一周 館 フレンズ 映画。 一週間フレンズ。 大学編 ネタバレ 原作

一週間フレンズ。 ロケ地ガイド

一周 館 フレンズ 映画

Contents• あらすじ 「俺はそんな彼女を見て ただ 友達になりたいと思った」 クラスで孤立している藤宮香織に対して、長谷祐樹はそう思っていた。 ちょっとしたきっかけから2人は仲良くなるが、香織は頑なに「友達ではない」と繰り返す。 そうして数日が経過した金曜日、香織は突然長谷を拒絶する。 「もう私に話しかけないで。 私は友達をつくっちゃダメなの」 香織は続けて告げる。 「楽しかった友達との記憶が一週間でリセットされちゃんだ」 他人や家族は例外。 ただ本当に仲のいい友達との思い出だけが月曜日にリセットされてしまうのだという。 「…それでも俺は、藤宮さんと友達になりたい」 「俺が何回だって言いに行くから。 友達になってくださいって」 香織は涙を目に湛えながら「ありがとう」とつぶやき、2人は友達になった。 そして月曜日、長谷は香織に話しかける。 「な…なん…ですか…?」 (やっぱり、記憶が…。 それでも俺は…) 「藤宮さん、俺と友達になってください」 漫画「一週間フレンズ」ネタバレ 金曜日までの友達としての記憶が月曜日にリセットされ、またイチから関係を始めての繰り返し。 そこで香織は長谷に関する日記をつけることで、関係を来週に持ち越すようになる。 日記のおかげもあり、友達としての思い出を重ねていく長谷と香織。 しかし、どんなに日記に思い出を遺しても、楽しかった記憶そのものはやはり失われ続けていた。 そんな中、香織の小学生時代のクラスメイト・九条一が転校してくる。 九条の登場によって香織の状態には変化が見られた。 医者が言うには香織の記憶喪失は「心因性」、つまり過去に起きた何らかの事件が原因になっている可能性が高い。 しかし、香織はその事件についての記憶も失っている。 九条は何か事情を知っているのだろうか…? 記憶 九条は香織の記憶喪失の原因は自分にあるかもしれないと言う。 小学生時代、香織と九条は大の仲良しだったが、ある時九条が転校に伴い引っ越すことになった。 そして引っ越しの日、2人は公園で待ち合わせをしていたのだが、そこに九条の兄が現れる。 兄は「俺たちが香織を怖がらせて、お前がそこから助ける」という作戦を提案したが、九条はこれを拒否。 ところが、どうやら香織はその会話を一部だけ聞いて誤解してしまったらしい。 そして香織は公園から走り去った直後に事故にあってしまった。 それが香織の記憶喪失の原因かもしれない…。 そんな中、香織は町で偶然九条の兄に出会う。 昔の出来事について語る兄の話を聞いているうちに、香織は頭痛を覚えその場にうずくまってしまった。 報せを聞いて駆け付けた長谷は香織に「公園での出来事」を伝えることを決意。 