沢尻 大河。 沢尻エリカ逮捕、NHK大河代役=剛力彩芽説も…「そのまま放送すべき」との声も

大河ドラマ初出演の沢尻エリカを本木雅弘が絶賛「ギラギラ、ピカイチでした」

沢尻 大河

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」のクランクイン取材会が4日、都内のスタジオにて開催され、主演の長谷川博己、出演の沢尻エリカ、本木雅弘、門脇麦、堺正章、西村まさ彦が初披露となる役衣装で出席した。 同作は、第29作「太平記」を手がけた池端俊策氏のオリジナル脚本。 智将・明智光秀を主役とし、「戦国時代」を扱う大河ドラマでは初の試みとなる4Kでのフル撮影を行う。 取材会は、物語の重要な舞台のひとつとなる稲葉山城のセットで行われた。 明智光秀を演じる主演の長谷川、明智光秀の主君・斎藤道三役の本木、道三の娘・帰蝶役の沢尻らは、前日3日にクランクインしており、長谷川は、「すてきな衣装も着させて頂きまして、すごいセットで、やはり大河ドラマのスケール感は、ちょっと違いますね。 僕自身も、ものすごく心が躍動しております。 『僕の今までの俳優人生のすべてが出るのではないかな』と、『日々、引き締めてやっていかなければならないな』と、(クラインクインを迎えた)昨日、思いました」と目を輝かせた。 大河ドラマ初出演となる沢尻は「いよいよ始まったという感じです」と声を弾ませた。 ヘアセットをはじめとするメイクを施し、役衣装に身を包んだ姿で撮影セットの中に足を踏み入れた際の心境を、「自分の中で、もすごく感情が高ぶりました」と振り返った。 「気が引き締まる思いなのですが、とにかく、みなさんの熱もそうですし、現場が楽しいです。 ワクワクしています。 これからも、毎回、毎回、どんなシーンが撮れるのかと楽しみにしています」と声を弾ませた。 みなさんの芝居の熱量がすばらしくて、この現場に一緒にいられて光栄です」とにっこり。 そんな沢尻を、本木は、「芝居の熱量という意味では、沢尻さんがギラギラ、ピカイチでした。 おせじではなく。 初めての緊張感みたいなことも含めて、『今しか』とでもいうような輝きを放っていたような気がします」と絶賛。 本木の言葉を受け、沢尻は、合わせた両手で顔を隠すようにして、照れ気味に笑顔を弾けさせていた。 《竹内みちまろ》.

