大崎会長 松本人志。 大崎会長と松本人志の関係は?プールでの約束と兄貴と慕う絆の真実を調査!

松本人志派に一本化された吉本興業 ベテランも声上げられぬ|NEWSポストセブン

大崎会長 松本人志

宮根氏は「 なんや? ダウンタウンってこんな扱いなん」と衝撃を受けたそうだ。 さらに「 欽ドン!ハッケヨ~イ笑った!」(フジテレビ系)では、着ぐるみをつけて相撲までやっていたとのこと これに対して、松ちゃんは 松本人志は「 俺らはいいんですけど、大阪の人が観たら『そう思ってるやろうな~』とは思いました」といい、関西の視聴者の抱く違和感を予期していたことを明かした。 そんな状況を打開する為ダウンタウンと大崎会長は以下のような、作戦で突破を考えたのです 当時について松本は「 キツいときありましたよ」と認める。 そこで「 まず『浜田(雅功)が前に出てガンガン行ってくれたら、後で俺が全部拾っていくよ』っていうやり方に変えた」という すると浜田がパネラーとして出演し、 故逸見政孝さんの頭を叩くなどバラエティ番組で大暴れ。 浜田が大御所にも臆することなく暴れまわる姿が関東の番組でも認知されるようになっていき、仕事が軌道に乗り始めたようだ 東京で生き残っていく為に必死に考え・体当たりした結果が、現在のダウンタウンのスタイルになったのですね それにしても当時のダウンタウンは、現在の加藤浩次を遥かに凌ぐ狂犬ぶりでしたからね(笑) 大崎会長と交わしたプールでの約束とは? 大崎洋と松本人志のプールの約束、もう行使されていたのか。 知りたい。 — エセ@秋まで何もナシ ese19731107 松本さんと大崎会長とのエピソードとして有名な話が、売れない時代交わした プールでの約束があります 1980年代、まだ松本が20歳頃、松本も大崎も仕事が無く、ヒマをもてあました2人で映画館や銭湯等によく行っていた。 ある日、大崎が広いスポーツジムの25メートルプールで突然「 俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら、これから先お前がどんだけ売れても、俺の言うこと1つだけ聞いてくれ」と言った。 お互いこの業界で成功しそうにないと思っていた松本は「 いいですけど」と答え、大崎は本当に潜水してみせた。 その20年後、本当に売れた 松本は「 1つだけって、なに言われるんやろ? 断ったろ思ってんねんけど」とネタにする。 しかし更にその後に松本が頑として首を縦に振らなかった出来事があった時に 「 あのときのプールの約束、今使うわ」と大崎が言うと松本は「 こんなときにですか…」と言いつつ「 わかりました」と苦笑しながら了承した 大崎会長が20年後に要求し、松ちゃんが了承した事とは 「 俺禁煙するから、おまえも禁煙しよう」 ヘビースモーカーだった松本さんの健康を気遣ったとされています 松本さんが禁煙したのが、約束を交わした20年後の40歳だったので辻褄が合います 心温まる良いエピソードですね ダウンタウンを裏社会から守ってきた? 闇営業で反社会的組織から金銭の授与があり、問題になっている吉本興業ですが、実は日本一の指定暴力団【 山口組】との関係は明治期から関係があったのは歴史的事実です 現在、組織同士のつながりはないとは言え、100年のよしみから個人的な付き合いに発展したと言えば引退した島田紳助さんが有名ですよね そんな歴史的背景がある吉本興業ですので、当然個人的に近づいてくる人は多かったようです それはダウンタウンにも例外ではなかったようで人気絶頂だった当時、 はっきりと裏社会だとわかる人達から頻繁にオファーの電話が掛かってきたそうですが 大崎会長は、当然全て断っていたとの事です、ある時は実際に会って相手が納得するまで、粘り強く対応をしたと言われています それだけに、島田紳助さんの件や今回の件に関しても悔しかったと思われます 大崎会長のプロフィール ・名前:大﨑洋(おおさきひろし) ・生年月日:1953年7月28日 ・出身地:大阪府堺市 ・出身大学:関西大学 ・出身高校:大坂府立泉北高校 ・職業:プロデューサー ・役職:吉本興業ホールディングス株式会社会長 1978年 吉本興業株式会社に入社 1980年 吉本興業東京支社へ上司の木村政雄と共に異動 1982年 吉本興業東京支社から大阪の吉本総合の担当社員へ異動 2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任 2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任 2006年 吉本興業取締役副社長に就任 2009年 吉本興業代表取締役社長に就任 2019年 吉本興業代表取締役会長に就任 まとめ・感想 最後まで読んでいただきありがとうございます 今回は、松本人志さんが、兄と慕う大崎会長に関する情報をお伝えさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか 大崎会長はこれまでの師弟関係の構図から、会社主導による育成方法を取り入れダウンタウンを育て、スターにした事がわかりました 又裏社会からの圧力には体を張り命がけで守り、プールでの約束では松本さんの健康に気遣い禁煙を要求した可能性が高い事もわかりました 現在のお家騒動の収束を願い、新たな吉本のお笑いを1日でも早くファンの皆様に届けて欲しいと思います.

