ユチョン 裁判。 初公判でパク・ユチョン被告は嗚咽の反省文 法廷はすすり泣く声で充満

パク・ユチョン、裁判の後「監置裁判」が行われた同市長に自ら面会に行き物議

ユチョン 裁判

薬物使用容疑で裁判を受けたパク・が実刑は免れた。 言い渡されたのは懲役10カ月、執行猶予2年。 なぜ実刑は免れたのかを分析する。 7月2日、水原(スウォン)地方裁判所のキム・ドゥホン判事は、麻薬類管理に関する法律違反の疑いで裁判を受けたパク・ユチョンに懲役10カ月・執行猶予2年を言い渡し、140万ウォン(約14万円)の追徴を命じた。 また、保護観察および治療命令を下した。 (特集記事:) 裁判部はこの日、「被告人はファン・ハナと共謀、計3回ヒロポン2gを買収し、計7回の投薬をした。 被告人は自白しており、麻薬鑑定書など犯罪事実すべて有罪と認められる」として、「麻薬類犯罪は中毒性や個人的社会的弊害が深刻で、厳しく処罰しなければならない。 足の毛からヒロポン成分も発見された」と述べた。 しかし、裁判部はパク・ユチョンに懲役10カ月、執行猶予2年を言い渡した。 実刑を宣告しなかったことと関連し、裁判部は「被告人は拘束されて以降、犯行を認めており、反省する態度や前科のない初犯である点、さらには2カ月以上拘束されるなかで反省の意志を見せた」と説明した。 パク・ユチョンがこれまで水原拘置所に収監されて生活しながら自分の罪を反省し、また彼が初犯である点が考慮され、実刑を言い渡さなかったと見られる。 特に、初犯であっても麻薬関連事件に対して強硬に対処してきた司法部だが、パク・ユチョンが自ら反省する態度を誠実に示したことで、このような判決を下したものと解釈できる。 外部サイト.