次の

NHK「衝撃はいだてん以上」 来年大河出演予定の沢尻容疑者逮捕

沢尻 大河

KNNポール神田です。 しかし、民放のテレビの場合はそうはいかない。 スポンサーが嫌がる為に番組差し替えというのは広告による民放では仕方がないことだからだ。 沢尻エリカ容疑者の再撮影で、年に2度も『大河』が撮りなおしとなった。 4日間で、投票総数799票、10代~80代までから幅広く回答が得られた。 出典: N数799票で、半数の人が「撮り直ししなくてよい(反対)」という声が集まっていたにもかかわらず、再撮をNHKは判断したのだ。 しかし、一番気になるところは制限時間とコストだ。 時代物の大掛かりなセットを組んだり、衣装を新調する場合、制作費がかさみます」 出典: 沢尻エリカ被告の出演分は、すでに10回分を取り終えている。 1本あたり6,000万円の制作費のかかる大河ドラマの10回分でいうと単純計算で6億円だ。 しかし、すでに完成し編集が済んでいる作業を再構築する時間的、精神的、いろんなコストを換算すると、1本あたり1億円もらいたいくらいだ。 すると損害賠償額は10億円以上にもなるだろう。 沢尻エリカ被告の事務所は、という大手なので、損害賠償に応じることができるだろうが、今後タレントマネージメントのリスクコストに反映されていくことは確実だ。 そうなると、連続の『大河ドラマ』のような場合は、出演者が毎回、尿検査やキャスティングのデューデリジェンスまでが必要となり、個性的な俳優や奇行癖のあるタレントは起用されなくなる。 ダイバーシティ(多様性)を認めようとする社会との動きと逆行するようなキャスティングとなるとドラマも当然、つまらなくなることだろう。 また、薬物依存は犯罪などの事件的側面よりも、仕事から排除されることによって立ち直れなくなる社会的な制裁のことのほうが問題である。 org』に寄せられる3. 4万人を超える声 署名サイトの『』では、『』として、署名が3. 4万件を超えて集まっているが、NHKには全く届いていなかったようだ。 Change. orgは誰もが、キャンペーンという名の署名運動をネット上に開設することができる。 サイトの運営費用はによって成立している。 署名後にでてくるが拒否することもできる。 この署名サイトは、「」代表の。 『』のピエール瀧さんの出演したシーンをノーカットで公開した映画監督さんらが。 NHK職員の不祥事はニュースで扱うだけで終わり、タレントや役者の不祥事は番組ウェブサイトでも、なかった事のようにすべて削除され排除されてしまう。 について、筆者が個別に質問しても『』としか返答がない。 NHKも職員の不祥事があった場合は、自粛謝罪放送を徹底的におこない、コンプライアンスを協会職員全体でしっかりと、タレントや役者並のペナリティを課すべきではないだろうか? また、薬物依存を一発NGで患者が、立ち直れない状況に追い込んでしまうドラマを高額で制作する必要性さえ問われる。 一方、NETFLIXのだ。 大河などは、NETFLIXに外注しても1本あたり6,000万円もかからないだろう。 auと提携してNETFLIXの料金が無料になるなどのことができるのだから、NHKの受信料でNETFLIX製作ドラマ枠を買い取るなどで、ドラマ部門やバラエティ部門、音楽エンタメ部門、とドキュメンタリー部門、ニュース部門を明確に分離してみるのはどうだろうか? 公共放送に求められるのは、公平で客観的で第三者的なストレートニュースを提供し、政府に対しても一家言持てる報道としての『』メディアである。 政府からは一銭ももらわずに自由に権力批判を行える公共放送へシフトしてはどうだろうか? を占めている(平成31年2019年度)。 もちろんそうすれば、してもらう必要もなくなる。 『』であるならば、国に忖度しない姿勢も必要だろう。 そう、国政選挙で裁判官を選ぶように、も選べばよい。 そして、NHKの経営委員会も立候補制にすればもっと変わる。 NHKはぶっ壊さなくて良いので、NHKに対して、ちゃんとした公共放送に国民が変えられる権利を持つべき時期だと思う。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

大河ドラマ2020キャスト・沢尻エリカの代役が川口春奈になった理由

沢尻 大河

NHK公式サイトより NHK大河ドラマ『麒麟がくる』(長谷川博己主演)の放送が中断することが確定した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同局では4月から同ドラマの撮影をストップした。 「5月31日で緊急事態宣言が解除されたとしても、大河の場合、出演者、制作スタッフの人数も多く、セットも大がかりであるため、すぐに撮影の再開はできません。 1カ月程度の準備期間が必要。 編集にも時間がかかりますから、1カ月以上は空いてしまいます。 その間は再放送やダイジェストでしのぐしかありません」(テレビ局関係者) 昨年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の視聴率は、史上ワーストの全話平均8. 2%(ビデオリサーチ調べの世帯平均視聴率、関東地区・以下同)に沈んだが、『麒麟がくる』は第17話までの平均で15%を超えており、全話平均では2016年『真田丸』(16. 「放送回数は全44話の予定でしたが、撮影再開時期が遅れ、中断期間が長くなれば、年内に収まらなくなってしまいます。 もともとは10月に撮了する予定でしたから、キャストのスケジュールもそこまでしか押さえていなかったため、それ以降、うまくスケジュール調整できなければ、撮影期間はさらに延びてしまいます。 そうなってくると、通常45分放送のところを拡大版にでもするか、放送回数を減らす措置をしないかぎり、年内での放送終了は難しくなってきます。 唯一の救いは、来年に延期となった東京五輪、パラリンピック中継を想定して、通常の47話から3話少なくなっていたことですね」(同) この非常事態に、同局ではあらためて沢尻エリカへの恨み節が出ているという。 沢尻は斎藤道三(本木雅弘)の娘で、後に織田信長(染谷将太)の正室となる濃姫(帰蝶)役に起用されていたが、昨年11月に麻薬取締法違反の容疑で逮捕、起訴され降板。 代役に川口春奈を立てて、沢尻の出演シーンを最初から撮り直しとなってしまった。 「沢尻降板の影響で放送開始が2週遅れとなってしまいましたが、撮り直しのロスがなければ、コロナによる撮影中断があっても、空白はできなかったかもしれませんし、まさに踏んだり蹴ったりで、あらためて沢尻への怒りが沸いているようです」(スポーツ紙記者) 大河が年を越してしまうとなると、何かと中途半端。 同局では、越年を避けるべく、今後あの手この手の策を講じていくしかなさそうだ。

次の