九条の口から、香織が忘れていた引っ越しの日の事件が語られる。 動揺し震えだす香織だったが、長谷や仲間たちの支えにより過去を克服することができた。 そして… 「長谷くん、私ね…全部 思い出したよ」 結末 引っ越し当日の事件の真相。 九条と兄の会話を誤解した香織は公園から走り去る。 落ち込んで家に帰る途中、友達であるクラスメイトの女子たちの会話が聞こえてきた。 「香織ちゃんってはじめくん(九条)が引っ越すこと知ってたらしいよ」 「抜け駆けってこと?サイテー」 九条は女子に人気だった。 おそらく女子たちは月曜日に交わした香織と九条の会話を耳にしていたのだろう。 クラスメイトの女子たちは抜け駆けした香織をいじめる相談をしている。 九条にクラスメイトの女子…友達を一度に失ってしまった香織は赤信号から飛び出し事故にあってしまう。 (こんな思いをするくらいなら この一週間の出来事が 全部なくなっちゃえばいいのに) そして香織が記憶を取り戻して初めて迎える月曜日。 もう香織は友達の記憶を失っていなかった。 香織は長谷を始めとする「心から信じられる友達」を得て、友達から裏切られた過去の痛みを克服できたのだ。 昼休みが終わり、いつも香織と過ごしている屋上から去る長谷。 卒業式の日、みんなの計らいで長谷と香織は2人きりで下校することに。 どことなく両想いっぽい2人だったが、ついに友達の一線を超えることはなかった。 香織「またみんなで集まって遊ぼうね!」 長谷「はい!(ですよねー・・)」 香織「あと、2人だけでも遊ぼうね」 長谷「はい!…え?」 香織はにこりと微笑んでいる。 補足と感想 以上、漫画「一週間フレンズ」のネタバレでした! 最終回ではついに香織の「記憶リセット」がなくなり、2人は改めて友達になるという結末でした。 その後に掲載された特別編でも「恋人」には昇格できなかった長谷くんでしたが、希望にあふれる良いハッピーエンドだったと思います。 原作漫画では今回ネタバレしたシリアスな本編以上に、ほのぼのとした日常回やコメディ回も多く、それはそれで癒されるので未見の方はぜひそちらもチェックしてみてくださいね。 また、実写映画化に当たってはやっぱりキャストが気になるところ。 原作の雰囲気とイメージの合う俳優・女優さんが起用されればいいのですが…。 まとめ 今回は漫画「一週間フレンズ」のネタバレをお届けしました! 青春恋愛モノでありながら、タイトル通り「友達」が大きなテーマとなっていた今作。 最終回や、その後の特別編は本当にステキな終わり方でした。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 U-NEXTなら初回登録から31日間無料! もらえるポイントを使えば、最新作 (レンタル作品)でも 課金なしで見ることができます。

