教えていただきありがとうございます。 お忙しい中教えてくださってありがとうございます。って英語でなんて言うの?

英語で「教えてくれてありがとう」と感謝を伝えるフレーズ集

教えていただきありがとうございます

同じ企業からのDMです。 冒頭の挨拶がちょっと違いました。 「当店をご利用いただきありがとうございます。 」 「当店をご利用くださりありがとうございます。 」 私個人としては、「いただき」は抵抗感なくスルっと流れていきますが、「くださり」はなにかちょっとザラッとした違和感を感じます。 語感的にあまり美しくない気もします。 個人的、感覚的で構いませんので、「いただきありがとうございます。 」と「くださりありがとうございます。 」についてどうお感じになるか教えていただきたいです。 「どうとも思わない」「同じ」という感想でもかまいません。 すでにご回答がありますが、謙譲語1と尊敬語の違いです。 「当店をご利用いただきありがとうございます。 」 「いただく」という謙譲語1の主体は「当店」なので、「(お客様が)利用するという行為」を当店がもらったことに対して感謝を述べている構文。 「当店をご利用くださりありがとうございます。 」 「くださる」という尊敬語の主体は「お客さま」なので、「(お客様が)利用するという行為」そのこと自体に直接感謝を述べている構文。 個人的には、「当店をご利用いただきありがとうございます。 」のほうがしっくりきます。 おそらくですが、「いただく」という語によって、「当店」が顧客から恩恵を受け取っているという感覚を積極的に表明しているからではないかという気がします。 もう随分長い間話題になり続けた言葉ですが、いつまでも続くのですね。 「くださる」(「くれる」の尊敬語)で、相手の立場から言う語。 (主格は相手) 「いただく」(「もらう」の謙譲語)で、自分の立場から言う語。 (主格はこちら) だから、同じことを言っているのですが、何故か差が出てくるのですね。 どちらにも問題点があります。 「くださる」を相手に向かって使えば、「ください」という命令形になること。 「いただく」(もらう)を相手に向かって言いかけると、これは命令形はつかえないけど、「いただく」と何か要求するように聞こえ、「させていただきます」が如何にも厚かましい言い方になってしまうこと。 「敬語の指針」(文化庁)では、「相手の許可を得て、恩恵を受ける」と説明されているが、特別に許可した覚えもないのに、「させていただきます」と言われると、何かむっと来ますね。 聞かれてもいないのに、話を広げてしまって失礼しました。 客がご利用くださりありがとうございます、客が主語の言い方?。 店がご利用いただきありがとうございます、店が主語の表現?。 誰が主語というより、どちらを主体として表現しているか。 店が表現する場合は、通常は客のほうが尊敬される立場で表現されます、店は謙譲語を使用します。 「ご利用」をどうとらえるか、単なる客の行動、として表現するか、または、その行動により店が受けた恩恵、ととして表現するか。 客の行動を持ち上げて、それだけでは感謝の「ありがとう」にはつながりにくい、せめて「何時も」が欲しいような気もします、つまり、いつも・・・ありがとう。 店が受けた恩恵、ならば、素直に感謝の「ありがとう」はなじみますね。 私個人も質問者と同様の感じを抱きます。 「ご利用いただく」の主語は話し手です。 だから「いただく」という謙譲語を使っています。 「ご利用くださる」の主語は聞き手(お客)です。 だから「くださる」という尊敬語を使っています。 敬語でなくしてみると,「ご利用くださりありがとうございます」は「利用してくれてありがとう」と言えますが,「ご利用いただきありがとうございます」に対する「利用してもらってありがとう」は違和感があります(私には)。 ということは「ありがとうございます」はお客の行為に対して言っている言葉であって,「て」で接続する場合,本来は「くださる」に後続させるものではないかと思います。 以下のように独立した文であればどちらでもいいと思います。 「ご利用くださいました。 ありがとうございます。 」「利用してくれた。 ありがとう。 」 「ご利用いただきました。 ありがとうございます。 」「利用してもらった。 ありがとう。 」 国語審議会だったかの調査では「くださり~」から「いただき~」へと変化する傾向が見られるようで,また現在ではどちらでも適切と考えられているようですね。 ただ文脈にもよると思うので,私はそのどちらかで迷う時は,本来は「くださり」なんだけれどここは「いただき」の方がいいだろうか,などと考えて書いています。

