鬼 滅 の 刃 玄 弥。 鬼滅の刃の不死川実弥と玄弥の兄弟の過去とは?2人の母親と父親についても紹介|ワンピースネタバレ漫画考察

【鬼滅の刃】不死川兄弟にできた深い溝!仲が悪いのはなぜ?実弥と玄弥を引き裂いた悲しい過去とは?

鬼 滅 の 刃 玄 弥

コンテンツ• 鬼滅の刃ネタバレ最新172 『実弥の不安とイライラ』 無一郎は、 玄弥に頼み 刀を手に固定しました。 実弥は、壱の鬼の攻撃を受けます。 そのため、 右手に大きなケガを負いました。 悲鳴嶼が心配し、叫びます。 実弥は、敵の 攻撃に反応できていません。 悲鳴嶼の鎖で、攻撃の軌道が変わっていなければ、両腕を失っていました。 傷を追うごとに、動く速度が落ちます。 結果、 悲鳴嶼の足を引っ張ることとなりました。 稀血も、 なぜか効いていないようです。 強い鬼ほど、 効果は高いはずでした。 変形し刀身が長くなった刀を、壱の鬼は今まで通りに振り回します。 鬼滅の刃ネタバレ最新172 『当主輝利哉の決断』 カラスを通じて 輝利哉(きりや)、ひなき、にちかが戦況を確認しています。 ピンチに陥った実弥たちに対し、 応援を向かわせるかと当主に尋ねました。 輝利哉の答えは NOです。 義勇と 炭治郎を、 無惨の所にいかせると決めました。 壱の鬼は、 必ず4人が倒すと断言します。 鬼滅の刃ネタバレ最新172 『壱の鬼の攻撃ラッシュ』 「月の呼吸漆ノ型」 さらなる攻撃に、悲鳴嶼と実弥は身構えました。 刀が伸びたため、攻撃範囲も広がりました。 高速で、広範囲を攻撃してくる壱の鬼に、悲鳴嶼は 危機感を抱きます。 攻撃を避けるだけで、 精一杯です。 近づくどころか、反撃もできません。 しかし、今度は背中を斬られます。 悲鳴嶼は、負傷した彼を心配しました。 実弥が自分を気にせずに、戦うように叫びます。 鬼滅の刃ネタバレ最新172 『役立たず』 実弥の 危機を助けたのは、 無一郎です。 刀を握れなくなった腕を使い、抱え込むように避けました。 両手で刀を握れる実弥が、 勝つためには必要だと無一郎は話します。 玄弥は、柱の影から戦いを見守っていました。 けれども、 自分が役にも立てるとは思えません。 また、 重症を受けるのが目に見えます。 一方で、兄をはじめとする 柱たちを助けたい思いは人一倍ありました。 自分の 弱さを嘆きます。 もっと強く、柱だったなら、どれだけ良かったことか。 恐怖から体が、うまく動きません。 鬼滅の刃ネタバレ最新172 『炭治郎の言葉』 そんな中で、 炭治郎の言葉が浮かびます。 自分が 一番弱かったと話します。 しかし、 だからこそ 状況を変えられたのでした。 敵が 警戒できる数は、 決まっています。 それを 強い者に多く、弱い者には少なく当てていました。 弱い者が予想もしないことをやり、 警戒の予想を外した場合です。 状況は 一気に逆転します。 勝利への道が開けるのでした。 玄弥は炭治郎に尋ねます。 どうなっても、やるしかありません。 食べずにいた、 壱の鬼の刃を取り出しました。 絶対に仲間を失いたくないのです。 またケガをしたときに食べようと残していた刃を食べます。 弱腰の自分を奮い立たせました。 スポンサーリンク 鬼滅の刃ネタバレ最新172『今週の一押しキャラ』 飛び込んで実弥を助けた無一郎 WJ51号本日発売!! 『鬼滅の刃』第135話掲載中です! さらにカラーページにて「セリフ人気投票」の結果を大発表! どうぞお見逃しなく! 今週のアイコンは、澄ました顔で まるで昆布!? 布で固定して、ようやく振るえました。 彼は、まともに戦えない自分に、できることを考えます。 それが、まだ両手を使える実弥を助けることでした。 無一郎は、壱の鬼の攻撃に反応できるようです。 攻撃をよけ、刀を振るえる彼を守りました。 無一郎の助っ人参戦で、状況は変わるでしょうか。 鬼滅の刃ネタバレ最新172『感想』 玄弥が鬼になってしまいそう度 玄弥は、役立たずの自信をなげいていました。 そんな中で炭治郎の言葉を思い出します。 むしろ弱くないとできないことがある。 そして、命がけのもぐもぐタイムが始まりました。 壱の鬼の力は、得ると予想します。 しかし鬼の血が濃いため、鬼になって戻れなくなるのではないか感じます。 鬼を食べる=血を体内に入れるわけですから。 鬼にならないように祈るのみです。 ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

次の

【鬼滅の刃】玄弥の最後とは?死亡シーンと死因は何?

