男の子 名前 一文字。 爽やかでかっこいいイケメンに!漢字一文字の男の子の名前ランキング!

男の子の一文字名前!古風、珍しい名前789例と名前で性格診断

男の子 名前 一文字

Contents• 男の子の人気の「名前」と「漢字」 まずは、こちらをご覧ください。 明治安田生命が1898年から毎年実施している名前ランキングの結果です。 そのランキングで、2014年の男の子の名前の漢字で人気だったベスト10の漢字がこれです! 漢字 順位 前年順位 太 1位 1位 翔 2位 2位 大 3位 3位 陽 4位 6位 斗 5位 4位 悠 6位 7位 真 7位 5位 人 8位 8位 琉 8位 10位 馬 10位 49位 そして続いては、2014年の男の子名前ランキングです。 男の子の名前 2014人気ベスト10 順位 名前 1位 蓮 2位 大翔 3位 大翔 4位 陽太 5位 悠真 6位 湊 6位 悠人 6位 陸 6位 駿 10位 朝陽 人気ベスト10の名前の中に 一文字漢字の名前が4つも入っています! この一文字名前は、の子の名前だけでなく、女の子の名前でも人気が上がってきていて男女共通での傾向といえます。 この、「一文字の名前」の特徴としては、 音の響きや、漢字の意味が、より強調されるところにあります。 たった一文字でも漢字から浮かぶイメージや同じ漢字でも読み方によっては古風に感じたり、かっこよく感じたりと印象がだいぶ変わってきます。 やさしい印象を与える男の子の一文字名前 優しい印象を与える名前を考える際に、最も重要になってくるのは、第三者が名前の漢字を見たときに、優しい印象を感じるかどうかになります。 優しいでも使われる「優」の字は、誰が見ても優しさを想像しますし、「和」という漢字は、「なごむ」という意味合いから、やはり優しさを感じやすいですよね。 優しいという言葉をもっと広げていくと、「大らか」や「温かみのある」と言った言葉も、優しさを感じやすい言葉。 「大」という字は、文字通りの意味になりますし、温かみのある漢字でいえば、例えば太陽を連想させる漢字や、春を連想させる漢字など、名前を見た人が温かみを感じやすいものであれば、自然と優しさを感じやすいのではないでしょうか。 ・優(ゆう・すぐる) ・光(ひかる) ・和(やまと) ・暖(はる) ・陽(よう・あさひ) ・泉(いずみ) ・純(じゅん) ・悠(ゆう・はるか) ・航(わたる) ・友(ゆう・とも) ・恵(めぐむ・けい) ・慈(しげる・いつく) ・満(みつる) ・空(そら) ・朋(とも) ・大(ひろ) ・旭(あさひ) ・佑(たすく) ・聡(さとし・そう) ・望(のぞむ) 古風な印象を与える男の子の一文字名前 古風というと、昔ながらの・・といったイメージを巡らせてしまいがちですが、決してそんなことはありません。 言い方を変えると、由緒ある名前ともなりますし、日本の伝統的な漢字を使うことによって、かっこよさや誠実さなど、第三者に与えるイメージは良くなる傾向にあります。 例えば、古風な印象を与える名前で「誠」という漢字があります。 「まこと」とも読みますし「せい」とも読むこの漢字を使った言葉には、誠実や誠意など、嘘や偽りのない様を表しますよね。 古くから使われている漢字なので、人は自然とその漢字の意味を覚え、その漢字が入っている名前=誠実な人に違いない、と思ってしまうのです。 少々硬いイメージと捉えがちですが、信念を持って人生を歩んで欲しいとか、着実に進んでいって欲しいという願いを込めるのには、向いている名前がとても多い印象があります。 ・歩(あゆむ) ・敦(あつし) ・健(けん・たける) ・悟(さとる) ・匠(たくみ) ・誠(せい・まこと) ・慶(けい) ・雅(みやび) ・武(たけし) ・仁(じん) ・陸(りく) ・昇(のぼる) ・和(やまと) ・護(まもる) ・賢(けん) ・寿(ひさし) ・譲(ゆずる) ・徹(とおる) ・龍(りゅう) ・理(おさむ) 中性的な印象を与える男の子の一文字名前 中性的な名前は、男の子にも女の子にも使える名前をさします。 