ころもへんに禍。 コロナ禍はいつ収まるのか、山中教授が出した答え:日経バイオテクONLINE

コロナ禍って何て読んでどんな意味?コロナ渦間違いでコロナ鍋でもない!

ころもへんに禍

例)被、裸、補、褐、複、襟 見分け方 神様関係っぽかったら「しめすへん」、きもの関係だったら「ころもへん」とまず考えます。 「ころもへん」は「神様関係っぽくない」という判断もできます。 「へん」を元の漢字と比較して形から覚えるのもいいでしょう。 しかし、やはり一番はちゃんと漢字を覚えることです。 例えば 『補』という漢字があります。 『甫』には「ぴったりとあわせる」という意味があります。 「衣」を「ぴったりとあわせて」縫うとどうなるか? その部分を直せたり強くしたりすることができます。 『補』にもそういった意味がありますね。 間違えたり、どっちだったか疑問に思った時なども効果的です。 「初」の部首は? 「ころもへん」が使われていると思われがちな漢字に 『初』があります。 確かに「ころもへん」っぽいものが使われていますね。 しかし、 『初』の部首は「刀(かたな)」なんです。 「割」の部首「りっとう」の仲間ですね。 しかし『衣』は関係しています。 衣服を作る時、最初に『刀』で生地を切ることから『初』という漢字が出来ました。 主体が『刀』なんです。 「しめすへん」「ころもへん」に限らず『初』の漢字のように成り立ちを覚えると漢字も覚えやすくなるかと思います。 ちょっとの手間と工夫なのに効果は絶大ならやらない手はないですよね。

次の

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

ころもへんに禍

新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、大学生3万5000人以上から回答を得た全国大学生活協同組合連合会(大学生協連)の調査結果が公表された。 その大規模調査によると、6割以上の学生がこの先の「経済的な不安」を感じているという。 政府・与党は困窮した大学生への現金支給にも乗り出す方針だが、「もう退学しかない」という学生たちの声もある。 支援は間に合うのか。 「東京を引き払いました」 「東京での学生生活はひとまず、ストップです。 暮らしていくお金がありません。 今はまったく将来が見通せません」 東京都内の私立大学3年生の酒井勇太さん 20歳、仮名 の言葉は切実だ。 4月中旬に中野区のアパートの荷物をまとめ、滋賀県の実家に戻ってきた。 東京を引き払うまでの月収入は、共働きの両親からの仕送り8万円とアルバイト代の約8万円。 この中から家賃や光熱費、食費などを賄っていた。 金銭的には比較的余裕があった。 状況は、コロナの感染拡大で一変した。 まず、アルバイト。 大学2年生の時から通学先の大学で書類整理などをこなしていたが、感染拡大で大学構内は立ち入り禁止になり、「仕事がなくなった」と言われてしまう。 契約社員として働いていた実家の母親の仕事も2日に1回となった。 さらに弟の大学進学もあった。 実家の滋賀県から隣の京都府への通学とはいえ、私大の学費負担は軽くない。 両親から「今後の仕送りは難しい」と言われたことで、2年間暮らしたアパートを引き払うことにしたという。 「迷いましたけど、実家に居れば、少なくとも家賃を払わなくて済む。 しばらくは、オンラインでの授業が続くと思うんです。 仕送りとバイトで生計を立て、卒業後は都内で就職したいと考えてましたが、まったくの白紙になってしまって」 再び東京に戻る場合、引っ越し代やアパートの敷金・礼金などで30万円以上が必要となる。 その当ては「ありません」と酒井さん。 本年度前期の授業料は、両親に頼ったものの、後期の授業料は「親にはとても頼めない」と言う。 「今は奨学金申請の手続きをしています。 それで授業料などを賄って、何とか東京でもう一度、学生生活をやり直したい。 全国民に一律給付の10万円はその足しにするつもりです」 ただし、10万円の一律給付だけでは足りない。 それは自身でもよくわかっている。

次の

「しめすへん」と「ころもへん」の違い

ころもへんに禍

KNNポール神田です。 突然ですが、ウェブの媒体で、『コロナ禍』という文字をよく見かけるようになりました。 『コロナ化する昨今…』とか、テレビニュースなどをよく聞く今日この頃…。 なので、『コロナか』と読む。 老眼でスマートフォンでガン見しても、『禍』も『鍋』も『渦』すべて一緒に見えてしまうから面倒だ。 テレビで聞いていた『コロナ化する社会』は『コロナ禍する社会』と言っていたのか…。 別に『コロナ化する社会』でも意味が通じるので、まったくよいのだが…。 むしろ、読めない文字は、打てないということの方が問題だ。 読めないと検索もできない。 しかし、まちがった言葉のという便利な世の中だ。 そう、まずは、まちがった読みかたで、なんでも検索してみよう! コロナ鍋『コロナなべ』というと、コロナビールで煮込んだ鍋をイメージできるが、検索すると、しっかりと『コロナ禍』が説明されて驚く。 それだけ読めない人が多いことの証でもある。 しかし、読み方がわかったけれども、書けるかというと、実はとっても書きにくい…。 『わざわい』で変換すると、『災い』が登場し、いくつか候補を探すと『禍』が登場する。 しかし、何度も、『コロナわざわい』を打ち込み『コロナ禍』を表記するのはとても大変だ。 そう、プログラマー的な発想で考えると、2回以上、面倒くさいことはプログラムを組んでしまえと発想するのだ! まずは、そんな時のための『単語登録』だ。 PCでの単語登録は知っているが、スマートフォンでの便利な単語登録が意外に知られていない…。 この『コロナ禍』を『ころなか』で登録するには、まずは、『コロナわざわい』を打ち込み、それを選択する…。 すると…ほら~! 『ユーザ辞書』で登録 出典 筆者 こんなところに『ユーザ辞書』が隠れていました…。 ここでは知られないはずだ。 そして、『よみ』を『ころなか』にすれば… よみ を打ち込みます 出典 筆者 次回から『ころなか』で『コロナ禍』が候補として現れます。 これであなたの残りの人生は余裕ができるはずだ! 問題は、アルファベットの辞書登録…だ。 そう、アルファベットや数字だけでは、『ユーザー辞書』では登録できない。 しかし、これはとても簡単なクリア方法がある。 とても簡単で、一番最後の語尾に『あ』などの日本語をいれて登録するのだ。 登録した単語で、 『ユーザー辞書』変換してから、カーソルがある最後の文末の『あ』だけを削除すればよいのだ。 長いURLも最後に『あ』を入れて辞書登録 あとで削除すればよい 出典 筆者 自分のブログやYouTubeアドレスなどもいちいちコピーペーストするのではなく、単語登録に『あ』を挿入しておくと、スマートフォンなどでもすぐに変換できて便利になる。 これで、自分のマイナンバーなども最後に『あ』を入れればすぐにでてくるようになる。 たった一回の『ユーザー辞書』の登録で人生の大幅な時間短縮につながる…。 一番の問題は、その時間短縮した効果を何に使うかだが…。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の