キノコ 英語。 キノコの用語(日本語-英語) 三河の植物観察野草

キノコを英語でマッシュルーム(Mashroom)といいますが、何故マッシ...

キノコ 英語

傘 [ ] 傘(かさ:pileus)とはキノコの上部の帽子のような部分のこと。 傘の形には、さまざまなものがあり、キノコの生長ステージによっても変化する。 やホウキタケの仲間のように傘を持たないキノコもある。 やなどの、あるいはなどでは、慣例的に 頭部の呼称を用いるのが普通である。 傘の形 [ ]• 半球型(hemisherical)• 釣鐘型(campanulate)• 円錐型(conical)• 饅頭型(convex)• 中高扁平型(plane and umbonate)• 扁平型(plane,flat)• 皿型(cotyliform)• 杯状(crateriform)• 漏斗状(infundibriform) 傘の表面の状態 [ ]• 平滑・無毛(glabrous)• ささくれ状をなす(squarrose)• 繊維状鱗片におおわれる(fibrillose-scaly)• 表皮に敷石状の亀裂を生じる(rimose-areolate)• 溝線をあらわす(striiform striate)• 粒状線を有する(tuberculately striate)• 放射状に配列する条線を備える(radially striate) ひだ [ ] ベニタケ属の一種。 多数の分岐が認められるとともに、非常に密である。 ひだ(lamella)とは、キノコの傘の裏面に放射状に(まれに同心円状に)形成される刃状の器官である。 ひだをまったく欠き平坦なものも少なくなく、ひだのかわりに 管孔(tube)や 針(spine)を生じるものもある。 これらの器官は、を生じるという機能の上では共通するので、 子実層托(しじつそうたく:hymenophore)と総称される。 ひだは、キノコの種によって、その間隔が密であるものと疎なものとがある。 また、ひだが途中で分岐しているものや、普通のひだの間に子ひだ(lamellulae)と呼ばれる短いひだを持つものもあり、これらの相違は、きのこの同定に際して重要視される。 ひだの表面には 子実層(しじつそう;hymenium)が作られる。 子実層は 担子器が密に並列した層で、キノコの種によっては シスチジアと総称される異型細胞(後述)を混在することもあり、胞子を形成する。 なお、やでも、傘の裏面の子実層托は一見したところひだ状をなしているが、これらのひだには組織的分化が見られず、構造的にはかさの肉と区別できないために 偽ひだ(ぎひだ)の呼称が用いられている。 ひだの色調 [ ] 桃色を呈する、成熟したイッポンシメジ科のきのこのひだ。 この種では小ひだが存在し、やや疎で離生している。 ひだの色調は胞子の色とほぼ同じである場合が少なくないが、未熟なきのこでは、胞子の色調を反映していない。 また、ひだを構成する菌糸自体に特有の色調を持つ場合には、ひだの肉眼的な色は、胞子の色調とは大きく異なる場合がある。 胞子の色はを得ることで観察できる。 ひだの色は、きのこのおおまかな同定を行う上で重要で、たとえばやでは淡紅色、の大部分の種では黒色あるいは黒褐色を呈する。 ひだのつき方 [ ] 直生(ちょくせい、adnate) 柄にひだが直角につながる。 上生(じょうせい、adnexed) ひだが上向きの弧を描き、柄の上端近くにつながる 垂生(すいせい、decurrent) 柄に対し、ひだが下向の弧を描いて付着する。 湾生(わんせい、sinuate) ひだの末端が柄に触れてはいるが、柄の近くでひだがやや上向きに切れ込んだ弧をなしている。 離生(りせい、free) 柄の上端とひだの末端とが離れている。 隔生(かくせい、remote) 柄とひだの末端とが完全に離れており、柄の周囲においてはかさの肉が露出している。 管孔 [ ] 管孔(かんこう:tube)とは、キノコの傘の裏側に形成されるチューブ状の器官である。 胞子を形成する面の表面積を増やすために、ひだ同士の間に多数の仕切りが形成されたものと解することができる。 