次の

よしもと闇営業松本引退の可能性は?年齢や今後島田紳助についても

大崎会長 松本人志

ダウンタウン・松本人志 7月21日、吉本興業所属の松本人志と東野幸治がMCを務める「ワイドナショー」(フジテレビ系)が、一部生中継を行う。 吉本芸人を中心とした闇営業騒動が波紋を広げている中、吉本興業から契約解除されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が20日、都内で謝罪会見を行ったことを受けての対応とみられている。 20日、2時間半近く続いた会見では、吉本興業の岡本昭彦社長が謝罪会見の開催を求める田村に対して、「お前ら、(録音)テープを回していないだろうな? 」と確認したうえで、「(田村が)辞めて1人で会見したらええわ。 やってもええけど、(騒動の渦中の芸人)全員連帯責任でクビにする。 俺には全員クビにする力がある」などと恫喝。 さらに、2人が正直にすべてを洗いざらい告白するため、謝罪会見はインターネットなどでの生配信にも対応した形にしてほしい旨を岡本社長に伝えた際には、「それはこっちで決める」とし、「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」などと発言したことも明らかにされ、大きな波紋を広げている。 スポーツ紙の芸能デスクはこう語る。 「2人が会見で話した内容が事実ならパワハラ以外の何物でもない。 いずれにせよ、吉本の企業イメージは地に堕ちましたね」 そのうえで、「まあ、あの人ならそのくらいのパワハラ発言はしていてもおかしくない。 業界内でもかなりのコワモテで知られていましたからね」と岡本社長について言及する。 岡本社長といえば、「ダウンダウン」のマネジャーを務めていた当時は、日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」にもたびたび出演し、松本や浜田雅功から番組内でイジられていたことはファンの間では広く知られている。 そのことでも分るように、かつての吉本ではダウンタウンのマネジャーを務めることは出世への登竜門だったわけですが、そのぶんプレッシャーも大きく、仕事もハードで、長く務められた者はほんの一握り。 そういう意味では、岡本さんは確かにスタッフとして優秀だったと思います」とは他の芸能事務所の幹部。 だが、その一方でこんな声も……。 「ダウンタウンを守ろうという意識の強さの裏返しか、マネジャー時代からとにかく現場では細かい注文が多く、幹部になってからは高圧的な態度も目立っていました。 『ウチの松本を何だと思っているんだ』、『おたくはダウンタウンを潰すつもりか』など、よくスタッフを怒鳴りつけている姿を目にしましたね。 幹部になってからも、ダウンタウンの現場には時々姿を現していましたが、部下にあたるダウンタウンの現役マネジャーらは戦々恐々といった感じで、周囲のスタッフも腫れ物に触るように扱っていました」 放送作家 さらに、その矛先はあの人気アイドルグループにも。 「ある番組に吉本所属のNMB48のメンバーが出演した際、大崎会長と岡本社長が現場に視察に来ていたことがある。 番組収録後、メンバーたちが番組内で披露したお手製のデザートを手に『もし良かった食べてください』とスタッフに配る中、現場にいた岡本社長にも声を掛けたら、『いらん』と不機嫌そうに拒み、『俺は秋元(康)は嫌いや。 信用ならん』って吐き捨てたことも。 それを隣で見ていた大崎会長は苦笑いを浮かべていましたね」(前出・放送作家) 今でこそ、吉本坂46を展開するなど吉本と秋元は良好な関係だが、当時は微妙な距離感にあったという。 「NMB48が始動した際はAKB48グループをバックアップしている京楽が『沖縄国際映画祭』のスポンサーをするなどの関係性はあったとはいえ、今ほどの友好頼関係にはありませんでした。 とくに若い頃にダウンタウンのマネジャーを務めていた岡本社長は、当時しのぎを削っていた、とんねるずと縁の深い秋元さんに対して、思うところもあったのでしょう。 自分の会社のお偉いさんにデザートを差し出したら、あからさまに不機嫌な態度で拒絶されたわけですから、さぞかし驚いたことでしょうね」(前出・放送作家) 元所属タレント2人の告発でパワハラ疑惑も浮上している岡本社長だが、果たしてその剛腕で窮地の吉本興業を立て直すことができるのだろうか。

