ユア ストーリー オチ。 映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』感想。大人になれない僕たちにオカンが説教しにくる映画

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』オチに激怒した理由と具体的改善案を語る(ネタバレなし+ネタバレ感想)

ユア ストーリー オチ

もくじ• 原作ファンだった私も早速映画を見に行きました。 今回は見終わった後に多くの人が感じた『モヤモヤ感』の理由などを紹介させて頂きます。 まずはなんと言っても、物語終盤(ラスト・オチ)への展開ですよね。 出典 終盤の展開が引っかかったからこのページに来た人も多いと思います 笑 ネットの反応を下に引用しました。 ドラクエの映画、最後まではわりとよかったのに最後がほんとダメとしか言えない。 キャラ改変とかそういうレベルではない。 ところが終盤の、 『実はこの世界はVRゲームの世界で、主人公はそのプレイヤーでした』なんて事実を突きつけられで肩透かしを食らったのではないでしょうか 笑 私自身はこのシーンを見た時に『は?』と言った声が漏れそうになりました 笑 序盤・中盤までは物語の熱量が右肩上がりになっていて、自分がまさにドラクエ5をプレイしているような、ワクワク感を持ってドラクエ映画を見ていました。 しかし終盤でその全てが台無しになったと言っても過言ではありません。 それまで一緒に行動してきた ビアンカや息子などが、実はプログラムだったとか言われても萎えるだけです 笑 終盤のどんでん返しの展開は、驚きというよりも困惑や落胆といった感情が大きく勝ってしまい、その後のエンディングまでは一気に熱が冷めた状態で映画を見ていました。 最後にはウィルス(ミルドラース)を、スライムからもらったロトの剣のようなワクチンで倒す展開には、良くも悪くも驚きました。 単純に ゲマを倒して、ミルドラースを天空の剣で再度封印というENDで良かったのではないでしょうか? 現在、ドラクエ映画(ドラゴンクエストユアストーリー)の感想が賛否両論になっている、最も大きな原因が物語の終盤に関係しているのは間違いないでしょう。 ただ、戦闘シーンや風景、BGMなど終盤の展開以外では素晴らしい部分がたくさんあったため、そういった部分では非常に楽しませてもらいました! スポンサーリンク ドラクエ映画の感想が面白くないのはモンスターを簡単に倒すから?特にゴンズとジャミ 続いてはドラクエ映画に登場する敵モンスターについてです。 ドラクエ映画では雑魚モンスターから、ボスクラスなど様々なモンスター達が登場します。 物語の展開的に仕方がないですが、 ブオーンやゲマ以外のモンスターとの戦闘はけっこうあっさりでしたね。 モンスターをテンポよく倒すことには爽快感もあるので、これに関しては一長一短とも受け取れます。 ただ、個人的に驚いたのが終盤でのゴンズとジャミのあつかいです。 ジャミとゴンズ可愛いけどゲマがゲマ — み じ ん こ さ ま。 しかし、終盤にあっさり一撃で倒されたのには驚きましたね 笑 一方、ブオーンについては良かったと思います。 原作で強かったブオーンそのものといった感じでしょうか。 モフモフしていてキャラデザが妙に可愛かったのも良かったです 笑 スポンサーリンク ドラクエ映画(ユアヒーローズ)で娘(妹)が登場しなくて悲しい 続いてはドラクエ映画に登場しないキャラクターについてです。 物語の尺の都合上、ドラクエ映画には登場しないキャラクターが多数います。 映画を見た人達の間で、特に悲しまれていたのが主人公の娘です。 娘に関しては、勇者の力を受け継いでいないため、天空の剣を装備できないということも登場しなかったことに関係あるんですかね? スポンサーリンク ドラクエ映画(ユアヒーローズ)は物語のテンポがかなり早い 続いては、ドラクエ映画の物語のテンポについてです。 長編のRPGを約100分の映画にまとめるので、仕方がない部分もあるとは思いますが、全体的かなり駆け足な展開でした。 これに関してはテンポよく見たい人もいると思うので、一長一短とも受け取れますね。 主人公の幼少期をメタ設定でスキップしたことについては上手いと思いました 笑 ただ、ヘンリー王子との絡みやグランバニアの存在への言及なんかは、もう少しして欲しかったようにも感じます。 賛否両論あるので物語のテンポについても今回触れましたが、個人的には、長いゲームのストーリがよくまとまっていたという印象です。 ちなみに、 ドラクエ映画で好評だった部分の詳細についてはでまとめていますので、そちらも是非見て下さい! スポンサーリンク まとでめ ドラクエ映画(ドラゴンクエストユアストーリー)が公開されたが、その感想については賛否両論だった。 面白くなかった(つまらなかった)と言われる理由について改めて下にまとめるとこのようになった。 実はVR世界だったという、終盤の展開とオチが納得いかない• 一部の敵モンスターがあっさり倒され過ぎる• 主人公(リュカ)の娘をはじめ、主要キャラでも登場しない人物がいる• 物語のテンポが早すぎる(上映時間の関係で仕方がない部分もあり) この中でも特に、終盤の展開に納得がいっていない人が多いようだった。 ただ、序盤・中盤の展開やアニメーションの美しさやBGMなど、高い評価を得ている部分もある。

