ブチル スコポラミン 臭化物 錠。 ブチルスコポラミン臭化物(抗コリン成分・胃腸鎮痛鎮痙薬)|登録販売者試験 頻出医薬品

ブスコパン(ブチルスコポラミン)の作用機序:鎮痙薬

ブチル スコポラミン 臭化物 錠

ブチルスコポラミン:ブスコパン スポンサード リンク 成分(一般名) : ブチルスコポラミン臭化物 製品例 : ブスコパン錠10mg ・・ 区分 : 鎮けい剤/アトロピン系/鎮痙剤 PR 概説 胃腸など内臓のけいれん性の痛みをとるお薬です。 作用 【働き】 内臓の平滑筋のけいれんを抑えたり、胃酸の分泌を抑える作用があります。 胃炎や下痢、胆管炎、胆石などによる腹痛に広く用いられています。 膀胱や子宮の平滑筋にも作用しますので、尿路結石症や月経困難症にも有効です。 【薬理】 胃腸など消化器系臓器の運動は、副交感神経の命令によって亢進します。 この神経の働きはアセチルコリンという神経伝達物質により強まります。 このお薬は、アセチルコリンをおさえることで、副交感神経の刺激を弱めます(抗コリン作用)。 その結果として、胃腸や胆管の異常な運動(けいれん)がおさえられ、痛みがやわらぎます。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。 病気によっては症状を悪化させるおそれがあります。• 別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。 【注意する人】 閉塞隅角緑内障のある人は禁止されています。 眼圧が上昇し、症状が悪化することがあるためです。 前立腺肥大で排尿しにくい人や、腸に閉塞のある人も使用できません。 出血性大腸炎など細菌性下痢症の場合も避けます。 そのほか、心臓病、潰瘍性大腸炎、甲状腺機能亢進症のある人は慎重に用いるようにします。 適さないケース..閉塞隅角緑内障、排尿障害、重い心臓病、腸閉塞、麻痺性イレウス、細菌性下痢症。• 注意が必要なケース..開放隅角緑内障、前立腺肥大、心臓病、潰瘍性大腸炎、甲状腺機能亢進症、高齢の人、高温の場所で働く人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 ある種の安定剤や抗うつ薬と併用すると、両方の薬の副作用が強まるおそれがあります。 別に薬を飲んでいる場合は、必ず医師に報告してください。 飲み合わせに注意..安定剤(フェノチアジン系、ブチロフェノン系)、抗うつ薬(三環系)、カゼ薬・鼻炎薬・かゆみ止め(抗ヒスタミン薬)など。 【使用にあたり】 症状によって、飲む量、飲み方が異なります。 指示どおりに正しくお飲みください。 痛みに頓服することもよくあります。 【食生活】• 物がぼやけたり、まぶしく見えることがあります。 車の運転など危険な作業には十分注意してください。• 汗が出にくくなるので、熱射病や熱中症を起こすおそれがあります。 高温の場所での作業、激しい運動、また夏の暑さに注意してください。 効能 下記疾患における痙攣並びに運動機能亢進• 胃・十二指腸潰瘍、食道痙攣、幽門痙攣、胃炎、腸炎、腸疝痛、痙攣性便秘、機能性下痢• 胆のう・胆管炎、胆石症、胆道ジスキネジー、胆のう切除後の後遺症• 尿路結石症、膀胱炎• 月経困難症 用法 通常成人は1回1〜2錠(ブチルスコポラミン臭化物として10〜20mg)を1日3〜5回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用でわりと多いのは、口の渇き、便秘、尿が出にくい、かすみ目などです。 重症化することはほとんどありませんが、症状の強いときは早めに受診してください。 とくに高齢の男性は、排尿障害に注意が必要です。 口の渇き、便秘。• 頭痛、頭が重い感じ。• 目のかすみ、まぶしい。• 尿が出にくい、動悸。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

