イエロー ジャンガリアン。 ハムスターのジャンガリアンは色によっても性格が違うの?

【美しさ No,1!】キャンベルハムスターとは?

イエロー ジャンガリアン

【目次】ハムスターの値段は何で違う?種類別の値段まとめ! 飼いやすい定番ペット!ハムスターの値段・価格は何で違う? 子供から大人まで、ペットとして高い人気を誇るのが です。 背景には、 や などのペットは不可のお部屋でも、ケージで飼えるハムスターなら飼えるといった条件面でのお手頃さ。 で体も小さいので、ケージのスペースが手狭で済む、ご飯の量も多くなくて良いなど飼育面の容易さ。 そして、他のペットと比較しても値段が安いというところが大きな理由に挙げられるでしょう。 今回は、お迎えしやすいハムスターの値段や価格について掘り下げてご紹介します。 ハムスターの値段が変わる要因 1. ハムスターの種類 ハムスターといっても、たくさんの種類のハムスターがいます。 実は、そこが値段が決まる一番大きなところでもあります。 有名なところでいうと 、 、 などは、皆さん名前を聞いたことがあるかもしれません。 実は、これらのハムスターの他にもまだまだたくさんのハムスターがいます。 まだ種類は決めていないと言う方、可愛くてどの子がいいか迷ってしまっている方は、値段も参考にしてみてもいいかもしれません。 ハムスターの種類に関してもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。 ハムスターの毛色 様々な種類のいるハムスターですが、そのカラーによっても値段は変わります。 例えば、ジャンガリアンハムスターの中だけでもスノーホワイト、パイド、ブルーサファイア、コバルト、イエローライン、リアルブラックなど、多くのカラーがあります。 ジャンガリアンハムスターといえば、グレーのカラーを皆さん一番よく見慣れていると思いますが、今挙げただけでもこれだけ多くのカラーがあるのです。 カラーが珍しければ珍しいほど、値段も上がっていきます。 ハムスターの年齢 ハムスターは種類にもよりますが、長くても3年~5年と が短い動物です。 ペットショップでまだ小さいうちから引き取り飼育をしている場合は、寿命のほとんどを一緒に過ごせることになりますが、ペットショップで既に生後1年くらい経ってしまっている子は、その分一緒に過ごせる時間が短くなってしまいます。 そういうことも考慮されてか、大きくなるにつれ、値段も落ちていく傾向にあります。 ハムスターの負っている病気・怪我 ハムスターをペットショップで販売する時、多くの場合が一つのケージに多頭飼育されています。 そうなると、縄張り争いや喧嘩などで指や耳を怪我する子も出てきます。 そういったハムスターは他の子よりも値段が安いことがあります。 しかし、怪我をしているハムスターはその傷口から感染症を患ったり、病気にかかりやすくなったりするので、安価だからといってあまりオススメはしません。 もしお気に入りのハムスターが怪我をしている子でしたら、ハムスターを診てもらえる動物病院をあらかじめ探してから購入するようにしましょう。 ハムスターの病気に関してもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。 これよりもあまりに安すぎたり高すぎたりする場合には、何か理由があるかもしれないので、お店の人に確認してみてください。 ジャンガリアンハムスター:1,000円~1,300円ほど ハムスターの中でも定番で一番人気の高いハムスターです。 体は小さいですが、とても賢く、名前を憶えて呼ぶと来てくれたり、活発なのでちょこちょこと動き回る可愛らしい仕草が見られたりします。 人懐っこいので、初めてペットを飼う方も比較的飼いやすいと思います。 スノーホワイトジャンガリアンハムスター:1,300円~1,500円ほど ジャンガリアンハムスターの中でも白い毛を持つハムスターです。 丸くなって寝ている姿は大福みたいと、SNSでも人気の種類となっています。 イエローラインジャンガリアンハムスター:1,500円~1,700円ほど 文字通り、背中にイエローのラインが入ったハムスター。 比較的希少なので、お値段はややお高めです。 