キム秘書はいったいなぜ 15話 ネタバレ。 キム秘書はいったい、なぜ?のネタバレ全話まとめ!人気ウェブ漫画原作で面白さは保証済み!?

キム秘書はいったいなぜ

キム秘書はいったいなぜ 15話 ネタバレ

イ・ヨンジュン … パク・ソジュン キム・ミソ … パク・ミニョン イ・ソンヨン … イ・テファン 5urprise コ・グィナム … チャンソン 2PM , パク・ユシク … カン・ギヨン ここからネタバレになりますので注意してください!! キム秘書はいったい、なぜ?16話ネタバレとあらすじ プロポーズを無事終え、結婚に向けて準備を進めるミソとヨンジュン。 ある日ミソはヨンジュンの母に呼び出されます。 娘のいないヨンジュンの母は、ミソを娘のように気遣い、ミソを連れて買い物に出かけます。 身に余るほどのプレゼントをもらい、少し 負担に感じてしまうミソ。 そして両家顔合わせの日がやってきます。 結納として車や住むところまで全て用意するという破格の対応に戸惑うミソは、ヨンジュンの両親の前で「こんな風にされては結婚できません。 」ときっぱり言います。 ミソとの結婚を喜ぶあまり、行き過ぎたことをしたと謝るヨンジュンの母。 ヨンジュンは、 ミソには自分がちゃんと尽くすから心配いらないと声を掛けます。 そんな中、衣装合わせの日まで仕事のため待ち合わせに遅れてしまうミソ。 二人の結婚準備よりも仕事を優先させるミソに、もどかしさを感じるヨンジュン。 ヨンジュンの機嫌を戻そうと、ミソの提案でカフェに向かう二人。 なにやら見覚えのあるそのカフェは、 まさにミソが前にお見合い相手とデートをしたその場所だったのです。 そのカフェの前でお見合い相手のネクタイを直すミソを見て、衝撃を受けたあの場所…。 再び機嫌が悪くなるヨンジュン。 ミソにとってネクタイを直すのは職業病のようなもので、何故ヨンジュンがそれに固執するのか理解できないミソ。 そんな時、ボン課長から誘いの電話が掛かり、ミソはヨンジュンを置いて同僚達とお酒を飲みに行ってしまいます。 一方ヨンジュンはユシクを訪ねてその報われない気持ちを打ち明けます。 「ミソが…キムミソが一体なんでそうなのか…。 」 同じ頃、同僚たちの意見を聞き、自分の 間違いに気付くミソ。 ミソは自分で手配したドレスを着て、ヨンジュンの前に現れます。 さっきまで不機嫌だったのが嘘のようにミソに見とれるヨンジュンは、 「想像していたよりも5兆5億倍綺麗だ…。 」と呟きます。 そんなヨンジュンに、 「今こうして嫉妬する姿も可愛く思えてしまうほど、とても愛しています。 」と告白するミソ。 愛しいミソのために料理の練習まで行うヨンジュン。 そしてついに結婚式前日! ドキドキが止まらないミソとヨンジュン。 同じ頃、ボン課長とヤン秘書は自分たちの交際を秘書室のみんなに発表しますが、実は前々から知っていた同僚たち。 みんな知っているから、これからは楽に過ごすように声を掛けます。 一方ソル秘書のミス ? によって、ユシクと元嫁もヨリを戻すことになります。 「あの頃に戻りたい…俺はまだ君を愛しているんだ。 」というユシクの告白に心を動かされた元嫁。 熱い抱擁とキスを交わします。 そして、コグィナムとジアもまた、ついに交際を始めることになります! 恋愛は二の次でもいいから、自分自身のことは一番に愛してあげてください、と言ったジアの言葉に感動したグィナム。 沢山の恋の行方を見送り、ついにミソとヨンジュンの結婚式が始まります。 控え室で緊張を隠せない様子の二人。 手を取り合ってお互いを落ち着かせます。 盛大な拍手に迎えられ、入場するミソとヨンジュン。 ミソは幼い頃にした約束を守ってくれたように、ヨンジュンが約束を守ってくれることを信じていると話します。 「ミソは俺の人生であり全ての瞬間だ。 」というヨンジュン。 二人は祝福に包まれながら誓いのキスを交わすのでした。 一言で簡単にまとめると、 こんなに展開が気持ちの良いドラマは初めて見ました! そのくらい見終わってスッキリした気分になれるドラマでした。 最初から最後まで、どんな 逆境にも振り回されずにお互いを想い合うミソとヨンジュン。 そしてそれを影からサポートする同僚と家族の存在。 ラブコメと一言で表現するのがもったいないくらい、面白いドラマだったと思います。 このドラマの放送後、韓国内でも主演の二人の 熱愛説が話題になりました。 本当にお似合いなパクソジュンとパクミニョン。 もうあの掛け合いを見られないのかと思うと、少し寂しくもあります…。 できれば戻ってきて欲しい、副会長とキム秘書。 すっかりイヨンジュンロスな私なのでした。 そして脇をかためるキャストの 個性的なキャラクターにも注目です! 皆んなキャラが濃いのになんだか憎めない。 本当に抜群のキャスティングだったと思います。

