イタチ 声。 ペットとしても飼われているイタチ。イタチの歴史や特徴、種類やエサまで総解説!

イタチ退治

イタチ 声

イタチを駆除する方法はたくさんあるのですが、正しく行わなければ危険も潜んでいます。 でも安心してください! 今回は、イタチを自分で駆除する正しい方法や注意点を分かりやすく解説します! イタチ駆除に関する法律や危険な点も合わせてお伝えするので、ぜひ最後まで読んで安全に駆除してくださいね。 【注意】イタチ駆除は法律で禁止されている? イタチの被害にあった人は捕獲や駆除を真っ先に考えてしまう人もいるはずです。 早期に対処しないとイタチ被害は拡大し続けるので当然です。 しかし、イタチを駆除・捕獲をするのは簡単には決められないんです。 実はイタチは鳥獣保護法によって守られており、正式な手続きを経ないと捕獲や駆除ができないのです。 もし鳥獣保護管理法に従わなかった場合には 、「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罪が課せられます。 ここでは詳しい鳥獣保護法の内容を説明していきます。 イタチを捕獲する場合は行政の許可が必要 イタチを勝手に捕獲、駆除するのは鳥獣保護法で禁止されています。 捕獲する場合は市役所や県庁などの指定の行政機関に許可をもらいましょう。 住んでいる地域により、市役所であったり地方環境事務所であったり許可をもらう場所が異なります。 もしどこから許可を貰えばいいか分からない場合は、とりあえず市役所に相談するのをおすすめします。 自治体により異なりますが、イタチを捕獲するための捕獲器を貸してくれる場所も存在します。 許可をもらってイタチを捕獲した後は、山の中などの人や家がない場所に放獣しましょう。 どこに放獣していいか分からない場合は、地域ごとに放獣すべき場所が異なるので自治体に相談することをおすすめします。 ちなみに自宅の庭などに放獣をするとすぐに戻ってきてしまうので、やめておきましょう。 イタチのメスの捕獲は禁止 イタチのオスは条件を満たせば捕獲が可能ですが、メスは鳥獣保護法により完全に捕獲が禁止されています。 イタチのメスはオスよりも体の大きさが小さいと言われていますが、イタチ自体を沢山見るわけではないので素人では見分けるのは至難の技です。 イタチのオスの捕獲も制限あり イタチのメスよりかは捕獲の制限は緩いですが、オスに関しても制限はあります。 まず 申請無しでの捕獲は禁止されています。 市役所や県庁などの指定の行政機関に捕獲申請をして初めて捕獲が可能になります。 また、 狩猟期間が決まっており、冬の間しか捕獲ができません。 実はその他に一番の問題があります。 仮にオスの捕獲申請を出したとしても、 先述したとおりオスとメスの区別をつけるのは素人には大変難しいことです。 オスとメスは体の大きさが違いますが、あくまでも個体差であり小さいオスもいるからです。 専門業者に頼むのもありですが、自分でも駆除が可能な場合もあります。 簡単に実行できるものがほとんどですので、ここで紹介していきますね。 イタチ専用の忌避剤や駆除剤、駆除薬スプレー イタチ被害を受けた時にまず試して欲しいのが忌避剤です。 忌避剤はイタチやハクビシンなどの害獣を近づけさせなくする薬のことです。 購入するには特別な許可など必要なく、ホームセンターなどで購入することが可能です。 今ではAmazonや楽天などのネットショップでも購入が可能です。 忌避剤を使う場所というのは状況により変わります。 どこからイタチが入ってきてるか分かっている場合は、侵入口から遠い場所に設置してください。 侵入口が分からない場合は、真ん中あたりや巣を作っているであろう場所に設置しましょう。 