ブルーサファイアジャンガリアンハムスター:1,300円~1,500円ほど スタンダードなジャンガリアンハムスターよりも色が薄く、青みがかったグレーの色をしていて人気のある種類です。 イエロージャンガリアンハムスター:980円~1,200円 こちらは全身の毛がイエローのハムスター。 個体によってムラのないイエローのものもいれば、濃淡があるものもいます。 パールドワーフハムスター1,400円~1,600円 毛色が白いジャンガリアンハムスターですが、背中にグレーの筋のあるものや、うっすらと濃淡がついたものまで様々です。 中でも完全に真っ白なものが、前述のスノーホワイトジャンガリアンハムスターと呼ばれています。 その他のジャンガリアンハムスターの相場はこちらです。 コバルトジャンガリアンハムスター:1,900円~2,300円ほど• コバルトパイドジャンガリアハムスター:1,900円~2,000円ほど• パイドジャンガリアンハムスター 1,700円~2,000円ほど• プディングジャンガリアンハムスター :1,900円~2,200円ほど• リアルブラックジャンガリアンハムスター:2,300円~2,500円ほど コバルトは青みがかった濃いめのグレー一色のハムスター。 パイドはブチ模様のことを言います。 プディングジャンガリアンハムスターは薄いイエローの、まるでプリンのような体毛が特徴です。 リアルブラックは真っ黒なジャンガリアンハムスターですが、希少価値が高いためお値段もその分高めです。 ゴールデンハムスター:1,200円~1,400円 ハムスターの中では体が大きく、1匹で掌が埋まってしまうくらいになるほど。 茶色と白の2色の柄が特徴で、テレビなどでハムスターと言われて紹介されることも多いので、1番最初に思いつくようなオーソドックスなハムスターです。 元気で運動が大好きなハムスターですが、縄張り意識が強いのと食欲旺盛なので、飼い主でも慣れるまでは食べ物と間違って噛まれたりしてしまうことがあるため、子供が飼い主になる場合は特に注意が必要です。 ロングヘアーハムスター:1,400円~1,500円ほど ハムスターというと、毛が短くシュッとしているイメージがあるかもしれませんが、ハムスターの中でも毛が長くフサフサした種類もいます。 それがロングヘアーハムスターです。 ロングヘアーハムスターも、ゴールデンハムスターの種類のうちのひとつ。 手に乗せたり、触ったりして可愛がりたい人は、そのフサフサの触り心地が病みつきになること間違いなしです。 毛が長い分、砂浴びをさせたり、ブラッシングを行うなどして、毛並みを清潔に綺麗に保つようにしてあげましょう。 その他ゴールデンハムスターの種類は、以下のようなものがいます。 シロクマハムスター:1,400円~1,600円ほど• クロクマハムスター:1,400円~1,500円ほど シロクマハムスターは白一色、クロクマハムスターは黒一色。 いずれもあまりペットショップで見かけることのない毛色なので、出会えたらラッキーと言えるでしょう。 ロボロフスキーハムスター:1,400円~1,700円ほど ロボロフスキーハムスターは、ハムスターの中でも最小の部類に入る、とても小さなハムスターです。 その小ささゆえ、臆病で警戒心が強いため、 に手を入れても逃げたり避けたりすることも多いです。 その分、ストレスを感じやすいので、そっと見守るように飼育するのが好ましいでしょう。 慣れてくると、ロボロフスキーハムスターの方から寄ってきてくれるようになります。 それまでは、見て癒されるといった育て方になるので、手の上に乗せたり触ったりして可愛がりたい人にはあまり向きません。 多くの種類がいるハムスターですが、まだまだ珍しい種類のハムスターもいます。 なかなかお目にかかれる機会は少ないかもしれませんが、珍しいハムスターを飼いたい方にはオススメです。 種類やカラーが豊富なだけに、そのお値段も様々なハムスターですが、毛色の希少価値意外にも理由があり値段が相場と違うこともあります。 その個体が健康か、問題がないかということも見極める材料となるので、それぞれの種類がおおよそいくらぐらいなのか、相場を知っておくことは元気なハムスターを迎え入れる上で重要と言えるでしょう。 また、挙げた以外の種類やカラーのハムスターもまだまだたくさんいますので、ぜひお気に入りのハムスターを見つけてください。