次の

「キム秘書はいったい、なぜ?」第15話のあらすじ・感想

キム秘書はいったいなぜ 15話 ネタバレ

2020. 26 キム秘書はいったいなぜ-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで! 韓国ドラマ-キム秘書はいったいなぜ-あらすじ-全話一覧 このドラマの評価: 4. キャストに迎えられたのは、人気俳優のパク・ソジュン。 そしてパク・ミニョンです。 この「キム秘書はいったいなぜ?」は、大人気のウェブ小説を原作とした作品になります。 自己愛の強い男、イ・ヨンジュン。 そしてヨンジュンを一生懸命、完璧に補佐をしてきた秘書であるキム・ミソ。 二人の駆け引きロマンスになっています。 二人のタッグがどのようなコラボレーションを見せてくれるのかが楽しみです! 2018年7月現在、日本での放送はまだ、未定ですが決まった際は是非に視聴してみるといいかもしれません。 キム秘書はいったいなぜ あらすじ イケメンそして、完璧とも言えるスタイルを持ち合わせたイ・ヨンジュン。 経営能力にも優れているヨンジュンだがナルシスト。 ナルシストで自分をこの上なく愛するあまりに、好きになった女などいない恋愛経験ゼロの男。 自分自身があまりにも、優れた人間のために周りにいる人間の不能さにたえられないのだ。 そんなヨンジュンが、自分の横にいることを許してきた唯一の人間が秘書のミソ。 ミソとは簡単に言うと、長年連れ添ったくたびれきった夫婦のような感じだった。 それはこの先も、続くのだと違和感すら抱かずに生きてきたヨンジュン。 ヨンジュンの秘書になって9年目のミソ。 秘書の仕事は長時間の勤務に及ぶために恋愛の経験など皆無。 幼き頃に母親を失い、楽器店を経営していた父は詐欺に騙されてしまった。 苦労して生きてきたミソ。 兄弟の大学の学費を稼ぐために、自分が大学へ進学することなど夢として諦め捨て去った。 そしてついた仕事が秘書だ。 今では秘書会のレジェンドと言われるようにまでなった。 ミソはヨンジュンの結ぶネクタイを選ぶ権利を唯一所持している。 朝は午前6時。 夜は深夜まで。 たとえ自宅に居ようが眠っていようがヨンジュンが呼び出せば行かないわけにはいかなくなる生活。 そうして9年の歳月が流れ、29歳になったミソはこのまま恋愛もなしで生きていくのか?と考えるようになった。 そこである決断を下すことにした。 ヨンジュンの秘書を退職すること。 今まで他人のために生きてきた人生を、この先は自分のために自分の人生のために生きてみたくなった。 そのために退職願をヨンジュンに出すが、当のヨンジュンはというと・・・・?? 「 キム秘書はいったいなぜ-各話あらすじ」はこちらから ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。 見どころポイント このドラマの中心である、ナルシストのイ・ヨンジュン。 ヨンジュンの秘書を務めるミソ。 そしてその家族たちを取り込んだドラマの構成になっているようです。 