アフィリエイト 直接契約。 アフィリエイト 広告主と直接契約を結ぶ最強の方法について|ブログの王子様

アフィリエイト、広告掲載委託契約書

アフィリエイト 直接契約

具体的なイラストを見ながらそれぞれについて見ていきましょう。 ASPを挟んでいる場合 ASPを挟んでいる場合に関して、媒体より成果が発生した場合は、広告主のかかるコストとしてはアフィリエイトサイトとASPの2つがコストになります。 そのためアフィリエイトサイトより1つ成約するたびにASPとアフィリエイトサイトに報酬という名のコストを払う必要があります。 ASPを挟んでいない場合 直契約 ASPを挟んでいない場合には関してはアフィリエイトサイト メディア から1つ成約が発生した場合はASPに支払うことがなくなるのでメディアのみに報酬という名のコストを払うことだけでいいといえます。 直接広告主と取引をすることは、ASPを挟んでいない分、媒体報酬が高くなるといった魅力ポイントもあるため個人的にはおすすめのスタイルになります。 広告と直契約をするメリットとデメリット 直契約をするメリット 媒体報酬が高い 競合のアフィリエイトサイトが少ない 媒体報酬が高い 直契約を結ぶメリットとしては媒体報酬が高いという点になります。 ASPを挟んでいないため報酬が発生した場合にはアフィリエイトのみに報酬を払うだけでいいのが特徴的になります。 そのためASP系やでアフィリエイトするよりも効率よく稼ぐことができやすい契約形態でもあります。 競合のアフィリエイトサイトが少ない 直契約をするメリットの2つ目としては、競合サイトが少ないという点になります。 基本的にSEO周りでアフィリエイトサイトが上位表示されているキーワードはASPにあるアフィリエイト案件に関するキーワードであることがほとんどです。 そのためASPにはない案件を広告主と直接契約を結ぶことで、競合のアフィリエイトサイトが少ないというメリットがあります。 直契約をするデメリット データ分析や改善がやりにくい 契約が完了した場合に収益が〇円になります データ分析や改善がやりにくい ASP経由でアフィリエイトをした場合に関してはどの広告がどのくらいクリックされて、そのうち何件コンバージョン 成約 したのかなどのデータを管理画面で見れることが可能になっています。 そのためサイトのPDCAを回しやすいといった利点があります。 しかし直接契約を結んだ場合に関しては上記のようなデータ分析をするのが難しい広告主が多いのが現状になります。 そのためサイトや案件に関する記事の修正テストなどが実施しにくいといったデメリットが上がられます。 契約が完了した場合に収益が〇円になります 直接契約を結ぶデメリットとしては、契約が完了した場合に収益が0円になるという点になります。 そのため個人的にはASPの案件を紹介しつつ、直接契約の案件も同時に運用するといった感じで収入源の柱を分散していくことをおすすめします。 ASPを挟まずに広告主と直接契約する方法 まず直接契約をする際に、アタックする広告主先は2つあります。 直アフィリエイトができるプラットフォームの持っている広告主 直アフィリエイトができるプラットフォームを持っていない広告主 1つ目は直接契約を結ぶことができる広告主を探し、提携申請をする方法です。 皆さんが一番イメージしやすい例としてはアマゾンが上がられると思います。 アマゾンをASPを挟まずにアフィリエイトする場合はアマゾンアソシエイトに参加することで直アフィリエイトをすることが可能になります。 こちらは直契約を結ぶ難易度はかなり簡単になります。 もう1つは、直アフィリエイトをするような仕組みを持っていない広告主に対して直接契約をする方法になります。 こちらは難易度が高い分、広告主とメディア側の両方同意の元、媒体報酬を決めることができるため効率よく稼ぐことができる契約プランでもあります。 下記をグーグルの検索窓で検索するといった方法です。 するともしアフィリエイトプログラムがある場合は下のような検索結果になります。 上記のような画面が出てくるとそのまま、パタゴニアのアフィリエイトプログラムの申請をパタゴニアとするといった流れになります。 そのほかにも直接契約をし、アフィリエイトできる広告主は下の投稿を見ていただければと思います。 個人的には外資系企業は割と直接契約を結べる会社が多いと思います。 営業メールを送る際にメールに入れておきたい情報• サイト情報 PV数、離脱率、直近率、平均滞在時間など)• どういったキーワードで上位表示されているのか• 類似のアフィリエイト案件で月に何件くらい成約しているのか ケーススタディを1つだけ紹介します。 