しいお知らせをしなければなりません。 新型コロナウイルス感染症により、県内医療機関で入院し、治療を受けておられた方が昨日お亡くなりになりました。 県内では、これまでに7名の方がお亡くなりになったことになります。 心からご冥福をお祈り申し上げるとともに、ご遺族の皆様に謹んでお悔やみを申し上げます。 沖縄県内では、6月に入ってからも新型コロナウイルス感染症の新規感染患者の発生は見られていませんが、東京都では昨日34人の新規感染患者が確認され、都民に対する警戒を促す「東京アラート」が、緊急事態宣言解除後はじめて発動されました。 また、北九州市においても複数名の新規感染患者の発生が続いております。 このため、キープゼロが続く沖縄県としても現在は全く予断を許すことが出来ない状況と認識しております。 東京都など6都道県との往来については、6月18日までは自粛していただくようお願いしているところであり、引き続き慎重な対応をお願いします。 県としましては、感染流行の小康状態である今だからこそ、第2、第3の波に備えた水際対策の徹底や医療体制の構築等に取り組んでまいります。 県民の皆様におかれましても「新たな生活様式」の定着を進めていただくとともに、事業者の皆様におかれましては「感染拡大予防ガイドライン」の遵守等により、引き続き感染予防対策への取り組みをお願いします。 今後の感染拡大を防ぐためには、県民一人一人の判断、そして行動が沖縄の未来に大きな影響を与える可能性があります。 ぜひ、みんなの力を合わせて沖縄の明るい未来を守っていきましょう。 今後とも、県民の皆様、事業者の皆様の感染予防への取り組みをよろしくお願いします。 令和2年6月3日 沖縄県知事 玉城 デニー 【これまでのコメント】•

次の

新型コロナウイルス関連情報

沖縄 コロナ

「仕事」と称して3泊4日ゴルフと会食の旅 4月10日 経営する韓国料理店のコロナ対応打ち合わせなどのため沖縄へ。 11日 沖縄の宿泊先ホテルのレストランで朝食。 その後、「仕事関係者」とゴルフに行き、プレー中に強いだるさを感じる。 12日 同ホテルで朝食後、午後4時から韓国料理店で打ち合わせ。 13日 同ホテルで朝食後、ホテルの部屋で休息、その後帰京。 14日 都内病院を受診し、肺炎の傾向がみられたため入院。 PCR検査。 15日 陽性と確認。 ブログで感染発表。 といった案配だ。 足掛け4日間も沖縄に滞在、会食やゴルフをしていたことになる。 しかも、沖縄では玉城デニー知事が4月8日に「県外からの来県自粛と、沖縄県民の外出自粛要請」を出したばかりだった。 それを無視して沖縄に飛んだわけだ。 石田が滞在したホテルは休館に追い込まれた。 ネット上ではこんな怒りの声が殺到している。 「病床から『一緒に乗り越えよう』とか言っていたが、みんなが1か月我慢しようとしている時に、ゴルフなんかしているヤツに言われたくないよ」 「最初に仕事で沖縄という時点でおかしいなと思っていた。 あれだけ沖縄県知事が今は来ないでくださいと言っているに、仕事で撮影があるわけ? 今はテレビ局もロケ自粛なのに。 結局、案の定ゴルフやホテルでの会食...。 奥様(編集部注:プロゴルファーの東尾理子さん)には言えない方としていたのかもね。 奥様の最初のコメントの『私たちは元気です!』にもものすごく違和感が。 みんなが心配しているのはあなたたち家族じゃない。 石田さんの軽率な行動で感染の危険がある沖縄の人々です」 「こういう人がいるから緊急事態宣言が全国に出されてしまったと思う。 テレ朝の富川さんは仕事中にそうなった可能性が高いが、石田純一は遊んでいてこれだから救いようがない。 都知事選出馬云々の時からからやはりおかしかった(編集部注:2016年7月の都知事選で野党統一候補を目指すと出馬表明しながら4日後に撤回)。 」 「立ち寄りのホテルは消毒のため休館。 ご自身で弁償しては?」 「石田純一は東京にいた時から感染していた可能性が高い。 一人の身勝手な行動が、いったい何人の沖縄の人々をピンチにしてしまうのだろう? 沖縄の店の従業員、ゴルフ場関係者、サウナ、施設の利用者、空港関係者、客室乗務員、乗客、その家族...。 そして休業に追い込まれたホテルの従業員などなど。 まだ他に漏れている人がたくさんいるだろう。 想像しただけでゾッとする」 「自分の店の視察?FaceTimeでやれる事!はっきり言って、東京じゃ遊べないし、子供達もずっと家だから、家から出て遊びたかった。 首都圏ではゴルフできないから、沖縄まで出かけてやりかたかったとしか思えない。 そして、立ち寄り先のホテルは消毒のため休館。 ご自身で弁償しては?」 沖縄県民もカンカンだ。 「沖縄県民です。 4月に入ってコロナ罹患者が急増しています。 その一因が他県からの観光客です。 数自体は例年より減ってはいますが、旅行先で羽を伸ばしたいのか、マスクなしで観光している人をたくさん見ました。 石田さんは仕事で来県したようですが、ゴルフにサウナ、打ち上げまでしていたとの情報も。 病状がよくなってほしい気持ちもありますが、それ以上に不愉快な思いがあるのが本音です」 「4月になっても国際通りなどの観光地で、マスクもせずに手を繋いで歩いている観光客カップルを見て絶句です。 病院がほとんどない石垣島にも感染が出て、県民はショックを受けています。 石田純一さんを責めたくありませんが、この時期にオンライン等で対応できなかったのかなーと、思ってしまいます。 もし沖縄で医療崩壊が起きたら、病院にも行けずに、家で死ぬしかないのかなーと日々、おびえています」 最後にこんな声を紹介したい。 「早く回復されますように。 あっ、でもTV復帰はしなくていいです。 これを機に隠居されては。 インスタ愛好家の奥様に働いていただいて」(テレビウォッチ編集部).

次の