しっかりとした男らしい印象を与えつつ、柔らかな女性的な印象も与えることができます。 中性的な名前で真っ先に上がるのが「翼」。 「つばさ」は、男の子に付けた場合大空を自由に力強く羽ばたく印象がありますが、女の子に付けた場合は、力強さというよりも軽やかな印象を抱きますよね。 つまり、中性的な名前は、どちらにつけてもおかしくない漢字でありながら、性別によって微妙に意味合いが異なってくるということ。 その点を上手に使えば、素敵な名前が誕生するような気がしますよね。 今では外国への行き来が自由になり、国際的に羽ばたいていく日本人も増えています。 世界に羽ばたくことをイメージした名前も良いかもしれませんね。 ・翼(つばさ) ・聖(ひじり) ・累(るい) ・景(けい) ・瑞(みずき) ・蛍(ほたる) ・晶(あきら) ・碧(あおい) ・渚(なぎさ) ・淳(じゅん) ・輝(ひかる) ・結(ゆう・ゆい) ・真(まこと) ・薫(かおる) ・司(つかさ) ・涼(りょう) ・楓(かえで) ・尚(なお) ・希(のぞみ) ・晴(はる) かわいい印象を与える男の子の一文字名前 男の子が可愛らしい名前を付けることで得られる効果は優しい印象の名前と似ていて、可愛らしい印象を与える漢字を使った名前は、相手を安心させる効果がありますよね。 響きが可愛らしい響きもまた、相手に安心感を与えますし、親しみを持ってもらいやすくなります。 しかし、可愛らしい名前は、誰からも愛されることは間違いありませんが、あまりにも可愛らしすぎるのは考えもの。 その子が一生、付けてもらった名前を背負っていけるように、男の子であることも意識した名前をつけるようにしましょうね。 ・星(せい) ・天(てん) ・柚(ゆず) ・心(こころ) ・静(しずか) ・遙(はるか) ・環(かん) ・紡(つむぐ) ・凜(りん) ・滴(しずく) ・円(まどか) ・詞(うた) ・陽(はる) ・宙(そら) ・獅(れお) ・咲(さく) ・歩(あゆむ) ・岬(みさき) ・皐(さつき) ・珀(はく) おしゃれな印象を与える男の子の一文字名前 おしゃれな印象を与える名前には、近代的なイメージが連想されるものや、外国風なイメージのものなどがあります。 最近では、漢字とは別な読み方をさせることでおしゃれな印象を与える名前も。 こちらも注意すべき点として、あまりにも凝った名前にしてしまうと読めない場合があります。 人に広く覚えてもらい、愛されるのが新の目的である訳で、子供の未来を最優先に考えて名前を付けるべきです。 子供が愛着を感じられる名前で、皆に愛されるおしゃれな名前をつけてあげるようにしましょうね。 ・天(そら) ・永(はるか) ・究(きわめ) ・凱(がい) ・魁(かい) ・劉(りゅう) ・光(らいと) ・虎(たいが) ・昴(すばる) ・基(もとい) ・麗(あきら) ・弦(ゆずる) ・遼(りょう) ・煌(こう) ・柊(しゅう) ・縁(えにし) ・丈(じょう) ・岳(がく) ・郷(ごう) ・誉(ほまれ) 珍しい印象を与える男の子の一文字名前 珍しい名前は印象に残りやすく、早く名前を覚えてもらえるメリットがあります。 普段使う漢字でも、名前にすることがなかった漢字や、響きが珍しいパターンなどさまざま。 しかし、名前に込められている願いはしっかりしていて、納得がいくものが多い印象です。 例えば、「雄」という字を使った名前、「ゆう」。 ゆうという名前は、「悠」や「友」などを使う名前が多く、雄を使うのは珍しいかもしれません。 丸く穏やかに、円満な人生を歩んで欲しいという願いを込めて付けられることの多い「まどか」という名前も、「円」という字を使うことが多いですが、旧字の圓とすると、珍しい上に、知的さも感じますよね。 ・雄(ゆう) ・諄(まこと) ・謙(ゆずる) ・叶(きょう) ・絢(けん) ・琳(りん) ・黎(れい) ・耀(よう) ・璃(あきら) ・極(きわむ) ・誉(ほまれ) ・廻(めぐる) ・椛(もみじ) ・潮(うしお) ・菖(しょう) ・倭(やまと) ・尊(みこと) ・巽(たつみ) ・要(かなめ) ・丞(たすく) 個性的な印象を与える男の子の一文字名前 個性的な名前もまた、覚えてもらいやすいのがメリットとなります。 どんな人間になってもらいたいかなどの願いをダイレクトに込めることもでき、既成概念に捕らわれないで名前を付けることができますよね。 やはりこの手の名前も、子供が一生その名前を背負っていけるかを、しっかりと考える必要があります。 あまりにも個性的な名前を付けた結果、子供が大きくなってから結局改名したという事例も少なくないようです。 名前が原因で、言われ無き仕打ちを受けることも報告されていますので、くれぐれも慎重に名前を付けてあげて下さいね。 ・宙(こすも) ・恩(めぐむ) ・玄(はじめ) ・袖(つむぎ) ・証(あかし) ・鐘(あつむ) ・浬(かいり) ・朔(さく) ・傑(すぐる) ・陸(だいち) ・輝(てるき) ・睦(むつみ) ・流(ながれ) ・棗(なつめ) ・錦(にしき) ・聖(ひじり) ・畔(ほとり) ・澪(みお) ・力(ちから) ・湧(わく) 最近人気の一文字名前5つとその意味 ここでは、最近人気のある一文字名前をピックアップし、その意味を見ていきます。 海 海は、「かい」「うみ」などと呼ばせることが多いようです。 広く大きな海のように、周りの人を大きく包み込み、広い心を持って育って欲しいという意味が込められています。 愛情深い子に育って欲しいという、パパとママの願いが込められているのでしょうね。 なお、パパやママが海が好き、若しくは海に関わる仕事をしている人が名付けることが多いようです。 空 空は、「そら」「くう」「こう」などと呼ばせることが多いようです。 空もまた、海と同じく自然の中のもので、大きく無限に広がっていますよね。 そのことから、大らかな子供に育って欲しいという願いや、空には境界線がないことから、人を差別することなく、広い視野を持って欲しいという意味も込められているようです。 青く澄んだ爽やかなイメージを与えるので、近年、男の子の名前で人気の高い漢字になっています。 月 月は、「あかり」「らいと」など、一歩先の意味合いで呼ばせることが多いようです。 暗闇を優しく照らし、常に穏やかなイメージがあるので、誰にでも優しく思いやる心を持って欲しいという意味があるようです。 また、月は神秘的なイメージがあり、満ち欠けのサイクルがあることから、変化に負けない強さを持って欲しいという願いを込める場合もあるようです。 白 白は、「あきら」や「きよし」など、連想させる呼び方にする場合が多いようですが、最近では「はく」とそのまま読ませることも。 白は、純真無垢や純粋など、汚れのないイメージの象徴であり、色の中でも一番明るい色味。 そのため、清く正しく人生を歩んで欲しいという意味があり、自分の考えをはっきりと言える、明朗活発な子になるように願いを込めることが多いようです。 和 和は、「なごむ」や「やまと」などと呼ばせていることが多いようです。 平和や和みなどの意味が強く、和風や和食などから日本的なイメージもあります。 心優しく穏やかに育って欲しいという願いや、落ち着きをもって人々を和ませ愛される存在になって欲しいという願いを込めて、名付けられるようです。 まとめ 漢字一文字の名前は、 視覚にすっと入り、印象に残るインパクトがあります。 音の響きも強調されやすく、相手に自分を表現しやすいのも魅力と言えるのではないでしょうか。 一文字名前は二音のものが多いですが、中には三音のものもあり、イメージを広げて読ませることも可能です。 そんなこともあり、あえて、50音順ではなくバラバラに紹介しています。