リクナビ就活エージェント ASPにない案件 を契約打診メールの例を紹介します。 件名:リクナビ就活エージェントの件 リクナビ就活エージェント運営者様 お世話になっております。 〇〇という就活サイトを運営している〇〇と申します。 突然のご連絡で失礼いたします。 この度ご連絡致しました背景としては私が運営しているサイトに貴社案件を紹介したく思っているためになります。 簡単に私のサイトの情報を記載致しましたので、ご検討していただければと思っております。 もし前向きにご検討していただけそうでしたらご連絡いただけますと幸いです。 署名 特化ブログを作成 類似ジャンルで実績を作る 比較系のキーワードでSEO上位に表示させる 特化ブログを作成 まず1つ目の方法としては特化ブログを作る必要があります。 雑記ブログはテーマが1つではないためサイト全体で伝えたい内容が不明確になります。 そのため広告主に直契約の提案をしたとしても、テーマがわからないという理由で断れることがほとんどだと思います。 そのため今後広告主と直接契約をする提案をする予定のブロガーさんは特化ブログから始めるといいかと思います。 類似ジャンルで実績を作る 2つ目としては類似ジャンルの実績を作り、その情報を広告主に訴求するという感じになります。 具体的には下のような感じになります。 アフィリエイト案件がない就活エージェントの広告主に直契約を提案するまでの手順• 就活エージェントのアフィリエイト案件で実績を作る• その実績を元に直契約の営業メールを送る 上記類似案件をつくることで、「貴社は今競合様に〇〇件ユーザーをとられていますよ〜、しかし僕の運営している就活サイトに紹介するとその他者に流れていたユーザーを貴社のサイトにも集客できますよ〜」という感じで提案するといいか思います。 比較系のキーワードでSEO上位に表示させる 3つめの方法としては比較系のキーワードでSEO上位表示させる方法になります。 比較系キーワードの例• そのような比較系のキーワードで上位表示することができれば、検索ボリュームにもよりますが、直契約の提案時に使える材料になるかと思います。 直接アフィリエイトをする方法 まとめ いかがでしたでしょうか、今回は直接契約を結ぶ方法を簡単にご説明させていただきました 簡単に下のまとめましたので参考にしていただければ嬉しいです。

次の

アフィリエイト アフィリエイター募集|ShapesGirl シェイプスガール/パーソナルジムのアフィリエイト契約直接 ボディメイクジム/女性専用パーソナルトレーニングダイエットジム パーソナルトレーナージム Shapes シェイプス

アフィリエイト 直接契約

広告主側のメリットは? なぜ広告主は直接アフィリエイトメディアとの直接契約を進めるのか?その理由はいろいろ考えられますが、まず挙げられるのが コストの問題です。 通常のアフィリエイトは、広告主とアフィリエイターの間にASPと呼ばれる代理店が入り、広告主とアフィリエイターの間を仲介するわけですが、間にASPが入るということは、仲介料を支払わなければいけないことを意味します。 ただ、ASPを利用することによって、たくさんのアフィリエイトメディアに掲載してもらうことが可能(ただし条件あり)なので、ウェブにおけるサービス認知度のアップなど、目的によっては、取り組む価値がある投資になります。 しかしマージンとしては決して安くはないので、提携するアフィリエイトメディアの質を確保しつつ(後述)、広告費を抑えたい場合。 ASPを利用するよりも、個別に契約をした方が、安上がりになるという現実があります。 また、直接契約ということで、アフィリエイターからすれば「自分のメディアが企業から認められた!」ということでモチベーションアップ。 「この広告主を応援したい!」という気持ちになります。 真面目にメディアを運営しているアフィリエイターから応援されることになれば今後、様々な場面でプッシュしてもらえることになり、支払う報酬以上の効果を実感できる場合があります。 広告主としてアフィリエイトで損しないために知っておきたい話 一方、アフィリエイトに取り組む上でいわゆる代理店を利用する場合。 諸経費(いわゆるマージン)で結構抜かれるので、その分のしわ寄せがアフィリエイターにいきます。 結果、「この広告は思ったより儲からない・・・」と判断されれば、他社を優先される実情があります。 そしてもう1点、あなたがアフィリエイトをする上で、代理店を利用する場合知っておくべき話は、代理店のなかには不正を働く会社がある、ということです。 すなわち、成果承認を適当にごまかしたり、その他ここでは書けないいろんな手段によって、広告主、アフィリエイターを欺く行為を働く代理店が存在しています。 