免許 停止 点数。 人身事故の違反点数や罰金・免停処分の全知識|交通事故弁護士ナビ

交通違反の点数表一覧まとめ|免停となる違反点数は?|交通事故弁護士ナビ

免許 停止 点数

トラック運転手が避けたい免停!累積点数と免許停止期間 毎日車を運転して仕事をするトラック運転手。 免許停止になってしまうと仕事ができなくなってしまいます。 この記事では免許停止になる条件やトラック運転手が免許停止になった場合の例、免許停止期間について紹介します。 免許停止になる条件• 累積6~14点 車の運転免許を取得した際に勉強をするので、知っている方も多いと思いますが、免許は点数制度になっており一定基準を超えてしまった場合に免許の効力を失ってしまったり、免許停止となったりします。 免許の点数はドライバーの3年間の交通違反家事故に対して決められた点数を加算する累積方式が取られています。 ルール違反なので、点数が増えるのではなく「減点」と呼ばれることもあるため、減点方式と勘違いされることもありますが異なります。 免許停止になる条件は累積点数が6から14点になった場合です。 点数に大きな差があるのは前歴がある人なのか、前歴がない人なのかによって免停になる累積点数が変わるからです。 免許停止の期間 前歴のない人は6から発展の累積点数で30日間の免許停止になります。 9点から11点で60日の免許停止、12点から14点で90日間の免許停止に。 15点以上では免許取り消しになります。 前歴が1回の場合は、4から5点で60日間の免許停止、6から7点で90日、8から9点で120日の停止期間があります。 前歴が2回ある場合は、累積2点で90日、累積3点で120日、累積4点で150日間の免停期間があります。 それ以上の点数が加算された場合は免許取り消しの恐れがあります。 前歴が3回の場合は累積2点で120日、累積3点で150日。 前歴が4回以上の場合は累積2点で150日、累積3点で180日の免停期間があります。 4点以上の累積点数がある場合は免許取り消しの恐れがあります。 点数が引かれる交通ルール違反 累積点数が加算される交通違反には二つの種類があります。 ひとつは一般違反行為と呼ばれるもの、もう一つは危険性が高く悪質なものとされる特定違反行為です。 一般違反行為の場合は、よくある減点違反として安全不確認ドア開放等で1点、 積載物大きさ制限超過で1点、徐行場所違反で2点などがあります。 点数の高いものだと携帯電話の使用等で6点、大型自動車等無資格運転で12点 、酒酔い運転で35点の加算があります。 特定違反行為ではすべて35点以上の加算があり、危険運転致死傷で治療期間が15日未満の場合は45点、治療期間が3ヶ月以上または後遺障害が残ってしまった場合は55点、危険運転で死亡者が出てしまった場合は62点の加算があります。 悪質なものでは運転殺人等で62点の加算というものもあります。 前科と前歴の違い 交通ルールにおける前歴は 、免許の保留になってしまった場合、免許の拒否に該当した場合、免許停止を受けた場合、免許取り消しになった場合です。 前科は裁判所によって 有罪判決になった場合なので、免許停止の点数2影響のあるものではありません。 トラック運転手が免停になったときは…? トラックの運転手が交通ルール違反により免許停止になった場合の対応は、会社によって異なります。 倉庫内での作業やオフィスでの作業がある会社なら、室内での作業を命じる場合もあります。 また、免許停止になった時点で会社との契約が解除される場合もあります。 運転などの場合は会社の評判が下がってしまう恐れもあるので、即日解雇となる例もあります。 仕事として車を運転するトラックドライバーは、日頃の運転も気を引き締めて行いたいものです。 免許停止は仕事に直接かかわる問題!安全運転を トラック運転手が免停にならないためには、安全運転を心がける他ありません。 労働時間が長く拘束される時間が長いと言われるトラック運転手ですが、最近では休憩時間や休日をしっかり取る会社がほとんどです。 無理な運転をすることはほとんどないと思われるので、ご自身の運転を丁寧にすることで免許停止や免許取り消しを予防しましょう。

次の

交通事故の行政処分とは~点数加算や免許停止、免許取消の条件などを解説!