次の

赤目のジャンガリアン?【それはキャンベルハムスターかも】

イエロー ジャンガリアン

ハムスターはたくさんの種類があり、とても人気のあるペットです。 どのハムスターを飼おうか、迷う方も多いのではないでしょうか? twitterやyoutubeチャンネルで、たくさんの人から「おすすめのハムスターはどの種類ですか?」という質問を頂戴します。 そこで、代表的なハムスターの種類と色、値段、体格、寿命、性格、飼い方などを記事にまとめていきたいと思います。 ハムスターの種類を解説するにあたってまず紹介したいのは ジャンガリアンハムスターです。 ハムスターと言われた時に、皆さんがイメージされるのは「ゴールデンハムスター」か「ジャンガリアンハムスター」が多いです。 個人的にも一番好きなハムスターの種類です。 それでは、ジャンガリアンハムスターについて詳しくみていきましょう! ( 2018年2月8日追記:文章を大幅に加筆修正しました!) 目次• ジャンガリアンハムスターの種類と色 ジャンガリアンハムスターには複数の種類が存在します。 種類ごとに色が大きく異なるということがジャンガリアンハムスターの特徴です。 画像付きで詳しく見ていきましょう。 ノーマル 濃い茶色、黒い線が特徴の一般的なカラーです。 (テグーなどでも多い アグーチカラーです。 )店頭で見かける機会が一番多い種類になります。 パール、パールホワイト 真っ白ですが、背中にうっすら 灰色の線が入ったジャンガリアンです。 ノーマルと同じく、店頭でもよく見かける人気種です。 スノーホワイト 背中に線が入らない、 全身真っ白なジャンガリアンです。 スノーホワイトだと思って購入したら、実はパールホワイトだった!ということもよくあります。 ブルーサファイア 体の色は 青みがかかった灰色です。 サファイアブルーとも呼称しますが、呼び方はどちらでも問題ありません。 イエロー、プディング 全身黄色です。 真っ黄色というよりも、落ち着いた黄土色、 ベージュに近い色になっています。 イエロー又はプディングと呼称されますが、どちらも同一種です。 クリーミーライン、クリーミーサファイア 白い体がベースですが、 黄色・薄い茶色のラインが背中に入っています。 イエローやパールと間違えられやすいですが、別種類です。 パイド 白い体ですが、手足と顔がノーマルカラーのジャンガリアンです。 上半身と下半身で色が異なることからパイドと呼ばれています。 キャンベルハムスターでよく見かける色ですが、そちらとは別種とされています。 店頭でもほぼ目かけないレアな種類です。 どの種類が皆さん気に入りましたか? 私はパールホワイト、スノーホワイトが大好きで、10年以上ずっと飼っています。 ジャンガリアンは種類が豊富ですが、種類によってお値段がやや異なります。 次はジャンガリアンハムスターの値段について見ていきましょう。 ジャンガリアンハムスターの値段 ジャンガリアンは店頭でも多く取り扱いがあるため、他種のハムスターよりもお値段は 安いです。 ただし、ジャンガリアンの中でも、珍しい色のジャンガリアンは値段が 高めです。 ノーマル・ブルーサファイア・パール・スノーホワイトの値段 値段は 1000円前後が多いです。 安いお店では1000円以下で販売しているところもあります。 流通量も多く、お店に行けばすぐ見つけることができるでしょう。 ただし、スノーホワイトは取り扱っていないお店もあります。 イエロー・プディングの値段 ノーマルなどに比べやや高め、 1500円前後くらいが目安です。 お店に置いていない場合もあります。 クリーミーライン・クリーミーサファイアの値段 2000円前後が目安です。 探さないと見つけられない可能性が高いですが、最近は取り扱い店舗も徐々に増えてきました。 パイドの値段 2000円以上が目安です。 ほとんどお店でも見かけず、見かけたとしてもキャンベルハムスターのパイド種が多いです。 上記の値段はあくまで目安です。 地域や年齢により値段は前後します。 また、お店でたまに値段がとても安い子がいますが、性格に難があるか、怪我をしている(していた)か、すでに大きくなってしまっている子が多いです。 