次の

【創作支援名前倉庫】漢字一文字の名前(男)

男の子 名前 一文字

藍はタデ科の植物のことです。 大昔では藍を青色の染料として使われたり、乾燥させて解熱や殺菌の漢方薬として使われたりしていました。 栄誉を称える藍綬褒章や、僧侶が修行する場所の意味がある伽藍などの言葉にも藍の漢字が使われています。 6月は梅雨の時期で雨が多いことから、イメージカラーが青色や緑色などの寒色が多いです。 藍は青色の染料で使われることが有名なので漢字にも青色のイメージが持たれます。 色からの印象で冷静に物事を考えられる素直な子になってほしいという願いを名前に込めることが出来ますね。 6月に合った爽やかな名前です。 葵はアオイ科の植物の総称で、アオイ科にはハイビスカスやムクゲなどがあります。 元々は葵はフユアオイという植物のことを指していました。 アオイと名付けられたのは植物が太陽の方へ曲がることから、日を仰ぐからきているといわれています。 アオイ科のハイビスカスやタチアオイが6月に開花することから、6月にちなんだ名前として葵をつけることができますね。 また葵という名前に葵の植物のように力強く生きてほしいという願いも込められます。 あおいと読む男の子の名前の漢字は蒼と葵以外にもまだまだあります。 こちらの記事で漢字一字であおいと読む漢字や、二文字以上であおいと読む漢字を180もまとめています。 漢字の由来と意味も一緒に紹介しているので、ぜひ名付けの参考にしてみてください。 涼はすずしいという意味です。 6月は5月よりも気温は上がりますが差はあまりなく、梅雨の時期で雨が降ることで全体的に涼しい季節です。 雨や海など水が関連する月なので、涼しいという漢字も6月に関連してきます。 涼は寒いよりも涼風のように爽やかな風のイメージなので、爽やかで聡明な人になってほしいという願いを名前に込めることができます。 6月は雨がおおくジメジメした印象が強いので、そのジメジメも跳ね返してしまうような爽やかな名前を付けてあげてはいかがでしょうか。 蛍はホタル科の甲虫のことで、発光する虫として有名ですね。 夜行性で夜に光る蛍は夜空の星のような美しさがあります。 また日本で有名なゲンジボタルはきれいな場所でしか生息しないことから、名前に付けても虫のイメージよりきれいなイメージが強くなります。 蛍は初夏の湿度の高い時期によく見られます。 なので6月は蛍が活発になり蛍の観賞スポットでは6月に夜間開放している場合が多いです。 蛍の漢字1一字はほたる以外にもけいとも読めるので、蛍でけいと名付けてもいいですね。 けいという名前は男の子に多い名前です。 蛍のように漢字一字でけいと読む名前もあれば、結生や恵衣のように漢字二字で読む名前もあります。 男の子の名前に使えるけいの漢字を180もこちらの記事で紹介しています。 男の子の名付けに悩んだ時や、けいの響が好きな方は男の子の名前の参考にしてみてください。 6月は旧暦では別名水無月と言われていました。 この水無月にちなんで水月と名付けることができます。 瑞樹や聖などみずきは男の子にも女の子につけられることが多い名前なので、水月も男女どちらでも違和感ない名前ですね。 読み方はみずきの他にも、みつきとも読めます。 水は透き通ったキラキラしたイメージで、月は夜を照らし輝いているイメージがあります。 この2つの漢字の組み合わせで名付けることで、水のように澄んだ心をもって闇を照らせる人になってほしいという願いが込められますね。 敦紫の紫は6月に関連した漢字です。 紫陽花やムラサキシキブやムラサキツユクサなど紫色の花が6月にはたくさん咲きます。 なので紫という漢字を名前に入れることで6月に関連した名前にすることができますね。 冠位十二階の最高位や高徳の僧侶が紫衣を着るなど、紫色は日本では高貴な色として扱われてきました。 またローマでも特権階級の色として紫色が使用されていました。 人情にあついという意味の敦と組み合わせることで、人情を大切にして偉い人になってほしいという願いを込めることができます。 6月と言えば梅雨の季節です。 雨の漢字を名前に使うと6月に生まれた子に合っていますね。 