いい就職.com 東京。 東京就職と地元就職、結局後悔しないのはどちらなのでしょうか?

上京就職したい理由ベスト5!面接で聞かれた時に抑えるべき重要ポイント!

いい就職.com 東京

東京農業大学と明治大学 東京農業大学と明治大学には、どちらも首都圏の私大としては珍しい農学部があります。 首都圏の農学部志望の人はこの2大学を併願することが多いでしょう。 今回は東京農業大学と明治大学、どちらが良いのかを検証していきます。 なお、明治大学の農学部は生田キャンパスにあるので、学生数などは東京農業大学と明治大学生田キャンパスを比較することとします。 学生数を比較 まず、学生数を比較しています。 大学の公式サイトによると、2019年度の学生数は次のようになっています。 東京農業大学・・・12,908人• 明治大学 生田のみ ・・・6,506人 学生数は東京農業大学の方が多いですね。 なお、大学全体の学生数だと明治大学は30,703人とかなり多いです。 女子率を比較 次に、東京農業大学と明治大学の女子率を比べてみましょう。 こちらも大学の公式サイトによると、2019年度の男子学生と女子学生の人数は次のようになっています。 東京農業大学・・・男子6,970人 女子5,360人• 明治大学 生田のみ ・・・男子4,729人 女子1,777人 割合にすると、 東京農業大学の女子率は約41. 女子率は東京農業大学の方が高いということがわかります。 偏差値を比較 では、両大学の偏差値を比較してみましょう。 今回使用する偏差値は、河合塾が発表している『入試難易予想ランキング表(2019年6月25日更新)』から学部個別入試(3教科型)のものを引用しています。 入試難易予想ランキング表 農学科・・・ 東京農業大学50 明治大学60 農芸化学科・・・ 東京農業大学50 明治大学57. 5 生命科学系・・・ 東京農業大学45〜52. 5 明治大学57. 5 食品環境系・・・ 東京農業大学45 明治大学60 偏差値は明治大学の方が高いという結果になりました。 世界ランキングを比較する 次に、世界ランキングの国内順位を比較してみます。 今回使用するデータは『THE世界大学ランキング日本版』より引用しています。 THE世界大学ランキング日本版2019 このデータによると、世界ランキングの国内順位は次のようになっています。 東京農業大学・・・98位• 明治大学・・・54位 世界ランキングは明治大学の方が高いという結果になりました。 年収を比較する 最後に、両大学の平均年収を比較してみましょう。 今回使用するデータはキャリアコンパスが発表した『出身大学別年収データ』からの引用です。 出身大学別年収データ こちらのデータによると、出身大学別の年収は次のようになっています。 東京農業大学・・・412万円• 明治大学・・・524万円 卒業生の年収は明治大学の方が高いという結果になりました。 結論:どっちの大学が良いのか? 今回は東京農業大学と明治大学の学生数、女子率、偏差値、世界ランキング、年収を比較しました。 この結果を見ると、 総合的に明治大学の方が良いのかなという印象です。 しかし両大学で学べることが違うので、自分のやりたい学問がある大学を選ぶべきでしょう。 特にこだわりはないけど農学部に入りたいという人には明治大学をおすすめします。

