四十九日法要 お返し。 四十九日のお返し:「のし」の書き方、相場、マナー

四十九日のお返し(引き出物)について

四十九日法要 お返し

本来、四十九日法要はぴったり49日目に行うのが正式とされていますが、多忙な現在では平日に行うのが難しい場合も多いでしょう。 従って、参列者が集まりやすいように49日目の前の土日に法要を設定するのが一般的となっています。 必ず命日を1日目として数え、49日目よりも前に設定するようにしてください。 後に日程をずらすことは避けるのが通例となっています。 時間帯は午前でも午後でも問題ありませんが、法要後の会食の事を考えるとお昼前の時間帯に設定される場合が多いようです。 四十九日法要の会場はお寺か自宅がほとんどですが、会食の段取りを考えて、食事施設がある霊園施設や仏事料理店で行われる事もあります。 菩提寺の境内にお墓がある場合は、お寺の本堂で供養を行う事になります。 自宅で行う場合、会場使用料はかかりませんが法要の準備を自分たちで行う必要があります。 四十九日法要を身内や親族だけで行う場合は電話での案内のみになる場合もありますが、基本的には案内状をお送りするのがマナーとされています。 引き出物や料理の手配の関係からも、案内状には相手の出欠確認をする意味合いがあります。 返信用のはがきを同封するか、往復はがきを利用して法要への出欠を確認しましょう。 ただし、往復はがきはあくまで略式であり、白い無地の封筒に案内状を入れて送るのが正式なマナーです。 二重封筒は不幸が重なるという意味から使用しませんので気を付けてください。 案内状の基本的な内容は• 故人の氏名• 施主の氏名• 四十九日の法要を行う旨• 法要の日時と会場の場所• (法要後に会食がある場合は)会食がある旨• 行事の内容 となります。 四十九日法要では僧侶による読経や会食以外にも、お墓参り、卒塔婆供養、納骨といった行事を行う場合があります。 自宅で法要を行う場合は墓地が遠方であるなどの理由から墓参りや納骨は別で行う場合もあります。 当日にどの行事を行うのかを記載しておきましょう。 四十九日の法要は法事の中でも規模が大きく、故人にとっても遺族にとっても大切な行事です。 それだけに、どのような事にどのくらいお金がかかるものなのか、目安を知っておきたいところですよね。 まず、法要を自宅以外で行う場合は会場利用料がかかります。 こちらの料金はお寺やホテル、葬儀場などの会場、参列者の人数によっても大きく異なります。 法要後の会食費や引き出物代も必要です。 会食費は一人当たり3,000円~1万円程度で、会食を行わない場合はお弁当を持ち帰っていただくのが一般的です。 引き出物は一人当たり2~3,000円程度が相場となっています。 他には読経を行う僧侶への読経料(3~5万円)、僧侶を自宅などに招いて法要を行う場合はお車代(5,000~1万円)、僧侶が法要後の会食を辞退した場合や会食自体を行わない場合は御膳料(5,000~1万円)が必要になります。 会場や人数によって金額は大きく異なりますが、20人の出席者であれば50万円前後を目安に考えておくといいでしょう。 四十九日の法要では、遺族は喪服の着用が基本とされていましたが、近年では施主や遺族であっても略礼服の着用が主流となっています。 