鬼 滅 の 刃 玄 弥

Contents• 鬼滅の刃173話ネタバレ:前回172話感想考察 黒死牟の強さが段違いであると、よくわかる回でしたね。 次々と技を惜しげなく使ってくる様子は、勝ちを急いでいるようにも感じます。 そして柱の中でもトップクラスである 悲鳴嶼と実弥の二人掛かりでも、攻撃を避けきれていません。 頸を狙うどころではないですね。 そこで 黒死牟に狙われたのは、前回に引き続き実弥の方でした。 実弥は攻撃の度に傷を増やしていき、ついに背中を斬られてしまいます。 そこへ時透がやってきました。 自身も深手を負い、とても戦える状態にもかかわらず、それでも戦える者を死なせはしまいと動いています。 鬼殺隊としての強い気持ちが伝わってきますね。 そして玄弥です。 炭治郎のかつての言葉から、自分も頑張ると決意しました。 そんな玄弥が選んだのは、 黒死牟の刀を食べるという方法です。 髪を食べただけで大きな変化がありました。 刀を食べたらどうなってしまうのでしょうか!? 次回は玄弥の変化に注目ですね! スポンサードリンク 透明の世界 三人が向かってくるのを見て、 黒死牟は三人同時に仕留めようと技を出しました。 間合いの内側に入ろうと、時透は必死に攻撃の隙間を抜けていきます。 そんな中、 黒死牟の手に悲鳴嶼の数珠の玉が衝突しました。 鎖を振る瞬間に投げていたのです。 どうやって自分の視界を掻い潜ったのかと、黒死牟は驚きました。 そこへ実弥が攻撃し、それを避けた黒死牟に悲鳴嶼の鉄球がぶつかり、右肩が大きく削ぎ落とされます。 その隙に 時透は黒死牟の腹に刀を突き立てました。 黒死牟は時透の頸動脈が斬れていないことに気づきます。 そして 時透や悲鳴嶼にも、自分と同じ世界が見えているのでは、と考えました。 さらに悲鳴嶼は己の血の巡りを操作することにより、黒死牟の目を騙し、攻撃を撹乱させたのです。 次々と予想外のことが起こりました。 しかし それらも全て分かってしまえば意味もなし、と黒死牟にはまだ余裕があります。 スポンサードリンク 玄弥に起こる変化 玄弥は少し前に、 黒死牟の髪を食べました。 すると真っ二つだった胴は繋がり、血の巡りも良くなります。 さらにそれだけではありません。 無惨が黒死牟に語りかける声まで聞こえてきたのです。 これはつまり、 玄弥がより鬼に近づいているものと考えられます。 そして今回、 玄弥は黒死牟の折れた刀を食べました。 髪の毛だけであの変化なのです。 刀なら、どんな変化が起こりうるのでしょうか。 まず考えられるのは、 身体能力の向上です。 それも、予想以上のものでしょう。 それにより、黒死牟の技も避けることができるようになるかもしれません。 そしてもしかすると、 鬼が使う血鬼術まで使えるようになるかもしれませんね。 ただ、ここまでくると玄弥は人間なのか、鬼であるのか、その境界がボヤけてしまいそうです。 戦いが終わった後、無事元に戻ることができればいいのですが。 スポンサードリンク 炭治郎と義勇 輝利哉の判断で、 炭治郎と義勇は無惨の元へ向かいました。 二人はこのまま他の敵に遭遇せず、無惨の元へたどり着くことが出来るのでしょうか!? 玄弥が無惨の声を聞いた時、 まだこちらに誰も来させるなと言っていました。 つまり、 まだ完全に戦う体勢が整っていないのかもしれません。 無惨を倒すならすぐにでも遭遇する必要があります。 もし無惨が完全に復活していない時に二人が間に合えば、戦いはかなり有利になると思います。 ただ、 話の展開的にそれは望めないでしょう。 炭治郎と義勇は、無惨が一番強い状態で対峙することになる可能性が高いです。 炭治郎も義勇もまだ戦えるとはいえ、先の戦いで多くの傷を負ってしまっています。 この状態で無惨と戦うのはかなり危険です。 それでも戦うしかないのです。 それが鬼殺隊の宿命なのですから。 戦いの結末は? 輝利哉は 悲鳴嶼、実弥、時透、そして玄弥の四人が必ず黒死牟を倒すと断言しました。 今のところ、黒死牟にはほぼダメージを与えることが出来ていません。 では、輝利哉はどうして勝機があると判断したのでしょうか。 それはまず、 隊士に対する信頼でしょう。 特に悲鳴嶼は柱の中で最も強い人物です。 黒死牟の攻撃も高確率で避けることが出来ていました。 さらに、次回から参戦するであろう、 玄弥の存在です。 一度あっさり負けてしまった玄弥のことを、黒死牟は軽く見ているのではないでしょうか。 本人はそのつもりがなくとも、優先度は四人の中で最下位だと思われます。 そんな玄弥が、予想外の動きをしたら。 さすがの黒死牟も、少しは動揺するでしょうか。 間違いなく、 この戦いのポイントは玄弥です。 そこから四人が連携し、黒死牟を倒すことが出来ると信じています! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

