アレクサンダー ズベレフ。 サーブが信じられない方向へ。ズベレフ、ダブルフォルトの悩みが更に深刻に

「テニスの未来」アレクサンダー・ズベレフ 【Wiki】

アレクサンダー ズベレフ

【プロフィール】 名前:アレクサンダー・ズベレフ(愛称はサーシャ) 誕生日:1997年4月20日 国籍:ドイツ 出身:ドイツ・ハンブルグ 身長:198cm 体重:90kg 利き手:右 バックハンド:両手 最高ランキング:3位 【生い立ち】 サーシャは旧ソビエト連邦出身で、元プロテニス選手の父アレクサンダー・ミハイロビッチ・ズベレフ・シニアさんと、同じく元プロテニス選手であるイリーナさんとの間に産まれました。 10歳年上でテニスプレーヤーである、選手が兄です。 家族全員プロテニス選手とはすごいですね・・・・ サーシャは5歳でテニスを始め、兄のミーシャをお手本にしていたそうです。 幼少期から選手のファンで、彼を目標として育ってきました。 今ではフェデラー選手が競い合う存在になっています。 これは16歳年上にもかかわらずフェデラー選手がいまだ現役かつトップレベルを保っているのが凄まじいのですが・・・ 【ジュニア時代の成績】 全豪オープンジュニア シングルス 優勝 全仏オープンジュニア シングルス 準優勝 ウィンブルドンジュニア シングルス ベスト16 全米オープンジュニア シングルス ベスト4 【グランドスラムの成績】 全豪オープン シングルス ベスト4 全仏オープン シングルス ベスト8 ウィンブルドン シングルス ベスト16 全米オープン シングルス ベスト32 【オリンピックの成績】 出場無し 【テニスに関して】 非常にパワフルかつ安定したストロークが魅力的です。 特にフォアハンドクロスの切れ味は抜群です。 ただ、ダウンザラインの精度はまだ課題を残しています。 バックハンドストロークは強烈なクロスを放ち、まずまずストレート方向へのコントロールも優れています。 ネットプレーはやや不得意です。 ネットに詰めるタイミングもやや遅いことがよくあります。 本人もそのことを十分理解していて、積極的にネットプレーを混ぜる、ダブルスに出場するなどして向上を図っています。 ネットプレーがもっと向上するとより攻撃のバリエーションが増えさらに相手にとって脅威になるでしょう。 ただ、ピンチになった時に精度がガクッと落ちることがあるので、もっと球種とコースの打ち分けを向上させ、センターへのフラットサーブに頼りすぎない戦略が必要です。 3セットマッチでは滅法強い(・・フェデラーらから複数回勝利をあげている)のでマスターズ1000のタイトルを数多く持っているのですが、現状グランドスラムでは上位シードを得ておきながら早期敗退をしてしまっています。 この理由として考えられるのは、パワフルなサーブ、パワフルなストロークがサーシャの大きな武器であるのですが、半面それに頼り過ぎてワンパターンになってしまっていることがあげられます。 まぁ、ワンパターンなテニスでも世界3位まで行けるのですから、相当なポテンシャルがあることは間違いないのですけれども、さすがに5セットマッチだと相手も試合の中で慣れて対策を立てることができる確率は高くなります。 また、試合がもつれてくるとパワフルなストロークが息をひそめてきます。 そうなるとただの安定したストローカーとなってしまうので、相手に勢いがあれば飲み込まれてしまいます。 サーシャがグランドスラムで優勝するために、まずは今取り組んでいるネットプレーをさらに向上させ、ピンチの場面でも使っていけるようなレベルに持っていくことが大事です。 そうすることでストロークへのプレッシャーがもっと減ってよりハードヒットを効果的に使うことができるでしょう。 サーシャのハードヒットが入りだしたら誰も止めることはできませんから。 また、サーブの精度もより上げる必要があると思います。 特に長身の選手はセンターへのフラットサーブに頼りがちになる傾向があるので、ワードへのスライスやフラット、キックサーブ、ボディへのフラットサーブを打つなど、しっかりコースと球種を散らして相手に的を絞らせないようにすれば、ピンチの時でもより自信を持ってサービスを打つことができると思います。 【人物に関して】 長身と甘いマスクで人気があり、数多くのスポンサーを獲得しています。 時折みせるにこやかな笑顔はとても魅力的で、女性ファンは釘付けですね。 また、インタビューにおいても淀みなくキッチリ自分の気持ちを伝えることができ、周りへ配慮する発言も忘れないので非常に好感がもてます。 そして、兄のミーシャのことを尊敬していてとても大好きで、いつも行動を共にしています。 2018年のワシントンで2人は対戦しましたが、終始和やかな雰囲気で試合が進んでいて、彼らの絆がとても強いものだということがわかりました。 テニス以外ではゴルフとバスケットボールが好きで、特にバスケットボールの熱狂的なファンでNBAのを応援しています。 好きな選手は 【まとめ】 サーシャが本来のポテンシャルを十分に発揮できれば、今の時点でもグランドスラムを優勝することは可能です。 しかし、ジョコビッチ・ナダル・フェデラーらをグランドスラムの準決勝や決勝で倒しきるためには一段上のテニスが必要であると思います。 サーシャのテニスがいつ本格化するのか、これからますます要注目ですね!! 【参考・引用】 テニスレッスンについては ガット張り替えについては 最新ブログ記事は 足の痛み、膝の痛みが気になる方は.