次の

説明がすごくわかりやすかったですし、宝石の着け方やリフォームなども教えていただき本当にありがとうございました。|宝石修理 ジュエリーリフォーム【宝石やなぎほり】

教えていただきありがとうございます

どちらも正しい。 「くださる」は「くれる」の尊敬語、「いただく」は「もらう」の謙譲語ですが、現在は「いただく」の方が使用頻度が高いようです。 A.教えてくださり(教えてくださいまして)ありがとうございます。 教えていただきありがとうございます。 どちらも同じ場面で、同じ目的で使われています。 A,Bに主語を加えて常体 普通体 にすると、.. (あなたが)教えてくれて、ありがとう.. B. 私はあなたに 教えてもらって、ありがとう となります。 Aは、教えてくれた人を直接敬っていて、敬意が強く感じられるのに対し、 Bは、教えてもらう側 私 を低めることで間接的に教えってくれる人を敬っていて、教えられる側の感謝の意が感じられます。 一般的に「ありがとう」の前にくるのは「~してくれる」です。 自宅を訪ねてきた友人に感謝の意を伝えたい場合、「来てもらってありがとう」と言うよりも、「来てくれてありがとう」と言うのが自然な言い方です。 したがって目上の者 父 から目下の者 私 に物が手渡される場合、渡す側の目上の者 父 に視点をおけばその人物 父 を尊敬する「(父が私に)くださる」が使われ(尊敬語)、受け取る側の目下の者 私 に視点をおけばその人物 私 を低める「(私が父に)いただく」が使われます(謙譲語)。 間接的に敬意をあらわす謙譲語よりも、直接敬意を表す尊敬語のほうが、自然な表現なのです。 ただし、相手の意志ではなく、自分 私 の都合で相手が行動するような場合は「~くださる」は使えません。 「くれる」は相手の意志で行動することですが、相手は別に来たいわけではないが来ざるえないだけで、私 店 の意志で相手が来ることになるから「もらう」がふさわしい。 「もらう」のは私で、私が相手から恩恵を被ることを要請する。 ということですが、「もらえないか」というぼかした表現よりも、「くれないか」という私の意志を明確にした表現のほうが自然だと思います。 <蛇足> 最近の研究によれば、 《現代日本人が最も好む敬語がこの「いただく」だ。 「くださる」は「くれる」の尊敬語、「いただく」は「もらう」の謙譲語だが、「いただく」の使用頻度のほうがはるかに高い。 日本人はそんなに「もらう」のが好きなのか、と言いたくなるほどだ。 》 とのこと(野口恵子氏) なお、必ず反論するBAくれオジンが被せ回答ををするかもしれません。 「〜くださり」「〜くださいまして」と「〜いただき」「〜いただきまして」 知恵ノートが使えなくなるので引っ越しました。 詳しくは下記をご参照ください。 「〜くださり」「〜くださいまして」と「〜いただき」】 以下は一部の抜粋(重言)。 1 本日はご来店くださいましてありがとうございます。 2 本日はご来店いただきましてありがとうございます。 どちらの形が正しいのか。 結論を先に書くと、どちらもOKです。 どちらを主体に考えるのか、という違いがあるだけです。 【客が】(店に)ご来店くださいまして 【私が】(客に)ご来店いただきまして 下記も1 と同様の表現と言えるでしょう。 論理的に考えると「くださいまして/くださり」が正しい、という説もありますが、一般にはどちらも認められています。 下記が代表的な考え方です。 40に「どちらの言い方も適切に 敬語が用いられているものである」と明記されています。 (URLは略) ==============引用開始 【解説1】「御利用いただく」は謙譲語I,「御利用くださる」は尊敬語である。 つまり, 「 自分側が相手側や第三者に 御利用いただく」,「 相手側や第三者が 御利用くだ さる」という基本的な違いがある。 しかし,立てるべき対象は,どちらも同じであり, また,恩恵を受けるという認識を表す点も同様であるため,どちらの言い方も適切に 敬語が用いられているものである。 【解説2】謙譲語Iの「御利用いただく」の使い方には,問題があると感じている人たち もいる。 その理由としては,「利用する」のは相手側や第三者なのだから,尊敬語で ある「御利用くださる」を使うべきだということなどが挙げられているようである。 しかし,「御利用いただく」は,「私はあなたが利用したことを 私の利益になるこ とだと感じ 有り難く思う」という意味を持った敬語である。 「利用する」のは相手 側や第三者,「御利用いただく」のは自分側,という点がやや理解されにくい敬語で あるが,自分側の立場から相手側や第三者の行為を表現した敬語であり,敬語の慣用 的な用法として特に問題があるわけではない。 ただ,このような「いただく」の用法 に対しては,その受け止め方に個人差があり,不適切な用法だと感じている人たちも いる。 【「教えてくださり」? 「教えていただき」?】 (URLは略) ================引用開始 現状としては、どちらかといえば「教えていただき~」のほうがよく使われており、「教えてくださり~」という言い方は自分ではしないという意見が、やや多くなっています。 ですが、両方とも正しい言い方です。 ================引用終了 下記も信頼できるサイトです。 ==============引用終了 使い分けが書いてありますが、当方にはよくわかりません。 こう言う考え方もできるのでしょう。 「くれる」と「もらう」はどちらも物の授受を表しますが、視点の違いがあります。 すなわち「くれる」は物を渡す側に視点があり「もらう」は物を受け取る側に視点があります。 ==============引用終了 使い分けが書いてありますが、当方にはよくわかりません。 こう言う考え方もできるのでしょう。 個人的には下記のように考えています。 長〜い話なので結論部だけ。 ================引用開始 「〜してくださりありがとうございます。 」 「〜していただきありがとうございます。 」 これは否定できないから、厳密に言えば「くださり(まして)/くださいまして」なんだろう。 論理的に考えるとそうなってしまう。 しかし、現実にはどちらも使われているし、どちらも「間違い」とは言えない。 困ったことに個人的な語感では「〜していただきまして」のほうが自然。 NHKの調査でも、「〜していただきまして」が優勢のようだ。 こうなってくるとなんとも言えない。 ちょっとだけ屁理屈をこねる。 「〜してもらってありがとう。 」はたしかにヘンだが、下記の形ならおかしくないだろう。 「〜してもらってありがたい」 「〜してもらってありがたかった」 これを丁寧にしたのが「〜してもらってありがとうございました。 」と考えるならそんなにおかしくないかも。 無理か……。 ================引用終了 結論から言えば、どちらも正しい日本の敬語です。 簡単にその違いを説明します。 つまり、相手の動作に視点を置いた言い方が「くださり(尊敬語)」であり、自分に恩恵が渡ることを視点を置いた言い方が「いただき(謙譲語)」です。 なお、「くださり(尊敬語)」と「いただき(謙譲語)」の使い分けは難しいですが、一般的には、感謝の意を強く表したいときには「いただき」を用い、尊敬語を使って立てる必要がある人(目上、お客)には「くださり」を使う傾向があります。 (知恵袋のように相手の素性も分からない《場》では「いただき」の方が相応しいと思います).

