社会 人 として の 心構え 作文。 押さえておきたい!社会人としての心構え

作文でお手伝いをお願いしたいです!!

社会 人 として の 心構え 作文

社会人として大切なことを面接時に質問や作文で出た時の例文2つ目は「責任を持つ」ことです。 上記でもご紹介しましたが、社会人になると新社会人でも行動1つ1つに責任が付きまといます。 仕事と言うのは「新人だから」「分からないから」と言う理由で、許されるという世界ではありません。 面接や作文では責任を持つ大切さについて話すと評価がよくなっています。 ただし、仕事での責任を言うのは、実際に仕事をしてみないと分からない事が多くあります。 憶測で責任とは何かと考えるのではなく経験を活かした話をしましょう。 作り話の場合、痛い所を付かれると黙ってしまうこととなります。 社員として働く方は基本自分の生活のために働きますが、会社と言うのは会社に貢献してくれる人材を探しています。 貢献してくれない社員と言うのはブラック人材とみなされます。 仕事への貢献はとても大切なことなので、貢献する意思を伝える必要があります。 例文としては「自分が過去に経験したことを活かせる」「自分の得意な強みとなる部分を活かせる」などおすすめです。 貢献に対しての回答を出すのは難しいですが、自分のことを分析して、会社の求めるものが分かれば自然と出てきます。