略礼服は、男性であれば黒いスーツに白無地のシャツを着用し、ネクタイ、靴も黒、小物類も黒で統一します。 女性の場合は黒のワンピース、スーツ、アンサンブルなどが主流で、夏であっても露出を控え、ストッキングや靴も黒で統一します。 平服で法要を行う場合は、必ず事前に参列者側に平服で来ていただくよう通達しておきましょう。 施主の持ち物は僧侶にお渡しするお布施、故人の遺影、位牌、参列者への引き出物が挙げられます。 四十九日の法要と同じ日に納骨式を行う場合は埋葬許可書も用意しておく必要があります。 一般的な四十九日法要の流れは以下の通りになります。 読経・焼香 僧侶の読経が始まり、僧侶の合図で施主から焼香を行います。 一般的には個人と関係が深い方から順番に焼香をします。 読経のあと、僧侶から法話がある場合もあります。 納骨式・墓参り 納骨を行う場合はお墓に行き、納骨式を行います。 法要を自宅で行う場合やお墓が遠方である場合は後日行うこともあります。 施主の挨拶・会食 会食会場へ移動し、会食前に施主から参列者へ挨拶をします。 その後、故人を偲んで会食を行います。 引き出物を渡す 会食後、参列者へ感謝の気持ちを込めて引き出物をお渡しします。 四十九日法要を始め、仏事は地域の習慣などによって違いがある場合がありますので、事前にお寺や葬儀社に確認しておくと安心です。 四十九日法要には欠かせない施主から参列者への挨拶ですが、法要を自宅で行う場合とお寺などで行う場合とでは多少挨拶の仕方が異なります。 お寺で法要を行う場合は、施主は参列者が集まるのを静かに待ち、僧侶が読経を行うことで法要が始まりますので特に開始の挨拶を行う必要はありません。 自宅で行う場合は、開始の挨拶、中締め、会食時、締めの挨拶を行います。 開始の挨拶は参列者に集まっていただいた感謝の意と、法要を行う事の2点を述べ、僧侶を仏壇の前にお招きします。 中締めの挨拶でも参列していただいた感謝の気持ちと、法要を無事に終えることが出来た事をお伝えします。 会食が無い場合はこれが最後の挨拶となりますので、故人の思いや遺族の決意などを手短に伝えてもいいでしょう。 会食がある場合は、ささやかな席を設けてある旨をお伝えします。 締めの挨拶も最後まで参加していただいたことへの感謝の気持ちや、今後も変わらないお付き合いをお願いする旨を手短に伝えしましょう。 法要後の会食は「お斎(おとき)」と呼ばれ、本来は午前中に食べることや、精進料理を振舞うといった決まりがありました。 しかし、現在では食事をしながら故人を偲ぶという考えが主になっており、故人の好きなメニューや会席料理、仕出し弁当を頼む場合もあるなど、比較的自由な献立を用意するケースがほとんどです。 ただし、騒がしくなりがちな立食形式や取り分けが必要な大皿料理ではなく、一人分の料理がはっきりと分かれているお膳を用意するのが一般的となっています。 注意点としては、予約の段階で法要後の食事であることをしっかりと伝えておくことです。 これは慶事の食事が含まれたり、仕出し弁当でも赤や白の容器が使われたりすることを避けるためにも大切ですので忘れないように気を付けて下さいね。

