ソード 雷の石。 【ソードシールド】進化の石の入手方法と使えるポケモンまとめ【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】かみなりのいしの入手方法と進化できるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

ソード 雷の石

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

【ポケモン剣盾】進化石の入手方法と進化できるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

ソード 雷の石

ラネール錬石場への行き方 ラネール砂漠で水・炎・雷の暗号を入手し、それを錬石場の浮上装置に正しく入力するとラネール錬石場に入れます。 詳しくは「」のページを参照してください。 ダンジョン攻略のヒント• このダンジョンで入手できる「まほうのツボ」からは強力な風を吹き出す事ができます。 床に積もった砂や敵を吹き飛ばす事ができます。 まほうのツボが必要な風力を利用した仕掛けが登場します。 風車スイッチは風を当てる事で動力に変換します。 登場する敵モンスター• プチガット• ビリッポ• スタルヘッド• 黄チュチュ• サンダーキース• 倒れた扉の所まで行き、壁のレバーを降ろすと [2] の部屋への扉が開きます。 [2] の部屋の奥左側の砂場にある箱を壁際に押し、それを足場にして [3] へ続く扉の所に登ります。 [3] の部屋の右側、ハシゴの下の木箱をバクダンで爆破し、ジャンプして木箱のあった足場に渡ります。 ハシゴを登った所に「 小さなカギ」の入った宝箱があるので、中身を取ったら [2] の部屋に戻りましょう。 鉄格子: [3] の部屋に入って北側と西側は鉄格子で遮られていて今は先に進めません。 この鉄格子はこちら側からは開けられないので、反対側に来た時に開けましょう。 まほうのツボ入手まで [4] の部屋にやってきたら、ビートルでバクダン花を運んで上図 A 地点にあるハシゴの上の木箱を破壊します。 ハシゴを登った所にある床スイッチを押している間、部屋中央の天井付近にある時空石の周りの柵が上がるので、ビートルを使って時空石を起動しましょう。 部屋全体の時空が転移し、ベルトコンベヤーや壊れていた敵などが動きだします。 ビーモスの倒し方: まず胴体の青い線部分を横斬りします。 頭部分が地面に落ちたら、目玉部分を攻撃すれば倒せます。 ビームを撃ってくる前に倒しましょう。 B と C のベルトコンベヤーをダッシュで逆走し D 地点にある壁のレバーを下げると [5] への扉が開きます。 この部屋にある宝箱から「 赤ルピー」を入手する場合は B のベルトコンベヤー近くにあるハシゴを登った所(E)にあるレバーを下げましょう。 ベルトコンベヤー: 一定間隔でがんばりの実が流れてくるので、それを必ず取りましょう。 [5] の部屋はたくさんの四角い足場で区切られています。 部屋南東の足場(A)に渡り、そこからジャンプして部屋の北の足場(B)を目指します。 「 まほうのツボ」の入った足場まで渡りましょう。 途中にある足場の上の邪魔な岩はバクダンかゲコの爆発を利用して除去しましょう。 まほうのツボを取ったら、部屋の西(C)にある扉を抜けて [3] に戻ります。 ゲコ: 空中を漂いリンクが近付くと針を出してくる敵で、針を出している状態ではどんな攻撃も受け付けません。 針を出していない時に遠距離からパチンコやビートルで衝撃を与えると爆発します。 この爆発はバクダンと同じ効果があり、もろい岩などを壊す事もできます。 ゲコは倒しても何度でも甦るので、倒したらさっさと先に進みましょう。 ダンジョンの地図入手まで 現時点では [3] の部屋からは先に進めないので、[2] の部屋に戻りましょう。 この部屋の右奥の砂場の盛り上がった砂をまほうのツボで吹き飛ばすと床スイッチが見つかります。 箱の周りの砂を吹き飛ばしたら、箱を押して床スイッチの上に置くと [6] へ行けるようになります。 [6] の部屋の砂の中に時空石が埋まっているので、まほうのツボで砂を吹き飛ばして見つけましょう。 時空石を起動すると風力で動く足場が出現します。 足場についている赤と青の風車にまほうのツボから出る風を当てると、足場がレールに沿って動く仕組みです。 閉まっている鉄格子はその上に付いている風車に風を当てると鉄格子が開きます。 [7] の部屋への扉も同様の仕組みになっています。 