においては、管孔の壁はかさの肉とは別に分化した構造を有するが、などではそのような分化は認められず、実質的にはかさの肉と区別できない。 なお、傘の裏面で認めることができる管孔の開口部は 孔口(こうこう:pore)と呼ばれる。 針 [ ] 針(はり、spine)とはやなどの傘の裏面に形成される針状の器官である。 一般のキノコにおける ひだが細かく裂け、個々の裂片が円錐状に変形したものと解することができる。 柄 [ ] 柄(え:stipe)とはキノコの傘の下についている円筒状の部位である。 内部になどの構造が分化しないため、 茎とは呼ばない。 また、俗に 足(あし)とも言うが、正式な呼称ではない。 しばしば湾曲することがあり、柄の上方と下方とで太さを異にすることもある。 など、柄のないキノコも多い。 内部は管状に中空なもの・柔らかい髄を有するもの・内部まで均一に菌糸が詰まった中実なものなどが区別される。 なお、などの「柄」は、糸状の菌糸ではなく球状ないしソーセージ状に膨れた細胞群で構成された 偽柔組織状の構造を有するため、しばしば 偽柄(ぎへい)の呼称で区別される。 傘に対する柄のつき方 [ ] 中心生(ちゅうしんせい:central) 傘の中心に柄が付着する 偏心生(へんしんせい:eccentric) 傘の中心から外れて柄を生じる 有柄側生(caulescent-lateral) 傘の一端に柄が位置する 無柄(lateral) 柄がない 柄の表面 [ ] 平滑(へいかつ:glabrous) この節のが望まれています。 肉 [ ] 肉(にく、conext,trama)とは、キノコの傘や柄の内部組織のことを指す。 その質・堅さ・色および変色性・味やにおいなどは、種を同定する上で大きな手掛かりとなる。 つば [ ] つば(annulus)は、ひだや管孔を保護する(partial veil)が、キノコの生長に伴って破れ、柄に付着して残ったものをさす。 ときに、二層構造をなすことがあるが、モミタケなどにおいては外側のつばはに由来している。 また多くののきのこでは、つばの内側(ひだに接する面)の脆い層(球形細胞の集合体で構成される)と外側に発達する堅い層(密に絡み合った菌糸からなる)とに区別されることがしばしばあるが、内被膜が完全に破れない未熟なものでなければ判然としないことも多い。 フウセンタケ属などの柄にみられる繊細な糸くず状のは、完全なつばにならないことが多く、特に クモの巣膜(cortina)と呼ばれる。 その他では、かさの縁に不規則にちぎれた膜片となって残るのみで、柄には明瞭なつばが形成されない例が多い。 つぼ [ ] つぼ(脚苞:volva)は、幼いキノコを包んで保護する(universal veil)が破れ、柄の下端に残った部分を指す。 殻皮(かくひ: Peridium) [ ] 古典的な分類体系におけるや一部のにおいて、胞子を形成する部位を包む保護層を指す。 の柄の基部に残る「つぼ」・の星状に裂開した「外皮」と古綿状の胞子塊を包む「内皮」・類の「表皮」およびその表面に付着した棘状ないし粉状または粒状の鱗片、あるいは類の子実体における杯状ないしコップ状の外壁などは、いずれもこの語で呼ばれる。 キヌガサタケでは、殻皮は三層からなるが、すべてが一体化したまま柄の基部に残り、エリマキツチガキでは、やはり三層に分化した殻皮のうち、外側の二層が星状の裂片をなし、最内層は胞子塊を包む「内皮」となる。 多少とも明瞭なかさを形成する類に対しても用いられることがあるが、その場合には、子実体のかさの表面に発達し、かさの「肉」とは組織学的に区別できる程度の分化を示した組織を指していう。 基本体(グレバ:gleba) [ ] 子実体の内部に胞子を形成するようなキノコの場合、その胞子形成部分を 基本体(または グレバ、)という。 典型的には、出口のない袋状の組織の中に、不規則に(あるいは多少とも規則的に)担子器やなどの胞子形成細胞が形成される場合、その組織全体を指す。 担子菌類の、および(トリュフ)などの子嚢菌類に見られる。 腹菌類では子実体の内側に多数の担子器が形成されるが、胞子が成熟すると担子器は崩壊・消失する。 