バフェット 太郎。 バフェット太郎の本名や年齢や評判は?仕事や年収も気になる!|ミノリー

くそダサい投資家バフェット太郎は俺の叫びを聞け!

バフェット 太郎

和製バフェットです。 『和製バフェットのシークレットポートフォリオZ』、このブログは一体何なんだろう? バフェット太郎の投資スタイルを「ハイテクは暴落しません!」と喝破したピッフィー氏の見解。 この見解に感動したいち投資家が、その素晴らしいコンセプトを継承し、米国株ブログ村のランキング高位から拡散を試みた行為ということか。 … あるいは、アンダーパフォーム太郎という言葉。 この言葉ほど、米国株ブログ村の中で心に残っている言葉はない。 ズバリ本質に切り込むコンセプトだからこそ、バフェット太郎は彼らに対し苛烈な追及を行ったし、おれとピッフィー氏を潰しに来たんだろう。 … 書きたいことは2019年の記事で概ね書いた気もする。 まあ、ブログはバフェット太郎にとってはビジネスであり、和製バフェットにとっては遊戯である。 だから必死になるのも分らんではない。 … 老後2000万問題、米国株式市場の盛り上がりとともに大量に市場に流入する新規投資家たち、そんな彼らを客として囲い込み、分かりやすい言葉で洗脳し、自らの利益の源泉とする。 実に見事な商売だと思う。 その正体はただの入金投資法で、それが分からない初心者も読んでいるのだから、和製バフェットがそれを指摘することには意味がある。 バフェット太郎の投資方法はただの金持ちの道楽投資だから真似してはいけませんと。 お金が増えない金持ちの道楽投資と言うと真実にも関わらず怒っていた自称ベテラン投資家と名乗る不思議な方々もいましたが、、、 だが、バフェット太郎の正体といってもその程度であって、それ以上に語るべきことがある訳でもない。 … やめだ。 これ以上戦ってもムダだとおれは思い始めた。 もうおれの気は済んだ。 貴様のプライドはすでにズタズタだ。 米株ブログ村で誰も超えるはずのない自分を超える者が現れてしまったのだからな。 しかもそいつは、ふっ、ハイテクに集中投資をした、たかがくそダサい投資家だった。 今の怯え始めた貴様を倒しても意味はない。 ショックを受けたまま生き続けるがいい、ひっそりとな。

次の

バフェット太郎10種を斬る!

バフェット 太郎

詳しくは「」をチェック! ウォーレン・エドワード・バフェット氏は、投資家はもちろん、投資家以外の人にも有名な「投資の神様」と呼ばれる大投資家。 経営難にあった繊維会社バークシャー・ハサウェイを1965年に買収し、保険事業を中心とした投資会社として再生させ、世界屈指の投資持株会社に育て上げた実業家。 1965~2014年の50年間の年間リターン(複利)は19. 基本的な投資スタイルは、緻密な企業分析をもとに、本来の価値よりも割安に放置されている株を購入し、株価が上昇したタイミングで売却して莫大な利益を得る「バリュー株投資」で、その投資手腕法は世界中の投資家から注目され、バフェットが保有する銘柄は「バフェット銘柄」と称されています。 1930年8月30日生まれ、今年で御年89歳。 2018年のフォーブスの世界長者番付では世界第3位、総資産はなんと840億ドル(約110円換算で約9. 2兆円!)の、大資産家です。 帯には「英語力ゼロ、知識ゼロでも10万円からスタート。 月3分チェックで、2年で1,000万円!」と書かれています。 世の中には「1年で1億円稼いだ」といった本もけっこうありますが、それに比べると「2年で1,000万円」というのはリアリティがあります(笑)。 正真正銘、リアルな数字ですからね。 本を出版する直前の2年間で約1,000万円の利益を手にしました。 ただ、「1年で1億円稼いだ」という本もウソをついているわけではないと思いますよ。 さすがに根拠のない数字をタイトルやキャッチコピーには使わないでしょうし。 けれど、その翌年も翌々年も1億円稼いだかといったら、おそらくそうではないでしょう。 たまたま1年間だけよくて、次の年にはマイナスに転じている可能性もあると思います。 僕は「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェットの名をハンドルネームに使っていますが、そのバフェットですら、トータル年利は20%程度ですからね。 1億円の元手があっても1年で2,000万円増やすのが精一杯なんです。 そうとうハイリスクなことをやらざるを得ないでしょうね。 当然、翌年すべてを失う可能性も少なくないということです。 そもそも僕は一獲千金を狙っていませんからね。 僕にとって投資というのはあくまでも将来への備えであり、年平均5~7%程度増やしていければいいと考えています。 できるだけリスクのない方法で、少しずつ増やしていければいいんです。 株式投資で得られる利益には大きく2種類あります。 株式の売買によって得られる「キャピタルゲイン」(売却で稼ぐ)と、株式を保有しているだけで得られる「インカムゲイン」(配当をもらうことで稼ぐ)です。 普通、株式投資で稼ぐというとキャピタルゲインをイメージする人が多いと思いますが、僕はインカムゲイン、具体的には「配当金」で利益を上げています。 厳密にいえば、配当金狙いでも株価下落のリスクがないわけではありません。 とはいえ、資産に大きな影響を与えるほどではありません。 同じ株式投資でもローリスクで資産を増やせる方法の1つといえます。

次の

くそダサい投資家バフェット太郎は俺の叫びを聞け!