コロッドの倒し方: 撃ってくるミサイルと剣か盾アタックで2回跳ね返す事で倒せます。 1回ダメージを与えると、浮遊バクダンを放出してきます。 点滅すると爆発するので、その前に青い線に沿って剣で斬りましょう。 [7] の部屋で邪魔なスタルヘッド2匹を倒したら、奥の箱周辺の砂を吹き飛ばします。 動かした箱を足場に高台に上ります。 鉄格子越しにパチンコで時空石を撃つと、アモスが動きだします。 アモスを倒すと [3] への扉と「 ダンジョンの地図」の入った宝箱前の鉄格子が開きます。 アモスの倒し方: アモスの頭頂の風車を回すと口が開き、弱点のコアが露出します。 両面のコアを破壊するとアモスを倒せます。 古代の回路入手まで [3] の部屋の東側に出てきたら、流砂地帯を超えます。 マップを見れば歩いても安全な通り道が示されているので、それを踏み外さないよう北に進みましょう。 はって進むトンネルを抜けると [8] の部屋に出ます。 [8] の部屋の大半は砂が積もっています。 砂の中からトゲが飛び出してくるので、砂を吹き飛ばしつつ進みます。 砂の中に隠れている床スイッチを押すと扉が開き [3] の部屋の北西部に出る事ができます。 [8] から出てきたら目の前にある時空石を積んだトロッコ(A)に衝撃を与え、時空石を起動します。 勝手に動きだすので、トロッコについていきましょう。 途中、ビーモスがトロッコの行く手に立ち塞がるので除去します。 終点まで着いたら今度は B のトロッコについていきます。 C 地点にある風車スイッチを回すと [9] への扉が開きます。 トロッコが来た道をもう一度帰る事で、扉の所に行けます。 [9] の部屋では D まで行き、カゴ付きの扉を倒して積もった砂のある所まで渡ります。 砂の中に隠れている時空石を起動すると、ベルトコンベヤーや風車足場の仕掛けが出現します。 風車足場に乗って E に行き、カゴ付き扉を倒すと、その裏から機械亜人が1〜3体描かれた壁が見つかります(北から2体・3体・1体)。 反対側の壁(F)の3つのカゴ付き扉の裏にはクリスタルスイッチがあり、E のロボットの数と同じ順番でクリスタルスイッチを撃つ(北から2番目・3番目・1番目)と G の鉄格子が開きます。 G の小部屋にいるアモス2体を倒すと宝箱から「 古代の回路」が入手できます。 宝箱の中身回収後、H にある箱を動かしてハシゴを降り、そこからベルトコンベヤーを渡った先に [3] の部屋の北東部に出る扉があります。 I 地点にある時空石を積んだトロッコを起動したら、その隣にある風車足場に乗ってボス部屋の前まで行きます。 横殴りの蒸気に吹きとばされないよう注意しましょう。 ボス戦とその後 ボス部屋の扉の穴に古代の回路をうまくはめると扉が開きます。 中でボス「 千年甲殻蟲モルドガット」と戦い、勝つと「 ハートの器」が手に入ります。 奥の扉を抜けると線路があります。 天井付近にある時空石を起動させて出現してトロッコに乗ると、時の神殿へ行けます。 ボス攻略 千年甲殻蟲 モルドガット 巨大なサソリ型のモンスターで、2本のハサミと長い尻尾を武器に襲ってきます。 第一段階ではモルドガットのハサミの中にある目玉を攻撃します。 ハサミが開いた瞬間を狙って、剣で斬りつけましょう。 ハサミの開いている角度に合わせ、剣で斬りつける角度を調整する必要があります。 ハサミの目玉が赤く光ったらリンクをつかもうとしてくる合図です。 その前にこちらから攻撃しましょう。 もしハサミにつかまったら、リモコンとヌンチャクを振ってふりほどきましょう。 両腕を破壊すると第二段階に移行します。 今度は顔の目玉が弱点で、剣の突き攻撃しか効きません。 この段階のボスは基本的に砂の中に身を隠し、突然尻尾だけ出して攻撃してきます。 砂の中のボスにはなす術がないので、まほうのツボを使ってボスをあぶりだします。 プチガットが出てきたら、そちらを優先的に倒しましょう。 ボスが砂の外にいる時の攻撃方法は以下の2通りです。 突進 体の上で尻尾を丸めた後、リンクに向かって突進してきます。 尻尾の薙ぎ払い 目玉が赤く光ると尻尾を大きく振ってきます。 ボスが攻撃してくる前に目玉を突きたいところですが、間に合わないようであればバックフリップで逃げましょう。

次の

【ポケモン剣盾】進化石の入手方法と進化できるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

ソード 雷の石

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の