セーラー服 と 機関 銃 キャスト。 「セーラー服と機関銃」35年ぶりに映画化!星泉役に大抜てき橋本環奈「カイカン」披露 : 映画ニュース

短機関銃/GM M3

セーラー服 と 機関 銃 キャスト

赤川次郎による同名の大ヒット小説を原作とし、薬師丸ひろ子主演で1981年に映画化され、社会現象を巻き起こした「セーラー服と機関銃」。 この後世に語り継がれる名作を2006年に長澤まさみ主演でドラマ版としてリメイク。 長澤はこの作品が連続ドラマ初主演となる。 長澤版「セーラー服と機関銃」は、舞台を2006年の東京・浅草に設定。 前半はコメディの要素を含みつつ、ドジで生真面目な泉が目高組組長として成長する過程を、後半はシリアスな要素を強調して目高組と敵対勢力との抗争を描いていく。 【ストーリー】 事故で突然、父・貴志(橋爪淳)を亡くした女子高生・星泉(長澤まさみ)の前に、浅草の弱小ヤクザ目高組の若頭・佐久間(堤真一)が組員たちを引き連れて現れた。 佐久間は、先代組長を亡くして解散寸前の目高組の存続のため、唯一の血縁者である泉に「組長」を襲名してもらえないかと頼み込む。 寝耳に水の話に初めは拒み続ける泉だが、結局は目高組八代目組長を襲名してしまう…。 そんな折、泉は警察から父の死は他殺の可能性もあると伝えられる…。 また、葬儀に父の遺影をじっと見つめる謎の女・真由美(小泉今日子)の姿が…。 更には、麻薬に手を出す悪道ヤクザ・浜口組と目高組との対立が激化。 そして、表向きは麻薬撲滅を掲げる大物政治家・三大寺(緒形拳)までもが現れ、事態は一筋縄ではいかない展開となっていく…。

次の

1981/12/21薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」がオリコン・チャートの1位を獲得。当初は作曲者の来生たかおが歌う予定だった【大人のMusic Calendar】

セーラー服 と 機関 銃 キャスト

この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2019年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2019年5月) 『』(1986年)、『』(1988年)など、「〜通り」の名を冠したドラマシリーズの第1作。 白弓学園の厳しすぎる校則をかいくぐりながら楽しい高校生活を送るという筋立てになっており、 いわゆる「」で一世を風靡したTBSが、当時社会問題になっていた校則の問題を中心に据える社会派ドラマ的な設定を取り入れながら、同じく話題となった『』のように、側の視点からコミカルな展開の物語を目指したことが窺える [ ]。 主演は前年1985年にデビューした石野陽子(後の)で、彼女の連続ドラマ初主演作となった。 他に、結成前の16歳時の、、、、、などが出演していた。 本作は漫画とのタイアップで、実際に少女漫画雑誌『』に同タイトルで同時期に連載がされている。 は実在の漫画家で、ドラマにそのまま名前が使われたが、メディアミックスや原作付きドラマというわけではなく、企画として同時進行させたもの。 たとえば、漫画は1986年2月号(1月発売)から9月号まで続いたが、内容としてはあまりシンクロしていない。 ドラマ内でも、ときおり実際の掲載誌やネーム(下書き)、生原稿などが見えるシーンがある程度。 コミックスは、から全2巻で発売された。 ロケは、休み中のにあるインターナショナル・スクール、の校舎を使って行われた(セット撮影は内)。 最終話の出演者へのインタビューで、「撮影で最も苦労したことは?」の質問に「ロケが寒かった」との発言がある。 同校は2000年に廃校となった。 この番組を最後に、桜中学シリーズなどを輩出したTBS系列金曜20時台のドラマ枠は廃止。 同枠はバラエティ枠へと転換され、『』の放送が開始された。 本作は、のにおけるリクエストドラマ作品で常に上位になっており、2007年4月から同チャンネルでの再放送が決定。 同年6月にも再放送された。 放送においても、時代に2度再放送されている。 キャスト [ ]• 紺野冬美 - 冬美、秋子、夏樹の「つづき春」の3人の中ではマネージャー役。 頭が良くしっかり者。 原秋子 - 3人の中で絵を担当。 漫画が描けなくなったら退学も辞さないと強気。 生島夏樹 - 3人の中では原作と台詞を担当。 彼氏が居り、交際も進んでいる。 田中義郎 - 教師で、あだ名は「」。 3人の理解者で「つづき春」の秘密を共有する。 花村舞子 - 少女漫画界のカリスマ的存在で、冬美、秋子、夏樹も憧れている。 武居俊樹 - 「ちゃお」の編集部員。 「つづき春」の才能を見出す。 羽鳥遼二 - 大学生で、夏樹のボーイフレンド。 プロのミュージシャンを目指し、ロックバンドをやっている。 牛込記 - 武居の上司。 田中の母 -• 近藤まさ子先生 -• 平山雪絵先生 -• 白石勇美蔵 - 白弓女子学園校長。 実際は学校経営の実践家というわけではなく、哲学者。 丹波敏江 - 白弓女子学園教頭。 「清く、正しく、美しく」のモットーを重視する。 紺野葉子 -• 早川 -• 沖田 -• 真理子 -• 律子 -• 多恵子 -• れい子 -• 生徒役 -• 清原 -• 長田薫 - (第3・4話ゲスト)• いただいてます司会者 - 「いただいています」は小堺の番組『』のパロディで、関根は盟友小堺の真似で登場している。 レコード会社の作曲家 - (ミュージシャン、キーボード奏者)• 新人歌手 - 出典: 「完全テレビシナリオ セーラー服通り」『週刊テレビ番組』1986年1月17日号、東京ポスト、 56頁 -。 スタッフ [ ]• 原案・脚本:• 脚本:安斎あゆ子、佐藤健• 音楽:• 劇中マンガ:• 演出・プロデューサー:• 演出:、山泉脩• 制作:TBS 主題歌・挿入歌 [ ]• 主題歌:「」• () 外部リンク [ ]• - (2012年10月26日アーカイブ分)• - メディア芸術データベース 前番組 番組名 次番組.