次の

【テーマ別】就職試験に出される作文の書き方と例文|私の家族/私の夢

社会 人 として の 心構え 作文

スポンサーリンク 社会人としての心構え 反対意見や異なる考えがあってもすぐには口に出さない 社会人としての心構えを持つなら、会社の人と意見が合わなかったり、考え方が違ったりしてもすぐに口に出したりしないようにすることが大事です。 会社では学生の時とは違い、自分の親と同じくらいの年齢の人もいますし、立場が上だという人もいます。 ですから自分が思ったことをすぐに口に出してしまうことで生意気だと感じられてしまうこともあるでしょう。 ですから社会人としての心構えとして、自分の意見を言うような時は、相手から意見を求められた時だけだと覚えておいても良いです。 また、はっきりと言わず、周りの空気を読みながら遠回しな言い方で話すようにしても良いでしょう。 時間にはルーズにならないようにする 学生の時は時間通りに行動しなくても許されていたことが多いですが、社会人になればそれでは許されないことも多いです。 大事な顧客やお客さんとの商談に遅刻してしまっては、それだけで印象が悪くなりますし契約もうまくいかなくなってしまうことがあるでしょう。 時間のルーズさというのはすぐには治せるものでもないので、社会人になるかなり前から時間には気を付けて行動するようにすると良いです。 そして仕事というのは誰でも憂鬱なものですから、気まぐれで遅刻したりもしないようにもしましょう。 遅刻は注意しなければいけないほうも気が重く、嫌がられることがほとんどです。 スポンサーリンク 服装も仕事にふさわしいものにする 制服のある会社であれば通勤服はなんでも良いと思いがちですが、通勤中派手な服を着ていて、それを社内の人に見られてしまったら、多少恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。 ですから制服がある会社でも、通勤服は社会人にふさわしいものを選ぶと良いです。 服装をしっかりさせることによって気持ちも引き締まり、仕事への意欲につながることも多いものです。 また、制服がない会社であれば、仕事に支障のない服を選ぶことも社会人としての心得になるでしょう。 引っかかりにくい服、動いても乱れにくい服などは安心して作業することができるものです。 社会人としてのマナーを守る 仕事で成果を出すといったこと以前の問題として、まずは社会人としてのマナーを守ることが大前提となります。 例えば、時間厳守もその1つで、出社時間や打ち合わせなどの時間を必ず守り、5分前には行動するといったことが求められます。 また、オフィスでは整理整頓に気をつけたり、よい姿勢で仕事をしたり、電話はすぐに取るといった心構えも重要です。 自分の仕事の取り組み方が周囲にも影響するという自覚を持ち、気持ちよく仕事ができるように心がけましょう。 こういった社会人としてのマナーは、新入社員のときしか教わる機会はありませんので、しっかりと身につけておきましょう。 スポンサーリンク 感謝や の心を大切にする 社会人として仕事をするならば、完全に自分一人だけで完結するということはなく、必ず誰か他の人が関わっています。 こういった仕事で関わる人たちに対して、常に感謝の気持ちを持つことが大切です。 例えば、何かを教えてもらったり、サポートしてもらったりしたら感謝の気持ちを言葉で伝えるようにしましょう。 また、何かこちらからサポートできることはないか、気遣いを忘れずに接するようにするべきです。 そうすることで、人間関係も円滑に回っていき、信頼関係を築いていくことができるようになりますので、自分の仕事もしやすくなります。 やるべきことを自分で見つける 社会人になる前は、何もしないでいても、やるべき課題を与えられたり、どういう風に取り組んでいけばよいか教えてもらえたかもしれません。 とくに学生のうちは、与えられた課題を上手にこなしていきさえすれば、成績もよくなり高く評価されていたはずです。 ただ、社会人になって仕事を任されていくにつれて、現状をよりよくするためには何が必要なのかを、自分で発見することを求められるようになります。 社会人になったら、細かな指示を与えられていなくても、今自分は何をすべきなのか、自分で課題を見つけてそれを解決していくという心構えが必要です。 スポンサーリンク 友達同士の話し方のままではいけない 学生の頃にも、先輩・後輩の関係はあったことでしょう。 しかし、ある程度仲良くなったら年齢に関係なくフランクな関係になりますし、敬語もそこそこでいいということが多かったはず。 社会人になってからは、その姿勢ではいけません。 上司はもちろん、同僚にだってある程度の敬意が必要です。 場合によっては、自分より年下の先輩だっています。 年齢で人を判断して、敬語を使う・使わないを決めるのは卒業しましょう。 ビジネスマナーとしての挨拶もいろいろありますから、まずは1冊、マナー関する本を読んでおくのも一つの手です。 責任感を持って仕事に取り組むこと 就業時間内だけ会社にいれば給料がもらえる、適当にやっていれば大丈夫、といったような甘い考えを持っていませんか? 社会人になったら、学生の頃とは環境が違います。 学生の頃は授業に集中していなくても、サボっても、結果が出なくても「辞めさせられる」ということは滅多になかったはずです。 しかし、社会人は違います。 利益を求められるのが社会人です。 適当にやっていればいいという姿勢では、最悪の場合解雇される可能性もあります。 解雇されるまではいかなくても、周囲の人から信頼されなくなってしまいます。 社会人として働くということは、ある程度の責任感を持つことなのです。 スポンサーリンク 就業開始時間は会社の到着時間ではない 就業開始時間までに会社に入ればいいと思っていませんか? 開始時間ぎりぎりに会社に入って、セーフ!だなんて思っていては社会人失格です。 あなたのその姿勢は、周囲の人にも見られています。 就業開始時間は、その時間から仕事がスムーズに開始される時間です。 ですから、最低でも15分前には到着して、仕事ができる段取りをしておくべきです。 就業開始時間になって、バタバタと動き出したり、あれこれ探し出すのはスマートではありません。 仕事の状況によって出社時間をコントロールし、スムーズに仕事が始められるようにすべきです。 社会人としての心構えは大事 いかがでしょうか。 社会人の心構えはこうして見るのと、体験するのとでは雲泥の差です。 多くの人は実際に社会人にならないと理解できないものです。 しかし、「そういう世界なんだな」と頭に入れておくだけでも結果は大きく変わりますし、仕事に対して粘り強くもなります。 慣れるまでは大変ですが、しっかりと準備しておくだけでスタート地点での挫折を未然に防ぐことができるようになります。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

就職や進級時によくある「心構え作文」の例文・書き方と書き出しのコツ!