次の

香典返しと四十九日法要の引き出物は違うの?

四十九日法要 お返し

四十九日のお返しについて 四十九日のお返しとはどういったものなので、香典返しとは何が異なるのでしょう。 四十九日のお返しは「引き出物」 引き出物と聞くと結婚式のようなおめでたい時のお礼の印象ですが、四十九日のお返しのことを引き出物と言います。 この引き出物は四十九日の法要にいただいたお供えのお礼を意味していて、感謝の気持ちを込めて贈ります。 初めて聞いた方は驚くかもしれませんが、知っているようであまり知られていない用語の一つです。 香典返しとは違う お返しなら香典返しをしたので良いのでは?と思ってしまいますが、香典返しは忌中にもらった香典のお返しで、感謝の気持ちを込めてお礼をするものです。 よって、四十九日法要の引き出物と忌中のもらった香典の香典返しは別物になるので注意しましょう。 四十九日の引き出物の相場は? では四十九日法要の引き出物の相場はいくら位なのでしょうか。 手荷物として持ち帰るものである四十九日のお返しは、車で足を運ぶ方だけでなく、公共の交通機関を用いて参列する方もいるでしょう。 あまり負担となるような重たいものや大きなものを避けて選ぶと、相手への配慮が伺えます。 また参列者の年齢層を考慮するなど、様々な条件をクリアさせて品物選びをするのが大切です。 引き出物の「のし」の書き方と注意点 金額が決まって気になるのは、のしの書き方ですが、注意点と合わせて紹介します。 書き方と注意する点 一般的に関東では「志」や「粗供養」、関西では「満中陰志」や「忌明志」という表書きです。 地域によって異なりますので気を付けましょう。 注意する点は水引で、黒白または銀の結び切りを用いるのがマナーです。 どのような品がよい? 実際に四十九日法要のお返しを選ぶ場合、どのようなものが良いのでしょう。 ポイントはすぐ使ってなくなってしまうものが良いとされていて、形に残らない食品が主流となっています。 いくつか紹介しますので、是非参考にして下さい。 お菓子 誰もがもらってうれしいお菓子は、子供がいる世帯に喜ばれるのは勿論ですが、大人だけの家族でも重宝します。 また本人が甘党でない場合でも、来客時の菓子受けになりますのでおすすめです。 賞味期限が短い生菓子は避け、日持ちするものをセレクトすると良いでしょう。 乾物 いくらあっても困らない乾物は、主婦の強い味方でこちらも喜ばれます。 また荷物にならないコンパクトで軽い商品が多いのもメリットで、日持ちするものばかりですので安心です。 高島屋オンラインショップで選ぶ 高級デパートの品物を用いるのも良いです。 包み紙を見ただけですぐに分かる高島屋は、安心して四十九日法要のお返しを選べる高品質な商品が多い百貨店です。 近くに店舗が無くても、オンラインショップですので、自宅にいながらデパートショッピングができます。 予算やアイテムで商品検索できる機能もあるので、欲しい商品を短時間で探せる便利さがあります。 写真も見やすく分かりやすいので、商品を決める際の参考になります。 ランキングや定番アイテムの紹介もされていて、人気商品から選んで確実に喜ばれるお返しがセレクトできます。 メッセージカードも自分の言葉で作成できるなど、細やかな配慮があるのは、高島屋オンラインショップならではのサービスです。 四十九日法要の豆知識 四十九日の法要は、親族が集まるのは勿論ですが、そこには深い意味が込められているようです。 遺族にとっての四十九日法要とは 故人が亡くなってから7週経過したあたりで執り行われる四十九日法要ですが、遺族にとっても忌明けの時期となり、故人との別れにひと区切りを付ける時期でもあります。 無我夢中で数々の葬儀を取り仕切っていた方もいるでしょう。 色々な動きがひと段落する時期でもある四十九日法要は、故人が安らかに天国から自分達を見守ってくれると信じて、次のステップへ踏み出す時期でもあるようです。 緊張感が抜けてホッとする時期でもありますので、心身の疲れに注意して少しゆっくりする時間を設けることも大切です。 まとめ いかがでしたか?四十九日法要のお返しと香典返しの違いが理解できたでしょうか。 同じ時期に贈るお返しでも、意味や言い方が異なりますので葬儀に関する知識を習得するためには、沢山の情報を収集する必要があります。 四十九日の法要について困っている事がある方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の