また 家の外で使う場合は効果の持続力のためにも固形の物を使用しましょう。 スプレー式だと風の影響で臭いが薄れてしまうので効果が半減してしまいます。 イタチの追い出しに成功した後もイタチは戻ってくる事もありますので、再侵入防止のためにもしばらくの間は忌避剤を使い続けた方がいいでしょう。 イタチ用のオススメ忌避剤についてはこちらの記事で紹介しているので、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 >> イタチが嫌う臭いを出す木酢液やクレゾール石鹸液 臭いでイタチを近づけない方法も効果的です。 イタチは仲間とのコミュニケーションに臭いを使っているほど嗅覚が鋭いため、嫌がる臭いを使えば追い払うことが可能です。 特に効果が高いと言われているのが「クレゾール石鹸液」と「木酢液」です。 クレゾール石鹸液はフェノール類に分類される薬品で、原液では強すぎるため薄めて使用しましょう。 クレゾール石鹸液はクレゾール臭と言われる強い薬品の臭いがします。 臭いが強いため吐き気や頭痛を起こす人もいますので、使用する際は換気をしっかりとおこないましょう。 木酢液は炭を作るときにでる気体を冷やすことによって作られる液体です。 木酢液の臭いは焚火をしたときの臭いにそっくりです。 木酢液に配合されている成分はビタミン、ミネラル、アルコール、カルボニル化合物などがあります。 注意点としてはこの木酢液には種類があり人間に有害な物質が入っている物もあるため、購入するときは成分に注意しましょう。 木酢液の一般的な使い方としては、虫が近づかないように散布したり土壌に散布することで微生物を活性化したりするために利用されることが多いです。 バルサンの煙を使用 イタチは煙も苦手としています。 そこで ゴキブリやダニ退治に有効なバルサンも効果があります。 バルサンは使用方法も簡単ですし、何よりも広範囲に広がりますのでイタチを追い出しやすいです。 使う上での注意点としては、気密性が高い場所で使うようにするということです。 煙は隙間が多くある場所で使用した場合、煙が外に逃げてしまい効果が薄れてしまいます。 また、屋根裏などで使用後は換気をしっかりと行いましょう。 屋根裏で使用したしても、下にある部屋には煙が入ってきてしまうからです。 その他にも基本的に人間には超音波は聞こえませんが、稀に聞こえる人がいるため騒音被害になる事があります。 音を鳴らす イタチは音によって追い払うことも可能です。 単純に大きな音を出す事で追い払うことも可能ですが、天敵であるオオカミの声をイタチに聴かせるのも効果的です。 音を使ってイタチなどを追い払う害獣対策用のアラームはホームセンターやAmazonなどのネットショッピングで販売されています。 罠を使って捕獲 イタチに対して罠を使って捕獲する方法もあります。 この方法を使う場合は自治体から許可を得るようにしましょう。 罠を設置する場所はイタチが侵入するルート、もしくはイタチが食べたであろうエサがある場所がおすすめです。 罠にはイタチを惹きつけやすいように食べ物を設置しておくのがいいでしょう。 イタチは雑食ですが肉を好むので、ウインナーや唐揚げなどを置いておくと効果的です。 この時に 生の肉よりも焼いた肉や揚げた肉の方が長持ちするのでおすすめです。 イタチは自分で対処するだけでなく、害獣駆除業者に頼む方法もあります。 費用はかかりますが駆除の成功確率は高いですし、安全にかつ迅速に対処してくれるのでオススメの方法です。 イタチ駆除業者に依頼 自分でイタチ駆除は可能といえば可能です。 ホームセンターなどに行き、忌避剤を購入して使用すればイタチを追い出せる時もあります。 