インスタdmリクエストとは。 インスタのDMを制限・拒否する方法!迷惑なメールを撃退

【Instagram】フォローリクエストの意味ってなに?

インスタdmリクエストとは

これは他のユーザーがあなたのインスタアカウントを「フォローさせてください」というリクエストになります。 このフォローリクエストは、非公開アカウントに対して「フォローする」をタップすると自動的に送られるようになっています。 非公開アカウントは、フォロワー以外のユーザーは投稿を見ることができませんから、他のユーザーがあなたの非公開アカウントを見たいというときにはフォローリクエストで申請されるというわけです。 フォローリクエストしたユーザーは「リクエスト済み」の表示になります。 許可しますか?」の通知が届きアクティビティの中にフォローリクエストが表示されます。 ここでフォローリクエストを承認すると、正式にフォローできたことになり、申請したユーザーはあなたのタイムラインに投稿した写真や動画が自動で表示されるようになります。 まずは 「フォローリクエストが届きました」と通知がきますので、インスタアプリで確認をすることになります。 フォロー通知の確認方法は簡単です。 インスタアプリを起動し、プロフィール画面を表示します。 画面右下にハートマークの「アクティビティ」アイコンが出てきますのでタップします。 フォロー通知が届いている場合、ハートマークが光り吹き出しで数字が表示されます。 この吹き出しにでてくる数字は、「フォロー」「いいね」「コメント」に対応しています。 アクティビティアイコンをタップすると、アクティビティ情報が一覧で表示され、誰がいつフォローしたのかわかるようになっています。 インスタではフォロー通知はすぐに相手に届くようになっています。 間違えてフォローしてしまった場合でも、インスタのシステム上でそこまで分かりませんから、すぐにフォロー通知は発信されます。 ただフォローリクエストを削除したら相手にバレてしまわないか、不安になりますよね。 フォローリクエストを却下するために「削除」を選択しても、相手に通知が届くことはありません。 ただ注意が必要なのは、フォローリクエストを削除するとフォロー申請がキャンセル扱いとなるため、フォローリクエストをした相手はフォロー申請をして「リクエスト中」と表示されていたのが「フォローする」というフォロー申請前のボタンに戻ってしまうため、バレてしまいます。 インスタを始めたばかりの人は気づかないかもしれませんが、この表示の違いでフォロー申請したユーザーから見ると「拒否された」と気付く人はいるはずです。 フォローリクエストを削除した通知は相手に届くことがありませんが、相手にバレる可能性があることは覚えておきましょう。 またフォローリクエストが届いた時、フォローするつもりがなかったのに間違えてフォローしてしまった!という場合でも、相手にフォロー通知は届いています。 間違えてフォローしてしまったら、相手に届く通知を消したい!バレる前に削除したい!と考えると思いますが、残念ながら相手に届く通知に対して操作することはできません。 これは他人のアカウント権限が必要な操作はインスタグラムではできないからです。 ただ、相手のアクティビティで表示されている表示については、こちらがフォローを解除することにより、アクティビティからは削除されます。 もし相手が通知に気付いていなければ、バレない可能性もあるでしょう。 フォローリクエストは拒否されても、何度も再申請することができるため、拒否された相手から再度フォローリクエストが届く場合があります。 もし再申請されるのが嫌な場合は、フォローリクエストの削除ではなく、ユーザーを「ブロック」するようにしましょう。 ブロックすることで、そのユーザーは二度とフォローリクエストの申請を行うことができなくなります。 これは、 フォローを申請した相手がフォローリクエストをキャンセルしたことにより消えるようになっています。 ではフォローリクエストのキャンセルとは、どういうことなのでしょうか。 フォローリクエストのキャンセルの原因でよくあるのは、間違えて「フォローする」ボタンをタップしてしまうことが挙げられます。 フォローリクエストをしたいユーザーが「フォローする」ボタンをタップすると、そのユーザーの表示は「リクエスト済み」に変更します。 この「リクエスト済み」ボタンを再度タップすると、フォロー申請をキャンセルできるようになっています。 フォローリクエストがキャンセルされると、フォロー申請された側に届いていたフォローリクエスト通知も自動的に消えるようになっています。 受け取ったフォローリクエストの通知は削除されますから、結果的には「何もなかった」状態に戻るということです。 フォローリクエストを受け取っても、後で確認しようとすると、フォローリクエストをキャンセルされて消えてしまうことがありますから、リクエストが届いたら早めに処理することをおススメします。 頻繁にインスタを確認している人は思い出すかもしれませんが、あまり確認しない人は思い出すこともなく、そのまま無視してしまうことがあるのではないでしょうか。 フォローリクエストは無視していても特に影響がでることはありません。 ただフォロー申請した人から見れば、無視された・・というように思われてしまう可能性があります。 これではフォローリクエストをした人もリクエストを受けた人もお互いに良い気持ちにはなりませんよね。 インスタ上では問題なくても、なるべくならフォローリクエストの通知を受け取った時に、「承認」または「削除」の選択をするようにしましょう。 フォローリクエストを削除するのに抵抗があって結果的に無視している場合もあるかもしれません。 でも何もしない状態で放置しておくほうがお互いストレスになりますから、どちらの場合でもすぐに対応することが良いのではないでしょうか。 いかがでしたか。 インスタグラムでのフォローリクエストの確認と削除は簡単に行うことができます。 フォローリクエストが届いたら、なるべく早めの対応を心がけると良いのではないでしょうか。

