通知 を ミュート と は。 LINE無料通話のミュート機能の使い方を初心者向けに解説

【Galaxy】サイレントモード「通知をミュート」の使い方

通知 を ミュート と は

相手と自分の関係• 自分・・・相手をミュートしている。 (=自分はされていない)• 相手・・・ミュートされている ツイッターでミュートされるとどうなるか? 相手の立場では・・・なんと「何も変化なし」なんです! 相手は自分に「いいね」も「リプライ」もできるし、「DM(ダイレクトメッセージ)」を送ったり、自分の投稿を「リツイート」も普通にできます。 そう、 ミュートしても相手の行動には何の制約もかからないんですよ! では、自分の立場ではどうでしょうか? まず、相手を「フォロー中」でも「フォローしていない」状態でも、ミュートをすると 相手の以下のアクティビティは自分のタイムライン上で非表示になります。 リプライに関しては、ミュートしていなくても「クオリティフィルター」に引っ掛かって、通知が来ないケースがしばしばあります。 (送信・受信することには影響はありません) はい。 このように 自分のタイムライン・通知上で「相手を見えなくする」のがミュートなんですね。 ミュートしても「フォロー中」は外れないし。 相手は自分をすることもできますよ。 ミュートとブロックの違いは? ミュートしたらどうなるかがわかったところで、ブロックと比較してみましょう。 ツイッターにはミュートの他に「」もあるので、以下のように思う人が多いようです。 ん? 「ミュート」と「ブロック」って何が違うの?? なんだかキャラが被っているようですが、実はぜんぜん役割が違います。 まず、ブロックをすると「 フォロー関係が解除」されます。 さらに「 投稿を閲覧できない」「 DMを送れない」などの効果もあるんですよ。 つまり相手をブロックすると「相手は自分にほぼ何もできなくなる」んです! その点、ミュートはただ「自分からは見えなくなる」だけで、相手には何の制約もかかりません。 「この人の投稿数、さすがにちょっと多すぎるんだよな〜」とか思うときってありますよね? そんなときは、波風立てずにそっと相手と距離を置くことができる「ミュート」がピッタリなんですよ。 でまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。 スマホ(iPhone・Android)でもpcでもやり方はほぼ同じです。 今回はiPhoneの画面で紹介しますね。 ツイッターアプリを起動したら、ミュートしたい相手の「投稿」か「プロフィール」を表示してください。 「投稿」の場合は、投稿の右上の 「v」をタップします。 「プロフィール」の場合は、 「歯車」マークをタップしてください。 するとメニューが表示されるので、その中にある 「 ユーザー名さんをミュート」をタップすればok。 「ユーザー名さんをミュートしました」と表示が出て、ミュート完了です。 ミュートを解除する方法 ミュートを解除したい場合は、ミュートしている相手のプロフィールを表示してみてください。 「このアカウントのツイートをミュートしています。 」の表示の横に「 ミュートを解除」があります。 もしくは、ミュートしたときと同じく投稿の「v」マークやプロフィールの「歯車」マークをタップしても「 ユーザー名さんのミュートを解除」が出てきますよ。 誰かの「いいね」投稿がタイムラインに出るのはミュートできるの? 2016年ごろから、自分がフォロワー中の人が「いいね」した投稿が自分のにも表示されるようになりました。 つまり・・・ぶっちゃけ興味のない投稿が多く表示されるようになりました(笑) これ、なかなか困っている人が多いんですよね〜。 この誰かの「いいね」投稿をミュートすることって可能なんでしょうか? 以下の順番で紹介していきますね!• 「非表示」にするのは無理。 「減らす」ことならok! 残念ながら、 誰かの「いいね」投稿を自分のタイムライン上で完全に非表示(ミュート)にすることは不可能です。 ん〜、自分のタイムラインなんだから、完全にオフにできて良さそうなものなんですけどね・・・。 非表示(ミュート)はできませんが、代わりに「減らす」ことなら可能です。 「ツイートに興味がない」「興味がない」 誰かが「いいね」した投稿を表示させたくない場合は、投稿の右上の 「v」をタップして「興味がない(ツイートに興味がない)」をタップしてください。 すると、ツイッターは「あ、この人のいいね投稿には興味がないのね」と判断して、今後の露出を減らしてくれます。 さらに「ユーザー名さんのツイートの表示を減らす」や「ユーザー名さんのいいねの表示を減らす」なども選択できますよ。 まぁ、そもそも自分が「いいね」した投稿がフォロワーさんに通知されまくってるって思うと・・・微妙な感じですよね。 ツイッターさん、なんとかしてください(笑) 表示回数を減らすとバレるの? 自分の通知欄に出てきた「誰かがいいねした投稿」の右上の「v」マークをタップすると、「表示回数を減らす」が選択できます。 これ、ちょっと以下のことが気になりますよね?.