それについて云々することはこのページの目的ではないので、詳細は差し控えますが、大切なのは結果どうなるのか? 広告主であるあなたは不要なお金を支払うことになり、広告を掲載するアフィリエイターからは、本来は代理店の責任のはずが、 「この広告主は信頼できない!」と不信感を招くことになります。 特に、成果を出している有力メディアからの信頼を失えば、今後ウェブ集客において、大きな痛手を被る可能性があります。 この点、代理店について特に、信頼し誠実に業務を行ってくれる会社を選ぶ必要があります。 問題は提携メディアの質 一方、アフィリエイターと直契約を結ぶ場合は、ASPも代理店も関係ありません。 つまり、マージンの費用を抑え、利益をアフィリエイターに直接還元することができます。 結果どうなるか? 単刀直入に言って、結果を出すアフィリエイターは儲かる案件を優先します。 そこで、あなたが他社よりもしっかり報酬を出せている場合。 通常のASPに出稿するよりも効果的に、アフィリエイトという仕組みを活用することができます。 ただしそれには問題があります。 提携するアフィリエイトメディアの選定です。 代理店だけでなく、 アフィリエイターのなかには実際問題、成果を出すためにズルや悪いことをする人もいます。 特に、PPCの出稿や虚偽の注文等の不正対策を怠ると、とんでもない手間と損害が出る可能性があります。 このため、直接契約にあたっては、「どんなメディアと」提携するのか、しっかり選別する必要があります。 計測システムを用意する必要あり もう1点、大切なのがアフィリエイトの成果を計測するシステムを導入できるかどうかです。 中には導入せず、クーポンコード等で計測して成果を事後報告する形で提携することもできます。 とはいえ、結果を出すアフィリエイターは、いつどこで広告がクリックされ、何件発生したか。 リアルタイムで確認できるのが当然だと考えています。 さらに、広告主のなかには成果を自社都合で「調整」する会社があることも知られているので(いわゆる「呑み行為」)、 マジメに取り組むアフィリエイターは、クリアかつ公平に、契約することを希望しています。 そのため、システムを用意できないアフィリエイト提携は、実力あるメディアから拒否される可能性があります。 これは「成果報酬」というアフィリエイトの使用上、仕方がない話です。 それが難しい場合、月極の契約等、安心して掲載してもらえる形で、契約する方法があります。 成果計測についてはアドエビスが有名です。 アフィリエイトの替わりとなる月極契約についてはこちらをご覧ください。 ASPを通す場合。 それぞれメリットデメリットがあります。 あなたが、「実際の話、弊社は認知度が低い。 拡散性を重視して、サービスの認知度を高めたい。 そのために広告費は積極的に投資する」という場合。 ASP経由の方が向いています。 この場合、報酬額を同業他社よりも高く設定しておくことがポイントになります。 一方、「弊社のブランドイメージを守りつつ、質の良いアフィリエイトメディアのみと提携して、丁寧に弊社サービスを紹介して欲しい」という場合。 直接契約で、影響力のあるアフィリエイトメディアに絞って契約。 掲載ページのファクトチェックで品質を維持しつつ、効果的にウェブ集客を進めていくことができます。 この場合、報酬額はケチらず、アフィリエイトメディアの努力に誠実に報いることが大切です。 提携したアフィリエイターから「この広告主は信頼できる!」と評価されれば今後、様々な場面で、融通をきかせてくれるでしょう。 まとめ 以上、アフィリエイトの直接契約に関して、広告主側のメリットや注意点を分かりやすくまとめました。 なぜアフィリエイトメディアの囲い込みが進んでいるのか。 その点ついてはあえて、具体的には書きませんでしたが、流れとしては今後、この傾向が進んでいくと考えています。 そして、広告主との直接契約に関してはアフィリエイター側にもメリットがあります。 実力や影響力のあるアフィリエイトメディアとは積極的につながっておくことが今後、ウェブ集客を実践していく上で、とても大切なポイントになります。 「自社がどのような形で紹介されたいか?」 「紹介されることによって、見込み客にどのようなイメージを持って欲しいか?」 等を考え、提携メディアを選別。 積極的にプッシュしてもらえるような関係を築いていくことが大切です。 以上、ウェブ集客のためにアフィリエイトを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。 あわせて読みたい ・ ・.