次の

パク・ユチョン 初公判で事実を認め涙..「信じて下さった方に申し訳ない」

ユチョン 裁判

韓国人気俳優パク・ユチョンが兵役中に起こした性的暴行事件の当時の速報・告訴の内容と判決、事件の真相に迫っていきたいと思います。 『東方神起』から分裂し、日本でも人気だった韓国の人気グループ『JYJ』のメンバー、パク・ユチョンが、女性に対する性的暴行の疑いで告訴され、相手の女性が告訴を取り下げていたことを、韓国のメディアが一斉に報じたことは、記憶に新しいのではないでしょうか。 当時の現地の報道をまとめると、ソウル江南警察署が2016年6月14日までに、20代女性の告訴を受け捜査を進めていることを発表。 女性は『ユチョンが2016年6月4日未明、ソウル市・江南地区の遊興酒店 日本のキャバクラのような風俗店 に客として来店し、店内のトイレで私に性的暴行を加えた。 』と同月10日に訴え、事件当時に着用していた下着などを証拠として提出したというものでした。 その後、この事件は紆余曲折あり、まだユチョンは裁判の途中とのこと。 韓国人気俳優パク・ユチョンが兵役中に起こした性的暴行事件の当時の速報・告訴の内容と判決を知りた方はお見逃しなく! Contents• パクユチョンが兵役中に起こした性的暴行事件とは? ユチョン遅くなってごめん😢😢 除隊おめでと ;_; 日本語のメッセージupされたの見たけど日本語まじやばい😭😭泣いた。。 やっぱり私はユチョンの低いボイスが好きだ。 ユチョンはこれまで、軍服務を理由に言葉を惜しんでいたため、除隊日に明かす立場に大衆の関心が集まっています。 ユチョンの所属事務所C-JeSエンターテインメントの関係者は、『ユチョンが午後6時の退勤後、簡単なコメントを発表する予定。 質疑応答はなく、現場の状況に沿ってあいさつする。 』と説明し、理解を求めました。 約2年間の兵役中、誰よりも爆風のような時間を過ごしたユチョン。 ユチョンは昨年の性的暴行をはじめ4件の告訴事件に関して、すべて嫌疑なし処分を受けていますが、一体、兵役中に何があったのでしょうか? ここで、これまでの事件の報道の流れを整理していきます。 事件の経緯• 6月10日 最初の女性が警察に、ユチョンに性的暴行を受けた、と告訴状を提出。 6月13日 韓国のJTBC(中央日報系のケーブルテレビ局)が、パク ユチョンが性的暴行で告訴されたことを初めて報道。 6月14日 告訴した女性が告訴を取り下げ、合意の上の行為だったと釈明。 6月16日 第二の女性が、パクユチョンに2015年12月16日、性的暴行を受けたと警察に告訴状を提出。 この件を最初に報道したのは、YTNの放送では、告訴した女性のインタビューも流される。 警察は、この2番目の女性が、事件直後(2015年12月)にも、警察に相談していたが、その時は告訴に至らなかったと発表。 6月17日 第3・第4の女性が、パクユチョンを同様の容疑で告訴状を提出。 6月20日 パク ユチョン側が最初に告訴した女性らを誣告(ぶこく)罪(虚偽告訴罪) 恐喝罪で、逆告訴。 特に、6月18日と19日に、テレビでは時事番組で特集を組むなどし、パク ユチョンの事件を大々的に取り上げていました。 このような報道の仕方に対し、韓国の他の重要な事件を全く報道せず、告訴した女性の人権に対する配慮もない、興味本位の内容で、ユチョンの人権とプライバシーに対する侵害だと、批判がおこる程の加熱報道でした。 スポンサーリンク 『パク・ユチョン』告訴事件の判決は? ユチョンの挨拶を聴いて何だか胸が締め付けられた。 みんなを傷つけた分 ユチョンも傷ついたはず。 まだ本人が頑張るなら応援するしかない。 その裁判の行方について、2017年9月、新しい動きがあったようです。 2017年9月21日、ユチョンの所属事務所は、ユチョンの訴訟代理人の立場を発表しました。 虚偽の告訴人の誣告罪に対し、無罪判決は非常に不当である。 最高裁判所で正当な判決を期待する。 また、今後、インターネットなどで行われるであろう、ユチョンに対する無分別な虚偽の主張やデマについても法的に強力対応していく予定だ。 同日午前10時、ソウル高等裁判所で行われた控訴審の宣告公判で裁判所は判決を以下のように下しました。 誣告罪は客観的な真実に対する虚偽の事実がある場合に成立するが、ユチョンの主張だけで被告人が性的関係に同意したと見ることは難しい。 また、周りの証言や被告の主張などが完全に事実ではないと見ることもできない。 とし、A氏に嫌疑無しの判決を言い渡しました。 まだ、この事件の真相はつかめず、裁判での決着もついていないようですね。 『パク・ユチョン』ファンの反応・口コミ 心が壊れる程死にたい程申し訳なかったと語ったユチョン。 どうにもならない濡れ衣と虚偽情報の暗闇の渦中。 精神的にも極限生活を過ごしていたんだろう。 無嫌疑の彼が共に辛い思いをしたファンへ謝罪した事、結婚報告が遅れた事、その発信と削除全て正直ユチョンらしい。 心に届いたょ。 — yukimasya1004 yukimasya1004 ユチョンを犯罪者扱いされた、報道関係の皆さん、全ての疑惑無しの判決が出ました。 おそらく目的が達成されるまで、同じようなことが繰り返し起こるだろう。 一旦、休養してリセットした方がいい。 実力があればいつかは呼び戻してくれる人が必ず出てくる。 見たくない。 みんなを傷つけた分 ユチョンも傷ついたはず。 まだ本人が頑張るなら応援するしかない。 いかがだったでしょうか。 まだ、当時の暴行事件についての決着はついていないようです。 ユチョンは、自分にかけられた容疑を徹底的に晴らすべく、最高裁判所へ上告するようですね。 当時からわずか一週間で4人もの被害女性があらわれたり、あまりにも過熱する報道には何か背景があるのではと疑問の声があがっていたのも事実。 現に、ユチョンの代理人は、ネット上でのユチョンに対する誹謗中傷やデマの拡散などについても対処すると明言しています。 早く事の真相が明らかになり、ユチョンファンの一人としては、彼への疑義がはれることを祈るばかりです。

次の

ユチョンとファンハナの裁判の結果は?いつから薬物を使っていたのか?

ユチョン 裁判

ユチョンの自白「麻薬購入は4回、 投薬は6回」…弁護士もお手上げか 緊急記者会見まで開いて、「麻薬は決してやってない」と主張してきたユチョンが同会見の1か月前まで元婚約者のファン・ハナ氏と一緒に覚せい剤を使用していたことがわかった。 京畿南部地方警察庁の麻薬捜査隊によると、ユチョンは29日の取調べでほとんどの容疑を認めた。 ユチョンは今年2月17日、先月の10日と12日に1. 5gほどのヒロポン(メタンフェタミン)を購入した後、5回に分けて投薬した容疑がかけられていた。 5回の投薬に加えて、一人で一回投与した事実も自白した。 先月10日と12日に続いて13日にもファン氏と一緒にヒロポンを投薬し、同じ日に自身一人でもう一度投薬したことを打ち明けた。 これにより、現在まで明らかになったユチョンの疑惑は、4回の購入と6回の投薬となった。 一方、ユチョンの法律代理人であった担当弁護士が弁護中断を発表した。 クォン・チャンボム弁護士は30日、「本日からユチョンと関連する業務をすべて終了する」と伝えた。 理由については明らかにしていない。

次の