ブスコパン錠(ブチルスコポラミン臭化物)の効果と副作用

ブチル スコポラミン 臭化物 錠

腹痛も胃、腸の痛み、排便の異常を伴ったり 色々あり 状態が不明なので回答困難です。 医者の処方でしたらokですが 薬局で購入して しばらく服用しても効かない場合には 合って無い事もありますし 原因の病気にもよります。 飲食物も刺激の無いものに変えて下さい。 その場合は 症状の確認をして 医者の受診をお勧めします。 以下、参考にして下さい。 本品の禁忌 (次の患者には投与しないこと) (1)出血性大腸炎の患者 〔腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長をきたすおそれがある。 〕 (3)前立腺肥大による排尿障害のある患者 〔更に尿を出にくくすることがある。 〕 (4)重篤な心疾患のある患者 〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。 〕 (5)麻痺性イレウスの患者 〔消化管運動を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。 〕 (6)本剤に対し過敏症の既往歴のある患者 原則禁忌 (次の患者には投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること) 細菌性下痢患者 〔治療期間の延長をきたすおそれがある。 〕 効能又は効果 下記疾患における痙攣並びに運動機能亢進 胃・十二指腸潰瘍、食道痙攣、幽門痙攣、胃炎、腸炎、腸疝痛、痙攣性便秘、機能性下痢、胆のう・胆管炎、胆石症、胆道ジスキネジー、胆のう切除後の後遺症、尿路結石症、膀胱炎、月経困難症 用法及び用量 ブチルスコポラミンと臭化物として、通常成人1回10〜20mgを1日3〜5回経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 使用上の注意 慎重投与 (次の患者には慎重に投与すること) 1)前立腺肥大のある患者 〔尿を出にくくすることがある。 〕 2)うっ血性心不全のある患者 〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。 〕 3)不整脈のある患者 〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。 〕 4)潰瘍性大腸炎の患者 〔中毒性巨大結腸を起こすおそれがある。 〕 5)甲状腺機能亢進症の患者 〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。 〕 6)高温環境にある患者 〔汗腺分泌を抑制し、体温調節を障害するおそれがある。 〕 重要な基本的注意 眼の調節障害等を起こすことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。 相互作用 併用注意 (併用に注意すること) 薬剤名等 抗コリン作用を有する薬剤 三環系抗うつ剤 フェノチアジン系薬剤 モノアミン酸化酵素阻害剤 抗ヒスタミン剤等 臨床症状・措置方法 抗コリン作用(口渇、便秘、眼の調節障害等)が増強することがある。 機序・危険因子 併用により本剤の作用が増強されることがある。 薬剤名等 ドパミン拮抗剤 メトクロプラミド等 臨床症状・措置方法 相互に消化管における作用を減弱するおそれがある。 機序・危険因子 本剤は消化管運動を抑制するため、ドパミン拮抗剤の消化管運動亢進作用と拮抗する。 薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 抗コリン作用を有する薬剤 三環系抗うつ剤 フェノチアジン系薬剤 モノアミン酸化酵素阻害剤 抗ヒスタミン剤等 抗コリン作用(口渇、便秘、眼の調節障害等)が増強することがある。 併用により本剤の作用が増強されることがある。 ドパミン拮抗剤 メトクロプラミド等 相互に消化管における作用を減弱するおそれがある。 本剤は消化管運動を抑制するため、ドパミン拮抗剤の消化管運動亢進作用と拮抗する。 副作用 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 重大な副作用 ショック、アナフィラキシー様症状: (頻度不明) ショック、アナフィラキシー様症状(悪心・嘔吐、悪寒、皮膚蒼白、血圧低下、呼吸困難、気管支攣縮、浮腫、血管浮腫等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 その他の副作用 眼 頻度不明 調節障害、散瞳、閉塞隅角緑内障 消化器 頻度不明 口渇、腹部膨満感、鼓腸、便秘 泌尿器 頻度不明 排尿障害 精神神経系 頻度不明 頭痛、頭重感 循環器 頻度不明 心悸亢進 過敏症注) 頻度不明 発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒症 頻度不明 眼 調節障害、散瞳、閉塞隅角緑内障 消化器 口渇、腹部膨満感、鼓腸、便秘 泌尿器 排尿障害 精神神経系 頭痛、頭重感 循環器 心悸亢進 過敏症注) 発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒症 以上のような副作用があらわれた場合には、症状に応じて適切な処置を行うこと。 注)このような症状があらわれた場合には、投与を中止すること。 高齢者への投与 一般に高齢者では前立腺肥大を伴っている場合が多いので慎重に投与すること。 妊婦、産婦、授乳婦等への投与 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 〔妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 〕 過量投与 1)症状: 過量投与した場合、口渇、眼の調節障害、せん妄、心悸亢進、血圧上昇等を引き起こす可能性がある。 2)処置: 心血管系の症状が発現した場合は標準的な処置、呼吸麻痺の場合は挿管や人工呼吸、尿閉の場合は導尿を必要に応じて考慮すること。 緑内障の場合は、眼科医などの適切な治療を受けること。 また、必要に応じ、副交感神経興奮薬の投与および適切な支持療法を行うこと。 適用上の注意 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。 (PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている) 薬物動態 溶出挙動1) ブチルスコポラミン臭化物錠10mg「ツルハラ」は、日本薬局方外医薬品規格第3部に定められたブチルスコポラミン臭化物錠の溶出規格に適合していることが確認されている。 薬効薬理 鎮痙剤としての4級アミンは3級アミンに比し節遮断作用が強く、鎮痙作用、分泌抑制作用が増強される。 ブチルスコポラミン臭化物もネコで節遮断作用が認められている。 モルモット摘出腸管に対しアトロピンと同程度の痙攣抑制作用を示す。 唾液分泌、循環系、瞳孔に対する作用はアトロピンより弱く、また、中枢作用はスコポラミンに比し著しく弱い。

