カロナール 市販。 薬局で処方されるカロナール(アセトアミノフェン)は通販で購入可能?処方箋がなくても購入できる零売についても解説

【解熱鎮痛薬】処方薬「カロナール」と同じ市販薬~アセトアミノフェン配合市販薬~

カロナール 市販

有効成分 配合量 カロナール錠200 アセトアミノフェン 200mg カロナール錠300 300mg カロナール錠500 500mg タイレノールA 300mg 「カロナール」には、細粒 粉薬 ・シロップ・坐薬の商品もありますが、ここでは錠剤の商品で比較します。 処方薬「カロナール」には、有効成分の配合量が200mg・300mg・500mgと、異なる3つの商品が使用されています。 冒頭の写真が成分量300mgの「カロナール錠300」です。 そして、こちらが成分量200mgの「カロナール錠200」です。 こちらが成分量500mgの「カロナール錠500」となります。 つまり、「タイレノールA」は 「カロナール300」と同等の効果が期待できる市販薬と言えます。 処方薬「カロナール」の効能・効果には、次のように記載されています。 下記の疾患並びに症状の鎮痛 頭痛,耳痛,症候性神経痛,腰痛症,筋肉痛,打撲痛,捻挫痛,月経痛,分娩後痛,がんによる疼痛,歯痛,歯科治療後の疼痛,変形性関節症 2. 下記疾患の解熱・鎮痛 急性上気道炎 急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む 3. 市販薬「タイレノールA」の効能・効果も確認します。 そのため、「タイレノールA」の効能・効果には、「カロナール」の3番目の適応症「小児科領域における解熱・鎮痛」という文言がありません。 しかし、文言は処方薬と市販薬で異なりますが、有効成分は同じなので、15歳以上の方にとっては、効能・効果も同じと考えていいでしょう。 「カロナール」の用法・用量を細かく見れば、適応症によって、承認されている内容が異なります。 処方薬「カロナール」と市販薬「タイレノールA」の用法・用量の面での大きな違いは、 高用量での服用が認められているかどうか です。 処方薬「カロナール」は、高用量での服用が認められています。 また、「カロナール」・「タイレノールA」ともに、空腹時の服用はなるべく避けることが望ましいという文言が付いています。 したがって、「カロナール」・「タイレノールA」ともに、空腹時の服用はさほど問題にならないとも考えられています。 さらに、腎臓への負担も少なく、これらの点で、安全性が高い薬と考えられています。 一方で、市販薬「タイレノールA」は1回1錠の服用しか認められていません。 そのため、安全面で解熱鎮痛薬を選ぶなら「タイレノールA」ですが、効き目で市販の解熱鎮痛薬を選ぶなら「ロキソニンS」です。 「ロキソニンS」と「タイレノールA」の選び方、使い分けなどについては、こちらの記事にまとめています。 痛みの程度にもよるでしょうが、「タイレノールA」でも鎮痛効果が認められることもあるでしょう。 鎮痛効果は「ロキソニンS」が強く、解熱効果は変わらないことを踏まえると、「ロキソニンS」と「タイレノールA」の大まかな選び方としては、次のようになるでしょうか。 カテゴリー•

次の

カロナールの市販薬を薬剤師が紹介!子供にも使える解熱鎮痛薬です

カロナール 市販

有効成分 配合量 カロナール錠200 アセトアミノフェン 200mg カロナール錠300 300mg カロナール錠500 500mg タイレノールA 300mg 「カロナール」には、細粒 粉薬 ・シロップ・坐薬の商品もありますが、ここでは錠剤の商品で比較します。 処方薬「カロナール」には、有効成分の配合量が200mg・300mg・500mgと、異なる3つの商品が使用されています。 冒頭の写真が成分量300mgの「カロナール錠300」です。 そして、こちらが成分量200mgの「カロナール錠200」です。 こちらが成分量500mgの「カロナール錠500」となります。 つまり、「タイレノールA」は 「カロナール300」と同等の効果が期待できる市販薬と言えます。 処方薬「カロナール」の効能・効果には、次のように記載されています。 下記の疾患並びに症状の鎮痛 頭痛,耳痛,症候性神経痛,腰痛症,筋肉痛,打撲痛,捻挫痛,月経痛,分娩後痛,がんによる疼痛,歯痛,歯科治療後の疼痛,変形性関節症 2. 下記疾患の解熱・鎮痛 急性上気道炎 急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む 3. 市販薬「タイレノールA」の効能・効果も確認します。 そのため、「タイレノールA」の効能・効果には、「カロナール」の3番目の適応症「小児科領域における解熱・鎮痛」という文言がありません。 しかし、文言は処方薬と市販薬で異なりますが、有効成分は同じなので、15歳以上の方にとっては、効能・効果も同じと考えていいでしょう。 「カロナール」の用法・用量を細かく見れば、適応症によって、承認されている内容が異なります。 処方薬「カロナール」と市販薬「タイレノールA」の用法・用量の面での大きな違いは、 高用量での服用が認められているかどうか です。 処方薬「カロナール」は、高用量での服用が認められています。 また、「カロナール」・「タイレノールA」ともに、空腹時の服用はなるべく避けることが望ましいという文言が付いています。 したがって、「カロナール」・「タイレノールA」ともに、空腹時の服用はさほど問題にならないとも考えられています。 さらに、腎臓への負担も少なく、これらの点で、安全性が高い薬と考えられています。 一方で、市販薬「タイレノールA」は1回1錠の服用しか認められていません。 そのため、安全面で解熱鎮痛薬を選ぶなら「タイレノールA」ですが、効き目で市販の解熱鎮痛薬を選ぶなら「ロキソニンS」です。 「ロキソニンS」と「タイレノールA」の選び方、使い分けなどについては、こちらの記事にまとめています。 痛みの程度にもよるでしょうが、「タイレノールA」でも鎮痛効果が認められることもあるでしょう。 鎮痛効果は「ロキソニンS」が強く、解熱効果は変わらないことを踏まえると、「ロキソニンS」と「タイレノールA」の大まかな選び方としては、次のようになるでしょうか。 カテゴリー•

