薬屋 の ひとりごと 羅漢 ネタバレ。 【薬屋のひとりごと】8巻(1話~10話)のネタバレ情報満載!!

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 7巻 ~羅漢に将棋の勝負を挑み負けたらある妓女を身請けするように要求する猫猫 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

薬屋 の ひとりごと 羅漢 ネタバレ

で、猫猫の本当の父は、ルオメンの弟の羅漢(らかん) 変人だけど、天才で、特に軍略がすごいのね ただ、脳みその関係で、人の顔が覚えられない。 m(_ _)m 最近の投稿• 2020年6月28日• 2020年6月27日• 2020年6月26日• 2020年6月25日• 2020年6月24日 カテゴリー• 3 人気の投稿とページ• アーカイブ• 18 Twitter もしてます。

次の

薬屋のひとりごと【8巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

薬屋 の ひとりごと 羅漢 ネタバレ

Contents• 【薬屋のひとりごと】1話、2話のネタバレ 1話 風が冷たくなってきた頃、猫猫のところに山のような書物が送られてきた。 先日の毒見事件で重傷だった姚がなんとか元気になって玄関に出てきて不思議そうに一緒に見つめていた。 猫猫は、この碁の教本を売り払うことを決める。 次の日の休日、姚は毒見で顔に黄疸が出ている部分を隠すための薬を買いに行こうと猫猫と燕燕を誘って出かける。 2話 3人で買い物に商店街に来ている。 姚が猫猫の持っている布包みに気付き聞くと、碁の本を売ろうと持って来たと。 猫猫は姚の体を気遣い行きつけのお店に行き胡麻入りの芋粥と牛乳を注文する。 食後、白粉を求めて化粧品屋に行く。 行く道すがら大通りを歩いていると、以前と様子が変わったことに気付く。 派手な色合いの織物や装飾品そして西から取り寄せた葡萄酒まで売っている。 後ろ髪惹かれつつ、目的の化粧品屋に到着する。 若い娘が心惹かれる作りの店内には店主が見える。 上品な雰囲気の店主だ。 【薬屋のひとりごと】3話、4話のネタバレ 3話 壬氏の執務室は、大量に積まれた書類に順番待ちをする文官と相変わらず忙しい光景が広がっていた。 しかし、この前までに比べたらひと段落した様子。 そんな中、仕分けをしている文官の一人がそわそわしている。 その様子を怪しんだ馬閃は、「本を出す」という旨が書かれている紙切れを文官からもぎ取る。 内容は、なんと漢大尉が書いた碁の本の宣伝だった。 壬氏は文官の話を聞いて、所用の為の金が入った財布を渡し、自分用も合わせて買いに行かせる。 数日後、宮中では至る所で、ぱちん、ぱちんと石を並べる音が響いている。 どうも、碁が流行しだした様子。 被害状況を見に行きたいところだが、さらに仕事をため込むことになる。 その時文官の一人が、仕事を部下に任せては?と提案する。 どれも大事な仕事。 部下に任せるということはご法度!! しかし、聞けば他の部下たちは任せている者もいるとのこと。 適任者がいると聞き、壬氏は一人思い当たる人物が浮かんだ。 4話 その思い当たる人物とは。 昨年、4年に一度の最難関の試験「科挙」に初受験で合格したにも関わらず官職にも付いていない男がいた。 