次の

アレクサンダー・ズベレフ 『テニス界の王子様』プロフィールまとめ

アレクサンダー ズベレフ

「アドリア・ツアー」は13日と14日にセルビア・ベオグラードで、20日と21日にクロアチア・ザダルで開催。 ベオグラードでは4,000人の観客がソーシャルディスタンスなしで集まり、マスクをしている者も少数だった。 またジョコビッチら選手もマスクなしでハグなどの身体的接触を行う姿が見られていた。 しかし20日、ディミトロフが(クロアチア)との試合後に体調不良のため、急遽モナコへ帰国。 翌21日に検査の結果陽性であることが分かった。 これを受けて大会側は同日既に試合を行っていたものの、残っていた決勝を中止に。 22日には、ディミトロフと対戦したチョリッチが検査の結果、無症状ではあるものの、陽性であることが分かった。 その後も、ザダルでプレーしていたズベレフ、チリッチ、ルブレフも、それぞれ自身のTwitterで検査結果を発表。 陰性であることが分かっている。 またそれぞれ陰性ではあるものの、念のため自主隔離期間を設けるとしている。 一方大会側からは、ディミトロフの陽性が分かり21日の決勝を中止する旨を発表して以降、日本時間23日午前5時時点では更なる発表はない。 ジョコビッチは主催ということもあり、他の選手以上に他人との接触が多かったと思われるが、検査の結果どころか検査を受けたかどうかについても公式のアナウンスはされていない。