次の

アフィリエイト契約書には印紙が必要なの?:アフィリエイト 契約書の達人(広告主・マーチャント向け)

アフィリエイト 直接契約

もくじ• アフィリエイトの仕組みについて詳しく解説 アフィリエイトとは アフィリエイトは、 企業の商品やサービスの広告を自分の運営するサイトに掲載して紹介し、売れるとその成果報酬がもらえるという仕組みです。 アフィリエイトを行うブログ運営者を、アフィリエイターと呼びます。 ブログ運営者は、広告主の商品をブログに掲載してブログ契約で購入があれば、あらかじめ取り決められた額の報酬が入ります。 サイトの運営者は、 商品の在庫を持つ金銭リスクもなく紹介するだけですので、初期費用もリスクも低いビジネスで会社員の副業や主婦にも人気のビジネスです。 また、広告主 企業 にとっても、販売にかかる費用を抑えて商品やサービスを売ることができますし、商品が売れた場合に限り報酬が発生しますので安心のシステムです。 基本となるASPを利用したアフィリエイト 直接個人と広告主 企業 が直接契約することはハードルが高いので、ほとんどのケースではASPを仲介してアフィリエイトを行います。 ASPとは、Affiliate Service Provider アフィリエイトサービスプロバイダー の略です。 広告主 企業 とブロガー 個人 の仲介を行い、トラブルが起きないように契約の管理や金銭の管理・取りまとめを行う事業者のことを指します。 下記はASPを通したアフィリエイト報酬発生の仕組みです。 確かに、よく考えたら、個人で直接企業に連絡して、金銭条件も含めた契約をとりまとめるのとか自分じゃ無理ですもんね・・・ ASPがいることで初心者でも安心してアフィリエイトを始めることができるようになります。 ですのでアフィリエイトを始めたい人は、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に登録し、ASPが提供している広告から選択することになります。 ASPを仲介したアフィリエイトのメリット• 広告主 企業 は、ASPに登録することでたくさんのブロガーに自社商品を宣伝してもらえるチャンスを得ることができる。 ブロガーは、広告主 企業 を探して直接連絡しなくてもASP経由でたくさんの広告主の商品プログラムを検索して利用することができる。 ASPを仲介することで広告主とあなたの契約関係のトラブルを抑えることができる。 主要なASPの事業者 ASPにも、有名・マイナー・大手・小規模含めてたくさんの事業社があります。 アフィリエイト初心者の方は審査なしで登録できる「A8」をはじめとした下記の7社がおすすめします。 ASP名 概要 得意ジャンル 審査 おすすめ度 A8 案件の豊富さ、管理画面の見やすさ、サポート体制はASPの中でトップクラスで、審査もないのでブログアフィリエイトを始めるならまず登録しておきたいASP あらゆるジャンル なし バリューコマース 大手企業の広告案件も多数あり、Yahooショッピングをアフィリエイト に扱えるのが特徴。 振込手数料は無料。 シンプルな管理画面ですが、初心者にはやや使いにくい面もあるかもしれません。 大手企業・物販 あり afb アフィb 支払条件がASPの中でもっとも良心的で777円から支払いが可能。 振込手数料は無料。 初心者向けコンテンツも豊富で管理画面もわかりやすい印象があります。 エステ、婚活など女性向け あり もしもアフィリエイト 個人特化型ASPで、案件には他のASPにない競合の少ないジャンルの広告も多数あり、初心者におすすめのASP。 初心者向けのサポート体制が手厚い印象。 振込手数料は無料。 あらゆるジャンル なし インフォトップ 情報商材系中心のASP。 自社ブログ・メディアサイトと内容が合致すれば利用をお勧めするASPです。 登録すると広告やダイレクトメールが頻繁に届く点に注意。 情報商材 なし アマゾンアソシエイト Amazonの商品やサービスを紹介することができます。 サイト審査はそれなりに厳しい点に注意。 物販 あり 楽天アソシエイト 楽天の商品やサービスを紹介することができます。 