採用後、黙々と仕事をこなし、山積みだった書類の山は向こうを見渡せるようになった。 この男、馬良は科挙を好成績で合格しておきながら、病弱と独特の思考で周囲から反感を買い胃を患い仕事を辞めている。 馬良の姉の麻美は弟の傍にいて壬氏とのやり取りを上手く仲介していた。 その麻美が壬氏に差し出した碁の本の中に、年末開催予定で宮中で碁の大会があるという。 碁の大会の開催場所についての麻美の思惑を聞き、壬氏は舌を巻く。 【薬屋のひとりごと】5話、6話のネタバレ 5話 壬氏は麻美に促されて、苦手なら羅漢の執務室に来る。 羅漢も壬氏を嫌っている。 壬氏はさっそく本題に入り、今度開かれる碁の大会について尋ねる。 開催場所が問題なのだ。 羅漢も対抗する。 羅漢の言い分は、「皆、娯楽に飢えている。 碁は石さえあれば楽しめる」と。 壬氏は碁の開催が悪いのではなく、開催場所が問題だと伝える。 そこは、賢い麻美の機転で上手く伝えることに成功した。 ついでに、本来羅漢の仕事だったが壬氏に押し付けていた仕事も返すことが出来た。 実は、羅漢が碁に思いを込めるのには訳があった。 猫猫の母は、以前妓女であった頃は碁の名手であった。 猫猫の母を見受けした羅漢は、彼女との記録を残すために本を作った。 碁の大会は、その延長線上のことである。 考え込んでいる壬氏に麻美は助け船を出す。 医官の名簿を羅漢に差し出す。 その名簿には、羅漢が愛してやまない娘と伯父の名前があったのだ。 それを見て承諾する羅漢を見て、いつもやられてばかりだった壬氏は笑みをこらえるのに精いっぱいになった。 しかし、名ばかりの官職の壬氏と違い、実力を兼ね備えている羅漢に太刀打ちするにはどうすればいいのかと考える壬氏。 6話 猫猫の養父のところに一つの仕事が舞い込んできた。 事件が起きたようだ。 武官の身内の女性が刑部の高官の息子に乱暴された。 その息子は三つ子で誰が犯人か分からない。 女性は訴える。 しかし三つ子の父は、誰が犯人か分からないのに裁くことは出来ないと言っているという。 そこで、内部調査から始めようと養父は言う。 養父は第三者も必要だと猫猫も付き添いにする。 養父は三つ子と多少の面識がある李白を呼ぶ。 三つ子の性格や仲が良いかどうかなどを根ほり葉ほりと聞く。 さっそく三つ子が上から順番にやってきて、養父は一人ずつ聞き取り調査をする。 聞き取り調査の後、真相が分かったような養父。 猫猫や姚などを呼んで、今聞いた話の整理をすると言う。 養父は地図と置物を用意して、説明を始めた。 養父は「音」で犯人がいる場所を見事に見抜いた。 【薬屋のひとりごと】7話、8話のネタバレ 7話 壬氏は、西の旅以来久しぶりに遠出をする。 こう害が発生した地域の視察に出掛ける。 村長がごちそうを用意してくれていたり、バッタに食いちぎられた麻の着物を見せてくれる。 壬氏が村の状況を教えて欲しいと村長に言うと、村の見取り図を持ってくる。 半月程前、北西の空から黒い雲が見え、おまけに耳障りな音が近づいてきたと思うと バッタの大群がいきなり襲ってきた、と。 大群は、村にやってくるなり収穫前の稲を食い荒らした。 村人たちは、松明や網で応戦する。 バッタは、稲だけに飽き足らず村人の衣服や靴や髪や肌にまでかじりついてきたと言う。 男たちは、バッタを捕まえては焼き捕まえては殺していった。 バッタはついには、家の中にまで入ってきて、その襲来は三日三晩続いたという。 