社会 人 として の 心構え 作文

おすすめコンテンツ 社会人と学生で「責任が違う」って具体的にはどういうこと? 社会人と学生で一番違う点は「責任」だとよくいわれますが、自分の意識としてはどう考えていけばいいのでしょうか。 また、具体的な行動で気を付ける点は何でしょうか。 社会から学ぶ立場から、貢献する立場へ 学生はお金を払って学ぶ立場、社会人は社会に貢献してお金をもらう立場。 この点がまず大きく変わります。 学生のときはお金を払って学校で教育サービスを受けますが、支払っている学費だけでなく国公立大学の場合は一人当たり約100万円(学部などでばらつきあり)、私立大学でも一人当たり約17万円程度の補助金が税金から支払われています。 また、学生はたいていの場合、「親の扶養家族」として世帯には扶養控除があり、法的にも「親に面倒を見てもらっている子ども」です。 さらに学生には各所で「学生料金」が適用され、学ぶ立場であることを周囲が支援しています。 このように守られていた 学生から一転、これからは社会人として、「社会の中で一定の役割を果たす」ことで、報酬として給与を受け取ります。 さらに給与の中から一定割合の税金を納める「納税の義務」も発生します。 アルバイトをしてたくさん稼いでいた人は納税が発生したかもしれませんが、アルバイトと正社員の違いはあとでご紹介します。 報酬を受け取るからには、責任と義務がある 会社に勤務して給与を受け取るからには、与えられた仕事で成果を出すことが求められます。 実際には入社したばかりの新入社員は、まだ仕事を覚える段階で、会社にも社会にも貢献できていないことがほとんどですが、この時期は「少しでも早く仕事を覚えること」が一番の義務です。 社会人の責任と義務はほかにもあります。 体調管理して大事なときに休まないようにする責任がある 学生は休んでも自分が困るだけですが、社会人が休むと仕事が滞り、周りの人に迷惑をかけます。 とはいえ、インフルエンザを発症していて出社するわけにはいかないし、高熱が出ていたら仕事はできません。 「急病で欠勤」することが極力ないようにすることが大事な義務です。 「予防接種をする」「睡眠不足や暴飲暴食をしない」など、自分でできる健康管理を実践しましょう。 新入社員もしばらくすると、「大事な商談」「自分が担当するプレゼン」など、絶対に休むわけにいかない日が増えてきます。 頼られる存在になるには健康管理が欠かせません。 会社が決める「職種」「部署」「赴任地」で役割を果たす責任がある 学生は学校や科目を選べますが、社会人は選べません。 会社は業務のために社員全員を適材適所で配置します。 社員はチームの一員として、与えられた役割を全うすることが求められています。 自分で得意分野の知識やスキルをつけていくと、少しずつ自分の希望する仕事、希望する環境を選べるようになっていきます。 付き合いたくない人とも付き合う義務がある 会社は利益を上げるための組織です。 会社に利益をもたらしてくれる相手は付き合いたくない人でも付き合わなくてはいけないし、会社に不利益をもたらす人がどんなにいい人でも付き合うわけにはいきません。 社内の人づき合いでも同じです。 このように様々な形で義務と責任を負うことになり、大変だなと感じるかもしれませんが、大変だからこそお金をもらえるのだということを、わかっておきましょう。 学生時代と「評価される基準」が違う 社会人と学生の違いはほかにもあります。 「評価の基準」です。 学生の間は評価基準は「学力」ですが、会社での評価基準は「仕事の能力」です。 営業マンであれば売上というわかりやすい基準がありますが、その他の職種では評価基準はさまざまです。 以下は評価されるポイントの一例です。 勤怠 遅刻・無断欠勤は厳禁です アウトプット 仕事はスピードが要求されます。 1日でどれだけのアウトプットを出せるか、納期を守れるかが問われます。 目標管理・スケジューリング 他の人とすり合わせをしながら自分の仕事の目標を決めてスケジューリング。 計画通りに実行していく能力です。 イノベーション 新規のアイディア、デザインなどを生み出していく能力です。 ダンドリ能力 交渉などを円滑・スピーディに進めるため、必要な情報収集、根回しや関係者への事前連絡などを実践できる能力です。 リカバリー能力 失敗した時にはこれが大事です。 迷惑をかけた場合の謝罪をしっかりすることはもちろん、失敗を次に活かすことも大切です。 コミュニケーション能力 コミュニケーションの基本は毎日の挨拶。 