サイト審査はないので簡単に登録・利用できます。 物販 なし そのほかにもリンクシェア、アクセストレードはマイナーな独占案件のあるアドバック、などいろいろなASPがあります。 また、一定レベル以上の規模のブログを所有している人向けの「招待制ASP・クローズドASP」というASPが存在します。 クローズドASPの例としては「レントラックス」や「felmat」などが有名です。 影響力のあるブログを持っている場合は向こうから連絡が来ることも たくさんの人が集まるようなアクセスの多いブログに成長した場合は、ASPの担当者から連絡が来たりすることもあります。 また、ASPに登録されていない企業でも、あなたのサイトに直接オファーが来る場合もあります。 アフィリエイトで成功するかどうかは「影響力の大きい 商品が購入されるポテンシャルを持つ サイト」を作れるかどうかにかかっています。 そのほかのアフィリエイトサービスを提供している会社 規模の大きい会社では自社でアフィリエイトサービスを提供しているところもあります。 たとえば、GoogleのGoogle Adsense グーグルアドセンス をはじめ、Amazon、楽天なども、自社でアフィリエイトのサービスを提供しています。 ブログの内容がまだ不十分な場合は、審査の結果拒否されることもありますので、20〜30記事くらい作成してから申請した方が良いでしょう。 もし審査に落ちても、再度申請することができますので安心してください。 Google Adsense Google AdSenseは、Googleの提供しているコンテンツ連動型広告配信サービスです。 Google Adsenseを利用すると、Googleに広告出稿している広告主の広告が自分のブログに表示されます。 成果報酬系のアフィリエイトと違い、広告がクリックされるだけで数十円、1ページ閲覧されれるだけでも0. 1円程度の報酬が蓄積されます 単価は広告により異なります。 閲覧・クリックされるだけで報酬が蓄積されていくので、売りたい商品がなく、セールスレターが苦手な初心者にもおすすめです。 アマゾンアソシエイツ Amazonアソシエイツは、Amazonが提供するアフィリエイト(成果報酬型広告)サービスです。 Amazonで出品されている商品を広告掲載して、ブログ経由で購入があった場合に報酬が入ります。 楽天アフィリエイト 楽天アフィリエイトは、楽天が提供するアフィリエイト(成果報酬型広告)サービスです。 豊富な商品数の楽天市場と楽天トラベルなどのグループサービスが対象となりますので幅広い分野から商品を選べます。 Google AdsenseやAmazonアソシエイツのように厳密な審査がないので、初心者でも簡単に始めることができます。 アフィリエイトのメリット• アフィリエイトは 安価に気軽に始められる• アフィリエイトは 利益率が非常に高い• アフィリエイトは 場所と時間に縛られない アリフィリエイトのデメリット• アフィリエイトは成果が出るまでに 時間がかかる• アフィリエイトで成果を出すためにはセールスレター・SEOなどの 技術習得が必要• アフィリエイト収益は 不安定であり一気に下がるリスクがある アフィリエイトの主なメリット 【メリット1】アフィリエイトは安価に気軽に始められる 一つ目のメリットは、アフィリエイトは安価に気軽に始められる点です。 アフィリエイトを始めるために用意するものは、「パソコン」「ブログ」の2つです。 初期費用が非常に安いという特徴があります。 アフィリエイトは、始めて一週間や1ヶ月そこらで結果がでるものではありません。 稼げるようになるためには、これまで遊んでいた時間、休んでいた時間、寝ていた時間を作業に当てなければなりません。 初心者の場合数ヶ月・半年と続けてようやく1,000円くらいの報酬が発生という人も多くいます。 多くの人は、その間に「これってバイトとか残業した方が効率いいんじゃないか?」と考え始めて、ほとんど稼げないまま辞めていくのが現実です。 【デメリット2】成果を出すにはスキルが必要 二つ目のデメリットとは、成果を出すにはスキルが必要な点です。 