しっかり 敬語。 「知る」の敬語は?丁寧語や謙譲語に類義語や使い方に知りたいや存じるも

「きちんと」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

しっかり 敬語

「頑張ります」は目上の人に使えない? 目上の人にはおすすめしない 目上の人とのメールや手紙、年賀状などのやりとりで激励を受けた時など、「頑張ります」と思わず答えたくなってしまいますね。 決して失礼な返答ではありませんが、社会人としてはどこか物足りない印象を受けてしまいます。 「頑張ります」は小さな子供も使うシンプルなフレーズですし、より社会人としてふさわしい敬語表現があるため知識や語彙のレベルが疑われてしまう結果となってしまいます。 また、具体的に何を頑張るのか、どう頑張るのかの具体性が感じられないことも問題です。 できればよりふさわしい敬語表現を使うようにしましょう。 謙譲語を使用する 「頑張ります」は敬語の分類でいうと丁寧語にあたります。 丁寧語は社内の先輩や親しい年上の人に使う分には問題ないのですが、ビジネスシーンで目上の人に使うにはふさわしいものではありません。 自分をへりくだることで相手を優位に立たせる表現である謙譲語に直して使用するようにしましょう。 仲間になら使用できる 「頑張ります」を例えば「一緒に頑張りましょう」というように、対等な関係で一緒に頑張っている仲間や自分が目上となる場合には使用することができます。 「頑張りましょう」は励ます気持ちを表す言葉として一般的に使われていますが、努力や忍耐を求める言葉でもあります。 一緒に頑張っている相手や目下の立場の人以外に使うと失礼に感じられてしまう場合があるので気を付けましょう。 「頑張ります」の謙譲語表現 「努めて参ります」「励んで参ります」 「努める」は、努力することを表しています。 「励む」も努力することや精を出すことを表しています。 それにそれぞれ「参ります」は「行く」の謙譲語である「参る」に丁寧語の「ます」を付けたものです。 それぞれ謙譲語の表現となりますので、ビジネスシーンで使用するのにふさわしいものとなります。 「尽力いたします」 「尽力」は力を尽くすという意味で、「一生懸命頑張ります」や「精一杯努力します」ということを示す表現です。 それに「する」の謙譲語である「いたす」と、丁寧語の「ます」が付いた謙譲語表現になります。 これもビジネスシーンにふさわしい表現です。 精励する所存にございます 「精励」は仕事に精を出してつとめてはげむことです。 「所存」は「思う」や「考える」の謙譲語である「存ずる」が含まれており、思っていることを伝える謙譲表現です。 それに「ございます」が付いた「~する所存にございます」の意味は、「~するつもりです」になります。 ビジネスシーンで使いたい例文 企業の姿勢を表す例文 ビジネス上のやりとりで、企業や組織の代表としてメールや手紙を出す時に使いたい「頑張ります」の例文を紹介します。 本年もより一層のサービス向上を目指して、社員一同全力を持って取り組んで参ります• 今後もお客様にご満足いただけるよう誠心誠意努めて参る所存にございます• 皆様に信頼される組織の実現に向け尽力して参ります• お客様のパートナーとして良いお手伝いができるよう、誠心誠意を尽くして参ります 個人の姿勢を表す例文 個人で取引先や上司にメールや手紙を出すときに使いたい「頑張ります」の例文です。 まだまだ至らない点もございますが、ご満足いただけるよう日々邁進して参ります。 ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます• より一層仕事に邁進して参りますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします• より一層の精進を重ねてまいる所存です• 組織の発展に力を尽くしてまいる所存でございます• 学んだことを今後も活かし、さらなる成長を目指し努めてまいる所存です 避けたい誤った表現 頑張っていきたいと思います 「いきたい」の「たい」は希望の助動詞です。 「思います」の「思う」には、物事に対しての感情を表すことや「~だろう」と推測する意味があります。 つまりこれは「頑張る」ことを「いきたい」と「思います」で二重にあいまいにしているのです。 頑張ることがどこか他人事のような印象を与えてしまう表現ですので、ビジネスシーンに限らず使用することは避けましょう。 頑張らせていただきます 「させていただく」は、相手の許可を受けた上で、自分が行って恩恵をうけることに敬意を払う場合に使用する謙譲表現です。 頑張ることに対してだれかの許可を得ることになるので、頑張ることへの強い意思が薄れてしまいます。 この表現もいかなるシーンでも避けたほうが良い表現です。 努めて参りたいと思います 「努めて参ります」までは、努力することを「参ります」で謙譲語に表現したものなので問題ありません。 これに「思います」を付けてしまうと途端に他人事のようになってしまいますので避けましょう。 まとめ 「頑張ります」は子供も使うシンプルな言葉であるため、ビジネスで取引先や上司に使うにはふさわしくありません。 社会人にふさわしい敬語表現のレパートリーを広げて、自分の気持ちがうまく伝わるようにしましょう。 誤った避けたい表現もありますので、確認しておくことをおすすめします。