次の

インスタグラムのダイレクトメッセージとは?使い方や注意点

インスタdmリクエストとは

【もくじ (タップすると各章に飛べます)】• インスタのDMとは?既読表示の機能はあり?【Instagram:ダイレクトメッセージ】 はじめに、DM(ダイレクトメッセージ)とは何かをわかりやすくまとめますね。 以下の順番に紹介していきます。 DM(ダイレクトメッセージ)とは?既読は付くの?どこにあるの? DM(ダイレクトメッセージ)とは、インスタ内の「 メッセージ機能」のことです。 インスタでは投稿に「コメント」を残すことが出来ますが、あれは公開されて誰にでも見えてしまいますよね? それを補って、「 特定の相手にしか見られない」のがDMの特徴です。 送る相手は「一人」でも「複数」でもokですよ。 そして、受け取ったメッセージを読んだ場合は「 既読表示が付く」仕様になっています。 の「トーク」に近い感じですね。 まとめると、DMとは「特定の相手に送れる、既読が付くメール機能」と思ってもらえればokです! DMがどこにあるかというと、ずばり「画面の右上」です。 紙飛行機マークから作成・送信しますよ。 (以下の画像参照) dmでは何が送れるの? では、DM(ダイレクトメッセージ)では何を相手に送信することができるのでしょうか? まず、基本的なものは以下の5つです。 フォロー関係にない場合は、相手はこちらのメッセージを「承認する」か「承認しない」することが出来ます。 無条件に届くわけではないので、注意! ダイレクトメッセージのやり方・送り方。 インスタDMの削除・取り消しや復元はできるの? では、実際の「DM(ダイレクトメッセージ)」の使い方を見てみましょう。 以下の順番で紹介していきますね。 基本的な使い方(作成・送信など)【紙飛行機マーク】 まずは作成・送信などを見てみましょう。 スマホでインスタアプリを起動したら、画面の右上の 「紙飛行機」のマークをタップしてください。 すると、DMの画面になります。 ここに以前にDMでやり取りした相手は一覧で並んでいますよ。 最近やり取りした相手ならば、ここから選べばokです。 相手は一人だけでなく、複数選ぶことも出来ますよ。 「新しいメッセージ」を作る画面になるので、相手を探して右上の 「次へ」をタップしてください。 メッセージなどを入力する画面になりますよ。 これでメールの作成・送信はok! ぶじにインスタのDMが送信されました。 「いいね!」や写真・動画の方法(ハートのマークなど) に続いては、いいねや画像の送信を見てみましょう。 ここでは「消える写真・動画」「テキスト(言葉)」「普通の写真・動画」「(いいね!)」「」を選べますよ。 意外と知られていないのですが、メッセージにもはできるんですよ。 画面の右下に「ハートのマーク」がありますよね? それが「いいね!」のマークです。 ボイスメッセージについて詳しくは別ページにまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。 通常投稿・ストーリー投稿・ライブ動画• ハッシュタグ・位置情報• プロフィール 通常の投稿を表示すると「紙飛行機」のマークがありますよね? 投稿をDMで送信したいときはここから入ってください。 ホーム画面で下の方にある「虫めがね」のマークをタップして検索画面に入ると、「ハッシュタグ」や「」もDMとして送れますよ。 やはり「紙飛行機」のマークをタップしてくださいね。 誰かのプロフィールを送りたい場合はプロフィール画面の右上の「・・・」のマークをタップすると「このプロフィールをシェアする」という項目が選べます。 「メッセージを送信」から、DMの画面に入ることもできますよ。 以上がDM(ダイレクトメッセージ)の送り方です。 インスタグラムのDMで改行ってできるの? DM(ダイレクトメッセージ)を使ってみると、必ず以下の疑問が出てきますよね? ・・・改行できないんだけど。 むむ〜改行する方法ってあるの? はい。 そうなんです。 残念ながら インスタのDMに公式に改行の機能は無いんです! だから、スマホの「メモ帳」などに文書を入力してからコピペして対応してくださいね。 「改行された状態」でコピペすれば大丈夫。 ちゃんと行替えされた状態で反映されますよ。 DM(ダイレクトメッセージ)の受け取り方:拒否は出来るの?承認って? やがわかったところで、続いてはDMの受け取り方を紹介しますね。 以下の3つの内容を順番にお届けします。 基本的な受け取り方 まずは超基本的なDMの受け取り方です。 以下の2通りに分けて紹介しますね。 フォロー関係にある場合• フォロー関係にない場合 【フォロー関係にある場合】 相手からDMが届くと、画面の右上の「紙飛行機マーク」があったところが「数字」に変わります。 (紙飛行機の数字は、メッセージを受信した件数) こちらが相手をしている場合は、ただそのまま 「数字」をタップしてメッセージを開けばokです! 開けた瞬間に、相手側で「既読」を確認できるようになりますよ。 【フォロー関係にない場合】 こちらが相手をフォローしていない場合は、まず「メッセージリクエスト」のフォルダに入ります。 そこには「自分のフォロワーでない人からのメッセージ」が並んでいますよ。 内容を確認するために、相手のアカウントをタップしてみてください。 こちらが承認するまで既読はつかない(=相手に通知はいかない)ので安心して開いてくださいね。 内容を確認したら、「承認しない」「承認する」を選んでください。 もちろん、どちらも選ばずに放置でもokですよ。 「承認しない」を選んだ場合は今回のダイレクトメッセージは破棄され、以降もその相手からのメッセージはあなたに届かなくなります。 普通にやり取りしたい相手の場合、くれぐれも「承認しない」をタップしないように気をつけてくださいね! そもそも相手を拒否したいときは? 承認をしていた相手だけど、やっぱり拒否したい場合はできるのでしょうか? その場合は DM内では「拒否」の設定はできません。 特定の相手からのDMを拒否したい場合は、その相手を「」するのが唯一の方法です。 インスタのメッセージ内の動画・写真の保存の仕方 送り方・受け取り方に続いては、DMでの「動画・写真の保存の仕方」です。 結論から言いますと、 保存できるもの・できないものがあるんですよ! 以下の順番に紹介していきますね。 普通の動画・写真の場合 まず、普通の動画・写真の場合です。 DMで「写真マーク」から送る場合ですね。 普通の動画・写真の場合は ふつうに保存okです。 ただ 動画・写真を長押しすれば保存のメニューが飛び出しますよ。 消える動画・写真の場合 では、消える動画・写真の場合はどうでしょうか? これはズバリ 相手が「チャットに保存」で送っている場合のみ保存可能です。 どういうことか説明しますね。 消える動画・写真は、以下の3種類の送り方があるんです。 1回表示• リプレイを許可• チャットに保存 「1回表示」や「リプレイを許可」で送信されてきた場合は、残念ながら保存はできません。 唯一「チャットに保存」の場合のみ、普通の動画・写真と同じように長押しすれば保存のメニューが出てきますよ。 本記事の「スクショしたら通知は行くの?」のところでも紹介しましたが、「1回表示」や「リプレイを許可」の写真をスクショすれば保存は可能ですが、相手に「スクリーンショット撮影済み」という通知が行きます。 動画に関しては、裏技として「」を使えば「1回表示」や「リプレイを許可」の動画も保存は可能です。 ただ iPhoneの画面収録は相手に通知が行く仕組みとなっています。 (もあり!) 画面収録のやり方は別記事にまとめているので、参考にしてみてくださいね。 インスタDMにある緑の丸(オンライン中)の表示って消せるの? DM(ダイレクトメッセージ)を開くと、緑の丸が表示されていることがありますよね?(以下の画像参照) これは「オンライン中」を表しています。 そう、つまりDMでは 誰がオンライン中なのか分かるということなんです! もちろん相手のDMには自分が表示されているから、自分がオンラインかどうかもばっちり表示されていますよ。 「オンライン中」が出るとなると・・・正直ちょっと困ることもありますよね(笑) 大丈夫です。 ちょっと今はオンラインかどうかバレたくないときは 緑の丸(オンライン中)を表示させないことも可能ですよ。 設定画面から以下のように進んでください。 Instagramの「タップしてチャット」とはどんな意味? たまに、ユーザーの横に「タップしてチャット」という表示が出ていることがあります。 調べてみたのですが、インスタグラムの公式の説明は残念ながら見つかりませんでした。 いろいろ僕が実験してみた結果、「まだチャットしたことが無い人」か「長い間チャットしていない人」の場合に出るような感じです。 ん〜今のところちょっと謎です(笑)引き続き調べてみますね! ビデオチャットも可能になりました! 2018年6月から新機能として「」も追加されましたよ。 やり方はめちゃくちゃ簡単です。 DM(ダイレクトメッセージ)を開いて、相手を選んだら、右上の 「ビデオカメラ」のマークをタップしてみてください。 それだけで、なんとスカイプみたいに気軽にビデオ通話が出来ちゃうんですよ! 最大4人まで同時に通信できて、もちろん時間制限はありません。 詳しくは「」の記事にまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。

