マナビジョンタイピング日本語。 タイピング練習 (日本語編)|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

ブロガーなら知っておこう!タイピングが練習できるサイト総まとめ

マナビジョンタイピング日本語

結論:1日あればブラインドタッチはマスターできる 基本的にはタッチタイピングだけのマスターであれば1日あれば十分に可能です。 よく「一ヶ月かかります」とか「最低でも半年かかります」といった事を言われますが、基本的にブラインドタッチだけであれば1日で取得が可能です必ずそれには自分自身がちゃんと守るそのルールさえ守れば大丈夫です。 守るべきルールと言うのは• 下を見ずに、前を向いて入力する練習をする• 最初のうちは「手全体で動かす」。 指だけで動かさない• 入力後に必ずホームポジションに戻す• スピードアップは指の位置を覚えてから実施 これだけを徹底してやってくださいその状態で、順番を行っててひらがなを全部打てるようになります。 実際に詳しく見ていきましょう。 最初はスピードを追わない。 ゆっくり行なう スピードは後回しです 「ブラインドタッチが出来るようになるという事」と、「入力するスピードが早くなること」は全く異なります。 まずは、「見ずに入力できるようになる」という「ブラインドタッチ」を目指してください。 指の位置も考えて、スピードを追うというのは非常にしんどい作業です。 まずは、指の位置だけ考えましょう。 スピードは、後回しです。 まずは、指が下を見ずに自然と入力できるようになってから、スピードの事を考えましょう。 スピードをアップさせたい方は別記事に書きましたのでこちらをご覧ください。 タッチタイピングを覚えた後にスピードを身につける タッチタイピングを覚えたからといってスピード速くなると思ったら間違いです。 まずは「タッチタイピング」なんです。 タッチタイピングと言うのはスピードを上げることではなくて「下を見ずに入力する」事を言います。 まずは下を見ずに打つことができて、それが出来るようになってから、初めて「スピードに力」を入れます。 ですが、まだ覚えていないにもかかわらず速さを求めると変に他の指が動いてうまく入力できません。 ありがちな失敗例 良くありがちな間違いで言うと「スピード重視」で練習をして結果、指がバラバラに覚えてしまい、結果変な癖がついて、入力速度が遅くなったというものです。 スピードを上げたい気持ちはわかりますが、スピードよりも重要なのが、 正しいフォームで入力する事です。 野球でも、ゴルフでも、水泳でも、ボーリングでも「フォーム」が重要です。 形をまずは決めて、その後にスピードを追い求めてください。 あなたは間違った練習をしようとしていませんか? 「あ・い・う・え・お」の順番は間違いです よくありがちな「間違い」や「指導方法」で言うと「あ・い・う・え・お」「A・I・U・E・O」という感じで、順番にローマ字の入力を覚えていくと言う方法です。 実はこの方法はあまり良くありません。 キーボードには「正しい位置」と言うものが存在します。 その最初の位置を「ホームポジション」と言います。 その位置に常に戻ってくるという癖付けをしていかないと指がバラバラになっていきます。 指がバラバラになると入力速度が遅くなる 指がバラバラになった結果、指の動き自体が適当になってしまい結果、入力速度が遅くなります。 正しくない方法で一度覚えたものを自力で治すのはかなりの労力が必要です。 まだ、変な癖が付いておらず、まっさらな状態なのであれば、遠回りしてでも正しいタイピングの方法を覚えたほうが良いです。 正しい練習方法とは?美タイピングを目指す 「い・う・お・あ・え」で覚える それは 「い・う・お・あ・え」という順番で入力する事」です。 ローマ字入力の基本となるのが「母音」です。 「あいうえお」「AIUEO」です。 これらと「K」「S」「T」などといった「子音」と呼ばれるものの組み合わせが「ローマ字の入力の基本」です。 人間の指は、動かしやすいものと動かしにくいものがあります。 動かしやすいものを先に動きを覚えさせる事によって矯正し、後から動かしにくいものを矯正するのです。 動かしやすい指とは「人差し指」です。 なので練習方法としては 「いうおあえ」と言う順番で入力するのが良いでしょう。 「手」や「指」に覚えさせましょう これを手に徹底的に覚えさせてください。 一見「何がどう違うのか?」というのが理解できないと思います。 ですがこれが非常に重要なのです。 「あ・い・う・え・お」といれていくと指が動かしにくいのです。 「あ・い・う・え・お」というのは人間が勝手に順番として並べただけであって、指にとって入力しやすい順番ではないのです。 指にとっての入力しやすい順番と言うのは「い・う・お・あ・え」になります。 この順番で、「か行」「さ行」と順番に入力練習をしていってみてください。 そうすれば驚くほど入力が楽になっていきます。 それが出来てきて初めて文章の入力練習やスピードアップを目指していきましょう。 「速度」の前に「見ずに入力する」を目指す 良くありがちな間違いで言うと、速度を徹底的に求めて、タイピングの練習ばかりする方です。 それはあまり良くありません。 指が間違ったほうに矯正されていきます。 人間は使いやすい指と使いにくい指があります。 よって、使いやすい指を多用するようになってしまいます。 どれだけ入力が早い人でも指使いがバラバラな方がいらっしゃいます。 それでは本当の意味での速度アップにはならないのです。 まずは 速度の前に「見ずに入力できる」というのを目指す必要があります。 まずは、ホームポジションを覚える ホームポジションに戻す事が重要 キーボードを打った後は、必ずホームポジションに戻すことが大切です。 この 「ホームポジションに必ず戻す」これが重要です。 戻さない方が非常に多いです。 「ホームポジション」に戻すとどんな良いことがあるかというと、「下を見ずに入力」できるようになります ホームポジションとはその名の通り「ホーム(家)」「ポジション(位置)」なのです。 「家の位置」 家というのは、必ず戻ってくる場所です。 必ず指を戻して、どの指がどの場所かというところに常に配置をするのです。 配置をした後で出発させます。 行きっぱなしになると、「指がどの位置にあるのか?」という事が把握できません。 そんな時の対処法は別記事にまとめました。 