次の

ミュートとは?ツイートのミュート?インスタやLINE、Gmail、ギターなどではどういう意味?ミュートとは何ですかという人にもわかりやすく解説!

通知 を ミュート と は

たとえばLINEの通知音がうるさいので無音にするとこんどは電話の着信音が鳴らず気づけない。 たとえば厳粛な場でミュート(消音)にしたつもりなのに着信音がけたたましく鳴ってしまう。 毎日使っていて不便だけど調べるのが面倒でがまんしている、という方も少なくないのでは。 iPhoneとAndroidスマホについてそれぞれ解説します。 お持ちのスマホをご用意の上、つぎのボタンのいずれかをタップ(クリック)してください。 なおZenFoneのアラーム音、着信音、通知音の音源データ(音楽含む)の変更方法についてはこちらの記事をご参照ください。 iPhoneの着信音や通知音、ミュート(消音)、サウンド、バイブレーションなどについて解説します。 使用している端末はiPhone6、iOSバージョン10. 3です。 端末の種類、iOSのバージョンにより操作が異なる場合があります。 ほかに「設定」画面の「おやすみモード」や「時計アプリ」のタイマー設定が該当しますが、とくにむずかしい設定ではないのでそれらは割愛します。 ただし着信・通知の音をここで完全に消すことはできません。 このボタンは即座に切り替えることができるのでとても便利です。 画面のボタン 画面「設定」ボタンをタップします。 「通知」項目をタップしてみましょう。 するとつぎのような画面が表示されます。 A 通知センター 各通知は「通知センター」で一覧表示できます。 「通知センター」は特別なボタンがあるわけではありません。 画面上部の任意の位置から下にスワイプするとスライド式で表示されます。 B 通知スタイル 各アプリごとに「通知」方法の詳細が設定できます。 「通知」画面でたとえばLINEアプリを開いてみましょう。 するとつぎの画面が表示されます。 この操作方法はどのアプリも共通です。 上から一つずつ説明しましょう。 通知を許可 これをONにすると下に詳細項目が表示されます。 OFFにするとLINEアプリのみ着信が通知されません。 電話の着信音を残しLINEのみ音を消すには、この設定が使えます。 ただし「通知を許可」をOFFにすると音だけでなく一切の通知が届かなくなってしまいます。 LINEアプリの音だけ消したい場合はさらに別の方法(後述)を選択する必要があります。 「通知を許可」をONにすると以下の設定が可能です。 通知センターに表示 前項「A通知センター」に表示させるか否かを選択できます。 サウンド 音を出すか否かを選択できます。 先述の LINEアプリの音だけ消したい場合はこの「サウンド」をOFFにします。 Appアイコンにバッジを表示 アイコンに通知の件数を表示させるか否かを選択できます。 ロック画面に表示 画面がロックされている状態でも通知を確認できるようにするか否かを選択できます。 ONにするとつぎのように表示されます。 さらに「ロックされていないときの通知のスタイル」も三つのパターンから選ぶことができます。 スマホを操作中に着信したメールやLINEを瞬時に確認できるので表示されるようにしておくと便利です。 「サウンド」はバイブレーション(振動)の有無と着信音・通知音のボリューム、サウンドやバイブレーションの種類が選べる機能です。 「サウンド」項目をタップしてみましょう。 するとつぎのような画面が表示されます。 着信音と通知音 着信音と通知音のボリュームが変更できます。 ただし着信音・通知音を完全に消すことはできません。 サウンドとバイブレーションのパターン 各アクションのサウンドの種類やバイブレーションのパターンが選択できます。 Androidスマホの着信音や通知音、ミュート(消音)、サウンド、バイブレーションなどについて解説します。 使用している端末はASUS ZenFone Go ZB551KL、Androidバージョン5. 1です。 端末の種類、Androidのバージョンにより操作が異なる場合があります。 ほかに「設定」画面の「おやすみモード」や「時計アプリ」のタイマー設定が該当しますが、とくにむずかしい設定ではないのでそれらは割愛します。 ちなみに以前使用していたHUAWEI Ascend G620Sは右横でした。 これで着信音や通知音が消音になります。 時間を区切ることも可能で右のプラスマイナスボタンで増減できます。 これは別途右のC「音量」を設定しなくてはなりません。 授業や会議、法事などの場でスマホを消音にしたいときはこの設定を使用するほか、次項の「サウンドとアラームの音量」 をゼロにすることをおススメします。 右の赤丸で示した設定マークは「おやすみモード」のさらに詳しい設定を表示するものです。 「設定」画面の「おやすみモード」画面が表示されます。 内容については割愛します。 サウンドとアラームの音量 前項のミュート設定のままC「音量」タブを開いてみます。 ここではビデオや音楽などのサウンド、アラームの音量を設定します。 繰り返しますが、B「おやすみモード」で「許可しない(アラーム以外ミュート)にしていても、こちらの C「音量」でボリュームを上げていると ビデオや音楽などのサウンドが鳴ることにご注意ください。 またB「おやすみモード」はつねにバイブレーションにするか、あるいは時間を区切ってバイブレーションにするモードが選択できます。 C「音量」の設定ついては前項と同じです。 画面のボタン 画面「設定」ボタンをタップします。 「着信音」の種類、「着信時のバイブレーション」の有無のほか「ダイヤルパッドのタッチ操作音」などもここで設定できます。 上から順に説明します。 着信時もバイブレーションON 着信時のバイブレーションの有無が設定できます。 着信音 着信音の種類が選べます。 デフォルトの通知音 アプリからの基本的な通知音を設定します。 新着メール メール着信時の着信音が選べます。 メール送信 メール送信完了時の音が選べます。 カレンダーの通知 カレンダーで設定した通知作動時の通知音が選べます。 その他の音 「ダイヤルパッドの操作音」「画面ロック音」「タッチ操作音」「タッチ操作バイブ」のONOFFが設定できます。 通知「端末がロックされているとき」 通知の有無、通知方法が設定できます。 通知「アプリの通知」 アプリごとに通知の有無などが選択できます。 たとえばLINEアプリの通知を変更してみましょう。 「音と通知」画面で「アプリの通知」をタップするとアプリの一覧だ表示されます。 スクロールしLINEアプリをタップします。 「アプリの通知」画面でLINEが選択されました。 [ブロック] 「ブロック」をONにするとアプリからの通知を表示しなくなります。 しかし同時に通知リストにも表示されなくなります。 通知音のみ消したい場合はLINEアプリから直接設定する方法があります。 LINEアプリで通知音を消す方法 LINEアプリを開き、メニュー右の「…」マークを選択すると上部に表示される設定マークをタップ。 下にスクロールし「通知」をタップ。 「サウンド」のチェックマークを外します。 [優先度] ONにすると通知リストのトップに表示できます。 通知リスト 各通知は「通知リスト」で一覧表示できます。 「通知リスト」は特別なボタンがあるわけではありません。 画面上部の任意の位置から下にスワイプするとスライド式で表示されます。 通知へのアクセス セキュリティアプリやランチャーアプリとの連動を許可します。 以上「スマホの着信音や通知音、ミュートがうまく設定できない!よくわからない!」方のための解説でした。