このドラマの始まりは、ミソが下した決断である会社を辞めること。 それを実行に移すために1話で、ヨンジュンに退職届を提出したところから物語が始まりを告げます。 ドラマの初盤は、ミソとヨンジュンの会社を辞める。 やめてもらうのは困るじゃないか攻防戦からスタートします。 そしてその攻防戦の延長上線から、二人のロマンスがスタートしていくと思われますので、楽しめる構成になっているのではないかと思います。 少しコメディタッチな感じもあって、吹き出しのようなものもあるのでこれにも楽しめる部分があるのではないかと思いますよ! 二人の攻防戦から二人の周りにいる人間たちも、徐々に巻き込まれ困惑しながら、進んでいく過程もクスクス笑いながら楽しむことができるのではないかと思います。 キム秘書はいったいなぜ 評価レビュー&感想 韓国ドラマ「キム秘書はいったいなぜ」の評価レビュー&感想です。 ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。 始めこそパク・ソジュン演じるヨンジュンが、突然やめると言い出したキム秘書をどうにか引き止めようと上司対部下みたいな感じ。 ナルシストの上司対できる秘書。 キム秘書には何人かの女優さんがキャスティングされていましたが、今回キャスティングされたのはパク・ミニョン。 パク・ミニョンといえば、「ヒーラー」での演技が印象的だったのを思い出します。 でも今回はなぜかパク・ミニョン演じるキム秘書の髪が気になって仕方ありません(笑) よく昔流行った、ポニーテール?のような、髪型をされていましたよね。 あの髪が気になって仕方ありませんでした。 歩くたびにユラユラ揺れて、なんだか馬のしっぽみたいに見えて仕方ありませんでした。 髪型といえばヨンジュンの髪型にもなれなかった。 前髪が気になって気になって。 最後の方でようやく慣れましたが(笑)。 周りを固めるキャストも意外に個性的な感じで見るのには飽きなかったかな。 ユシクとヨンジュンの相談しあえる間柄も良かったです。 ヨンジュンの兄であるソンヨンと幼い頃の出来事がきっかけで、確執を生んでしたことも原因はどういった感じなのか?と軽い感じで考えていましたが、意外にも重い理由 ですがその出来事が、ヨンジュンとキム秘書の運命の始まりでもあったんですよね。 幼い頃にプロポーズしたキム秘書。 大人になってプロポーズをしたヨンジュン。 キム秘書は忘れてしまっていたけれど、ヨンジュンは24年もの歳月を超え覚えていた。 キム秘書ではなく、ヨンジュンが覚えていたという設定がとても印象的でした。 キム秘書はいったいなぜ キャスト登場人物 韓国ドラマ「キム秘書はいったいなぜ」のキャスト&主な登場人物一覧です。 主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。 主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。 イ・ヨンジュン役 (パク・ソジュン) ユミョングループの副会長。 