餃子餡 あまり。 余った時がチャンス!餃子の具で絶品アレンジレシピまとめ

餃子の具の残りでリメイクおかず!人気レシピも紹介!

餃子餡 あまり

東京餃子通信編集長の塚田です。 本日は大阪の茨木市「雁飯店」からお取り寄せした餃子を紹介します。 茨木駅近くの「雁飯店」には、昨年の夏に一度お伺いをしてニラ丼と餃子をいただきました。 50年以上地元で愛されてきたお店だけあった訪問時にはかなり賑わっておりましたが、緊急事態宣言を受けて夜の営業はテイクアウトと配達のみの営業になっているとのことです。 雁飯店では以前からも店舗営業の傍らネット通販も手掛けていたので、今回はこちらから購入することにしました。 e-gyoza. comというドメインに歴史を感じますね。 実は雁飯店のネット通販では、餃子ではなく手作り餃子セットとして餡と皮が別々に納品されてきます。 これはあまり他ではないスタイル。 餃子を包むのが好きな私には、こちらのスタイルの方があっているかもしれません。 店舗でのテイクアウトは、焼餃子や冷凍生餃子が購入できるそうです。 このセットで1450円はかなりお得ですね。 皮は太陽製麺所という大阪の製麺所製の皮です。 こちらの皮は厚さ1mmとかなり厚めです。 サイズは8cmと通常サイズ。 伸びも良さそうで包みやすそう。 餡をボウルに移し替えて包み始めます。 豚肉多めで良く練りこまれた餡です。 ねっとりしていて餡も包みやすそうですね。 皮も餡も良いのでスピードアップして一気に包みました。 包む速度をあげたところヒダが均一につかなかったのは反省点。 まだまだですね。 精進します。 お店で食べた餃子よりも餡を多めのイメージで餃子を包んだのですが、それでも餡が少し余って別の皮も投入して包みました。 皮が厚めなのでフライパンに入れた後に熱湯はやや多めに入れました。 そして蓋をして強火で蒸し焼きにします。 仕上げにゴマ油を回しいれて焼き目をつければ完成! いい感じで焼けました。 皮についていた内粉が焦げの模様になるんですね。 皮は弾力がつよくてモチモチの食感。 皮の中には目一般包み込んだ豚肉たっぷりの餡。 豚肉の旨味が強く甘みも感じます。 ラードの効果かもしれません。 野菜は白菜が中心。 ジューシーな仕上がりですが、味付けはあっさりしていてたくさん食べても飽きがこない餃子ですね。 味付けは控えめなので専用のタレでお好みで味を調整するスタイル。 ご飯と一緒に食べていた子供たちはタレをたっぷりつけて食べていました。 自宅で餃子パーティを開催してみたいけど餡作りが苦手だったり面倒だと感じる方にはオススメのお取り寄せ餃子です。 普通に包んでいくと40~50個ぐらいはとれる餡の量なので、皮は追加注文(150円)したほうが良いかもしれません。 tokyogyoza.

次の

餃子の具の残りでリメイクおかず!人気レシピも紹介!