下記をご覧ください。 ホームポジションとはキーボードの真ん中の位置のこと まずは、 ホームポジションを覚えることが重要です。 指の位置は決まっています。 その指の置く位置を必ず決めて下さい。 全ての指の位置が決まっているのです。 この位置を覚えずしてタイピングをマスターする事はできません。 左の人差し指は「F」右の人差し指は「J」 ホームポジションは置く位置が決まっています。 左の人差し指は「F」• 右の人差し指は「J」 この「F」と「J」の位置には「突起物」があります。 ホームポジションを確認する方法は、この突起物を触る事でわかります。 これを決めると、あとは真横に指を置いてください。 「でも、うちのパソコンには突起物が無いよ」とか「突起が取れてしまった」という方は対処法があります。 突起物だけ売っていますので、付ければ良いです。 別記事にまとめましたので下記をご覧ください。 左の手• 左の小指「A」• 左の薬指「S」• 左の中指「D」• 左の人差し指「F」 右の手• 右の人差し指「J」• 右の中指「K」• 右の薬指「L」• 右の小指「;」 このようにおきます。 これをホームポジションといいます。 この位置に必ず戻ってくる事を行なってください。 それが出来るように練習を行ないます。 人差し指は2列動かします 最初の位置は• 左がF• 右がJ こうなります。 指の位置を決めるのはとても重要です。 指の位置がわからない場合は別記事にまとめております。 参考になさってください。 実際の練習方法|下記の表を見ながら入力してみましょう ゆっくり行ないましょう 順番に10回ずづ。 ゆっくりで良いです。 絶対に惰性にならないように、1回1回をかみ締めるように行なってください。 今は、スピードではなくて、 「指を慣れさせるための訓練」です。 秘密練習方法 下記に入力の順番を置いておきます。 この順番どおりに行なってください 順番に10回ずづ。 ゆっくりでよいです。 絶対に惰性にならないように、1回1回をかみ締めるように行なってください。 今は、スピードではなくて、「指を慣れさせるための訓練」です。 下記の表に書いてある単語を10回ずつ繰り返してください。 い・う・お・あ・え に・ぬ・の・な・ね き・く・こ・か・け ぢ・づ・ど・だ・で ひ・ふ・ほ・は・へ ぎ・ぐ・ご・が・げ ゆ・よ・や し・す・そ・さ・せ ぴ・ぷ・ぽ・ぱ・ぺ り・る・ろ・ら・れ きゃ・きゅ・きょ ち・つ・と・た・て ひゃ・ひゅ・ひょ を・わ ぴゃ・ぴゅ・ぴょ び・ぶ・ぼ・ば・べ み・む・も・ま・め じ・ず・ぞ・ざ・ぜ このターンをひたすら繰り返してください。 覚える為にはこの操作が重要です。 同じ読みでも、文字を「打つとき」は押すキーが違うので注意が必要です。 ゲーム感覚で楽しく行なう 単に練習するだけではつまらないので「ゲーム」も一部に取り入れると良いでしょう。 人気のゲームソフトは別記事にまとめました。 事務職に就きたい人にオススメはこの方法 事務職に就きたいけどタッチタイピングが出来ない人がいらっしゃいます。 そんな方に向けた記事を別で書きました。 長文を入力する時のコツ 長文を入力する時はコツがあります。 「文節」ごとに区切りながら入力していくと非常に楽です。 詳しくは別記事に書きました。 このブログの補足動画を撮影しました 文章では書ききれなかった部分を動画で解説しました。 ブラインドタッチが出来ないと仕事に不利 ブラインドタッチが苦手だと仕事が不利に働きます。 何をするにしても「入力」から入るのです。 入力がもたついているようであれば全てにおいて遅れが出ます。 よって、遠回りなようでも、「入力をスムーズにする」ことを先に考えたほうが良いのです。 詳しくは別記事に書きました。 下記をご覧ください。 そもそもタッチタイピングが出来ない理由は? タッチタイピングが出来ない人が多い 単純に、やり方を知らないだけです。 パソコン教室なら「タッチタイピングが学べるか?」というとそうではありません。 パソコン教室のコンサルタントも行なっているのでわかりますが、まず、きちんとした「タッチタイピング」を行なっている教室はいません。 どうしても学びたい方は1日で学べる講座を実施しておりますので下記をご覧ください。 なぜあなたはタイピングが出来ないのか?出来ないには理由がある この理由って非常に単純で「今まで練習する機会がなかった」もしくは「入力をする場面がなかった」というだけのお話です。 どちらもパソコンに触れる機会が少なかった世代 35歳以上の方は、パソコンを学生時代に触る機会が少なかった世代です。 また、23歳以下の方というのは「スマホ世代」です。 そもそもキーボードに触れる機会が少ないから単純に入力操作が不慣れだと言うだけです。 その経験が多少あるので、その後の操作も比較的楽に入る事ができた世代です。 スマホが普及してパソコンを触る機会が減った スマホが普及してからはパソコンを触る機会が非常に減りました。 インターネットを見るにはスマホがあれば事足りるので、パソコンをどんどん使わなくなっていったんですね。 ですが、社会に出るとパソコンは必須科目です。 スマホの普及により「タッチタイピングが出来ない若い世代が増えている」という新聞記事を見ました。 若い世代でも、キーボード入力が非常に不得意で、また、場合によっては、入力さえ全く出来ない人も多いと言うことが書いてありました。 ブラインドタッチの習得期間はどのくらい? ブラインドタッチ(タッチタイピング)を習得するのは1日あれば可能です。 と言っても「ブラインドタッチ(タッチタイピング)」と「速く入力できる」と言うのは話が異なります。 段階があります。 下を見ずに入力できるようになる• 速く入力できるようになる この順番で考えると良いです。 詳しくは別記事に書きました。 まとめ 基本的にはタッチタイピングだけのマスターであれば1日あれば十分に可能です。 よく「一ヶ月かかります」とか「最低でも半年かかります」といった事を言われますが、基本的にブラインドタッチだけであれば1日で取得が可能です必ずそれには自分自身がちゃんと守るそのルールさえ守れば大丈夫です。 守るべきルールと言うのは ・下を見ない ・最初のうちは「手全体で動かす」 ・必ずホームポジションに戻す これだけを徹底してやってくださいその状態で、順番を行っててひらがなを全部打てるようになります。 そうしていくと絶対に入力ができるようになります。