年齢は33歳で完璧すぎるルックス、英明な頭脳、経営能力の手腕を発揮して世の女性を虜にしている。 この世に産声をあげてからというもの、何をしてもどの分野でも一位を取ってきた。 それも独走で。 そして完璧すぎる容姿にナルシストぶりを発揮するおかげで、世の女性を虜にしつつも恋愛はただの一度もしたことがなかった。 ナルシストであり、優秀な頭脳を持ち合わせており、自分以外の人間が優秀でないように見えるヨンジュン。 ヨンジュンが唯一、そばに置いて信じた人間が秘書のキム・ミソだ。 9年間そばにいた自慢の秘書。 それはこの先も続く。 そう思っていた。 だがある日、突然その秘書に辞職する意向を宣言されたことで、人生の中でただ一つ解けそうにない問題が持ち上がることになる。 それがキム・ミソ。 一体なぜ?キム秘書が?なぜそうなのか? キム・ミソ (パク・ミニョン) 現在29歳の女盛り。 ナルシストのヨンジュンの秘書になって早九年目。 人生の青春時代はユミョングループ。 ヨンジュンに捧げてきた。 ヨンジュンが唯一、そばに置く女。 秘書と言ってもヨンジュンに呼び出されれば、どこにいようが何をしていようが絶対に駆けつけなければならない。 明け方は6時出勤。 退勤時間などないのだ。 そのせいで自分の時間を持つことも、有意義に使うこともできず、恋愛もできなかった。 それでも頑張ってきたのは家族のため。 正確に言えば、父親が作った借金のため。 必死で働いたミソ。 気がつけば九年もの時間が過ぎ30歳目前になっていた。 そんなある日、ついに一つの決断を下すことにした。 それはこの先の人生は、誰のためでもなく自分のための生活を送る事。 決心をきめたミソは迷いなく、ヨンジュンに退職届を出す。 イ・ソンヨン (イ・テファン) 年齢は35歳で独身。 ヨンジュンの兄であり、ベストセラー作家。 作家のペンネームはモルペウス。 小説を日々、書いて暮らす作家なのだ。 国内ではもちろんの事、海外でも本が売れに売れあっという間にベストセラー。 多くの印税とそして有名税を手にする。 ソンヨンの特技は親しい語り方にあの微笑。 あれで微笑まれたら女心が揺さぶられるのだ。 弟であるヨンジュンとは正反対の性格なのだ。 しかしヨンジュンとは犬猿の仲と言っても嘘ではない。 幼い頃からずっとヨンジュンと比較され生きてきた。 いつもソンヨンの中には劣等感が付きまとい苦しめられた。 何もかもを奪われて生きてきたソンヨン。 初めて自分が絶対に奪いたいものができた。 それはミソ。 イ会長 (キム・ビョンオク) ヨンジュンとソンヨンの父親であり、ユミョングループの会長である。 チェ女史 (キム・ヘオク) ヨンジュンとソンヨンの母親。 ピルナム (ペク・ウネ) ミソの姉。 精神健康医学科のドクター マルヒ (ホ・スンミ) ミソの姉 泌尿器科のドクター パク・ユシク (カン・ギヨン) 33歳でヨンジュンの友人であり、ユミョングループの経営者。 とても明るく、優れた能力を持った人間だ。 健康食品と一緒に生きている以外は。 ヨンジュンがキム秘書以外に信じている人間。 ヨンジュンの悩み相談に日々のりアドバイスまで送る人物。