裏庭の穴に埋められたバッタの死骸を、壬氏は村長に案内されて見に行く。 この場合、薬屋の娘ならどうするだろうか?と壬氏は考える。 壬氏はその場にしゃがみ込み、バッタの死骸を手に取り眺める。 小刀を取り出して、バッタの胴体に突き立てる。 村人たちは不審な目で見ているが気にしている場合ではないはずだ。 腹には卵がいる。 生き残った卵を全滅しなければ終わらない。 「地を焼くぞ」と壬氏はそっとつぶやく。 8話 秋の早朝、猫猫のもとにバッタの死骸が送られてくる。 姚がそれを見て猫猫に「あなた、いじめられているの?」と言う。 上からの命令で持ってきたから、早く持っていけと医官にせかされる。 猫猫は姚に手伝ってもらいながら、バッタの足や羽の長さを測る。 バッタは周囲の村には発生していなかった。 この種のバッタは、季節風に乗って数十里飛んできた様子。 猫猫は、この前のお礼にと兄から高価な人参をもらい、思わず喜びの舞いを舞ってしまった。 【薬屋のひとりごと】9話、10話のネタバレ 9話 壬氏はその位の高さから、地位だけ高い閑職を与えられている。 そして麻美が来てからは、雑用はそれぞれの部署に押し付ければいいとアドバイスを受けそれぞれの部署に渡す。 しかし、壬氏の若さからうまく断られることが多いが、とにかく押し付けて来い!と麻美に部屋を出される。 しかし考えてみれば、仕事をさぼっている者が多い。 壬氏が傍に来ると、そっと何かを隠す。 今、はやっているとは言え、欄干にもたれて碁の本を読む者や休憩所には碁盤の周りを何人もの官たちが囲んでいる。 その様子を見ると、壬氏が今まで睡眠を削って仕事をしてきたのがばかばかしく思えてくる。 ふと、辞令が貼られる掲示板を見ると、碁の大会の紙が張り出されている。 この間話していた宮中ではなく、一応場所は変えている。 参加費が良心的だと思っていたが、「漢大尉への挑戦権、銀十枚」だという。 しっかり商売っ気を出している。 あと、碁の本も売るつもりのようだ。 壬氏は「銀十枚なら安いものか?」と対戦を思案する。 考えながら自室に帰ると、いつもと雰囲気が違う。 「客人か?」 皇帝の話から皇后になった玉葉后の話になり、心配なので顔見知りの毒見役を付けたいと言っていたことを聞き 壬氏はドキッとする。 その後、葡萄酒の酸味と甘みの話になる。 壬氏は、以前猫猫から聞いた「葡萄酒には毒が無くても、鉛の器に入れて飲むと毒に変わる」という話を皇帝にする。 また考えれば、「以前騒動になり禁じられた毒白粉を葡萄酒の甘味料に転じた」とも考えられるという話に展開していく。 そして、壬氏は皇帝に、今度催される碁の大会の為に指南役を借りたい旨を願い出る。 10話 猫猫は仕事が終了して自室に戻りわずかな時間で薬草の研究をする。 自分の左腕に小刀を当てているところを、ちょうど姚に見られてしまう。 猫猫としては、いつものことで驚かれても困る。 しかしそのやり取りで、作っていた料理が炭に化してしまった。 仕方なく、粥と鍋といういつもより少しだけ質素な食事をいただく。 そして姚が何か自分に用事があってきたことを思い出し聞くと、園遊会が開かれる日程表を渡される。 しかし、今回の園遊会はいつもとは多少趣旨が違う。 西都の徴兵も子の一族の反乱の可能性もあり、玉葉后が利用されるのでは?と危惧される。 この記事を書いた人 kawa comic大好き女子です。 気になる情報をお伝えしたいです。