雨はジメジメした嫌なイメージがあるかもしれませんが、雨は植物を育て水を循環してくれる大切なもので恵みの雨という言葉のようにいいイメージもあります。 また珠は貝の丸いたまという真珠の意味があります。 6月の誕生石は真珠(パール)です。 誕生石を身につけることで石のパワーを貰えるので、誕生石を名前につけることで真珠の健康や長寿のパワーを子供にあげることができるかもしれません。 珠は音読みでしゅで雨はうなので2つ合わせてしゅうと読みます。 6月の誕生石は真珠以外にムーンストーンがあります。 月の光が入っているような石で和名で月長石と書きます。 恋人たちの石と言われムーンストーンを持っていることで愛を成就してくれる言い伝えもあります。 またインドでは聖職者が持っていたり、ヨーロッパでは旅の安全祈願として持っていたりと世界中で大切にされてきた石です。 この月長石の月を名前に入れることで子供が愛に囲まれて生きてほしいという願いを込めることができます。 惟はよく考えるという意味の漢字で、考えて行動する子になってほしい場合に名付けられます。 露は水滴のことで雨の多い6月に関連した漢字です。 また露天や暴露のようにさらけ出したことの意味もあり、隠し事をしない人になってほしいという思いから名付けることもできます。 陽は日の光や太陽の意味なので、雨雲で太陽が隠れる日が多い6月と関係ないように思えますが陽にはあたたかいやあかるいという意味もあります。 6月は初夏で段々と気温が上がる季節なので、初夏のようにあたたかい心を持った人になってほしいという願いが含まれています。 6月と言えば梅雨なので、6月生まれの子に雨の漢字が使われることが多いです。 雨は恵みの雨とも言い、命を育てる無くてはならないものなので名前でもいい意味として使いやすい漢字です。 また6月の雨は初夏の暑さを涼しくしてくれるので、さわやかという意味のある爽をつけると6月の雨にちなんだ名前になりますね。 また雨のジメジメした印象を爽の漢字と組み合わせることで、嫌なイメージを払拭してくれます。 涼夏にはすずしいなつという意味があります。 6月は初夏の季節で、気温では春のポカポカした暖かさから夏の日が照る暑さに変わっていく時期です。 6月は夏の季節ですが7月8月よりも気温は暑くなく、6月生まれの子にの名前に夏をつけるのに違和感がある方もいるかもしれません。 そこですずしいという意味の涼をつけることでだんだんと暑くなるけれどまだ過ごしやすい気温の6月らしさがでますね。 6月は初夏ですが初夏の季語には新緑や青葉や若葉など草や植物の緑に関係した言葉が多いです。 まだ若く青々とした植物が6月には多いので、季語もまだ葉をつけたばかりの植物の様子を言った言葉が多くなっています。 草汰のように男の子に草や緑など植物に関連した漢字で名付けることで、6月の若葉のように生き生きと育ってほしいという思いを込めることができます。 撫子も秋の七草のひとつで、和歌の掛詞には撫でし子が使われています。 日本女性のことを表す「大和撫子」という言葉もあります。 今では理想の日本女性の美しさを表し褒め言葉として使われます。 撫子には「大胆」という花言葉があります。 撫子にちなんだ名前をつけることで日本女性らしい美しさを持ちながら、時には大胆に行動できる女の子になってほしいという願いが込められています。 花は美しいイメージも可愛らしいイメージもあるので、女の子の名前にピッタリですよね。 紹介した陽花・桔梗・撫子以外の、女の子の名前に使える花の名前をこちらの記事でまとめています。 花の咲く時期も一緒に紹介しているので、生まれ月にあった花の名前を付けることができますよ。 6月生まれの男の子に合った名前をつけよう 6月は梅雨や初夏のイメージがあります。 6月生まれの子に6月の意味のある漢字や季語を名前に付けることで、自分の生まれた月を大切にしてくれる子になるでしょう。 漢字一字や漢字二字以上の6月生まれの男の子の名前一覧を参考に、素敵な名前を付けてあげてください。 子供の名付けに悩んでいる方は、こちらの記事も読んでみてください。 男の子と女の子の古風な名前を24つ紹介しています。 漢字一字や漢字二字の昔から使われてきた名前を、名前に込められる意味も一緒に紹介しています。