次の

ドラクエ映画は炎上必須!?あらすじと感動シーンや結末ネタバレ!|マシュとマロのふたりごと

ユア ストーリー オチ

今回は、 2019年8月2日 金 より公開されている、国民的ゲーム・ドラゴンクエストVの3DCG映画 ドラゴンクエスト ユアストーリーのネタバレ有りの感想記事になります。 あの有名なドラゴンクエストのアニメ映画ということで、気になっている方は非常に多いと思います。 しかしあのとてつもなく長い作品を映画として落とし込むのはかなり難しく、その出来を不安に思っている方も多いんじゃないでしょうか? そんな ドラゴンクエスト ユアストーリーが、実はVRゲームであった、主人公はそのゲームのプレイヤー だからユアストーリー でしたという、とんでもない オチで、衝撃を覚えたので記事にしました笑 また、他にも視聴された方々の感想や評判をまとめた記事になります。 題して、『ユアストーリーのオチがひどいと話題に!ネタバレ感想で評判をまとめ』 それでは、最後までご覧ください。 【こちらもおすすめ】 Contents• ユアストーリーのオチがひどいと話題に! ドラゴンクエスト ユアストーリーのオチがゲームだった… とにかく衝撃で、原作ファンとしてはと手も受け入れられなかったのがこのとんでもないオチでした ストーリーの壮大さから、如何にまとめるのだろう? カットは多いだろうけど、改悪はされていないのか? 芸能人ばかりの声優起用は演技にも不安がある… といった様々な不安点があったものの、 まさかVRゲームオチだっただなんて、誰が想像できたでしょうか? 戦闘シーンやBGMなど、途中まではとても良く、カットの多さもやむを得ないがなんとかうまくまとめようとしている… そんな制作陣の努力も、実はゲームの中での出来事でしたの一言で片付けられては今までの物語はなんだったのか? すべてが茶番にすら思えてしまうような、そんな悲しい悲しいオチでした。 迷惑行為を嬉々として公表する人間を見るのと同様の不快感。 「くだらない」以外の感想が出てこない。 あたいも冗談みたいだけどわりとマジでやられてる。 共感どころか大切な物を踏みにじられた感しか残っていないのです。 映画観てここまでの不快感は初めて。 作り手の言いたいことと題材としてなんでドラクエ5を選んだのかはなんとなく理解はできるけど観た感想としては納得はしない。 — ケルティ sinkelty 仕事終わりにユアストーリー観に行ってきた。 作り手の言いたいことと題材としてなんでドラクエ5を選んだのかはなんとなく理解はできるけど観た感想としては納得はしない。 — ケルティ sinkelty 以上のように、一部好意的に受け止めていらっしゃる方もおりましたが、 大多数の方がこのオチに納得がいかず、私と同じように衝撃を受け、かなりのモヤモヤを抱えた感想を持った方がとても多かったですね 少しでも 事前にVR世界を楽しんでいるプレイヤーの映画なんだってことが分かっていれば、覚悟もできたでしょうけど…想像つきませんよね^^; ユアストーリーというのがプレイヤーのことを指す…このタイトルでそこまでの考えに至った方がいたんでしょうか… 少なくとも事前のPVではそう感じる要素は皆無でしたよね 一体何を思ってこういうオチにしたのか…私は正直混乱をまだまだ引きずりそうです 【こちらもおすすめ】 最後に 今回は、国民的ゲーム・ドラゴンクエストの初3DCG映画である、 ドラゴンクエスト ユアストーリーのオチがとってもひどくて、実際に検索してみたら同じように感じている方がとても多かった、 『ユアストーリーのオチがひどいと話題に!ネタバレ感想で評判をまとめ』 いかがだったでしょうか? なぜ素直に原作のゲームを映画化していただけなかったのか… もう悔しくてなりません 余計な脚色や改悪はいらんのです 娘なんて誕生すらしていないという話の展開など、納得できないことが多分に多かったですよね^^; 期待値がとても大きかっただけのこのオチ 今後も私と同じように落胆と衝撃を受ける方が現れないことを祈ります… それでは、今回は以上になります。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