不死川玄弥(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼 滅 の 刃 玄 弥

スポンサーリンク 鬼滅の刃ネタバレ最新180話「兄弟の別れ」 鬼滅の刃179話ネタバレします。 簡単に言うと不死川玄弥。 時透無一郎は死んでしまいました。 時透はその後兄と会います。 その時の1部です。 続いて玄弥。 鬼の体制がありましたが。 消えて無くなってしまいました。 実弥がめっちゃくちゃ泣けます。 その時の1部です。 — 石田カナヲ推しアイコン真ん中!フォロバ100 Aumunew5 斬られた玄弥と時透・・・ しかし、敗れた黒死牟に対して、実弥は攻撃をやめません。 そこで悲鳴嶼は「不死川!終わりだ!!上弦の壱は倒した!」と止めに入ります。 実弥はというと、意識を失っており、本能で動いていたようです。 悲鳴嶼に止められた実弥は、そのまま意識を失ってしまいます。 玄弥と実弥は助かる? そして、一番やばい状態なのが玄弥で、体が真っ二つにされていますね。 さらには、左半身を斬られた時透もいます。 悲鳴嶼は玄弥に近づき声をかけると、弱弱しくも返答があり、まだどうにか生きているみたいです。 玄弥はポツリポツリと話し始めます。 「俺は・・・いいから・・・時透さんの手当を・・・早く・・・」と時透の心配をしています。 玄弥は鬼を取り込んだので、なんとか生きながらえていますが、次第にその効力も大量の出血によって抜けて始めていました。 「兄貴・・・生きてる・・・良かった」 悲鳴嶼は時透へとかけ寄っていきますが、時透の瞳はすでに血が通っていません。 かなり危ない状況となっています。 悲鳴嶼は感謝をのべて、「必ず無惨を倒して其方へ行く安心して眠れ」と言い、手でゆっくりと時透のまぶたを閉じたのでした。 これで、時透は死んでしまったようですね・・・ 時透無一郎と兄 時透無一郎が目を閉じて、再び目を開けた先には、死んだはずの双子の兄が立っていたのです。 しかし、兄は涙を流しているようで、さらに怒っています。 兄は「こっちに来るな戻れ!!」と言っており、無一郎は涙が溢れていました。 時透はどうして頑張ったのに、褒めてくれないの?と思っているようですが、別に兄は無一郎を否定したわけではありませんでした。 弟である時透はまだ14歳で、逃げたって良かったのです。 しかし、鬼殺隊の仲間は見捨てられないと、無一郎は自分を犠牲にして戦ったのです。 そのポイントが兄的には、許せなかったようで、これでは無駄死と同じだと言います。 ただ、そんな兄が死んだのは11歳の時で、無一郎からしてみれば、兄の方がよっぽど可哀想だったと感じています。 自分が何のために生まれてきたのかということは、無一郎が一番分かっています。 時透は兄に対して、「僕は幸せになる為に生まれてきたんだ。 兄さんもそうでしょ?違うの?」と言います。 家族4人での生活はわずかな時間でしたが、とても幸せな時間でした。 そのあと、一人になった後も苦しいことばかりでしたが、仲間ができたことで、また笑えるようになったのです。 なので、何があっても逃げなかったし、仲間の為に命を懸けたことに関しては何一つ後悔していない。 だから、無駄死になんて言わないで欲しいと言います。 兄は無一郎を抱き寄せ謝ります。 ただ、無一郎に死なないで欲しかったんだと言って、イチョウの葉が舞い散る中で、双子は泣きながら強く抱き合ったのです。 実弥と玄弥 意識を取り戻した実弥は、瀕死の玄弥に駆け寄り叫びます。 「どうなってる畜生ッ!