アフィリエイトは勉強しなくても始められますが、実際に成果を出そうと思うと、ユーザーに価値を与えるブログ作りはもちろんのこと、モノを売るための文章作成「セールスレター」の技術や検索エンジン対策「SEO」の知識も必要です。 ブログを書き続けていても「今日のごはんは美味しかった」的な内容だと成果を出すのは厳しいです。 アクセスを集めるには、「悩みを解決するもの」または「欲求を達成するもの」などのユーザーに価値を与える中身を作っていく必要があります。 加えて、モノやサービスを売るためのセールスレターの勉強や検索エンジンで上位に表示させるためのSEO対策も勉強する必要があります。 アフィリエイトは勉強しなくても始められますが、成果を出すためには勉強が必要なのです。 【デメリット3】アフィリエイト収益は不安定であり一気に下がるリスクがある 3つ目のデメリットは、アフィリエイト収益は不安定であり、ある日一気に収益が下がるリスクがあるという点です。 Googleのアルゴリズム変動による検索順位の急落• 競合サイトの躍進による検索順位の下落• 広告プログラムの廃止・報酬削減 Googleのアルゴリズムアップデートによる検索順位の急落 一つ目はGoogleのアルゴリズムアップデートによる検索順位の急落です。 Googleでは頻繁に検索順位を変動させるロジック・処理 アルゴリズムアップデート が行われており、検索順位が上位に位置しているサイトでもあるとき急に順位が下がったりすることがあります。 以前話題になっていたのが医療健康アップデートによるアフィリエイトサイトの急落です。 センシティブな内容である医療・健康系というジャンルでは、信頼性の証左が取れない個人サイトが急落し、厚生労働省や国立病院などの公的機関が上位を独占するようになりました。 Twitterなどには、それまで月数十万円あったサイトが一気に0円近くになったとのツイートもあり、該当ジャンルのアフィリエイターは大変そうでした。 今後もGoogleのアルゴリズム変動は頻繁に行われていくため、一度検索で上位表示されてもある時一気に検索順位も収益も下落する可能性があります。 競合サイトの躍進による自サイトの陥落 二つ目は、競合サイトの躍進による自サイトの陥落です。 競合サイトは常にあなたのサイトよりも上位表示しようと改善工夫を重ねています。 2,3ヶ月程度のスパンであれば一度形ができればアフィリエイト収益が発生しつづけますが、一般的に更新・手を加えつづけないと競合サイトに抜かされてサイトの検索順位は下がります。 自分が 仕事にしている職種・業界のことをブログのテーマにできないか• 自分の 好きなこと・趣味をブログのテーマにできないか• 自分の 悩んでいること・過去悩んでいたこと 今は解決していること をブログのテーマにできないか• 自分が これから勉強しようとしている・勉強していることをブログのテーマにできないか• 自分と 同世代の人が多く抱えている悩み・欲求をブログのテーマにできないか• ジャンル名 特徴 健康 主に健康食品、健康グッズ、クリニックなどがあります。 単価が高いものが多くプログラム数も多いですが、薬事法への配慮や、医療・健康系キーワードに配慮しながら作成する必要があるため難易度高いめ。 最近は初心者にはあまりおすすめできないジャンル 美容 エステ、コスメ、脱毛、育毛、スキンケアなど多岐にわたる種類が多くあります。 健康分野と同様に単価が高いものが多いので人気のジャンルですが、健康系と領域が近いので注意が必要あり、競合が激しく難易度も高いです。 広告プログラム数は健康系よりも多いので、好き・得意領域であればおすすめできるジャンル グルメ・食品 個人ブログでテーマにしやすいので、食品系の通販が好きな人はおすすめのジャンル。 全体的な単価はそれほど高くないが、ウォーターサーバーは非常に単価が高いです 難易度も高い。 ファッション 服やウィッグ、スーツなどのファッション通販などがあります。 個人ブログでテーマにしやすいので、ファッションが好きな場合はおすすめです。 旅行 旅行ツアー、トラベルグッズ紹介などがあります。 旅行好きの人にはおすすめのジャンルですが、直近はコロナの影響で世界的な需要激減のため逆風があり注意です。 