次の

一文字に願いを込めて名付けてみませんか?漢字一文字の名前特集~男の子編~ [ママリ]

男の子 名前 一文字

・歩(あゆむ) 金八先生(ちょっと古いですね)で一躍有名になった名前ですが、一歩一歩確実に歩んでいってほしい。 という親の願いを込めるにはいい名前ですね。 ・要(かなめ) もともとは「扇の要」を意味する漢字ですが、そこから発展して「物事の要点」、「一番大事な部分」というような意味合いもあり、男の子には人気の名前です。 ・優(ゆう) 「優」には「すぐれている」という意味もありますが、名前に込める意味としては「やさしい」のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。 「優しくなければ生きていく資格がない」という言葉もあるようにやさしい人間に育ってほしい。 という願いを込めるケースが多いようです。 ・大(だい) 「大」には単に「おおきい」という意味から発展し、「度量の大きさ」、「大きな視野」という意味や「位の高さ」などの意味があります。 まさに「大成」して欲しいという願いを込めるにはいい名前ですね。 ・徹(とおる) 「徹」には貫き通す。 という意味があります。 人生何事も最後まで物事を貫き通して欲しい。 という願いを込めるにはいい名前ですね。 ・凛(りん) 身が引き締まっている様子を表す「凛」は響きもかわいらしく人気のある漢字ですね。 ・紬(つむぎ) 「紬」は本来の意味である糸を紡いで作った着物から発展して、糸を紡ぐように愛を育てていく。 という意味合いもあり、人気の名前です。 また、響きもかわいらしく「つむぎ」はアニメのキャラクターでもよく目にしますね。 ・七(なな) 「七」という漢字自体に特別な意味はあまりありませんが、日本でもキリスト教圏でも7は特別な数字として扱われており、7が好きな数字という人も多いのではないでしょうか。 また、「なな」という響きもかわいらしいですね。 ・礼(あや) 礼を重んじる日本人にとって「礼」という漢字は少し特別な位置付けではないでしょうか。 礼儀正しい女性はそれだけで美しく感じますね。 ・笑(えみ) 女性の笑顔はそれだけで周りの人達を幸せにする力があります。 いつもニコニコしている女の子も周りからとても好かれますね。 ・聖(ひじり) 「聖」という文字は徳が高く尊敬される人を意味しますが、女の子の名前の場合は清らさをイメージさせますね。 「聖」という字を使った名前では圧倒的に「聖子」が多いと思いますが、一文字で「ひじり」と読ませる名前も人気がありますね。 ここまで漢字一文字の名前を色々な観点で紹介しましたが、厳選したこともあり、いい名前が沢山ありました。 男の子では力強くて男らしいイメージが強いですね。 また、女の子はやさしい、かわいいというイメージが先行します。 漢字自体の意味やイメージがそのまま名前に反映されることもあり、名前としても付けやすい漢字も多く、いわゆるキラキラネームのように変に凝った名前にもなりにくい点も漢字一文字が人気の理由かもしれません。 漢字二文字の名前が一般的。 ということもあり、一文字の名前はそれだけで覚えてもらいやすいですね。 また、画数を気にするお父さんお母さんも一文字であれば組み合わせも考えやすいですね。 このような素敵な漢字一文字の名前を付けてあげてください。

次の