社内の人との人間関係を作って、仕事をしやすくする能力です。 思いやりや気遣いも含まれます。 単純に「感じのいい人かどうか」も評価されます。 面接で「社会人と学生の違い」をきかれたとき、答えは? 社会人になる前、就活のときから「社会人と学生の違い」はよくたずねられる質問です。 この質問では「社会に出るための心構えができているかどうか」を確認しています。 答えに正解はなく、面接者を納得させる論理的な説明ができるかどうかが重要なポイントになります。 冒頭にご紹介したも参考にして、自分なりに組み立ててみればいいと思いますが、そのほかの答え方の例をあげておきます。 例1 「学生の試験では決まった答えがありますが、社会に出て仕事をするときは決まった答えがないことがほとんどだと思います。 仕事では、答えがなくても答えを予測し、次に課題を設定して、今やるべき行動を決めていく。 そういった『先を読み、仕事を前に進める力』が必要だと考えます。 」 例2 「学生は自分の好きな科目を選び、勉強して成果を出せば評価されますが、社会に出たら、好きな仕事を選ぶことはできないと思います。 仮に『好きではない』『得意ではない』と感じる仕事を任された場合でも、それを苦手と思わずに、どうしたら自分にできるようになるかを考え、行動し、最後には結果を出すことが必要だと思います。 」 例3 「学生はお金を払って勉強するが、社会人は報酬を受け取る代わりに与えられた役割を果たす、そこが大きく変わると思います。 早く仕事を覚えて会社に、そして社会に報酬に見合った貢献ができるようになることが求められていると認識しています。 」 社会人と学生の違いを実感・痛感するのは、当然ですが入社してすぐの時期です。 新入社員は最初は研修期間で成果を出すことを期待されてはいませんから、仕事は徐々に(でもできるだけ早く)覚えていけばいいのですが、「社会人と学生との違い」は徐々に感じていけばいいというわけにはいきません。 新入社員として立場が180度転換する大きなギャップに誰でもとまどいますが、やがて乗り越えていきます。 しかしなかには、ギャップをなかなか乗り越えられない人もいます。 新社会人の皆さんは 今が一番ギャップが大きくて大変な時期ということを理解して、早くそこを越えて、仕事に慣れていきましょう。 「正社員」「契約社員」「派遣社員」「フリーター」の責任の違い 社会人にはいろいろな立場の人がいます。 「正社員」のほか、「契約社員」「派遣社員」「フリーター」の人もいます。 それぞれ、責任の違いはあるのでしょうか。 「正社員」「契約社員」「派遣社員」「フリーター」の違い 正社員 会社と通常の雇用契約を結んだ労働者のことです。 契約社員 会社と有期の雇用契約を結んだ労働者のことです。 期間は1か月、3か月、半年、1年などに設定されます。 契約社員は給与が月給・交通費支給となることが多いです。 派遣社員 派遣会社(派遣元)と雇用契約を結び、労働者を必要とする他の会社(派遣先)で仕事をする社員のことで、時給制が多いです。 派遣契約は1週間などの短期・1か月・3か月…などに設定されます。 専門能力を持った派遣労働者は高い時給を得ることができます。 フリーター 時給で働く仕事全般をアルバイト、パートといいます。 フリーターは、学生や主婦などが限られた時間のアルバイト・パートをするのとは異なり、アルバイトだけを生業としている人のことをいいます。 この4つのうち、正社員が最も責任が重く、下にいくほど責任が軽く、身分が不安定になります。 たとえばフリーターは時間外労働を断ることができますが、「正社員」は雇用契約の範囲であれば断ることができません。 「契約社員」も、契約の範囲であれば残業を求められるでしょう。 「派遣社員」は業務・職種によっては残業をしますが、基本的に断れる立場です。 したがって、長期的に成果を出す仕事、大きな仕事は正社員に課されることになり、正社員のほうが責任重大です。 フリーターは身分が不安定ですが、その分自分の時間を自由にできます。 「陶芸家の修業の傍らアルバイトをする」「お金が貯まったら留学する」のように目標を持っている人は、自分の時間を自由にできる派遣社員やフリーターを選択することもあります。 「正社員」「契約社員」「派遣社員」「フリーター」への周囲の評価 正社員には、一番社会的信用があります。 契約社員や派遣社員、そしてフリーターでも、「自立している」という点では立派な社会人であり、一定の評価はされますが、正社員とは差があります。 たとえば住宅ローンを借りる場合。 