免許 停止 点数

免許の点数を確認するうえで抑えておくべき4つのポイント まず、自分の免許の点数を調べるうえで事前に確認しておくべき 4つのポイントからご説明していきます。 ポイント1:減点ではなく加点方式 誤解している人も多い免許点数の計算方法ですが、元々ある点数から引かれる減点方式ではなく、違反をするごとに貯まっていく 加点方式になります。 ポイント2:点数が一定の基準に達すると行政処分を受ける 交通違反をすると、その違反ごとに決められた点数が加点されていき、一定の点数に達すると 免許停止(いわゆる〝免停〟)や 免許取り消しなどの 行政処分を受けることになります。 「前歴0」~「前歴3」の場合の行政処分点数と内容を確認してみましょう。 「前歴0」の場合の行政処分点数と内容 6点~8点 30日間の免許停止 9点~11点 60日間の免許停止 12点~14点 90日間の免許停止 15点以上 免許取り消し 「前歴1」の場合の行政処分点数と内容 4点~5点 60日間の免許停止 6点~7点 90日間の免許停止 8点~9点 120日間の免許停止 10点以上 免許取り消し 免停明け・違反者講習受講後は「前歴1」となり、「前歴0」と比べて行政処分になる点数や処分内容が厳しくなっていることがわかりますね。 「前歴2」の場合の行政処分点数と内容 2点 90日間の免許停止 3点 120日間の免許停止 4点 150日間の免許停止 5点 免許取り消し 「前歴3」の場合の行政処分点数と内容 2点 120日間の免許停止 3点 150日間の免許停止 4点 免許取り消し 「前歴2」と「前歴3」という方は多くないと思いますが、猶予は「2点」しかありません。 例えば、踏切の一時停止無視の違反1回で再び免停になってしまいます^^; ポイント4:違反による点数や前歴は1年間の無事故・無違反で0点に回復する 免許の点数は、過去3年以内の交通違反の点数を合計して計算することになっていますが、違反をした日の翌日から 1年以上無事故・無違反の場合は0点に回復します。 2年以上無事故・無違反の人、 ゴールド免許を保持している人は、 3点以下の軽い交通違反で生じた点数は3ヶ月間の無事故・無違反で0点に回復します。 注意! 警視庁のホームページには 「この点数は消えるのではなく、違反歴として残っています。 」と記載されています。 このことについて警察署に問い合わせて聞いたところ、答えは「基本的には0点に戻る考え方で良いが、何度も交通違反を繰り返している人や、重い交通違反の場合には1年以上無事故・無違反であってもの違反歴から点数を累積してカウントすることもある」ということでした^^; この判断基準については「累積点数等証明書」に記載されている点数が現在の正確な点数とのことです。 「累積点数等証明書」の発行方法はこちらにまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。 免許の点数の確認方法 4つのポイントを確認したところで、免許の点数の確認方法を見ていきましょう。 今回は具体例を使って説明していきます。 具体例その1 Aさん(免許証の色はブルー)は免許取得後、運転中に携帯電話で通話をしていたところ、携帯電話使用等(交通の危険)の違反で「2点」が加点されました。 具体例その2 Bさん(免許証の色ブルー)は、平成30年の6月にスピード違反(速度超過30km以上50km未満)で6点の違反をしてしまい、30日間の免許停止処分を受けました。 その後、平成31年3月にシートベルト違反(座席ベルト装着義務違反「1点」)をしてしまいました。 「前歴0」の場合の行政処分点数と内容 6点~8点 30日間の免許停止 9点~11点 60日間の免許停止 12点~14点 90日間の免許停止 15点以上 免許取り消し また、点数が0点に戻るのは、 最後の交通違反の翌日から1年以上無事故・無違反だった場合です。 具体例その4 Dさん(免許証の色はゴールド)は、一時停止無視(指定場所一時不停止等)で2点の違反をしてしまいました。 免許の「更新」で点数は戻る? これも誤解されている人が多いようですが、 免許の更新をしても違反点数や前歴は「0」にはなりませんので、注意してください! 終わりに 先ほども書いた通り、免許の点数の確認方法は違反歴によっては上記の確認方法が当てはまらない場合もあります。 そこで、自分の免許証の点数を正確に把握するためには「累積点数等証明書」を発行して確認することができます。 「累積点数等証明書」の発行方法はこちらにまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。 それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。 この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

次の

交通違反の点数一覧表 警視庁

免許 停止 点数

無免許運転は全く運転免許を受けたことのないという人以外でも取締りの対象となってしまう恐れがあります。 それでは どのような状況で違反となってしまうのでしょう。 以下にいくつかをご紹介いたします。 (例えば、普通自動車免許しか持っていないに普通自動二輪を運転しまった場合など。 などが挙げられます。 無免許運転をしてしまうと以下のような点数と処分が予定されています。 違反内容 違反点数 行政処分 無免許運転 25点 免許の取消し (欠格期間2年) 全くの免許を持っていない人は免許の取消しなどの処分はされることがありませんが、違反をしてしまってから2年間は免許を受けることができません。 (この場合は点数によらない処分となりますが便宜上こちらに含めてご案内しております。 ) 無免許運転をしたときに何らかの運転免許を持っていると、その既に取得している免許が取消処分となります。 運転免許を持っているにも関わらず無免許運転となる場合とは、例えば自分が受けた免許以外の車などに乗ってしまった、免停中にも関わらず運転をしてしまった、などの時はもともと持っている免許が取消しとなります。 以下が平成29年3月12日以降の 改正後の免許の種類です。 限定 車両総重量 最大積載量 乗車定員 大型 ー 11. 0t以上 6. 5t以上 30人以上 中型 ー 11. 0t未満 6. 5t未満 29人以下 8t限定 8. 0t未満 5. 0t未満 10人以下 準 中型 ー 7. 5t未満 4. 5t未満 10人以下 5t限定 5. 0t未満 3. 0t未満 普通 ー 3. 5t未満 2. その場合「5t限定」として準中型免許ではあっても限定的な範囲のみでしか準中型自動車しか運転することができません。 運転をする前は必ずご自身で法令を確認して間違いのないようにご注意ください。 <外部リンク> 無免許運転と言っても様々な状況が考えられます。 (詳しくはこのページの始めの「無免許運転等となってしまう状況」をご覧ください。 ) どの様な場合の無免許運転であっても違反となり、処分がなされる危険性があります。 また、一度の違反で25点という高い点数からも分かるように重大な違反であるとみなされていますので、軽減は簡単なものではないとの覚悟が必要です。 しかし、無免許運転は様々な様態があり、複雑な事情がある場合もあります。 状況によっては点数が付けられない、軽減がなされる、最終的には処分がなされない、などの可能性も含まれています。 どの様な理由での無免許運転であるか、違反をした人はどのような事情があったのかなど、 もろもろの事情を踏まえ主張をしていく必要があるでしょう。

次の