次の

松本人志 深夜の緊急会談で進退口にした吉本・大崎会長に「全力で止めた。いなくなったら辞めます」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

大崎会長 松本人志

1980年「吉本興業東京支社」異動 1982年「吉本総合芸能学院」担当社員 2000年「株式会社ファンダンゴ」取締役 2001年「吉本興業」取締役 2001年「株式会社アール・アンド・シー」取締役 2002年「株式会社有明スタジオ」取締役 2006年「吉本興業」取締役 副社長 2009年「吉本興業」代表取締役 社長 2019年「吉本興業」代表取締役 会長 参考元: 上記の 経歴より、色々な 要職を務め、 約10年間に渡り、 吉本興業の 社長を務めていることが分かります。 そんな 大崎洋会長は、1980年に上司であった 木村政雄さんと共に 東京支社に異動後は、 漫才ブームを築きました。 なお、 木村政雄さんは、 横山やすしさん・ 西川きよしさんのマネージャーを 8年半務め、東京支社の 所長をしていました。 さらに、 大崎洋会長は、吉本興業の企業としての 近代化を進めると共に、 新たな劇場の建設や 若手育成に力を注いできました。 しかし、会社の方針に従わない芸人やタレントを大胆に リストラし、不祥事・モラルに反する行為を起こしたタレントに対し、 厳格な措置を取るという厳しい一面があります。 「岡本昭彦」さんは、吉本興業の社長であり、雨上がり決死隊の「宮迫博之」さんやロンドンブーツ1号2号の「田村亮」… 吉本興業大崎洋会長とダウンタウンの関係は? 大崎洋会長は、多くの吉本所属タレントの中でも、特に ダウンタウンと 強い関わりがあります。 1982年に 吉本総合芸能学院( NSC)の開校時の 担当社員となり、無名時代の ダウンタウンの 兄貴分・マネージャー的存在として業界に関する様々なことを 指導しました。 さらに、1980年代、まだ 松本人志さんが20歳頃、仕事が無く暇を持て余していたため、2人で 映画館や 銭湯などによく行っていました。 その後、 ダウンタウンは下記の 賞を含め、多くの 漫才コンテストで活躍し、 大阪での 確かな地位を確立していきました。 大崎洋会長:「俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら、これから先お前がどんだけ売れても、俺の言うこと1つだけ聞いてくれ。 」 松本人志さん:「いいですけど。 」 参考元: なお、「 この業界で成功しそうにない」とお互い思っていたから上記ように答えましたが、 大崎洋会長は、本当に 潜水してみせました。 そして、その20年後、本当に売れた 松本人志さんは、「 1つだけって、なに言われるんやろ? 断ったろ思ってんねんけど。 」と ネタにしていました。 しかし、 松本人志さんが、なかなか折れないある出来事があった時に「 あのときのプールの約束、今使うわ。 」と 大崎洋会長が言うと、「 こんなときにですか。 」と言いつつ、「 わかりました。 」と苦笑しながら了承したそうです。 上記のように、 ダウンタウンの現在の活躍の 影には、 大崎洋会長の 面倒見の良さや プロデュース力が大きく影響しているのではないかと思います。

次の