体が・・・なんで鬼みたいに体が崩れる」 玄弥も兄を救うために命がけで戦って、無理をし過ぎたようです。 もう元通りに体が戻る事はないですが、実弥はそれでも諦めきれません。 「大丈夫だ」と、泣きながら玄弥に声をかけ続けていますが、玄弥本人はもう無理だと悟っていたのかもしれません。 つぶやくように話し掛けた。 迷惑ばっかりかけてごめんと謝り続ける玄弥からは、溢れる涙。 死ぬ間際になってもなお、考えていたのは兄のことだったのです。 とにかく今は、自分より玄弥が先に死ぬなんてことが許せなかったのです。 言葉にせずとも、心は常に通じ合っていた兄弟であり、実弥が弟を守ろうとしてくれたように、玄弥もまた兄を守りたかったのかもしれません。 兄が辛い思いをしたことは、玄弥が一番分かっていると言って、だからこそ幸せになって欲しいと願います。 実弥は弟を抱き寄せ、「頼む神様!どうかどうか!弟を連れて行かないでくれ!お願いだ!!」 しかし、弥は灰となって散っていきました。 泣き叫ぶ実弥でしたが、まだ戦いが終わったわけではないのです。 これを見ていた悲鳴嶼は、涙を流しながら実弥に「行かねばならぬ。 顔を上げろ。 無惨を倒すまで終わりではない」と言いました。 クソ泣ける。 — はなくそ arakinn0008 厳勝はというと、弟を愛せなかったですよね。 愛したのはその「才能」の部分であり、縁壱のいち部分しか見ていなかったのです。 なので「お前になりたかった」という最後の念は、普通に見ると弟に対する憧れに見えますが、本質は違ってそうではないと思います。 なりたかったのは、「緑壱のように才能のある」自分だったのです。 鬼と人間の違い 燃え尽きる差し伸べられた手は、他人から奪うことしか考えなかった愚か者の腕でした。 その意味では、厳勝こと上弦の壱・黒死牟は無惨ってよく似ていると思いますね。 自分のことしか考えておらず、他人の命を大切にしない。 一方で、継国兄弟と時透・不死川兄弟の対比はそのまま鬼と人と全くの真逆であったと思います。 まさに対比ですね。 守りたいものはないか?生き抜いてほしい、幸せになってほしいというような対象が、自分なのか、それとも家族や大切な仲間といった他者なのか? そこに鬼と人との違いがあったように感じましたね。 こういったズレが、双方が相容れずに戦い続けてきた理由なのかもしれませんね。 無惨までの戦いは続く やはり死んでしまう時透と玄弥を見ると、予想はしていたものの、何とも言えない想いですね。 この状況から、玄弥の死を受けて実弥が立ち上がれるか? これまで個人的には、玄弥は炭治郎、伊之助、善逸、カナヲさんに加えて「5人組」というような括りだと思っており、主役級みたいなポジションだと思っていたので、この展開は少し意外でしたね。 もしかしたらここから再生してくる可能性もゼロではないですが、どうでしょうか? 消えていく玄弥の様子を見た、実弥のリアクションには兄らしさに溢れており、最初は玄弥を遠ざけようとしていたものの、最後は兄らしい対応をしたような印象です。 そして、悲鳴嶼は残酷にも現実は「まだ戦いは終わっていない!」と言っており、あっそうだったといった感じで締めくくられた感じでした。 死者を悼むことも許されないような、とても緊迫した流れの中にある鬼殺隊のメンバー。 玄弥&時透の2人の死亡が確定していたとしても、次の戦いに向けて前に進まないといけないのは大変ですね。 しかし、最終決戦は間近に迫ってきた感じですから、鬼舞辻を打倒したあかつきには、ぜひ手厚く葬ってあげてほしいと思いますね。

次の