次の

薬屋のひとりごと(漫画)最終回のネタバレと感想!結末が気になる!|漫画ウォッチ

薬屋 の ひとりごと 羅漢 ネタバレ

あなたはミステリーが好きですか? それともラブコメが好きですか? どっちが好きでも、どっちも好きでもオススメの漫画があります! 【薬屋のひとりごと〜後宮謎解き手帳】です。 主人公は17歳の少女。 なんと薬屋であります。 この薬屋の少女が宮中で起きる事件を解決する物語です。 薬屋が事件を解決することなんて今までなかったですよね! さらにラブコメにも新しいものがあります。 まず女性主人公が恋をするのではなく恋をされる側です。 普通なら鈍感男性主人公がヒロインの感情に気づかないですが、今回はその逆です。 鈍感な女性主人公がアピールしてくるイケメン男性に気づかないのです(笑) この2つの要素が組み合わさった新感覚のミステリー、ラブコメ漫画です。 この記事では『薬屋のひとりごと』7巻ネタバレを紹介していきます! もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTなら600円分のポイントがもらえます。 薬屋のひとりごと 作品情報• ジャンル:少年マンガ• 出版社:小学館• 掲載誌・レーベル:サンデーGX• ページ数:164ページ• 発売日:2020年02月19日 薬屋のひとりごと 著者紹介• 小説著書:日向 夏• 福岡県在住• 代表作: 薬屋のひとりごと・トネリコの王・カロリーは引いてください! また、ブログのうりにっきでは作品のボツ案やキャラクター設定などがあります。 漫画著書• 倉田 三ノ路• 2010年、『書生 葛木信二郎の日常』で漫画家デビュー。 中国史やその風俗への造詣が深く、以後の作品は主に古代から中世中国を舞台にした作品を主に『月刊サンデージェネックス』(小学館)誌上で発表しています。 また、個人として同人活動にも勤しんでいます。 薬屋のひとりごと ここまでのあらすじ 薬屋の猫猫 マオマオ は薬草採取のため外出をしたところ、人攫いにあい、後宮へ売られてしまいます。 下級女官となった猫猫は大人しく年季を待つことにしました。 しかし、皇子の病の謎を解いてしまい、壬氏 ジンシ に目をつけられてしまいます。 そこから様々な事件を手伝うことになります。 さらに2人の関係は少しづつ変化していきます。 猫猫と壬氏 この2人、出会いは皇子の病の謎を解いた時でした。 猫猫はスカートを切り病の謎の原因を匿名で訴えました。 その帰りに廊下で壬氏とすれ違い、後日猫猫の正体を見抜かれました。 それからというもの壬氏は猫猫を薬屋として知識人として宮中で起こる様々な事件の解決を求めるようになります。 この2人はミステリーラブコメの中では珍しい依頼主と探偵という恋仲です。 多くのものは一緒に事件を捜査したり、同じ探偵だったりしますよね。 この関係が他の小説とは違う味を出してくれます。 玉葉妃の侍女 毒味役 として 事件を解決し上級妃である玉葉妃の侍女となります。 l 猫猫がかっこいいと思ってしまいました。 これにより、皇帝や武士にも興味をもたれ、頼られるようになります。 猫猫を頼る人は身分が高い人が多く猫猫が断れないことがあります。 こんな猫猫ですが本業は薬屋、薬をつくる実験をしたいとウズウズしているでしょう。 面倒くさがりな猫猫ですが本気を出せばなんでもできる。 こんなクールでかっこいい女の子他のどの小説にもいないと思います。 緑青館〜猫猫の生まれ育ち〜 緑青館は後宮の反対側、花街にある高級楼閣です。 並びに猫猫の生まれ育った場所です。 その一室を借りて猫猫は薬屋をしていました。 そこの管理人であるやり手婆が色々とくせ者です。 猫猫を妓女にしようと稽古していたり、金にはうるさいです。 後宮に教科書を送った時も高値で教科書を渡しました。 厄介に思うかもしれませんが敵ではなく味方です。 猫猫には協力的です。 緑青館の妓女達も漫画ではとても可愛く描かれています。 李白 リハク という武官は三大妓女の白鈴 パイリン に絞りとられていました。 