ただし忌避剤を使用しても確実に追い出せるわけではありませんし、再び戻ってきてしまう時もあります。 また糞や尿の掃除は病原菌だらけで危険ですし、弱い消毒剤では効果が見込めません。 しかしイタチの駆除業者に頼めば、危険で煩わしい作業をする必要はありません。 イタチの侵入経路の把握、罠の設置、糞の消毒、再発防止の為の対策まで全てやってもらえます。 現地調査を無料で行ってくれるところもありますので、悩んでいるくらいならすぐに相談した方がいいでしょう。 ただしケースバイケースですが、捕獲するための道具などを貸してくれることはあります。 イタチ駆除の費用相場や値段 イタチ駆除の費用はどのくらいかかるのでしょうか。 忌避剤は安くて1000円の物から高い物だと10000円程の物まであります。 値段が高いから効果があるという訳ではなく、状況に合った物を使いましょう。 また害獣駆除の業者に頼んだ場合はどのくらいの費用がかかるのでしょうか? 大前提として、やはりイタチの駆除にかかる費用は請け負った業者によって違います。 その上で費用相場を言うと、 1箇所対応してもらうごとに約20000円ほどです。 複数の場所で被害を受けている場合、その場所ごとに費用がかかる時が多いです。 その他にも壊れそうな壁や板などがあるなら補修しておきましょう。 イタチは弱っている部分を簡単に壊して入ってくる事があります。 糞尿の清掃や消毒が必要 イタチの糞には数多くの病原菌が含まれています。 その病原菌は放置しておけばさらに増殖しやすいため、人間が感染症にかかってしまう可能性もあります。 またイタチの糞に触れた虫やネズミなどを媒体として、人間に間接的に感染させる時もあります。 ですので、イタチが住処を作っているの気づいた場合は、早期に駆除、清掃を行う必要があります。 加えて、仮にイタチを追い出したとしても安心してはいけません。 糞を取り除かないで放置しておくと、イタチは同じ場所にため糞をする習性から再度戻ってきやすくなります。 健康被害を避けるためにも再侵入を防止するためにも、イタチの糞はそのままにせずすぐに片付けましょう。 イタチの糞尿処理の詳しい方法はこちらの記事で解説しているので、安全な清掃方法や消毒の仕方を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 >> 駆除に失敗すると警戒心が高まり、駆除が困難になる 駆除はできるだけ一回で成功させるようにしましょう。 イタチは賢い動物であり、中途半端な駆除対策では逆に忌避剤や罠などに慣れてしまって余計に逃げなくなってしまいます。 イタチは繁殖力も高いので、追い出せないまま時間が経ってしまうとどんどん数が増えていくのも厄介です。 また仮に逃げたとしても再侵入の可能性もあるので、隙間などは全て封鎖する必要があります。 駆除をするのを決心したら徹底的に対策を立て、一度で追い払えるような厳しめの駆除を行う事が肝心です。 自分でイタチの駆除ができない場合は、業者に依頼しましょう! 今回はイタチの嫌いな忌避剤や超音波器、ライトなどを使った自分でできる駆除方法を紹介してきました。 しかしイタチは駆除に失敗すると警戒心を強めるため、追い出すのが難しくなってしまいます。 しかも、たとえ追い出せたとしてもフンや尿の清掃・消毒は大変ですし、侵入経路を全て塞ぐのは素人には非常に困難です。 そのため、自分でイタチの駆除ができない場合は、プロの駆除業者に依頼しましょう。 プロなら確実に駆除してくれますし、糞尿の清掃から再侵入防止策まで全て行ってくれます。 無料で現地調査や見積もりを出してくれるので、イタチ被害に遭っている方は一度相談してみてはいかがでしょうか?.