非常に値段が安いハムスターを飼う場合は、店員に問題点を確認した上購入するようにしましょう。 では、種類と値段を確認した上で、ジャンガリアンハムスターに共通の特徴を見ていきましょう。 飼い方を確認する上で非常に重要です。 ジャンガリアンハムスターの体格・寿命 ジャンガリアンハムスターの体格と寿命は、 各種類共通です。 体長 6cm~13cm。 大きくなっても手乗りサイズです。 体重 30g~45g。 なつくと手や体によじ登ってきますが、重量はほとんど感じません。 寿命 2~2年半。 どんなに長生きしたとしても3年弱です。 個体差がありますが、男の子の方が若干大きめになります。 寿命は別種に比べやや短めです。 他の種類の寿命についてはをご覧下さい。 ゴールデンハムスターと比べて半分ほどのサイズなので、餌や水の量も半分程度、力もゴールデンほどありません。 おしっこの量もゴールデンより少ないので、トイレ掃除も楽です(地味ですが大きなメリットです)。 ケージがそこまで大きなサイズを必要としないのも嬉しいポイントです。 次に、ジャンガリアンハムスターの性格を見てみましょう。 ジャンガリアンハムスターの性格 人気のあるジャンガリアンハムスターですが、性格は個体差が激しく、大人しい子もいれば元気な子もいます。 他種のハムスターと比べると、性格は以下のような特徴があります。 なつきやすい 人になつきやすい性格です。 なついた後は、手に乗せて一緒に遊ぶ事もできます。 トイレを覚えやすい トイレを覚えることもできます。 性格によってはなかなか覚えてくれない固体もいます。 噛み癖がある場合がある 他の種類に比べ、ケージや人の手を噛むクセがある場合があります。 餌の選り好みをしやすい 基本的にハムスターは雑食ですが、甘やかして育てると、餌の選り好みをする傾向があるので注意してください。 餌や噛み癖についてよく相談を受けます。 餌や紙癖については別記事でまとめたいと思います。 補足ですが、ゴールデンハムスターに比べれば、ケージの外に出たがらない子が多いです。 ゴールデンはすぐ外に出たがります。 とはいえ、 性格の個体差が激しい種類のため、上記の特徴はあくまで傾向としてとらえてください。 ジャンガリアンハムスターの飼い方・飼いやすさ ジャンガリアンハムスターの具体的な飼い方は数回に分けてこれから記事にまとめたいと思いますが(でご覧ください。 )、今回はジャンガリアンを飼うにあたってのメリットを他種と比べて見ていきたいと思います。 飼育グッズが豊富 「初めて飼う方でも飼育グッズに困らない」というのが大きな特徴でしょう。 amazonやペットショップで売っているケージなどは、大抵ジャンガリアン向けのサイズになっています。 よく知らない人は、ゴールデンハムスターと一緒にジャンガリアンサイズのケージを買って、サイズが合わなくなり後ほど買い直したりするようです。 飼っている人が多い 人気のある種類のため、飼っている人が多く、相談しやすいのも嬉しい特徴です。 飼育情報が多い 私を含め、twitterやyoutubeでよくジャンガリアンの子を見かけます。 飼育法の情報が多いこともメリットでしょう。 ここまで書いた特徴を踏まえて、ジャンガリアンハムスターは 飼いやすい種類だと思います。 固体によって噛み癖が気になるくらいですね。 しっかりとお世話すれば、飼い主にきちんとなつき、手の上で寝ることもあります。 最初にどのハムスターにするか迷っている方は、ジャンガリアンかゴールデンが良いのではないでしょうか? ハムスターを飼い始める時の参考にしてみてください。 まとめ いかがだったでしょうか?今回はジャンガリアンハムスターについて見てきました! 今回のまとめです!! 1:ジャンガリアンハムスターは種類が豊富で様々な色がある。 2:種類によって値段が変わる 3:体長・体重・寿命は共通 4:性格は個体差が激しい 5:飼いやすい種類である 良いね!と思った方は、ぜひブックマークしていただけると嬉しいです! ジャンガリアン可愛いですよ!繰り返しになりますが、私は一番大好きです!! 次の記事では、について見ていきたいと思います!•