次の

セーラー服と機関銃(ドラマ)第1話から最終回まで全話を見逃し動画無料フル視聴

セーラー服 と 機関 銃 キャスト

寺田農/'42年東京都生まれ。 '61年、文学座研究所1期生に。 '68年『肉弾』(岡本喜八監督)で毎日映画コンクール主演男優賞。 『赤毛』などに出演 伊地智啓/'36年兵庫県生まれ。 映画プロデューサー。 '60年、日活入社。 '78年、キティ・フィルム設立に参加。 『あぶない刑事』シリーズなどを手がける 仙元誠三/'38年京都府生まれ。 撮影監督。 '58年、松竹入社。 '67年、独立。 主な撮影作品は『少年』(大島渚監督)、『Wの悲劇』(澤井信一郎監督) 伊地智 私がプロデューサーを務めた映画『』(相米慎二監督)が公開されたのは1981年でした。 配収は約24億円に達し、この年の邦画界で最大のヒット作になりました。 当時高校2年生の薬師丸ひろ子は、3本目の主演作となったこの映画で、人気女優の座を不動のものとしました。 相米監督にとっては、同じく彼女が主演した『』('80年)に次ぐ2本目の監督作でしたね。 仙元 僕は『セーラー服と機関銃』に撮影監督として参加しました。 いまでも思い出深いのは、クライマックスで、ひろ子が機関銃をぶっ放すシーンだね。 あんな迫力のある映像が撮れるなんて、思っていなかった。 寺田 撮影時に予想外の出来事がありました。 火薬で破裂させたガラス片が、ひろ子の左頬を傷つけ、血が吹き出たんです。 僕は共演者の一人として、あの現場に居合わせましたが、「ひろ子の立ち位置が前に出過ぎているんじゃないかな……」と危惧した矢先のアクシデントでした。 伊地智 だけど、ひろ子は怯まず芝居を続け、「カ・イ・カ・ン」というセリフによけい凄みが増した。 仙元 芯の強い、凄い子だと思いましたよ。 伊地智 こんなシーンは狙ったって撮れるものではありません。 あまりにいいシーンだったので映画のCMにも使わせてもらいました。

次の