正社員であれば住宅ローンの審査は比較的容易ですが、契約社員、派遣社員だとかなり厳しくなります。 クレジットカードでも、正社員であれば審査のスコアが上がります。 クレジットカードの審査についてはで紹介しているので参考にしてください。 同じように、周りの人からの評価・信頼感も正社員の方が高くなります。 社会人になるって大変だけど、いいこともある 社会人と学生を比べると社会人のほうが大変なことばかりのように感じてしまったでしょうか。 でも、学生よりも社会人のほうがいいこともあります。 社会人はお金がある! 学生との大きな違いは、自分の力で稼いだお金です。 アルバイトをしていたときよりもずっとまとまった金額を得ることができるはずです。 好きなマンガやフィギュアを「大人買い」することもできます。 今までお金がネックになって始めることができなかった趣味に挑戦する人もいるかもしれません。 今まで行きたかった旅行にも行きやすくなります。 、などのページを見ていただくと、学生時代よりもずっと多くの人と出会い、自分の世界を広げることができそうだと感じるはずです。 社会人は一人前とみなされる! 社会人は、一人前とみなされます。 自分で何かを決めることができ、決定は他の人から尊重されます。 親から指図されなくなる 学生時代は親にお金を出してもらっている以上、親の指図を無視することはできません。 でも社会人になったら、たとえ同居していても、親に言われたことに同意できないときは、反対の意思を伝えたり、断ったりできます。 親御さんも、「もう一人前だから」と自然に指図しなくなります。 そしてさらに月日が経つと、両親などから助言を求められるようになります。 結婚しやすくなる 社会人になってからは結婚したい2人の意思で結婚しやすくなるし、親などにも「学生で結婚する」よりも「社会人になったから結婚する」のほうが賛同を得やすいことは間違いありません。 結婚のような重要な決断ではさらに正社員であれば周囲の賛同は得やすいでしょう。 「正社員は社会人として責任を取っている。 だから一人前」という社会通念があります。 車を買いやすくなる 車を買うためのローンを組む場合、学生だと親が連帯保証人になることを求められます。 これに関しては、実は社会人になりたてでも車のローンの承諾は得にくいようです。 社会人として1年、2年…と経験を経たときに始めてローンを組めるだけの社会的信用を得られます。 車についてはのページで解説しています。 被選挙権が得られる 選挙に立候補できる被選挙権は、衆議院議員、地方議員が25歳以上、参議院議員、都道府県知事が30歳以上です。 社会に出て一定の経験を積んだ人が政治家に立候補できるということです。 参議院議員、都道府県知事は特に深い見識を備えていることが求められるので年齢が高くなっています。 その他のことも自分で決めることができる 「一人暮らしを始める」「起業する」「転職する」「家を購入する」など、社会に出てからは重要なことをすべて自分で決めます。 もちろん、親など目上の人に相談したりアドバイスを受けることもありますが、決定権は自分にあります。 いかがでしょうか。 このような人生の選択の自由が得られるのは、社会人として責任を取っているからこそ、なのです。 キャリアを積んだ先に、社会人にも「自由」がある 今まで述べてきた「社会人と学生の違い」は、大変さを実感させるものばかりでした。 「社会人は学生より拘束時間が長い」 「社会人は希望と違う仕事でも任されたらやらなくてはならない」 「社会人は付き合いたくない人とも付き合わなくてはならない」 実は、これらは長い仕事人生で永遠に続くものではありません。 ただし、人によって差があります。 社会人でも自分のスキルを磨き、自分のビジョンを明確にしてステップアップしていった人は、 「時間的な自由がある」「自分の好きな仕事だけやる」「好きな人と仕事をする」という仕事のスタイルを手に入れることができます。 具体的には「会社の幹部」「経営者」「自営業」などです。 しかし、特に努力せずに漫然と仕事をしていくと、年齢が上がっても制約が多く希望に沿わない仕事を延々と続けなくてはならないかもしれません。 社会人として収入を得ながら夢を実現させること、これが仕事人生の理想のゴールです。 社会人になったらここの意識を切り替えよう! 学生のときはそのやり方でよかったけれど、社会人になったら変えていかなくてはダメ、というポイントをご紹介します。 