餃子餡 あまり

日本人が愛して止まない「餃子」。 餃子専門店があったり、餃子専用のタレが販売されていたり、日本人の餃子に対する愛を感じますよね。 最近では栃木県宇都宮市と静岡県浜松市で、日本で一番餃子が消費されているのはどちらなのかという対決が話題になっていましたね。 豚のひき肉にキャベツやニラ、にんにく、しょうがなどを混ぜて餡(あん)をつくり、小麦粉で出来た皮で包んで焼くというのが焼き餃子の基本的なレシピです。 お好みでキャベツの代わりに白菜を入れても美味しいですよね。 ちなみに日本では焼き餃子の方がメジャーになっていますが、中国では水餃子や蒸餃子が主に食べられています。 また、 餃子ににんにくを入れたり、タレにラー油を使用するのは日本で独自に根付いた文化だそうです。 餃子の良いところは、色々なアレンジをして楽しめるというところで、餃子専門店ではチーズなどをトッピングしたり、しそやパクチーなどを入れたりなど、どれも美味しいですよね。 ところで、餃子の餡に使う肉というと豚肉というイメージが強いですよね。 他の具材は色々変えているけど、なぜ肉は豚肉だけで鶏肉や牛肉は使用しないんでしょうか? 今回はそんな餃子の肉について調べてみました。 餃子の肉は何が良いの? 結論から言ってしまうと、餃子の餡に使用する肉は 豚肉でも鶏肉でも牛肉でもなんでもいいんです。 実際にそれぞれの肉を使用した餃子を提供しているお店もあります。 またレシピ投稿サイトなどを確認してみると、豚のひき肉、豚と牛の合い挽き肉、鶏のひき肉、牛のひき肉を使用して作っているものがあります。 なぜ豚肉を使用するのが一般的になっているのかと言うと、もともと餃子は中国が発祥地ですが、日本に餃子が伝わってきたと言われている昭和初期、中国では豚肉がポピュラーで、牛肉はあまり食べられていなかったそうです。 そのため、そのままの形で日本に伝わってきて、「餃子と言えば豚肉」というイメージが固まったようですね。 餃子で使った場合のそれぞれの肉の特徴 豚・鶏・牛のひき肉はそれぞれの特徴を持っています。 豚肉・・・どんな料理にも合いやすい。 脂肪分が多め。 鶏肉・・・淡白でヘルシー。 低カロリー。 牛肉・・・旨みが強く弾力がある。 水分が少なく崩れにくい。 餃子に使用する肉としては 、脂肪分が多く含まれているほうが皮の中でジューシーになって美味しいため、豚肉が使用されることが多いということです。 餡にお肉の旨みを足したい場合は、豚と牛の合い挽き肉を使用すると、 豚の脂肪分と牛肉の旨みが合わさるため、お肉の旨みを感じられつつジューシーなものが楽しめるとのことです。 料理のレシピ投稿サイトを確認すると、この豚と牛の合いびき肉を使用しているものが一番多かったです。 鶏肉は低カロリーで女性に人気ですが、淡白な味なので餡にあらかじめしっかりと下味を付けることがオススメされています。 このように、豚肉や豚と牛の合い挽き肉、鶏肉を使用した餃子は通常のレシピ通りに作れば大体上手くいって美味しい餃子が出来上がります。 一番難しいのが牛肉のひき肉を使用した餃子です。 牛肉は水分量が少ないため、餃子の餡に使用すると皮の中で固まってしまい、ハンバーグの皮包みのような料理になりがちです。 では、どうすれば牛肉を使用した美味しい餃子の餡を作れるのでしょうか。 牛肉を使用した餃子の餡レシピ 牛肉はどうしても焼くと硬くなり、餃子の餡には不向きと思われがちですが、餡の作り方によってはとても美味しくなるようです。 確かに、牛肉を通常の餃子のレシピ通りに作ってしまうと、皮を破ったときの肉汁があまり感じられない、少し固めの仕上がりになってしまいます。 そのため、 牛肉を使用して餃子の餡を作る場合は、お肉の旨みを引き出しつつジューシーな餡にするために、出汁やコンソメを使用します。 肉をこねる際にお湯で溶いたコンソメや出汁を一緒に混ぜます。 そうすることで水分量が多くなり、餃子を焼いたときに皮の中にスープが閉じ込められます。 肉も硬さを感じなくなり、肉汁のようにジュワーっと溢れ出てくるため、餃子の魅力を引き出すことができるようです。 しかし、出汁やコンソメの量を入れ過ぎるとベチャベチャになってしまう恐れがあるので、ちょうどよい硬さになるまでちょっとずつ加えていくのが良いでしょう。 また、最近ではジュレ状の醤油が売られているので、通常のレシピで餡を作成した後に醤油ジュレをちょっと混ぜてから皮に包んで焼くことでも美味しい餃子が作れるそうです。 牛肉は他の肉に比べて肉の旨みが強いため、一手間加えて作るだけで、今までとはまた違った餃子が楽しめます。 まとめ• 餃子の餡には豚肉を使用するのが一般的で、豚のひき肉にキャベツやニラ、にんにく、しょうがなどの餡を、皮で包んで焼くというのが焼き餃子の基本的なレシピです。 豚肉は脂肪分が多く、餃子の皮の中で肉汁となりジューシーな感じで楽しめるため、餃子の餡に向いています。 豚と牛の合い挽き肉を使用すると、ジューシーでありながら肉の旨みも感じれます。 鶏肉は低カロリーなので女性に人気がありますが、淡白な味のため、あらかじめ下味をしっかりと付けた餡を作ると良いそうです。 牛肉は焼くと硬くなってしまうため、出汁やスープで水分量を増やすと、皮の中でスープが出来上がり、ジューシーでお肉の旨みをしっかりと感じる餃子が出来上がります。 市販されている醤油ジュレを牛肉の餡に混ぜて作っても美味しいようです。 どのお肉を使うかは自分次第、色々と試して自分好みの美味しい餃子を作って楽しみましょう!.