次の

カロナールの市販薬を薬剤師が紹介!子供にも使える解熱鎮痛薬です

カロナール 市販

カロナールと飲み合わせが悪いもの|併用禁忌(一緒に使えないもの) カロナールの成分はアセトアミノフェンという解熱鎮痛成分です。 カロナールの注意点として、アセトアミノフェンを含む他の薬剤との併用は避けるよう警告されています。 基本的に他のアセトアミノフェン製剤とは一緒に使えないと考えておきましょう。 カロナール以外の主なアセトアミノフェン製剤は以下の通りです。 製品名 含まれる成分 主な用途 アセトアミノフェン (成分名がそのまま製品名のもの) アセトアミノフェン 解熱鎮痛(錠剤、坐剤、細粒、シロップなど) アルピニー、アンヒバ、パラセタ アセトアミノフェン 解熱鎮痛(坐剤) コカール アセトアミノフェン 解熱鎮痛(錠剤、ドライシロップ) ピレチノール アセトアミノフェン 解熱鎮痛(散剤) トラムセット、トアラセット アセトアミノフェン、トラマドール 鎮痛 PL配合顆粒、サラザック、セラピナ、トーワチーム、マリキナ サリチルアミド、アセトアミノフェン、無水カフェイン、プロメタジンメチレンジサリチル酸塩 総合感冒薬(顆粒) ペレックス サリチルアミド、アセトアミノフェン、無水カフェイン、クロルフェニラミンマレイン酸塩 総合感冒薬(顆粒) ピーエイ配合錠 サリチルアミド、アセトアミノフェン、無水カフェイン、プロメタジンメチレンジサリチル酸塩 総合感冒薬(錠剤) カフコデN配合錠 ジプロフィリン、ジヒドロコデインリン酸塩、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、ジフェンヒドラミンサリチル酸塩、アセトアミノフェン、ブロモバレリル尿素 総合感冒薬、咳止め SG配合顆粒 イソプロピルアンチピリンアセトアミノフェン、アリルイソプロピルアセチル尿素、 無水カフェイン 解熱鎮痛 ただし、実際にはこれらの薬は例外的にカロナールと併用されるケースも少なくありません。 特に配合剤に関しては含まれるアセトアミノフェン量がかなり少なめであるため、カロナールと併用してアセトアミノフェンの量を増やして使うこともあります(例:PL配合顆粒とカロナールなど)。 併用に関しては医師の裁量の範囲内となるため、処方医から併用を指示されている場合はそのまま使用しても良いと言えるでしょう。 なお、自己判断では併用するのは避けるようにしましょう。 カロナールと飲み合わせに注意が必要なもの|併用注意(一緒に使う際に注意が必要なもの) カロナールとの飲み合わせが注意が必要な薬剤に関してはいくつか種類があります。 併用注意の薬剤 主な製品名 併用注意の理由 リチウム製剤(炭酸リチウム) リーマス 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤で、リチウムとの併用によりリチウムの血中濃度が上昇 チアジド系利尿剤 (ヒドロクロロチアジド等) フルイトラン、ヒドロクロロチアジド 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤で、チアジド系利尿剤の作用を減弱 アルコール(飲酒) アルコール多量常飲者がアセトアミノフェンを服用したところ肝不全 クマリン系抗凝血剤(ワルファリンカリウム) ワーファリン クマリン系抗凝血剤の作用を増強 カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、リファンピシン、イソニアジド テグレトール、アレビアチン、イスコチン、リファジン、ヒダントール、フェノバール 肝薬物代謝酵素が誘導され、肝障害を生じやすくなる 抗生物質、抗菌剤 過度の体温下降を起こ す頻度が高くなる 上記のような薬が、カロナールと併用注意とされていますが、実際には併用されるケースも多くあります。 特に抗生物質、抗菌剤などは最も併用される組み合わせの一つと言えるでしょう。 併用される抗生物質、抗菌剤として、ペニシリン系のサワシリン・ワイドシリン・パントシン(アモキシシリン)、セフェム系のメイアクト(セフジトレン)、フロモックス(セフカペン)、セフゾン(セフジニル)、トミロン(セフテラム)、バナン(セフポドキシム)、キノロン系のクラビット(レボフロキサシン)、グレースビット(シタフロキサシン)、ジェニナック(ガレノキサシン)、オゼックス(トスフロキサシン)、マクロライド系のクラリス(クラリスロマイシン)、ジスロマック(アジスロマイシン)などがありますが、いずれもよく併用されます。 