次の

敬語「お教え頂きありがとうございます」の意味と使い方・例文

教えていただきありがとうございます

2016年5月30日 に が お疲れ様です、修理工房の近藤です、本日もたくさんのお時計をお預けいただきありがとうございます。 本日は月曜日ですので郵送でお預かりのお時計が多くございました。 本日は職人に色々なことを教えていただきましたので1つお話しさせていただきます。 よろしくお願いします。 今日の学び【】 入社日から毎日時計の知識を蓄えるため、新しい事を探している近藤です!。 本日、職人が発した一言を聞き逃さなかったので、質問したところ新しい学びがありましたのでご紹介させていただきます。 学びがあった時間は午後5時頃、職人にお時計を納品している時でございます。 パネライのお時計をチェックしたいた職人が… 職人:このパネライ、フライバックしないですねー… 私は聞きました、?フライバックってどういう機能でしょうか?職人は言いました。 職人:フライバックですか?フライバック機能はその名の通り、瞬時に飛んで(FLY)戻る(BACK)針の動きが特徴の機能です。 時計のクロノグラフ機能において、計測中にセットボタンを押すと、その瞬間、進んだクロノグラフ針がゼロ位置に戻りリセットされ、何度も連続的に計測を行うことができる機能のことです。 そんな機能があるんですね!!。 実際フライバックする針を見ているとかっこいいです!また一つ勉強できました。 ありがとうございました。 今日の業務目標• 丁寧に受付業務、細かいところまで状態確認• 窓口対応を積極的に 今日の業務スケジュール 10:00 — 13:00 郵送にてお預かりしましたお時計の受付 14:00 -窓口にてお預かりしましたお時計の受付 15:00 -新規梱包パックの配送準備をしました 16:00 -休憩をいただきました 17:00 -納品のお時計の整理、納品書作成しました 18:00 -職人とお話ししました、納品しました 19:00 -日報作成、明日やることの確認、納品されたお時計の整理 あすへの引き継ぎ事項• 作業を効率的にするため、時間を計ったり。 区切ったりして効率を上げれるよう考える日にする。 日報作成時間 19:00 この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。 初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。 何卒宜しくお願い致します。 私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。 修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。 また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。 お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。 お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

次の