次の

インスタグラムのダイレクトメッセージとは?使い方や注意点

インスタdmリクエストとは

スパム的なものを含めて、インスタグラムで知らない人からDMの「メッセージリクエスト」が届いた経験はありませんか? フォローしていない人から届くDM(ダイレクトメッセージ)は、メッセージリクエストという形でそのDMを「承認」するか、「削除」するか、またはDMを送った相手を「ブロック」するか選べます。 ただ、この3つの操作に加えて、ブロックの中には「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」とさらに3つの選択肢があり、どれを選ぶべきなのか判断に困る人も多いはず。 そこで本記事では、インスタでDMのメッセージリクエストが届いた場合に取りうる選択肢をすべて試し、それぞれの影響や効果を検証してみました。 実際にDMのメッセージリクエストが届いた時の参考にしてみてください。 appllio. ただ、注意したいのがフィード上での新着の通知は一切ないこと。 そのため、こまめにDMをチェックしていない限り、メッセージリクエストが届いてもかなり気づきにくい仕様になっています。 メッセージリクエストを確認するには、インスタのホーム画面右上の紙飛行機マークをタップします。 メッセージリクエストの一覧から確認するものをタップして開くと、内容を確認できます。 ここでメッセージを開いても、相手の画面に既読はつかないので安心してください。 届いたメッセージリクエストに対する操作と効果 メッセージリクエストが届くと、DMの受信を「承認」するか、届いたDM自体を「削除」するか、またはDMを送った相手を「ブロック」するか選択できます。 それぞれの選択がどのような効果を生むのか、また相手にはどのような影響があるのかを検証してみました。 「承認」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[承認]ボタンをタップすると、すぐに通常のDM画面に切り替わり、返信ができるようになります。 また同時に、承認したメッセージがリクエストの一覧から消えます。 承認後はリクエスト一覧に戻せないので、慎重におこないましょう。 もし誤って承認してしまった場合には、後述する方法でDMの受信を拒否できます。 メッセージリクエストを承認された側の画面 メッセージリクエストを送った側への影響としては、承認されると送ったDMに既読がつくほか、相手がオンライン中かどうかも分かるようになります。 リクエストが承認された旨を知らせる通知などは届きません。 ただ、「承認」といってもあくまでDMの受信のみを承認したのであって、フォロー・フォロワー関係になったわけではありません。 「削除」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[削除]をタップすると、受信したメッセージリクエストが即座に消えます。 知らない人からの不快なメッセージやスパムだったときには、一見解決したように見えますが、削除の効果はそのメッセージリクエストを消しただけにとどまります。 つまり削除したところで、相手が再びDMを送ってくれば引き続きメッセージリクエストに届いてしまうというわけです。 もしリクエストすら受け取りたくないのであれば、後述のを選ぶといいでしょう。 メッセージリクエストを削除された側の画面 メッセージを送った側には永遠に既読が付くことはなく、相手がオンライン中かどうかも表示されません。 