次の

「キム秘書はいったい、なぜ?」第1話のあらすじと感想

キム秘書はいったいなぜ 15話 ネタバレ

Contents• キム秘書はいったいなぜ12話あらすじネタバレ 過去の記憶を取り戻したミソが中々眠る事が出来ずにいるとチャイムが鳴り、 「僕だ!」 という声を聴いてドアを開けるとそこにはヨンジュンの姿がありました。 「どうされたのですか?」 とのミソの問いに 「僕の所に来たくないと言ったから僕が来たんだ!今夜一緒に寝よう」 と平然と答えるヨンジュンに唖然とするミソ。 「数日だけしかいないから・・・セミ同居かな?」 と話すヨンジュンに 「セミ同居って何ですか!?」 とひきつった顔のミソにヨンジュンはスーツケースを見せて同居宣言するヨンジュンに困惑しました。 「緊張するな。 今夜の目標はキム秘書が安眠出来るように見守る事だ」 と言いながらミソの髪をなでるヨンジュン。 そして持参したバスソルトを見せ足湯をしようと提案するも、ミソの家にはバスタブが無く二人は洗面器に足を入れ足湯をする事にします。 謝罪するミソに 「心配しなくていいから足湯でリラックスしろ。 効果はバスタブでも洗面器でも一緒だから」 と慰めるヨンジュン。 足湯をした後に寝ようとベッドに入るミソですが、その傍に入ってくるヨンジュンにびっくりし 「なぜ私のベッドの中に?」 とヨンジュンに聞くと 「ベッドはこれだけだろ?」 と言いながらミソに腕枕をしようと試みたのでした。 突然のお説教 腕枕では緊張して眠る事が出来なかったミソに、ワインを飲もうと誘うヨンジュン。 「ワインは体温を下げる働きと睡眠ホルモンを刺激する」 と話し持ってきたワインをミソに見せました。 そして屋上にあがり二人でワインを飲もうとするも、ワインオープナーが無く 「テレビでワインをオープナーなしで開ける方法を見た事がある」 と試そうとヨンジュンの靴を借り靴の中にワインを入れ壁にぶつけ始めたミソ。 しかし、 そのワインが200万の値段と教えられすぐに叩く事をやめワインをヨンジュンに返します。 その時路上からヨンジュンの車のナンバーを叫ぶ声が聞こえ慌てて駐車場に向かう二人ですが、自分の場所に無断に駐車されたと抗議する女性はヨンジュンに向かって説教を始めます。 「こんな風に自分を鼓舞してはいけない。 私の息子は鼓舞せず熱心に勉強してユミョングループで働いている」 とヨンジュンに説教するのですが、ヨンジュンは 「僕がそのユミョングループの所有者ですが…」 と答えます。 ヨンジュンの子守歌 布団に入った二人だが沈黙が続き困惑していると、ミソがヨンジュンに子守歌を歌ってほしいと頼みます。 ヨンジュンはその願いを聞き、歌い始めます。 その子守歌を聞きながらミソはすぐに眠ってしまい、ミソが寝ている事に気づいたヨンジュンは優しくミソを見つめながら 額にキスをしました。 「これで今日は十分」 と納得したヨンジュンですが、ミソがぴったりとヨンジュンにひっついてきた事もあり、結局ヨンジュンは眠る事が出来ないまま朝を迎えます。 彼氏のためのオムレツ キッチンを借りたミソはレシピを見ながらオムレツに挑戦するも失敗してしまい落胆します。 炒り卵のようになっているオムレツを見たヨンジュンは 「親切さに対してこれか?」 とからかい、捨てようとするミソの手からお皿を奪い 「キム秘書が僕のために作ってくれた初めての料理だ」 と嬉しそうに食べ始めました。 突然現れた救世主 企画室の会議が終わり、不注意でヨンジュンに渡すはずだった議事録のメモをシュレッダーにかけてしまい途方に暮れているジア。 そこへ通りがかったグィナムは何が起こったのかを知り 「落ち着け。 手書きのメモは多くないから一緒に見つけよう」 とシュレッダーで細断された紙を全て取り出しました。 そして見つけ出したメモをグィナムは会議の内容を思い出しながらテーブルに広げ、テープで貼り付けジアを助けました。 元通りになったメモに感動したジアは 「完璧なキム秘書に対して自分は失敗が多くてストレスなんです。 助けてくれてありがとう」 と感謝の気持ちを伝えました。 