次の

【Windows 10】迷惑なシステムサウンドや通知音をオフにする:Tech TIPS

通知 を ミュート と は

常にバイブレーションモード(着信があると振動する)にしている人も多いはず。 でもバイブ音って意外と響くんですよね。 バイブすらもカットしたい方におすすめなのが「ミュートモード」。 サイレントモードと呼ぶこともあります。 画面を見るまで着信があったかどうか知ることはできませんが、どうしても音を出したくないというシーンでは利用してみてはいかがでしょうか。 ミュートモードでもアラームやアプリ、カメラのシャッター音などはミュートできないので注意。 弦を指の腹で押さえると音が出なくなりますよね。 いらない音が出ないようにしたり、音に強弱を付けたりする際に使うテク。 ロックミュージックには欠かせない「ズンズン」というギターサウンドは「ブリッジミュート」という技法です。 ヴァイオリンやトロンボーンなど弦楽器や金管楽器に装着し、音を弱めます。 複数人でメールのやり取りをしているとスレッド(返信でつながっていくメールのかたまり)にメールがどんどん届き、煩わしく思うことってありますよね。 そんな時は「ミュート機能」を使いましょう。 メールが消えるわけではなく、メンバーが増えたり「To」や「Cc」が変わった場合は通常通り受信できます。 通常の投稿とストーリー(ストーリーズ)で分けて設定することもできます。 後述するブロックと同じと言えるかもしれません。 同じように通常の受信トレイに表示されなくなりますが、アーカイブに設定した場合はスレッドに返信があった際に、受信トレイに戻ります。 ツイッターの場合、ブロックするとフォローが強制解除されるので相手にもわかってしまいます。 一切の関係を絶ちたいときはブロック機能を使いましょう! 他のSNSに関してもほぼ同じ。 LINEのみ、一見ではブロックされたかどうか知ることができません。

次の