次の

一周 館 フレンズ 漫画

一周 館 フレンズ 映画

Contents• あらすじ 「俺はそんな彼女を見て ただ 友達になりたいと思った」 クラスで孤立している藤宮香織に対して、長谷祐樹はそう思っていた。 ちょっとしたきっかけから2人は仲良くなるが、香織は頑なに「友達ではない」と繰り返す。 そうして数日が経過した金曜日、香織は突然長谷を拒絶する。 「もう私に話しかけないで。 私は友達をつくっちゃダメなの」 香織は続けて告げる。 「楽しかった友達との記憶が一週間でリセットされちゃんだ」 他人や家族は例外。 ただ本当に仲のいい友達との思い出だけが月曜日にリセットされてしまうのだという。 「…それでも俺は、藤宮さんと友達になりたい」 「俺が何回だって言いに行くから。 友達になってくださいって」 香織は涙を目に湛えながら「ありがとう」とつぶやき、2人は友達になった。 そして月曜日、長谷は香織に話しかける。 「な…なん…ですか…?」 (やっぱり、記憶が…。 それでも俺は…) 「藤宮さん、俺と友達になってください」 漫画「一週間フレンズ」ネタバレ 金曜日までの友達としての記憶が月曜日にリセットされ、またイチから関係を始めての繰り返し。 そこで香織は長谷に関する日記をつけることで、関係を来週に持ち越すようになる。 日記のおかげもあり、友達としての思い出を重ねていく長谷と香織。 しかし、どんなに日記に思い出を遺しても、楽しかった記憶そのものはやはり失われ続けていた。 そんな中、香織の小学生時代のクラスメイト・九条一が転校してくる。 九条の登場によって香織の状態には変化が見られた。 医者が言うには香織の記憶喪失は「心因性」、つまり過去に起きた何らかの事件が原因になっている可能性が高い。 しかし、香織はその事件についての記憶も失っている。 九条は何か事情を知っているのだろうか…? 記憶 九条は香織の記憶喪失の原因は自分にあるかもしれないと言う。 小学生時代、香織と九条は大の仲良しだったが、ある時九条が転校に伴い引っ越すことになった。 そして引っ越しの日、2人は公園で待ち合わせをしていたのだが、そこに九条の兄が現れる。 兄は「俺たちが香織を怖がらせて、お前がそこから助ける」という作戦を提案したが、九条はこれを拒否。 ところが、どうやら香織はその会話を一部だけ聞いて誤解してしまったらしい。 そして香織は公園から走り去った直後に事故にあってしまった。 それが香織の記憶喪失の原因かもしれない…。 そんな中、香織は町で偶然九条の兄に出会う。 昔の出来事について語る兄の話を聞いているうちに、香織は頭痛を覚えその場にうずくまってしまった。 報せを聞いて駆け付けた長谷は香織に「公園での出来事」を伝えることを決意。 九条の口から、香織が忘れていた引っ越しの日の事件が語られる。 動揺し震えだす香織だったが、長谷や仲間たちの支えにより過去を克服することができた。 そして… 「長谷くん、私ね…全部 思い出したよ」 結末 引っ越し当日の事件の真相。 九条と兄の会話を誤解した香織は公園から走り去る。 落ち込んで家に帰る途中、友達であるクラスメイトの女子たちの会話が聞こえてきた。 「香織ちゃんってはじめくん(九条)が引っ越すこと知ってたらしいよ」 「抜け駆けってこと?サイテー」 九条は女子に人気だった。 おそらく女子たちは月曜日に交わした香織と九条の会話を耳にしていたのだろう。 クラスメイトの女子たちは抜け駆けした香織をいじめる相談をしている。 九条にクラスメイトの女子…友達を一度に失ってしまった香織は赤信号から飛び出し事故にあってしまう。 (こんな思いをするくらいなら この一週間の出来事が 全部なくなっちゃえばいいのに) そして香織が記憶を取り戻して初めて迎える月曜日。 もう香織は友達の記憶を失っていなかった。 香織は長谷を始めとする「心から信じられる友達」を得て、友達から裏切られた過去の痛みを克服できたのだ。 昼休みが終わり、いつも香織と過ごしている屋上から去る長谷。 卒業式の日、みんなの計らいで長谷と香織は2人きりで下校することに。 どことなく両想いっぽい2人だったが、ついに友達の一線を超えることはなかった。 香織「またみんなで集まって遊ぼうね!」 長谷「はい!(ですよねー・・)」 香織「あと、2人だけでも遊ぼうね」 長谷「はい!…え?」 香織はにこりと微笑んでいる。 補足と感想 以上、漫画「一週間フレンズ」のネタバレでした! 最終回ではついに香織の「記憶リセット」がなくなり、2人は改めて友達になるという結末でした。 その後に掲載された特別編でも「恋人」には昇格できなかった長谷くんでしたが、希望にあふれる良いハッピーエンドだったと思います。 原作漫画では今回ネタバレしたシリアスな本編以上に、ほのぼのとした日常回やコメディ回も多く、それはそれで癒されるので未見の方はぜひそちらもチェックしてみてくださいね。 また、実写映画化に当たってはやっぱりキャストが気になるところ。 原作の雰囲気とイメージの合う俳優・女優さんが起用されればいいのですが…。 まとめ 今回は漫画「一週間フレンズ」のネタバレをお届けしました! 青春恋愛モノでありながら、タイトル通り「友達」が大きなテーマとなっていた今作。 最終回や、その後の特別編は本当にステキな終わり方でした。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 U-NEXTなら初回登録から31日間無料! もらえるポイントを使えば、最新作 (レンタル作品)でも 課金なしで見ることができます。

次の

一週間フレンズ。 [第1話無料]