四十九日法要のマナーと基礎知識

四十九日法要 お返し

本来、四十九日法要はぴったり49日目に行うのが正式とされていますが、多忙な現在では平日に行うのが難しい場合も多いでしょう。 従って、参列者が集まりやすいように49日目の前の土日に法要を設定するのが一般的となっています。 必ず命日を1日目として数え、49日目よりも前に設定するようにしてください。 後に日程をずらすことは避けるのが通例となっています。 時間帯は午前でも午後でも問題ありませんが、法要後の会食の事を考えるとお昼前の時間帯に設定される場合が多いようです。 四十九日法要の会場はお寺か自宅がほとんどですが、会食の段取りを考えて、食事施設がある霊園施設や仏事料理店で行われる事もあります。 菩提寺の境内にお墓がある場合は、お寺の本堂で供養を行う事になります。 自宅で行う場合、会場使用料はかかりませんが法要の準備を自分たちで行う必要があります。 四十九日法要を身内や親族だけで行う場合は電話での案内のみになる場合もありますが、基本的には案内状をお送りするのがマナーとされています。 引き出物や料理の手配の関係からも、案内状には相手の出欠確認をする意味合いがあります。 返信用のはがきを同封するか、往復はがきを利用して法要への出欠を確認しましょう。 ただし、往復はがきはあくまで略式であり、白い無地の封筒に案内状を入れて送るのが正式なマナーです。 二重封筒は不幸が重なるという意味から使用しませんので気を付けてください。 案内状の基本的な内容は• 故人の氏名• 施主の氏名• 四十九日の法要を行う旨• 法要の日時と会場の場所• (法要後に会食がある場合は)会食がある旨• 行事の内容 となります。 四十九日法要では僧侶による読経や会食以外にも、お墓参り、卒塔婆供養、納骨といった行事を行う場合があります。 自宅で法要を行う場合は墓地が遠方であるなどの理由から墓参りや納骨は別で行う場合もあります。 当日にどの行事を行うのかを記載しておきましょう。 四十九日の法要は法事の中でも規模が大きく、故人にとっても遺族にとっても大切な行事です。 それだけに、どのような事にどのくらいお金がかかるものなのか、目安を知っておきたいところですよね。 まず、法要を自宅以外で行う場合は会場利用料がかかります。 こちらの料金はお寺やホテル、葬儀場などの会場、参列者の人数によっても大きく異なります。 法要後の会食費や引き出物代も必要です。 会食費は一人当たり3,000円~1万円程度で、会食を行わない場合はお弁当を持ち帰っていただくのが一般的です。 引き出物は一人当たり2~3,000円程度が相場となっています。 他には読経を行う僧侶への読経料(3~5万円)、僧侶を自宅などに招いて法要を行う場合はお車代(5,000~1万円)、僧侶が法要後の会食を辞退した場合や会食自体を行わない場合は御膳料(5,000~1万円)が必要になります。 会場や人数によって金額は大きく異なりますが、20人の出席者であれば50万円前後を目安に考えておくといいでしょう。 四十九日の法要では、遺族は喪服の着用が基本とされていましたが、近年では施主や遺族であっても略礼服の着用が主流となっています。 略礼服は、男性であれば黒いスーツに白無地のシャツを着用し、ネクタイ、靴も黒、小物類も黒で統一します。 女性の場合は黒のワンピース、スーツ、アンサンブルなどが主流で、夏であっても露出を控え、ストッキングや靴も黒で統一します。 平服で法要を行う場合は、必ず事前に参列者側に平服で来ていただくよう通達しておきましょう。 施主の持ち物は僧侶にお渡しするお布施、故人の遺影、位牌、参列者への引き出物が挙げられます。 四十九日の法要と同じ日に納骨式を行う場合は埋葬許可書も用意しておく必要があります。 一般的な四十九日法要の流れは以下の通りになります。 読経・焼香 僧侶の読経が始まり、僧侶の合図で施主から焼香を行います。 一般的には個人と関係が深い方から順番に焼香をします。 読経のあと、僧侶から法話がある場合もあります。 納骨式・墓参り 納骨を行う場合はお墓に行き、納骨式を行います。 法要を自宅で行う場合やお墓が遠方である場合は後日行うこともあります。 施主の挨拶・会食 会食会場へ移動し、会食前に施主から参列者へ挨拶をします。 その後、故人を偲んで会食を行います。 引き出物を渡す 会食後、参列者へ感謝の気持ちを込めて引き出物をお渡しします。 四十九日法要を始め、仏事は地域の習慣などによって違いがある場合がありますので、事前にお寺や葬儀社に確認しておくと安心です。 四十九日法要には欠かせない施主から参列者への挨拶ですが、法要を自宅で行う場合とお寺などで行う場合とでは多少挨拶の仕方が異なります。 お寺で法要を行う場合は、施主は参列者が集まるのを静かに待ち、僧侶が読経を行うことで法要が始まりますので特に開始の挨拶を行う必要はありません。 自宅で行う場合は、開始の挨拶、中締め、会食時、締めの挨拶を行います。 開始の挨拶は参列者に集まっていただいた感謝の意と、法要を行う事の2点を述べ、僧侶を仏壇の前にお招きします。 中締めの挨拶でも参列していただいた感謝の気持ちと、法要を無事に終えることが出来た事をお伝えします。 会食が無い場合はこれが最後の挨拶となりますので、故人の思いや遺族の決意などを手短に伝えてもいいでしょう。 会食がある場合は、ささやかな席を設けてある旨をお伝えします。 締めの挨拶も最後まで参加していただいたことへの感謝の気持ちや、今後も変わらないお付き合いをお願いする旨を手短に伝えしましょう。 法要後の会食は「お斎(おとき)」と呼ばれ、本来は午前中に食べることや、精進料理を振舞うといった決まりがありました。 しかし、現在では食事をしながら故人を偲ぶという考えが主になっており、故人の好きなメニューや会席料理、仕出し弁当を頼む場合もあるなど、比較的自由な献立を用意するケースがほとんどです。 ただし、騒がしくなりがちな立食形式や取り分けが必要な大皿料理ではなく、一人分の料理がはっきりと分かれているお膳を用意するのが一般的となっています。 注意点としては、予約の段階で法要後の食事であることをしっかりと伝えておくことです。 これは慶事の食事が含まれたり、仕出し弁当でも赤や白の容器が使われたりすることを避けるためにも大切ですので忘れないように気を付けて下さいね。

次の