次の

ハムスターの値段は何で違う?種類別の値段まとめ!

イエロー ジャンガリアン

ジャンガリアンハムスターの生態と特徴 ジャンガリアンハムスターはネズミ目キヌゲネズミ科に分類される小動物です。 中央アジアのカザフスタンやロシア、中国などに幅広く分布しており、砂地の乾燥した場所を好んでいます。 体色は背中がネズミ色で、頭部から尻尾にかけて黒くて濃い線が入っています。 夜行性で、昼間は土に穴を掘って休んでおり、夜になると昆虫や種子などの餌の確保と縄張りの確認のために5km以上を歩き回ります。 ジャンガリアンハムスターの性格 ジャンガリアンハムスターは飼い主になつくようになります。 警戒心の強い生き物なので、ゆっくりと時間をかけて飼い主さんの匂いに慣らしていきましょう。 大人しい性格なので、小学生くらいの子供とも一緒に遊ぶことも出来ますよ。 ジャンガリアンハムスターの体重と体の大きさ ジャンガリアンハムスターの 体重はオスだと35g~45g、メスだと30g~40gになります。 50gを超えると肥満になるため、こまめに体重をチェックしてください。 体の大きさはオスだと7cm~12cm、メスだと6cm~12cmになります。 小型のハムスターなのでドワーフハムスターと総称されることがあります。 ジャンガリアンハムスターの寿命 ジャンガリアンハムスターの 寿命は平均して2年~3年です。 2年以降になると寿命で死ぬ可能性が高くなり、死因のほとんどが老衰や老衰から来る栄養不足、骨折などになります。 寿命についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 ジャンガリアンハムスターの種類 ジャンガリアンハムスターの人気の色を紹介します。 品種改良が盛んで、さまざまな体色が生み出されており、珍しい色をみかけることもあります。 ブルーサファイア ブルーサファイアは薄いグレーをしており、淡い色合いが人気の種類です。 パールホワイト パールホワイトはジャンガリアンハムスター特有の背中のラインがなく、全身の毛が真っ白になる種類です。 プディング プディングは全身が黄色になる種類で、店頭でもなかなか販売されていない珍しい色です。 パイド パイドは背中の全面がグレーではなく、白色で模様になっている種類です。 非常に珍しい色で、出会えることはほとんどありません。 ケージ• 回し車• エサ入れ• トイレ• 水入れ ケージ ジャンガリアンハムスターの ケージは水槽か金網の2タイプが一般的です。 水槽は透明度が高いので観察しやすいですが、ケージ内が蒸れやすいので夏は高温に注意しておかなければなりません。 金網タイプは風通しが良いですが、金網を囓ったり、よじ登って怪我をすることがあるので注意が必要です。 ケージの大きさは横幅で40cm、奥行きで30cmもあれば十分ですよ。 ケージの選び方やおすすめ商品についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 回し車 ジャンガリアンハムスターは毎日5kmほど走っているため、ケージの中には回し車が必須です。 夜中にガラガラと音を鳴らすので、気になる方は静音タイプの回し車を設置しておきましょう。 おすすめの回し車についてはで詳しく紹介しているのでご参考ください。 床材 床材はウッドチップや牧草を使います。 口に含むことが多いため、食べても大丈夫な物であることが大切です。 厚みはジャンガリアンハムスターの全身が潜れるくらいにしっかりと敷いておきます。 おしっこをしたら部分的に交換し、1ヶ月に1回は全ての床材を交換するようにしてください。 おすすめの床材や交換頻度などはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 エサ入れ 餌を床材の上に置いていると、床材の誤飲の可能性が出てくるため、専用の小皿を用意してください。 囓られたり、ひっくり返されることがあるので、重くて丈夫な陶器タイプの物がおすすめです。 トイレ ジャンガリアンハムスターは決まった場所におしっこをするので、トイレを覚えさせることでケージ内を清潔に保ちやすくなります。 