次の

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」ネットの感想まとめ

ユア ストーリー オチ

SO3は腐ってもシリーズ通してSFだろ?この映画で言うところなら山崎監督倒されてゲームの世界は現実になりましたオチだし。 フェイト(3の主人公)=プレイヤーってわけでもない上に、プレイヤーにゲームキャラクターが語りかけてくるわけでもないからゲーム世界内だけで完結してる。 内容だけ見たら創造主である神を人間が倒す神話とそう変わらんし。 よくある3の設定が1や2を否定したとかいう論議も見えるけど1や2の主人公たちが頑張ったからクリエイションエネルギー(2のプリシスがネーデの技術を元に改良や開発)宇宙船のエンジンやら紋章科学(2のレオンが1のイリアと共同でネーデの技術発展)が発展して紋章遺伝子学を開発、最終的には創造主を倒しコネクションで世界を確立させたんだけどその辺も理解してますか? ゲームでもプレイヤーにとっては本当の世界なんだ!ってテーマなんだろうけどさ。 それこそ「本当の世界」として映画の世界に没入して楽しんでた観客に冷や水ぶっ掛ける展開で完全に失敗だったと言わざるを得ない。 よりによって何故キャラクターのドラマ性が高いDQ5でこれをやってしまったのか・・・ SO3とか引き合いに出されてるけどあれは主人公自体がゲーム内の住人でちゃんと意思を持ってるから続編の都合諸々批判はあれど世界自体は死んでない。 でもこれは主人公以外は生きた人間がいない設定だからただの実況プレイになってる。 せめて舞台をDQ3とかにして仲間は一緒にプレイしてた現実の友人とかにすればまだアリではあった。 俺の周囲には「大人になれ」が監督からのメッセージだ、DQアンチならこんな映画作ってんじゃねえってブチキレてる人が何人かいたが ああいう言い方をするオタク嫌いの一般人やジジババを表したセリフであって 監督側からのメッセージはむしろ主人公リーマンが反撃時に言ってたことのほうじゃねえのかなって思ったわ 冒頭や結婚前夜のレトロゲーぶったクソ寒い演出とか 後出しでフローラふったクソムーブ以外は、良い感じにアレンジされた同人ドラクエの一種って感じで楽しめたわ。 セントベレス脱出あたりからすでに違和感はあったが有耶無耶にできる良い作りをしてたよ。 ああいう路線で普通に原作に忠実に王道映像化してたら評価は50倍だったな メタ要素とかいらねえよ。 そういう作品やりたいなら最初からネタバラシしてくれれば納得して見るのに騙されて金盗まれた気分.

次の