次の

ブチルスコポラミン臭化物錠10mg「ツルハラ」の添付文書

ブチル スコポラミン 臭化物 錠

【禁忌】 次の患者には投与しないこと• 出血性大腸炎の患者〔腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長をきたすおそれがある。 閉塞隅角緑内障の患者〔抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある。 前立腺肥大による排尿障害のある患者〔更に尿を出にくくすることがある。 重篤な心疾患のある患者〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。 麻痺性イレウスの患者〔消化管運動を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者 原則禁忌 次の患者には投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること• 細菌性下痢患者〔治療期間の延長をきたすおそれがある。 〕 副作用 (頻度不明) ショック、アナフィラキシー ショック、アナフィラキシー(悪心・嘔吐、悪寒、皮膚蒼白、血圧低下、呼吸困難、気管支攣縮、浮腫、血管浮腫等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 注意 慎重投与 次の患者には慎重に投与すること 前立腺肥大のある患者〔尿を出にくくすることがある。 〕 うっ血性心不全のある患者〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。 〕 不整脈のある患者〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。 〕 潰瘍性大腸炎の患者〔中毒性巨大結腸を起こすおそれがある。 〕 甲状腺機能亢進症の患者〔心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。 〕 高温環境にある患者〔汗腺分泌を抑制し、体温調節を障害するおそれがある。 〕 開放隅角緑内障の患者〔抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある。 〕 重要な基本的注意 眼の調節障害等を起こすことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。 適用上の注意 薬剤交付時 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。 (PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 ) 高齢者への投与 一般に高齢者では前立腺肥大を伴っている場合が多いので慎重に投与すること。 妊婦、産婦、授乳婦等への投与 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 〔妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 〕 薬物動態 溶出挙動 ブチルスコポラミン臭化物錠10mg「ツルハラ」は、日本薬局方外医薬品規格第3部に定められたブチルスコポラミン臭化物錠の溶出規格に適合していることが確認されている。 一般名同一薬剤リスト• 日医工株式会社 薬剤一覧• 鶴原製薬株式会社 薬剤一覧•

次の