一周 館 フレンズ 映画

東京都立緑川高等学校。 〔高2の春〕 長谷祐樹(はせ ゆうき)は男子高校生です。 春休み、祐樹は図書館で分厚い本ばかりを手当たり次第にめくっていました。 親友・桐生将吾(きりゅう しょうご)が声をかけても、必死で何かを探しています。 図書室の床に図書貸し出しカードが落ちているのに気付いた祐樹は、「藤宮香織」という名前の美しさに惹かれ、思わずカードの匂いを嗅ぎました。 その現場を、当の藤宮香織(ふじみや かおり)に見られました。 香織は嫌な顔をして、奪って去ります。 将吾と別れて電車に乗った祐樹は、借りた本を持ったまま居眠りしました。 西府中駅で折り損ねそうになり急いでドアに向かいましたが、本を座席に忘れます。 それを取って放ってくれたのは、香織でした。 走り出した電車を追いかけて、祐樹は香織に礼を言います。 いい出会い方をしたな…そう思いながら新学期を迎えた祐樹は、同じクラスに香織の名を見つけました。 幼馴染みの山岸沙希(やまぎし さき)とも、親友の将吾とも同じです。 2年3組の担任は、数学の井上先生でした。 「この前はありがとう」、クラスで香織に声をかけた祐樹でしたが、香織は不思議そうな顔をすると、無視します。 祐樹が追いかけて「俺と友だちになってください」と言うと、「無理」と即答されました。 香織は同じクラスの女子生徒からも孤立していました。 孤立というよりも、香織が他者とかかわろうとしない感じです。 クラス全員のノートを回収して職員室に持ってきてくれ、と頼まれた香織に、「ノートを忘れたと先生に伝えてくれ」と誰かが頼んでも「自分で先生に言いに行って」と香織は答えます。 それが「冷たい。 そのくらいやってくれてもいいのに」と思われます。 昼食時、香織が屋上へ行くのを見た祐樹は、ついていきました。 しかし香織は「もう構わないで」と言います。 祐樹を拒否した香織の手がぶつかり、祐樹の弁当が落ちてしまいました。 さすがに悪いと思ったのか、香織は自分の弁当を分けてくれます。 祐樹は卵焼きを食べながら「藤宮さんちは、しょっぱい卵焼きなんだね。 ご飯が進むわ。 俺んちは甘い卵焼き」と話します。 「やっぱり。 藤宮さんは優しいんだろうと思ってた」と祐樹が言うと、香織は照れたのか逃げるように立ち去りました。 放課後。 祐樹は所属する漫画研究部に行きました。 図書館で借りた本を取り出すと、余白部分にイラストを描きます。 祐樹が手当たり次第に難しくて分厚い本を探していたのは、イラストを描くためでした。 難しい本なら読まない人が少ないだろう、そうすれば後世まで自分の漫画が伝わる、そう考えて本選びをしていたのです。 弁当箱を返した祐樹が話しかけ、また友人になってくれと言いますが、香織は断ります。 「私は友だちを作っちゃいけないの」香織はそう言って立ち去り、しつこくつきまとっていた祐樹を、担任の井上先生が放課後の職員室に呼び出しました。 井上先生は、香織の事情を話します。 香織は高校1年の終わり、約3か月前に転校してきたのですが、記憶を1週間で忘れてしまうのです。 日曜の夜に寝て月曜の朝に起きると、ある特定の記憶…高校の人間関係の記憶…だけをなくしてしまうのでした。 祐樹は「あきらめない、やらないと絶対に実現しないから」と言いますが、井上先生は「遠くから見守ってやるのも友情だ」と答えます。 金曜の放課後、香織は母・志穂に迎えられて帰宅の途中に栄林医科大学附属病院へ足を運び、検査を受けていました。 井上先生の言う通りです。 香織は『解離性の健忘』と言って、特定の記憶だけを忘れてしまうのです。 家族のこと、学校の授業で習ったことなどは忘れないのですが、学校の生徒にまつわる記憶はきれいに忘れてしまいます。 恐らく人との関わりの中で、何かきっかけとなる出来事があったのは明白ですが、現状ではいかんともしがたいと医者は言いました。 また香織の父・隆之と母・志穂も、積極的に香織の病を治そうと思っていません。 治るものなのかが分からないので、下手に手出しして香織の傷を深めるよりも、悪化させないようにと細心の注意を払っています。 家族にとっては、一生の問題だからです。 香織と友だちになりたい気持ちが変わらない祐樹は、週明けに香織に声をかけました。 すると、月曜の香織は井上先生の言うとおり、本当に祐樹の存在を忘れていました。 井上先生から聞かされていたものの、実際に目の当たりにした祐樹はショックを受けます。 そして「遠くから見守ってやるのも友情」という井上先生の言葉どおり、しばらく距離を置いて見守ることにしました。 〔高2の夏〕 遠くから見守りつつ、何かいい方法がないかと祐樹は悩みます。 悩み続ければきっといい案が思いつく、思いつかなければそれまでの感情だったのだと、祐樹は思うのです。 親友・将吾と幼馴染みの沙希は、祐樹の努力を見守ります。

次の