次の

就職 東京or札幌 就活で、東京と札幌どちらにしようか迷っています。

いい就職.com 東京

刺激を受ける• 就職先の幅が広い• 様々な地域の人と関われる• 多くの経験ができる• 「就職先の幅が広い」「様々な地域の人と関われる」「利便性」など、さまざまなメリットが挙げられています。 そんなメリットの多い東京で就職を考える就活生に、知っておくと後悔しないポイントをいくつか紹介していきたいと思います! 東京といえば都会というイメージがあります。 しかし、ずっと東京育ちというよりも、進学・就職のタイミングで東京にやってきたという人が多いので、地方出身者で構成されている街という側面もあります。 そのため、地方出身者であっても引け目を感じる必要はなく、特に大きな問題なく働けるでしょう。 また、ずっと地方に住んでいて、就職のタイミングで、東京で就職をしようと出てくるのはどうかと考える地方出身者もいるでしょう。 選択肢が広い点がメリット 東京は会社の数も多い分、求人の数が多いです。 東京で就職するメリットは、希望する職種の中での選択肢が多くなることです。 また、一度東京で就職をしてうまくいかないと感じたとしても、地方と比べて働きながら他の会社を探しやすいメリットもあります。 地方のように求人数が少ないと、志望と違う企業、職種に行かなければならないことも多くなるでしょう。 地方と比べると給料が高い 厚生労働省が発表した、平成26年度のをみていきましょう。 【男性】東京都は約214,000円ですが、1番低い(沖縄を除く)鹿児島県では約178,400円となっています。 その差は約35,600円にまで広がっています。 【女性】東京都は約209,800円ですが、1番低い(沖縄を除く)佐賀県では約166,900円となっており、その差は約42,900円という結果になりました。 やはり東京都の方が地方より給料が高い傾向にあるようです。 毎月約40,000円の差を積み重ねていくと、将来的には単純計算で何千万もの差になってしまいますので、やはり東京都の給料の水準は高いといえるでしょう。 プライベートでのメリットもたくさんある 東京で就職すると、仕事の選択肢が増えるという点以外にもたくさんのメリットがあります。 それは、仕事だけではなく、プライベートでのメリットも多いです。 遊ぶ場所が多い• メディアで紹介されるようなスポットへ行ける• 色々な場所へ出かけられる• 個人で趣味を満喫できる 上記のメリットは、東京ならではのメリットではないでしょうか?仕事・プライベートの両面で、良い部分があるのです。 しかし、東京で就職する際は、メリットだけでなく、注意点もあります。 後ほど紹介しますので、一緒におさえておきましょう。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 東京で就職したとき、それまで東京で生活をしたことのない人が気になるのは、不干渉という東京の人の特徴でしょう。 「冷たい」のではなく、「ドライ」という表現の方が合ってるかもしれません。 地方でみんなと仲良く、親しみを持って暮らしてきた人には大きなギャップになります。 日本各地の出身者が集まっているという特徴が、悪意を持った人や、他人に不利益を与える人を集めることにもなっているのです。 ストレスを感じるなら都心以外での生活を選んだ方がいい 場所にもよりますが、地方と比べると不干渉でドライということになります。 そういう場合は人情の町といわれているような下町を選ぶなど、生活をする場所を選ばないと大変です。 東京で就職して生活に大きなストレスを感じるという地方出身者は、東京にマッチしていない可能性が高いです。 その場合、無理をしてでも働くか、合わないと感じたらやめるのかという事前の計画も重要になってくるでしょう。 東京での一人暮らしは、お金が掛かります。 これは、贅沢をしなければ大丈夫という問題ではないので、なかなか自分の我慢だけでは乗り切れません。 東京=派手というイメージを持っている地方出身者は、その分お金が掛かるという点を知っておくべきです。 住み始めはルームシェアなどもアリ 住むお金に困る人は、ルームシェアを選択肢に入れてみてもいいかもしれません。 多少の我慢は強いられますが、家賃については軽くなります。 金銭的な負担も減るでしょう。 地方出身者が東京に出てきていきなり他人とルームシェアするのは、何かと心配かもしれませんね。 もしも、周囲に自分と同じように初めて上京してきた地方出身者がいるならば、その人と協力して暮らすのもアリです。 ただし、トラブルがないように、安直に決定しないようにしてください。 100%:通常定員乗車• 150%:肩が触れるが、余裕はある• 180%:体が触れるが、新聞を読むことはできる• 200%:触れ合って圧迫感があるが、ギリギリ週刊誌が読める• 250%:身動きがとれない 個人が感じる程度にもよりますが、混雑率が180%を超えてくると、ほとんどの人はやはり気になってくるでしょう。 東京の通勤ラッシュは人がもみくちゃ状態で、それが嫌で電車に乗らないという人が多いです。 就職を決める前に、旅行や就活で東京に来た際に一度経験してみると良いでしょう。 都内であれば電車だけでも何通りものルートがあり、バスやタクシーを含めればかなりの数の交通手段となります。 公共交通機関にトラブルが多いからこそ、色々な移動手段を活用できるようにしましょう。 タクシーは乗るのに躊躇してしまうかもしれませんが、大事な商談のために乗らざるを得ないシーンなどは多いもの。 上京に応じて、あらゆる交通手段を使い分けてみてください。 東京で就職することを後悔しないためにやるべきこと3つ ここまで、地方出身者が東京で就職することで得られるメリットと、知っておくべき都市の特徴を紹介してきました。 意外と知らなかったことや、改めて気づけた点などがあったのではないでしょうか。 それらを考慮した上で、東京就職を志望する人へ最後に考えてほしいことが3つあります。 周りの友人で東京に就職したが、後悔して地元に帰ってきた人はいませんか?自分自身も後悔して、結局地元に帰ってくるなんてことにならないように、しっかり考えてみましょう。 しかし、メリットばかりに囚われてデメリットを無視していてはいけません。 デメリットが後々致命的な事象を引き起こすかもしれないのです。 たとえば、給料が高いことばかりに目を向けてしまい、一人暮らしでかかる莫大な費用を考えておらず、経済面で厳しくなって泣く泣く地元に帰ってしまうなんとこともあり得ます。 良い一面があれば必ず悪い一面もありますので、両方を天秤にかけて考えてみましょう。 たとえば、これから老後をむかえる両親の面倒はどうするのか。 女性であれば結婚して子供が産まれた際に、両親が近くにいた方が何かがあった時に安心なのではないか。 様々な考えや問題が浮かび上がってくるかと思います。 ですので、一旦立ち止まって考えてみましょう。 その問題が解決に辿りつけば、東京で就職することを後悔しないで済むでしょう。 たとえば、これから老後をむかえる両親の面倒はどうするのか。 女性であれば結婚して子供が産まれた際に、両親が近くにいた方が何かがあった時に安心なのではないか。 様々な考えや問題が浮かび上がってくるかと思います。 ですので、一旦立ち止まって考えてみましょう。 その問題が解決に辿りつけば、東京で就職することを後悔しないで済むでしょう。