薬屋のひとりごと 7巻 ネタバレ 玉葉妃の懐妊 1つ目は、玉葉妃の懐妊です。 以前懐妊された時は2度、毒をぬられた事があったため、隠し通せるかどうかがポイントです。 玉葉妃が男の子を産めば皇后となるため、とても大事ですね。 猫猫は玉葉妃の出産にどのようにして関わっていくのでしょうか? 玉葉妃は男の子を産むことは出来るでしょうか?これは次の巻以降で触れられるでしょう。 青いバラ 2つ目は青い薔薇です。 園遊会に向けて青い薔薇を作って欲しいというお願いを壬氏からされました。 そもそも薔薇とは作品時系列から2ヶ月後くらいに咲くものだったため、そもそも咲かせること自体が困難であったのです。 その上青い薔薇は不可能の代名詞とまで言われていました。 では、どのようにして青い薔薇を作るのでしょう。 それは白い薔薇に青い液体を吸わせることです。 青い液体を吸った白い薔薇が青い薔薇となるのです。 しかし、花を咲かせるのはまた別の問題です。 ここで、サウナを使って時を狂わせ薔薇の花を咲かせるということでした。 しかし、薔薇は開花には至りませんでした。 蕾の状態でしたがそれでも及第点と言えるでしょう。 こんな表情が見れるのも漫画ならではです。 l 武将、羅漢との勝負 3つ目は武将、羅漢との勝負です。 もともと羅漢は猫猫を気に入りっていました。 今回は猫猫から勝負を仕掛けます。 なんと、羅漢に将棋で勝負を仕掛けます。 しかし、これは猫猫にとってとても不利な戦いでした。 なぜなら羅漢は将棋では無敵だったのです。 勝負ですは5戦勝負で3勝すれば勝ちです。 しかし、1戦負けるとお酒を飲まなければならなく5杯のお酒のうち3杯は薬が入っており3杯とも飲むと毒になってしまうものでした。 1、2戦はもちろん羅漢の勝ちです。 毒を飲んだか分かりませんが、あと1杯飲んだら負ける可能性があるところまで追い詰められてしまいました。 しかも猫猫は将棋はルールと駒の動かし方しか知らない状況でした。 これでは勝ち目がありません。 しかし、3戦目になんと猫猫は勝ったのです。 そして羅漢が薬入りの酒を飲んでしまいます。 普通なら3杯で倒れるはずですが羅漢は1杯で倒れてしまいます。 なぜなら、羅漢は下戸だったのです。 なせ、猫猫は羅漢が下戸だと知っていたのでしょうか? なぜ猫猫は勝負に勝てたのでしょう? なんと羅漢は猫猫の父親だったのです! だから、お互いに知っており羅漢は手を抜いたのでしょう。 猫猫の謎がまた1つ明かされたような気がします。 また、最後には羅漢と猫猫の母にあたる鳳仙の出会いが描かれていす。 これもまた、囲碁と将棋の勝負でした。 この勝負も鳳仙が勝っています。 今回の猫猫との勝負では、母親の面影を思い出しているシーンもあり羅漢が猫猫に対する父親の情が見られました。 薬屋のひとりごと 7巻 ネタバレ まとめ 今回は新感覚のミステリーラブコメ【薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜】を紹介しました。 この作品をオススメの理由としてまず、猫猫の底知れぬ知識の量です。 薬の知識、毒の知識、虫の知識、そして今巻では新たに花の知識といったたくさんある知識がこの作品を深くしていってると思います。 もうひとつ、漫画とは思えない中身の詰まった謎解き要素です。 薬屋ならではの謎解きはもちろん、重なる事件に伏線を拾うのも上手いです。 また、1巻あたりの事件がとても多いですが、全てが繋がっています。 どの事件も外す事が出来ないのです。 果たしてこれから猫猫と壬氏の恋はどのようにして発展するのでしょうか。 とても楽しみですね。 小説版を読んでも、漫画版を読んでも両方楽しめる作品です。 小説は 600万部売れている作品なので人気であるためおもしろさは保証されています。 この記事がいいと思った方や興味をもった方は是非読んでください。 小説版の方が先を進んでいますが、絵があった方がわかりやすい方は漫画を読んではいかがでしょうか。

次の