次の

「考える」の正しい敬語の使い方とNG例【謙譲語・尊敬語】

しっかり 敬語

「読む」の尊敬語 尊敬語は、相手の動作を敬っていう言い方です。 つまり「読む」の尊敬語は、相手が何かを読むときに使う表現ということになります。 尊敬語は「読まれる」「お読みになる」 「読む」の尊敬語は、「読まれる」「お読みになる」です。 「読まれる」は受け身の表現と同じになってしまうので、「お読みになる」の方が間違いなく伝わります。 実際にこれらを使う場面では、丁寧語の「ます」を伴うことがほとんどです。 実際の例文を見てみましょう。 先ほどの資料はもう読まれましたか。 あの小説はお読みになりましたか。 会報なら今課長が読まれています。 議事録は部長がお読みになっています。 簡単な資料ですが、読まれますか。 お客様から手紙をいただいたのですが、お読みになりますか。 「お読みになられる」は誤り 「読む」の尊敬語の間違った使い方としてよくあるのが、「お読みになられる」という表現です。 これは「読まれる」と「お読みになる」とが混ざったもので、尊敬の意味の「お読みになる」に、さらに尊敬の「られる」がくっついてしまっています。 このように、ひとつの言葉に同じ種類の敬語がついたものを「二重敬語」と呼び、文法的には誤りとされています。 丁寧にしようとして過剰な表現になってしまわないように気をつけましょう。 「読んでください」の敬語表現と言い換え 「メールを読んでください」「資料を読んでください」など、相手に「読んでください」と頼むときには、いろいろな言い方ができるんです。 一挙にご紹介します。 尊敬語は「お読みください」 もっともシンプルな表現が、「お読みください」です。 「読んでください」の「読む」部分を丁寧にした言い方です。 確認してほしいときには「ご確認」 言い換え表現の一つ目は、「ご確認ください」です。 内容を確認してほしいと伝えることで、「読んでください」という意味を表します。 「お荷物をご確認ください」のように、読む以外にも確認するもの全般に使えます。 さっと読むという意味の「ご一読」 「一読」は「さっと全体を読む」という意味です。 「ご一読ください」といったときは、「全体を一通り読んでください」というような意味になります。 「一読」そのものには軽く読むというニュアンスが含まれますが、「ご一読ください」はじっくり全体を読んでほしいときでも使えます。 見るもの全般に使える「ご覧」「ご高覧」 「ご覧」は、「見る」の敬語表現で、「ご高覧」は「ご覧」をさらに丁寧にした言い方です。 「ご覧ください」「ご高覧ください」は、「読んでください」というのはもちろん、景色やスライドなど、「見る」もの全般について使えます。 「目を通す」ではなく「お目通し」を使う 「読む」の言い換え表現に「目を通す」があります。 ただし、「目を通してください」は軽い言い方になってしまうので、ビジネスシーンで目上の相手に使うにはそぐわないとされています。 この場合は、「お目通しください」という表現を使いましょう。 「お目通し」は「目を通す」を丁寧にした言い方で、ビジネスシーンでも活用できます。 メールで便利な「ご査収」 「査収」は、「よく確かめて受け取る」という意味の言葉です。 たとえば、メールに添付したファイルを確認してほしいときに「資料を添付いたしましたのでご査収ください」と書き添えれば、「読んでください」「受け取ってください」という二つの意味を同時に伝えられます。 「読む」の謙譲語・丁寧語 続いて、「読む」の謙譲語と丁寧語について解説します。 尊敬語と間違って使っているケースもよくあるので、ここでしっかり区別しておきましょう。 謙譲語は「拝読する」 謙譲語は、自分の動作をへりくだって言う言い方です。 目上の相手に対して自分の動作を言うときに使います。 つまり、「読む」の謙譲語は、自分が何かを読むことを表す言い方ということです。 「読む」の謙譲語は、「拝読する」です。 多くの場合「ます」と一緒に、「拝読します」「拝読しました」といった形で使います。 また、「拝読いたします」「拝読いたしました」という表現もよく見られます。 しかし、これは謙譲の意味の「拝読」に、さらに謙譲の「いたす」をつけているので、二重敬語になっています。 ただし、広く一般に浸透していることもあり、間違いであるとはされないことが多いようです。 それでもあくまでグレーゾーンなので、正しい敬語をきちんと使いたいという人は、避けた方が無難な表現だといえます。 前述のとおり、「拝読する」は自分が読むことをいうもので、相手が読む場合には使えません。 「あの話題の本、拝読されましたか」といった言い方は大きな間違いですので注意しましょう。 「読ませていただく」という表現もある 「読ませていただく」は「読ませてもらう」の謙譲語です。 誰かから手紙をもらったときや本をもらったときなどに、「手紙を読ませていただきました」「いただいた本を読ませていただきました」といった形で使います。 「読ませてもらう」「読ませていただく」は、「誰かから許可をもらって読む」という意味になります。 ですから、読んで当然のものや自ら読んだものについて使うのは不適切です。 誰かにもらって読んだものや、許可を得て読ませてもらったものについて言うときに使いましょう。 「拝読しました」とすべきところを「読ませていただきました」とすると、「別に許可したわけじゃない」と違和感を覚える人もいます。 乱用は避けましょう。 丁寧語は「読みます」 「読む」の丁寧語は、「読みます」です。 過去形は「読みました」、疑問形は「読みますか」となります。 丁寧語は、自分の動作に対しても相手の動作に対しても使えます。 本や新聞は「読みます」が適していることも ビジネスなどの改まった場では、自分が「読む」ことについては謙譲語の「拝読する」を使うのが適切です。 しかし、自分が読む場合に丁寧語を使うべき場面もあります。 それが、本や新聞についていう場合です。 「拝読」の「拝」には、うやうやしく受け取るといった意味があります。 つまり、「拝読」は相手から受け取ったものや相手の書いたものを読むときに使うのが正しい使い方なのです。 相手がその本や新聞記事を書いた本人だったり、本をくれた相手の場合は「拝読しました」が使えますが、それ以外の場合は丁寧語を使います。 「いただいた御本、拝読しました」、「話題の新刊を買って読みました」というように、場面によって使い分けられるとベストです。 まとめ 「読む」という言葉は頻繁に使うだけに、敬語表現もばっちりだと思っている人も少なくないのではないでしょうか。 しかし、意外に多くの間違いポイントがあるのです。 敬語の間違いは、相手を不快にさせてしまったり、自分の評価が下がってしまったりといったことにもつながりかねません。 正しく使えていると思っても実は間違っていたなんてことのないように、使い方をしっかり確認しておきましょう。