バフェット 太郎

本記事の趣旨 バフェット太郎氏と歯科たろうは、同年代(おそらく)、同程度の毎月の入金力です。 (楽天証券内で)一方は 米国株投資のカリスマ、もう一方はカリスマに影響を受けた インデックス投資の素人投資家。 両者のH28. 1月以降の資産推移を比較し、今後どうなっていくのか検証します。 本記事作成のきっかけ 歯科たろうが投資を始めたのはもう15年以上前になりますが、当初はお食事券の優待目当てで数社の日本株を購入する程度でした。 その後持ち株はすべて処分し、株取引をしないまま数年経過しました。 H24年頃から株取引を再開し余剰資金で日本株を購入していきました。 当時は投資方針といえるものもなく暴落した銘柄の逆張り(東電など)やJT、花王などの高配当銘柄を適当に買い付けていきました。 それでも運良くプラスにはなりましたが、自身の方針が定まっていませんでした。 そんな折、バフェット太郎氏のブログ『』と出会いました。 バフェット太郎氏の記事は知識と教養に裏打ちされた分析だけでなく、ユーモアと少しの毒も含まれ、私は引き込まれて読み漁り、 資産形成ということを初めて意識するきっかけを与えてくれました。 以降、米国株に興味を持ち、バフェット太郎氏のポートフォリオに真似たJNJ、PG、WMTなどの個別株を購入していきました。 ちょうどトランプラリーの時期と重なりそれなりに含み益を抱えることができましたが、日々の値動きがどうしても気になってしまいます。 またしてもバフェット太郎氏のブログにその答えはありました。 その後、楽天バンガードシリーズ、eMAXIS Slimシリーズの販売を機に投資信託へと移り現在に至ります。 バフェット太郎氏はブログの内容から同年代だと推測しますが、おそらく私の倍以上の資産をお持ちです。 バフェット太郎氏は言います。 投資する者としない者とでは格差が拡大する 私はインデックス投資を継続して1年半ほどになります。 勝手に師匠と崇めているバフェット太郎氏との格差がどうなっているのか気になりました。 今回はその差を比較検討し、いずれは師匠越えを・・・と考えています。 両者の投資スタイルを比較します。 バフェット太郎氏の投資スタイル バフェット太郎氏HPより引用• 新規投資は基本的にインデックス型投資信託のみですが、日本株、米国株も現在所有しており、ちょうど三等分といった配分です。 両者の資産と格差の推移 資産推移 両者とも Buy&Holdのスタイルのため右肩上がりに資産は上昇しています。 また、歯科たろうはインデックス投資のためバフェット太郎氏に比べ 上下の波が少ないのがわかります。 格差推移 資産格差は拡大しています。 理由として挙げられるのは、 第一に 銘柄の選定です。 歯科たろうの投資する日本株は2018年以降低迷しています。 第二に 入金力の差です。 バフェット太郎氏はH30. (毎月100万円超の買付)今後も著書を出版されればバカ売れして再び入金力が高まるでしょう。 そうなれば資産格差は拡大の一途をたどります。 (第二作目、期待しています!!) 第三に 資産に対する複利効果です。 そもそも資産に差があるため同程度に成長していけば資産格差は拡大していきます。 私はこのことが 一番の要因だと考えています。 ゆえに今後も格差は更に拡がる、これが悲しい現実です。 しかし、私はバフェット太郎氏のお蔭で気づくことができました。 まとめ バフェット太郎氏は、 投資をする者としない者とで格差は拡大する と指摘します。 しかし、現実は 投資している者同士でも資産の差で結局格差は拡大していきます。 出来る限り早い時期にある程度の資産を積み上げられれば、時間をかけてゆっくり資産を拡大させることができます。 そのために歯科たろうに今出来ることは本業、副業の収入を上げつつ無駄な支出を減らし、インデックス投資をただ継続することです。 今後もバフェット太郎氏との資産格差に着目して投資継続のモチベーションとしたいと思います。 最後になりましたが、記事掲載にあたって快諾してくださったバフェット太郎氏に心から感謝します。

次の