また、削除した事実は通知などで知らされません。 「ブロック」「無視」「報告」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[ブロック]をタップすると、さらに「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」という3つのメニューが表示されます。 似たような選択肢が並び、どれを選ぶか分かりづらいので、以下でそれぞれがどのような効果を生むのかを紹介します。 なお、以下の「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」どれを選択しても、相手に通知などで伝わることはありませんので安心してください。 「無視する」選択した場合 メッセージリクエストの対処法としていちばん使い勝手がいいのは、[無視する]です。 [無視する]をタップすると、メッセージリクエストが削除され、 それ以降は同じ相手からのメッセージリクエストを受信しないようになります。 後述する「アカウントをブロック」とほぼ同じ効果ですが、プロフィールを訪問すれば、DMと関係ない通常の投稿などは確認できます。 つまり、DM機能においてだけ、相手をブロックしている状態だと考えればいいでしょう。 appllio. com 「報告する」選択した場合 あまりにも不快なメッセージやスパムが送られてきたときは、[報告する]を選択して運営に通報するのもひとつの手です。 [報告する]をタップすると、さらに[スパムである][不適切である]の2通りの選択ができるので、内容に応じてどちらかを選択してください。 左:スパム報告をした場合 右:「不適切である」を報告をした場合 スパムであるを選択するとすぐに報告が完了し、「ご報告ありがとうございました」という画面に切り替わります。 報告完了と同時に、相手のアカウントがブロックされます。 不適切であると報告する場合、その理由を2つから選んでください。 選んだ理由によって報告フォーム措置が異なります。 appllio. com 無視やブロックした後にメッセージを確認する方法 前述の方法で相手のリクエストメッセージを無視、もしくはブロックしたとしても、二度と元に戻せないわけではありません。 こちらから相手のプロフィールの[メッセージ]を訪問すれば、[無視する]や[アカウントをブロックする]に設定した以降に、相手から送信されたすべてのメッセージを確認できます。 ここで再び[承認]をタップすると、過去に送られたものを含め相手のメッセージを受信するようになります。 リクエストの承認後にメッセージを拒否する方法 メッセージリクエストを承認したはよいものの、あとからやっぱりメッセージを拒否したくなったらどうすればよいのでしょうか。 このケースでは、一度リクエストを承認した相手を元に戻すことはできません。 しかし相手をブロックしてしまえば、メッセージの受信自体を拒否できます。 メッセージ画面の[i]マークをタップすると、詳細画面に移ります。 相手をブロックするには、赤字の[ブロック]をタップしてください。 確認画面が表示されるので、注意事項を読み問題なければ[ブロック]をタップします。 ブロック状態だと相手からのメッセージをすべて拒否できる効果に加え、相手の投稿やストーリーが非表示になるなどの影響があります。

次の