金融・投資・保険 FXや株式投資・投資信託の取引所開設、保険一括見積もりなどがあります。 収益性は高いものが多いですが、専門知識が必要であり競合も多いため難易度は高いです。 投資が大好き 詳しい ・元金融業界出身で詳しいなど、得意分野である場合はおすすめです。 不動産・引越し 不動産投資・引越し見積もり、見積もり比較サイトなどが主にあります。 実際に不動産投資経験あり・不動産建築業界出身など、業界経験側の場合はおすすめですが、 業界未経験の場合は簡単に手を出せないので書きにくいと思われるジャンルです。 仕事情報 就職・転職エージェント紹介・求人などのほか起業・在宅ワークなどの広告プログラムが主にあります。 なかでも医者・薬剤師系の求人分野は特に高単価ですが、難易度も非常に高くなります。 実際に利用したことがある・興味がある・業界経験がある場合におすすめできるジャンル。 学び・資格 スクール・通信教育・塾や習い事などの広告プログラムが主にあります。 自分が体験・勉強しながら書けるので、取り組みやすくバランスも良いので個人的にはおすすめです。 暮らし 家電やオフィス用品、日用品・子育て・ペットなど多岐に渡る広告プログラムがあります。 プログラム数が多く、身の回りのことなので個人サイトでも取り組みやすく、バランスも良いので個人的にはおすすめです。 Webサービス レンタルサーバー・ホームページ・クラウドサービスなどの広告が主にあります。 ブログで説明するためにある程度の知識が必要で競合も多いジャンルですが、IT業界出身・得意分野ならおすすめです。 インターネット接続 Wifi、プロバイダー、回線開通などの広告プログラムがあります。 Webサービスと同様にある程度知識が必要で競合は多いジャンルだが、単価も高いものが多くITに詳しい・好きならおすすめです。 エンタメ ゲーム・音楽・アニメ・占い・ギャンブルなどが主にあります。 広告単価はそれほど高くないものが多いですが、個人ブログに相性が良く趣味としても楽しみながらブログも書けるのでおすすめできるジャンルです。 ギフト 結婚・記念日・事務所開設などのお祝い系のギフトなどがあります。 頻繁に利用できるものでもありませんが、ギフト系の業界出身や好きな場合はおすすめです。 スポーツ・趣味 車・スポーツ事務・教室・アウトドアなどの広告プログラムがあります。 難易度・単価はまちまちで車などの高単価のものは高い目です。 スポーツ好き・アウトドア好きな場合はおすすめです。 結婚・恋愛 結婚パーティー・お見合い・婚活・出会い系などがあります。 婚活系は単価が非常に高いですがが、競合も激しいジャンルです。 業界出身・恋愛ジャンルが得意であればおすすめです。 ジャンルの切り分け方としては、いろいろありますが、ASP最大手の でカテゴライズされているジャンルを参考にしています。 ブログ・アフィリエイトジャンルについては「」をご参照ください。 まとめ まずは試しでも始めるのがおすすめ まとめです。 今回は、アフィリエイトに興味を持ち始めた初心者の方を対象に「アフィリエイトとはどのようなものか」、アフィリエイトの仕組みやメリットとデメリットを説明しました。 またアフィリエイトのメリットデメリットを取り上げると下記の通りです。 アフィリエイトのメリット• アフィリエイトは 安価に気軽に始められる• アフィリエイトは 利益率が非常に高い• アフィリエイトは 場所と時間に縛られない アリフィリエイトのデメリット• アフィリエイトは成果が出るまでに 時間がかかる• アフィリエイトで成果を出すためにはセールスレター・SEOなどの 技術習得が必要• それでも、アフィリエイトほど初期費用がかからず、利益率も自由度も高いビジネスはそうはありません。 アフィリエイトを検討しているなら、まずは自分に合っているかどうか試しに初めてみるのがおすすめです。 実際にブログアフィリエイトを今すぐ始めたい方向けに「」でWordPressを使ったブログアフィリエイトの始め方ご紹介しています。 あわせてご参照いただけたら幸いです。 どのジャンルでブログを始めようか悩んでいる方は「」をご参考ください。

次の