次の

【選手名鑑】 アレクサンダー・ズベレフ

アレクサンダー ズベレフ

【プロフィール】 名前:アレクサンダー・ズベレフ(愛称はサーシャ) 誕生日:1997年4月20日 国籍:ドイツ 出身:ドイツ・ハンブルグ 身長:198cm 体重:90kg 利き手:右 バックハンド:両手 最高ランキング:3位 【生い立ち】 サーシャは旧ソビエト連邦出身で、元プロテニス選手の父アレクサンダー・ミハイロビッチ・ズベレフ・シニアさんと、同じく元プロテニス選手であるイリーナさんとの間に産まれました。 10歳年上でテニスプレーヤーである、選手が兄です。 家族全員プロテニス選手とはすごいですね・・・・ サーシャは5歳でテニスを始め、兄のミーシャをお手本にしていたそうです。 幼少期から選手のファンで、彼を目標として育ってきました。 今ではフェデラー選手が競い合う存在になっています。 これは16歳年上にもかかわらずフェデラー選手がいまだ現役かつトップレベルを保っているのが凄まじいのですが・・・ 【ジュニア時代の成績】 全豪オープンジュニア シングルス 優勝 全仏オープンジュニア シングルス 準優勝 ウィンブルドンジュニア シングルス ベスト16 全米オープンジュニア シングルス ベスト4 【グランドスラムの成績】 全豪オープン シングルス ベスト4 全仏オープン シングルス ベスト8 ウィンブルドン シングルス ベスト16 全米オープン シングルス ベスト32 【オリンピックの成績】 出場無し 【テニスに関して】 非常にパワフルかつ安定したストロークが魅力的です。 特にフォアハンドクロスの切れ味は抜群です。 ただ、ダウンザラインの精度はまだ課題を残しています。 バックハンドストロークは強烈なクロスを放ち、まずまずストレート方向へのコントロールも優れています。 ネットプレーはやや不得意です。 ネットに詰めるタイミングもやや遅いことがよくあります。 本人もそのことを十分理解していて、積極的にネットプレーを混ぜる、ダブルスに出場するなどして向上を図っています。 ネットプレーがもっと向上するとより攻撃のバリエーションが増えさらに相手にとって脅威になるでしょう。 ただ、ピンチになった時に精度がガクッと落ちることがあるので、もっと球種とコースの打ち分けを向上させ、センターへのフラットサーブに頼りすぎない戦略が必要です。 3セットマッチでは滅法強い(・・フェデラーらから複数回勝利をあげている)のでマスターズ1000のタイトルを数多く持っているのですが、現状グランドスラムでは上位シードを得ておきながら早期敗退をしてしまっています。 この理由として考えられるのは、パワフルなサーブ、パワフルなストロークがサーシャの大きな武器であるのですが、半面それに頼り過ぎてワンパターンになってしまっていることがあげられます。 まぁ、ワンパターンなテニスでも世界3位まで行けるのですから、相当なポテンシャルがあることは間違いないのですけれども、さすがに5セットマッチだと相手も試合の中で慣れて対策を立てることができる確率は高くなります。 また、試合がもつれてくるとパワフルなストロークが息をひそめてきます。 そうなるとただの安定したストローカーとなってしまうので、相手に勢いがあれば飲み込まれてしまいます。 サーシャがグランドスラムで優勝するために、まずは今取り組んでいるネットプレーをさらに向上させ、ピンチの場面でも使っていけるようなレベルに持っていくことが大事です。 そうすることでストロークへのプレッシャーがもっと減ってよりハードヒットを効果的に使うことができるでしょう。 サーシャのハードヒットが入りだしたら誰も止めることはできませんから。 また、サーブの精度もより上げる必要があると思います。 特に長身の選手はセンターへのフラットサーブに頼りがちになる傾向があるので、ワードへのスライスやフラット、キックサーブ、ボディへのフラットサーブを打つなど、しっかりコースと球種を散らして相手に的を絞らせないようにすれば、ピンチの時でもより自信を持ってサービスを打つことができると思います。 【人物に関して】 長身と甘いマスクで人気があり、数多くのスポンサーを獲得しています。 時折みせるにこやかな笑顔はとても魅力的で、女性ファンは釘付けですね。 また、インタビューにおいても淀みなくキッチリ自分の気持ちを伝えることができ、周りへ配慮する発言も忘れないので非常に好感がもてます。 そして、兄のミーシャのことを尊敬していてとても大好きで、いつも行動を共にしています。 2018年のワシントンで2人は対戦しましたが、終始和やかな雰囲気で試合が進んでいて、彼らの絆がとても強いものだということがわかりました。 テニス以外ではゴルフとバスケットボールが好きで、特にバスケットボールの熱狂的なファンでNBAのを応援しています。 好きな選手は 【まとめ】 サーシャが本来のポテンシャルを十分に発揮できれば、今の時点でもグランドスラムを優勝することは可能です。 しかし、ジョコビッチ・ナダル・フェデラーらをグランドスラムの準決勝や決勝で倒しきるためには一段上のテニスが必要であると思います。 サーシャのテニスがいつ本格化するのか、これからますます要注目ですね!! 【参考・引用】 テニスレッスンについては ガット張り替えについては 最新ブログ記事は 足の痛み、膝の痛みが気になる方は.

次の