手渡されたコーラ セラは煮え切らないヤンチョルを刺激しようと、セールのお知らせのメッセージを男性からのお誘いだと偽り刺激します。 「私がフリーだと思って誘ってきているのよ。 誰かが告白してくれたらこんな内容に悩まないのに」 と話すセラとコーラを飲み続けるヤンチョル。 セラは 「私だってコーラ好きなのに1人だけで飲むから頭にくる!」 とヤンチョルをにらみつけます。 その後 「 1人で飲んでください!」 とヤンチョルはセラにコーラを渡し言われた通り飲み始めると、少しずつ文字が出てくる事に気づいたセラ。 「付き合いませんか?」 と出てくる文字にセラは嬉しくなり笑いました。 ヨンジュンの記憶 ヨンジュンの元を訪れた会長とチェ女史ですが、ソファに座ったまま話そうとしないヨンジュンに二人は 「記憶を失っていなかったというのは本当か?」 と言い 「どうしてそんな事をしたのか、何が起こったのか」 と心配そうに見つめる両親にヨンジュンは過去の記憶を語り始めます。 退院して戻ってきたヨンジュンですが、ヨンジュンの服を着たソンヨンがヨンジュンの部屋で 「お前のせいで3日間も閉じ込められて死にそうだった!!」 と叫びヨンジュンを部屋から追い出します。 罪悪感から記憶をすり替えてしまったソンヨンは、自分が誘拐された被害者だと思い込みヨンジュンに物を投げつけるようになりました。 トラウマに襲われて苦しんでいたヨンジュンですが、ソンヨンの事で両親が話をしている所を偶然聞いてしまい、母親を失う恐ろしさや死にたいという言葉で誘拐犯の事を思い出し、 加害者の振りをする事を決意し倒れます。 その後、何も覚えていないふりをしてソンヨンに置き去りにした事を謝りました。 「あの時、これしか誰もが生き残る選択はないと思った」 と自分を犠牲にした事実を打ち明けたヨンジュン。 そしてチェ女史から 「苦しかった、辛かったと言っていいの」 と言われその言葉を聞いたヨンジュンは声を殺して泣き始めました。 正直なのが一番 ソンヨンとも過去の件で話しソンヨンは 「あの時、他の人間になる必要があった。 それだけしか方法がなかった」 とヨンジュンに謝罪し、外に出たヨンジュンを庭で待っていたミソと共にヨンジュンの自宅に戻ります。 「過去の全てが明らかになって気分は良くなった。 正直に伝える方が良いと分かったよ」 というヨンジュンは 「自分の気持ちを正直に話してもいいか?」 と聞きながらミソをソファに横たえ 「今夜このままいかせたくない」 と言いながらミソにキスをし… キム秘書はいったいなぜ12話感想 やっと、なぜヨンジュンが記憶を失ったふりをしていたのかという事が分かりました。 ただでさえ苦しくて怖い体験をしたのに、記憶を失った振りをするなんて…と思いながら、このシーンは号泣しながら見ていました。 ソンヨンはソンヨンで、当時は不安や恐怖からヨンジュンが体験した事を自らが体験したかのように話すことで、 自分を罰していたのかもしれません。 ミソの事を思い、自宅に押し掛けるヨンジュンは強引ながらも愛が溢れていていいな~と思いました。 そして、この回で登場したのはグィナムとジア、セラとヤン秘書。 グィナムが優しく、助けてくれる姿は見ていて「やっぱりかっこいいな~」と思い、 こういう事をスマートにするから人気なんだろうな~と思いました。 しかし、ジアは秘密を知っているからつい態度が悪くなっているような感じもするのですが少しずつ二人の距離が近づいているような気がします。 ヤン秘書は個人的に可愛く思えて大好きなんですが、ガタイが良いのに少し奥手な感じがするのですが、セラはもっとアピールしてほしい様子で刺激しようとするシーンが可愛かったです。 どのラブラインもそれぞれ魅力があり、まだグィナムとジアはラブラインに発展しそうな状態なのですがこの 3組の進展も是非チェックしてみてください。 まとめ ミソの事が心配でミソの家を訪ねセミ同居宣言したヨンジュンに困惑するミソ。 そして誘拐事件の時の記憶を失った振りをしていたヨンジュンは両親にその理由を話し、ソンヨンともお互い何故こういう形になったのかと話しました。

次の