次の

電話対応で、「ちゃんと」を丁寧語にしたらどうなりますでし...

しっかり 敬語

それは大変失礼です。 いくら敬語を使って「~されている」「~していらっしゃる」と 言ったとしても、直接相手に対してそう言うのは、 同等以下の人でなければ、失礼です。 「しっかりしている」と相手を評価するときには、 「そんなにしっかりしているとは思っていなかった、 見直した」という意味合いが多かれ少なかれ含まれます。 そのような評価を目上の人にすることは失礼にあたります。 大変失礼承知で申し上げますが、知人さんは不勉強ですね。 世間知らずの恥知らずだからこそ『失礼な言い方だと思わない』なんて平然と言えたのでしょう。 さて、目上に対して「しっかりしていますね」という発言は大変失礼なことになりますので絶対に言ってはなりません。 もし自分が年下から「しっかりしていますね」と言われたと仮定なさってください。 そうするとどんな気持ちになりましたか? 『当たり前じゃん【怒】嫌でも経験値が上がっていくんだから、しっかりせざるを得なくなるんだよ』ってお思いになりませんでしたか? そういうことなんですよ。 目上に「しっかりしてますね」発言を年下の者が軽々しく言うのは失礼なのは。 私が今ここで書いた答えをそのまま、あなたが知人さんに説明すれば納得するはずですよ。 『あなた、自分より年下の人から「しっかりしてますね」って言われたら何となくバカにされた気分にならない?嫌じゃないか?』って聞いてみてはいかがでしょうか?.

次の