中には消臭用の砂を入れておきましょう。 最初はトイレでおしっこをしてくれない子もいます。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 巣箱 ジャンガリアンハムスターは暗い場所に隠れるのが好きなので、全身がすっぽりと収まる巣箱を用意してあげましょう。 巣箱に餌をため込んで腐ることがあるため、1週間に1回は餌を隠していないか確認してください。 巣箱の選び方についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 水入れ お皿に水を入れておくと、体が濡れる可能性があるため、給水ボトルを使います。 水は2日に1回は交換して、新鮮な状態をキープしてください。 ジャンガリアンハムスターの飼育方法について ジャンガリアンハムスターは人慣れしやすく、丈夫で飼育しやすいので、初心者にもおすすめのペットです。 日々のお世話は餌やりと床材の掃除だけで大丈夫です。 あとはストレスを感じさせない程度に、散歩などふれ合いを楽しみましょう。 飼育難易度 簡単 値段の相場 500円~1,000円 最適な温度 18度~25度 多頭飼い 不可。 子供の時は可能 おすすめの餌 専用のペレット、果物、野菜 値段と販売場所 ジャンガリアンハムスターは 値段は500円~1,000円ほどで、ハムスターの中で最も安価で販売されています。 人気の種類なので、どこのペットショップでも簡単に見つけることが出来ますよ。 春から入荷数が増えて選びやすくなるので、その時期になったらホームセンターなどで探しに行きましょう。 飼育の観点からも、寒くなる冬から飼育を始めると温度管理が大変ですので、気温が上がりはじめる春から飼育するのがおすすめです。 適している温度 ジャンガリアンハムスターに適している温度は18度~25度です。 冬は小動物用のパネル式ヒーターをケージの下に敷いて、床を暖めるようにしてください。 寒さが厳しい夜は暖房をつけて、部屋全体を暖める方が安心です。 夏に30度を超える日が続くようなら、冷房を使って温度を下げて上げましょう。 温度の調整方法などはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 多頭飼いできる? ジャンガリアンハムスターは縄張り意識が強いため、 多頭飼いすることが出来ません。 子供の頃は仲良く暮らしていますが、成長するにつれてお互いに噛み合い、出血するほどの喧嘩をします。 ハムスターの中では唯一、ロボロフスキーハムスターが多頭飼いできる可能性があります。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 ケージを噛むときの対策 ジャンガリアンハムスターが ケージを噛む理由は主に次の4つです。 ケージの外に出たい• ストレスを感じている• 構って欲しい• 餌がほしい 一番多い原因が、ケージの外に出たいとアピールすることです。 ジャンガリアンハムスターは一度散歩した場所を縄張りとして、毎日パトロールをしないと気が済みません。 これが原因の場合、毎日散歩することで解決します。 他の原因と対策についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 おすすめの餌と給餌方法 ジャンガリアンハムスターの 餌はハムスター専用のペレットがおすすめです。 栄養バランスが整っているので、これひとつで飼育することができます。 他にもニンジンやカボチャなどの野菜、リンゴやイチゴなどの果物、ニボシ、ミルワーム、ひまわりの種なども食べてくれます。 ペレットだけで飼育することができるので、おやつとして与える程度にしてください。 餌の頻度は1日1回、活動前の19時に与えます。 餌の量はペレットだと3gほどで十分です。 おすすめの餌や与える量についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。

次の