実際に併用するかは医師の判断となりますので、自己判断では使用せず、医師の指示を仰ぐようにしましょう。 また、その他に、同じ解熱鎮痛成分はあまり併用しません。 カロナール以外の主な解熱鎮痛薬(飲み薬)は以下の通りです。 成分名 主な製品名 ロキソプロフェン ロキソニン イブプロフェン ブルフェン セレコキシブ セレコックス ジクロフェナク ボルタレン メフェナム酸 ポンタール エトドラク ハイペン フルルビプロフェン フロベン ナプロキセン ナイキサン ロルノキシカム ロルカム メロキシカム モービック チアラミド ソランタール 上記のような解熱鎮痛剤も医師によっては併用するケースもあるため、必ずしも併用しないわけではありませんが、自己判断での併用は避けましょう。 カロナールは低用量ピルとも相互作用あり 女性の場合は、低用量ピルの併用とも念のため注意が必要です。 カロナール側の添付文書には記載がありませんが、低用量ピル側(トリキュラー、マーベロンなど)では、カロナールの成分である、アセトアミノフェンに関して、相互作用の注意喚起があります(参照:)。 相互作用の内容は、低用量ピルの血中濃度が上昇するおそれ、アセトアミノフェンの血中濃度が低下するおそれとされており、カロナールの効果に影響を与える可能性もあります。 低用量ピルを服用している場合は必ず、医師に伝えておくようにしましょう。 なお、低用量ピルに関しては、近年はオンラインの処方も増えてきています。 代表的なサービスがスマホアプリのスマルナです。 スマルナは低用量ピルを始め、アフターピルの処方もオンラインで24時間処方してもらうことができます。 スマルナについて詳しく調べたい場合は、などで検索すると確認できます。 カロナールと飲み合わせが大丈夫なもの 飲み合わせの相性が悪いもの、注意が必要なものをあげてきましたが、それ以外の処方薬については基本的に飲み合わせは問題ありません。 よく併用される薬の例として以下のようのあものがあります。 分類 成分名 主な製品名 咳止め チペピジン、デキストロメトルファン、ジメモルファン、エプラジノン、クロペラスチン、ベンプロペリン、ジヒドロコデイン、 アスベリン、メジコン、アストミン 、レスプレン、フスタゾール、フラベリック、フスコデ、 去痰薬 カルボシステイン、アンブロキソール、ブロムヘキシン ムコダイン、ムコソルバン、プルスマリン、ムコサール 抗ヒスタミン薬 ケトチフェン、メキタジン、フェキソフェナジン、エピナスチン、エバスチン、セチリジン、レボセチリジン、ベポタスチン、オロパタジン、ロラタジン、デスロラタジン、ビラスチン、ルパタジン、クロルフェニラミン、シプロヘプタジン ザジテン、ゼスラン、ニポラジン、アレグラ、ディレグラ、アレジオン、エバステル、ジルテック、ザイザル、タリオン、アレロック、クラリチン、 ポララミン、セレスタミン、ペリアクチン 抗ロイコトリエン プランルカスト、モンテルカスト オノン、シングレア、キプレス 抗炎症薬 トラネキサム酸 トランサミン、リカバリン 気管支拡張薬 ツロブテロール、プロカテロール ホクナリンテープ、メプチン インフルエンザ薬 オセルタミビル、ザナミビル、ラニナミビル、バロキサビル タミフル、リレンザ、イナビル、ゾフルーザ ヘルペス薬 アシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビル、アメナメビル ゾビラックス、バルトレックス、ファムビル、アメナリーフ 整腸剤 ビオフェルミン、ラックビー、ビオスリー、ミヤBM カロナールとの飲み合わせに注意が必要な市販薬 市販薬でもカロナールとの飲み合わせは注意が必要です。 カロナールの成分名はアセトアミンフェンであり、このアセトアミノフェンは市販薬にもよく含まれる成分です。 バファリン、ベンザブロック、パブロン、ルル、ストナなど、有名なブランドの製品にも含まれるケースがあり、それ以外にも数多くの市販薬に含まれます。 カロナールを使用する際はなるべく市販薬は使用しない方が安全であり、もし使用する場合は、購入した店舗の薬剤師や登録販売者に飲み合わせを確認してもらう、もしくはカロナールをもらった薬局にて飲み合わせを確認してもらうようにしましょう。

次の