次の

【タイピング練習|P検✖Benesseマナビジョン】タッチタイピング練習│無料ゲーム紹介

マナビジョンタイピング日本語

進研模試デジタルサービスって? マナビジョンでは、進研模試デジタルサービスも提供しています。 高校生一人ひとりが主体的に学べることを目指し、学力と学習習慣の定着をサポートしたwebを利用したサービスです。 受験直後の自己採点や復習、成績結果の判定や目標設定ができます。 マナビジョンの進研模試デジタルサービスを利用したい場合は、マナビジョンにアクセスして進研模試デジタルサービスのidとパスワードを打ち込んでログインする必要があります。 マナビジョンで大学検索する時 マナビジョンのwebサービスを利用し、大学検索ができます。 気になっている大学のオープンキャンパスのスケジュールもできますし、地域や学問、資格や偏差値などの条件で大学検索することもできます。 国公立大• 私立大• そのほか といった項目から選び、大学検索もできます。 おわりに マナビジョンに登録していれば、大学の詳しい情報や検索ができますし、タイピングの教材も無料で使えるのが心強いです。 タイピングの練習は自分の偏差値や模試結果の管理もでき、自分の進路や目標へと着実に近づいていけるでしょう。

次の

データ入力の練習問題に挑戦! タイピングスピードを向上させるには?

マナビジョンタイピング日本語

対応する指・キーボードの表示有り タッチタイピングの練習を始めたばかりの人にとって、キーボード表示はかなりありがたいと思います。 手元を見ず、モニターだけを見てタイピングをすることに慣れるためにとても有効です。 また、打つキーとそれに対応する指が青色に光ることは、基本運指(キーをどの指で打つか)を覚える上でとても役に立ちます。 P検のタイピングカテゴリー タイピングの成績によって、自分が4級、3級、準2級のうち、どのくらいのレベルなのかが分かります。 成長を確認するためのいい要素になります。 しかし、3段階しかないのは、ちょっと少ないかなとは思います。 ちょっぴり悪いところ 効果音・BGM 効果音・BGMは全くありません。 静かにタイピング練習をしたいという方もいるので一概に悪いとは言えませんが、打鍵音くらいはほしいかなぁと思ってしまいました。 ちょっぴりさみしいです。 文末の 「。 」 速いタイピングで、爽快感を味わいたい人にとっては文末の「。 」が少しわずらわしく感じるかもしれません。 本来の日本語の文では「。 (成績表画面で「終了する」ボタンをクリックすると教材一覧のページに飛ばされてしまう) 「制限時間を変えたいな」と思っても、気軽に戻ることができません。

次の