次の

イタチを撃退する際にやってはいけないこと

イタチ 声

イタチについて イタチは、日本だけでなく、アフリカやユーラシア、アメリカなど、様々な気候・場所に広く生息しています。 しなやかで細長い胴体と短い四肢をもっています。 その小柄で愛らしい見た目からペットにする人もいます。 しかし、見た目に反してニワトリやウサギなどを一匹で狩りにいくなど、肉食獣としての凶暴な一面も持っています。 実は、イタチとは、イタチ科の動物の総称です。 そのため、フェレットもオコジョも、どちらもイタチなのです。 ただ、昔から日本で「イタチ」と呼ばれているものに関しては、「ニホンイタチ」のことを指すといわれています。 ニホンイタチとは 山吹色の毛並みに、額中央から鼻にかけて濃褐色の斑紋があるのが特徴のイタチです。 雄と雌で、体の大きさが違うなど雌雄の見分けもつきやすくなっています。 フェレットとは 先ほど、イタチがイタチ科の動物の総称とお伝えしましたが、フェレットも同様にイタチ科の動物です。 ヨーロッパケナガイタチまたは、ステップケナガイタチを家畜化したもので、ヨーロッパで飼育されていましたが、現在では世界中でペットとして飼われています。 日本でペットとして飼われたのは最近 日本でペットとして人気が出始めたのは最近のことで、1993年にマイケル・コールマンという方がマーシャル・フェレットの日本総代理店をまかされ、テレビ番組の「笑っていいとも!」で紹介されたり、飼育書などが出版されることで、徐々に人気が出てきました。 飼い主になつきやすい フェレットは、人間になつきやすいと言われています。 飼い主とよく遊んでくれるので、芸を仕込むこともできます。 また、驚いた際に犬のような大きな声で鳴くことはありますが、それ以外は吠えることなどもないためペット可のマンションでも飼いやすいです。 臭腺除去・避妊手術は大体されている ペットショップなどで売られているフェレットは、大抵の場合、臭腺除去や避妊手術がされています(不安な場合は、ペットショップに確認しましょう。 臭腺とは、強い臭気のある液を分泌する腺のことをいいます。 スカンクを想像すると、その効果が分かると思います。 スカンクもイタチ科の動物で、同じイタチ科のフェレットにも臭腺が付いています。 臭腺から発せられる臭いだけでなく、フェレットは発情期に体臭がきつくなるため、大抵の場合は避妊手術がされています。 オコジョとは オコジョは前述のニホンイタチやフェレットと同じく、イタチ科の動物です。 オコジョの後ろ足は長く、強力な跳躍力を持っています。 また、他のイタチよりも顔や耳が丸いなど少し変わった特徴を持っています。 夏と冬で毛色が変わる オコジョというと、白い毛並みを想像する人が多いのではないでしょうか。 実は、オコジョは、夏と冬で毛色が変わるのです。 冬は尾の先が黒く、それ以外の毛が真っ白になります。 しかし、夏になると、背中側の毛が茶色くなるのです。 気性は荒い かわいらしい見た目に反して、肉食獣としての一面もしっかり持っています。 小さいノネズミなどだけでなく、自分よりも大きいノウサギやライチョウなどを食べることがあり、その意外性から狩りの瞬間を捉えた動画などがYoutubeなどにアップされています。 天然記念物で絶滅危惧種 オコジョは、天然記念物であり絶滅危惧種に指定されています。 そのため、ペットショップなどでは見かけることがありません。 また、自分で捕獲することなどもできませんので、見つけても捕まえたり追いかけたりしないようにしましょう。 まとめ 今回は、イタチ、フェレット、オコジョについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。 見た目が似ているだけに、どれがどれだか詳しくない人が見ても見分けが付きづらいですよね。 もう一度おさらいですが、ニホンイタチとオコジョは野生で、おなかが白いのがオコジョ、鼻付近に濃褐色の斑紋があるのがイタチ、ペットショップにいて尻尾が黒いのがフェレットです。 何かの役に立てば幸いです。

次の

アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~イタチ編~

イタチ 声

イタチに棲みつかれないように予防するには 生ゴミやエサになりそうなものを屋外に放置しないようにしましょう。 棲みつかれる前に侵入口になるおそれがある3cm以上の隙間はふさいでおきましょう。 木登りが得意なので侵入経路にならないように庭木の枝は剪定しておきましょう。 イタチに棲みつかれてしまった場合は イタチは天井裏や床下などに棲みつき被害をもたらします。 原則として捕獲は鳥獣保護法で禁止されています。 捕獲には保健所、市町村役場に申請する必要があり、罠を使用する場合は免許も必要になります。 保健所、市町村役場に申請して捕獲が必要と判断されれば捕獲許可証が交付されます。 イタチを自分で追い出す方法 臭いで駆除することが可能です。 漂白剤や酢でも一定の効果がありますが駆除するためには効果が出るまで何度も散布しないといけません。 強い臭いを発する木酢液やクレゾール石鹸液は駆除の効果が高いです。 しかしこれらは医薬品になりますので使用上の注意をよく読んでご使用ください。 また点滅灯とアルミホイルを天井裏や床下に設置し夜間に点灯する方法も駆除に効果があります。 しかし火事の原因になるおそれがありますので、設置するときは燃えやすいものが周辺にないことを十分確認してください。 燻煙剤、動物忌避剤も有効です。 イタチを自分で捕獲する方法 エサ場や通り道に捕獲するための罠とエサを設置します。 エサは罠に固定しておきましょう。 罠に滞在する時間を長くすることができるので捕獲の成功確率がアップします。 一定期間、罠を設置しても効果がないときは設置場所を変更しましょう。 必ず1日1回は現状確認しましょう。 捕獲した場合は迅速に対応してください。 イタチを確実に駆除するなら 自分での予防や対策だと手間がかかり、確実に駆除できない場合もあります。 イタチを確実に駆除したい人は業者に依頼することをおすすめします。 それは一度捕獲に失敗すると、警戒心が強まりさらに捕獲が難しくなるからです。 くらしのマーケットではを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

次の