次の

旨すぎて悶絶必至の最強餃子塾、開講であーる!【第二回】

餃子餡 あまり

それから余った餡の使い方も少し。。 …が、その前に餃子について小話をちょいとご紹介。 何はともあれ早く作りたい方は 餃子はもともと江戸時代に日本に持ち込まれ、 徳川光圀が日本で初めて口にしたと言われています。 もちろん当時は庶民の手が届くような食べ物ではありませんでした。 現在のように餃子が一般普及したのは第二次世界大戦後だと言われています。 つまり、当時中国 満州 にいた関東軍や開拓団が引き上げた際に餃子も日本に輸入されてきたわけです。 これはおそらく、白米を主食とする日本の食文化が大きく影響を与えていると考えて良いでしょう。 日本において、餃子の餡にほぼ確実に入っているとすらいえる材料といえばニンニクですが….。 実は中国の餃子にはニンニクはいれないのが一般的だそうです。 つまり、餃子にニンニクを入れるのも日本独自の進化だったわけですね。 さて、色々と餃子について書いてきたところで、そろそろ餃子餡の作り方に入っていきましょう。 ニラとか大葉とか。 それから、この分量はややニンニクが多めです。 ニンニクが苦手な方は半量くらいにするといいかもしれません。 ・白菜の水気を絞る ・材料を混ぜる前にひき肉だけでしっかりとこねる ・餡ができたら、冷蔵庫で寝かせる。 以上を守って作ればそうそう失敗することはありません。 では、これらのポイントを踏まえて、実際の調理に入ってみましょう。 干し椎茸は水につけて戻します。 干し椎茸を水で戻すのは数時間単位で時間がかかるので、調理開始に合わせて早い段階で行っておきましょう。 白菜はみじん切りにしてザルに入れます。 その後塩 分量外 を振って軽くかき混ぜて、白菜全体に塩をなじませます。 これは浸透圧で白菜の余分な水気を出すためです。 もしあれば、浅漬けを作るような要領でおもしを乗せておいてください。 白菜はその状態で15分ほど放置しておきます。 白菜の水出しをしているうちに次の作業に入ります。 ニンニク、生姜、ネギ、戻したしいたけはみじん切りにします。 大葉を使う場合は、刻むかそのまま使うかの2種類の方法があります。 豚ひき肉はボウルに入れ、塩小さじ2を加えます。 まず、豚ひき肉を単体でしっかりとこねます。 ただひたすらに粘ばり気が出るまでこねます。 最低でも100回以上は確実ですかね。 とはいうものの、ひき肉は傷みやすいので、体温で痛まないよう手早く行いましょう 手を冷やすのもあり。 これは餡をジューシーに仕上げるコツです。 ひき肉はこねることで粘り気が出て、強くくっつくようになります。 これによって 肉汁を中に閉じ込めることができるわけです。 しかし、初めから他の食材を入れてしまうと、上記のように肉がくっつくのが妨害されるわけです。 特に野菜には水分がありますので、肉の脂との間で弾かれあってしまいます。 なので、肉単体で十分に粘り気を出した後で、他の食材を入れる方がよろしいのです。 十分に粘り気が出たら、まずみじん切りにしたニンニクと生姜を加えて練りこみます。 次に塩を振って置いておいた白菜を両手でぎゅっと絞り、水気を出します。 あんまり絞りすぎてもよろしくないので、力を込めてギュッギュッとやって水が出なくなればそれで十分です。 ギュッギュッと水気を絞るのは、こねている際や、餡を寝かせている間に水が出てこないようにするためです。 水気を絞った白菜、みじん切りにしたネギ、しいたけを加えます。 これらが全体に満遍なく混ざるようにさらにこねていきましょう。 こねているうちに肉と野菜もなじんで餡に一体感が出てきます。 この際、粘りが足りないようでしたら、適宜ラードを加えます。 この段階までいけば、醤油、砂糖、紹興酒、ごま油を加えて混ぜこみ、味をみます 飲み込まないようにした方がいいと思います。 味が足りないようであれば塩や、醤油で調味します。 これで餡は完成です。 餡は寝かせることで水分や油分などが全体に均一に行き渡ります。 大葉を加える場合 2種 の手順はで紹介します。 大葉を餡に入れる方法は2種類あります。 刻んで餡の中に入れてしまう方法と、そのまま茎だけとって皮に重ねて餡を包み込む方法があります。 まず前者の場合ですが、この場合は大葉を細かく刻み、餡に混ぜこみます。 完成した後の餡に入れてもいいですし、白菜などの野菜を入れるのと同じタイミングで加えても良いです。 後者の方法は皮の上に大葉を広げ、その上から餡を乗せて皮を閉じます。 前者の場合は、全体に大葉の香りが漂う印象があります。 一方で、後者の場合は、食感的にも味、香り的にもよりダイレクトに大葉が主張する印象です。 大葉が好きな人は、両者を組み合わせて見るのも面白いです。 餃子の餡が残ったら… さて、最後に餃子の餡が残った場合のレシピを少し紹介しておきましょう。 「即席肉団子スープ」 餃子の餡が残ったら是非スープに!お手軽、即席、美味の三拍子揃った最高の肉団子スープです。 作り方はとっても簡単。 餃子餡のあまりをスープに入れて煮込むだけ。 餃子餡のあまりに蓮根を加えてハンバーグにしたものをご飯にのせたがっつり飯です。

次の