次の

東京外国語大学の就職悪すぎませんか?

いい就職.com 東京

これが一番のメリットだと思います。 地元を出て一人暮らしをしようとすると• 下宿先の家賃• 生活必需品の購入費 という費用がかかります。 東京は狭い部屋でも家賃は高く、ちゃんとした部屋を借りようと思うなら月6万円は想定しておいた方がいいです。 また、生活必需品を買うにも、東京の都心となると物価が高い場合があります。 近年はAmazonなどのインターネットショッピングの充実により、東京でも安い商品を手に入れることが簡単になってきましたが、今までだったら親に買ってもらっていた洗剤、トイレットペーパー、ティッシュなどを自分で買わなくてはならないのは大きな負担になり得ますね。 家事を親にある程度任せられる 次のメリットとしては、 実家暮らしだと家事をあまりしなくてもいいです。 一人暮らしだと掃除や洗濯、皿洗い、風呂洗いなどを自分でしなければなりません。 僕は一人暮らしをしていますが、めちゃくちゃめんどくさいです。 家事をしなくていいというのは、かなり大きなメリットだと思われます。 東京の大学に行くメリット では東京の大学に行くメリットとデメリットを見ていきましょう。 東京は仕事が多い 地元の大学に行くデメリットのところでも触れましたが、 東京と地方では仕事の数にかなりの差があります。 では、具体的にどれぐらいの差があるのかを見ていきましょう。 今回は、転職サイトの中でも最大手クラスの『』から求人数を調べてみることにします。 すると、都道府県別の求人数は次のようになっていました。 東京 4639件• 神奈川 1988件• 大阪 2329件• 愛知 1891件• 福岡 1340件• 北海道 921件• 広島 924件• 宮城 817件• 鹿児島 455件• 高知 280件 これだけで仕事の数は比較できませんが、東京と地方では大きく仕事の数に差があるということが予測できます。 また、 大企業の多くは東京に集中しているので、大企業に就職したいと思っている人は東京の大学に進むのが良いでしょう。 優秀な人が多い 東京は優秀な大学が多いです。 東京大学や一橋大学などの国立大学をはじめ、私立は早稲田大学、慶應義塾大学などの難関大学が数多くあります。 また、難関大学は東京の都心部に集中しているので、大学間での関わりも多くあります。 また、休日に渋谷や新宿などの繁華街に行くと人が多すぎて、最初のうちは少し移動するだけでかなりの体力を消耗します。 東京の大学に行くのであれば、人の多さは覚悟しておきましょう。 孤独感がある 上京したばかりの頃は友達もいませんし、家に帰っても誰もいないので孤独を感じやすいです。 実際、僕も上京したての頃は家の無音が寂しく、ずっとYouTubeを見ていましら。 しかし時間が経てば慣れて、むしろ一人が快適になったので、一人でいるのが好きな人にはむしろメリットかもしれないですね。 結論:東京の大学と地方の大学、どっちがいいの? 地方の大学のメリットとデメリット、東京の大学のメリットとデメリットをそれぞれ見ていきました。 今回の結論としては、.

次の