仕事以外に、自分でプランや目標を決めて実行 学生時代は「勉強しろ」と言われますが、社会人になったら「勉強しろ」と言ってくれる人が少なくなります。 もしかしたらいい先輩や上司に恵まれて、そういうアドバイスをもらえるかもしれませんが、普通は「仕事以外のアドバイス」はありません。 まず仕事最優先なのは当然ですが、自ら「3年後、5年後は自分はこうなっていたい」という目標を立てて、そのために必要な本を読んだり勉強したりすることが大切です。 ではお勧めの本を紹介、では具体的な勉強の方法などをご紹介しています。 自分の弱点を修正する 「早起きが苦手」「時間にルーズ」「短気」など、人それぞれの弱点や苦手分野があります。 でも、それは社会では通用しません。 朝ぼーっとしていて、指摘されたら「私朝弱いんで…」と答えたら、「学生気分が抜けてない」と多分言われてしまいます。 そういった弱点を修正する必要があります。 そして、仕事ができる人は、弱点を克服して自分の強みに変えていきます。 佐々木圭一氏 理工学修士で博報堂に入社し、文章力ゼロだったのにコピーライターに配属されました。 入社後しばらくはダメダメ社員(著書より)だったのですが、悪戦苦闘のうちに「伝える言葉」の極意をつかみ、それを著したのがベストセラー「伝え方が9割」です。 杉村太郎氏 就活塾の元祖といえる我究館の創業者。 実は「人前で話す」ことが大の苦手だったそうです。 しかし人前でスピーチするトレーニングを積んで就活塾のカリスマに。 彼曰く、「人前で話すのが苦手な人のほうが、鍛えればスピーチが巧くなる」だそうです。 性格が合わない人とも上手に付き合う 社会に出たら人間関係が今まで以上に大切です。 社内外で性格が合わないなと感じる人がいても、上手に付き合っていく必要があります。 長い仕事人生のなかで、一度離れた人とまた一緒に仕事をすることも当然あります。 仕事ができる人はよい人間関係を作っていますが、そのために以下のようなことを実践しています。 意見が合わない人の話もよくきく 自分と反対の意見にも理解する気持ちを持って耳を傾けます。 他の人のいいところを見つけて褒める お世辞ではなく相手をよく見て、ポジティブなメッセージを伝えます。 迷惑をかけたら自分が悪いと認めて率直に謝る 失敗は誰にでもあります。 率直に認めて謝ることで以前より信頼関係が深まるのはよくあることです。 情緒が安定している イライラしたり愚痴を言いたくなることがあっても、それを周りの人にぶつけるのは避けましょう。 上手にストレス発散することが大事です。 効率のいい時間の使い方を実践する 学生時代はなんとなくダラダラ過ごす時間があったかもしれませんが、社会人になったら限られた24時間を最大限に活用して成果を上げる人が成長します。 仕事ではできるだけ残業せずに時間内に結果を出すことを目指しましょう。 プライベートの時間はスイッチを切り替えて、楽しむときは楽しんで。 のページも参考にしてください。 まとめ 社会人と学生では大きな違いがあり、新社会人はそのギャップを強く感じる場面もあるでしょう。 しかし誰でも通る道、誰でも超えてきたギャップです。 上記で紹介した「弱点の修正」などを実践して、早く新生活に慣れていきましょう。 学生~新社会人の間は出費も多い。 その出費、いくら分のポイントになりますか? 今から買う物すべてで支払ったら、支払う金額は一緒なのに貯まったポイントで家電やギフトカードに交換できるかもしれません。 例えば学生~新社会人の間に飲み代・スーツ代・旅行費・コンビニなど、月々3万円ほど使う場合、 1年間で楽天ポイント約5,000円相当のポイントが貯まる計算です。 他のカードを使用している方、まだクレジットカードを持っていない方におすすめです。 おすすめ1 学生~新社会人向けのカードとして特別に用意されてる。 18歳から利用可能で初年度年会費無料。 前年1回以上のご利用があれば、翌年度以降も年会費無料。 大学入学時や就職活動にも活躍します。 おすすめ2 他のカードよりもポイントがザクザク ポイント数がずっと 2倍で、 iD利用でもポイント 2倍、 入会3ヶ月間は 5倍 です。 ポイントUPモール経由なら、ポイントが 最大20倍になります 全てカード払いにしてポイントを有効活用。 貯まったポイントは家電やギフトカード、よく使う楽天ポイントやTポイントなどに交換ができます。 おすすめ3 【期間限定】もれなく最大7,000円分プレゼント! 上記だけでも相当トクなのに更に最大7,000円がもらえるキャンペーン中。 もし作るならこの期限内に作ることをおすすめします。

次の