胞子の外界への放出の方式はさまざまで、袋の先端に出口を生じて吹き出すように出るもの(・など)、子実体の結実部を包む組織( 殻皮、かくひ)が不規則に崩れて散布されるもの(など)、生長の後期に柄(偽柄)が伸びて基本体が押し上げられ、粘液化するとともに異臭を放ち、などの昆虫やなどの小動物によって胞子が伝播されるもの(など)、果実のような外見から鳥などの動物に誤食されることによって胞子が拡散されると考えられるもの( などの ())などがある。 顕微鏡下における所見 [ ] 担子器 [ ] シイタケの柄を構成する菌糸 中央付近に かすがい連結が認められる 担子菌類のキノコを構成するを顕微鏡下で観察すると、菌糸の隔壁部分の側面に小さなこぶ状の突出部が見られる。 これを クランプ・コネクション(clamp connection)という。 略した クランプ(clamp)の呼称がポピュラーに用いられ、日本語では かすがい連結あるいは 嘴状突起(しじょうとっき)の語が当てられる。 担子菌類のに特徴的な構造で、一つの細胞の内部に二個以上の核が共存する状態()を維持しつつをおこなうために、核が移動した痕跡である。 これが見られれば二核菌糸であるとの判断ができる。 ただし、種によっては、二核菌糸であってもこれを作らない例もあり、キノコの部位によってこれを形成したりしなかったりする種もしばしばある。 の種やアセハリタケ Climacodon pulcherrimus Berk. Nicol. では、一箇所の隔壁部に二つのかすがい連結を生じることがあり、これを ダブルクランプ(二重クランプ)と称する。 なお、に対してはこの語は適用されないのが慣例である。 菌糸 [ ] 子実体の内部組織の構成要素である菌糸には、いっぱんに顕著な特徴が乏しいが、その幅・色調・細胞壁の厚み・細胞外面における沈着物の有無と所見などは、同定の手掛かりとして用いられる。 また、担子器の形成に関与する 生殖菌糸(generative hyphae: 生成菌糸と称する場合もある)・子実体の機械的強度を付与するのではないかと推定される 骨格菌糸(skeletal hyphae)および菌糸同士を緊密に結合する役割が考えられる 結合菌糸(binding hyphae)などが区別されることもある。 さらに、内部に質を満たした 汁管菌糸(じゅうかんきんし:lactiferous hyphae)が混在することもあり、これらの菌糸の出現頻度その他も、分類上の形質として用いられる。 シスチジア [ ] シスチジア cystidia は、キノコの組織中に認められる不稔性の異型細胞を総称する用語である。 シスチジアのないや、縁シスチジアと側シスチジアの形質が違う種などがありキノコの同定では重要である。 日本語では、一般に 嚢状体(のうじょうたい)の語が当てられる。 見出される部位により、ひだの先(あるいは管孔の開口部)に存在するものを 縁シスチジア(えんシスチジア:cheilocystidia)、ひだの側面(もしくは管孔の内壁面)にあるものを 側シスチジア(そくシスチジア:pleurocystidia)、柄にあるものを 柄シスチジア(caulocystidia)、傘の表面に見出されるものを 傘シスチジア(pilocystidia)などと称する。 縁・側の両者をまとめて 子実層シスチジア(しじつそうシスチジア:hymenophoral cystidia)、柄・傘の両者を総称して 表皮シスチジア(ひょうひシスチジア:dermatocystidia)とする。 さらに、組織内の導管や乳管などに連結するものを 偽シスチジア(ぎシスチジア:pseudocystidia)と呼び、そうでないものを レプトシスチジア(leptocystidia)とする区分もある。 顕微化学的視点からは、水やなどのアルカリで黄変する不定形の内容物を含むものを 黄金シスチジア(Crysocystidia)と称する。 ただし、がアルカリで均一に黄変するものは、この用語の範疇には含まれない(ジンガサタケ属 Anellaria など)。 また、で青く染まる顆粒状の内容物を含むものを グレオシスチジア( 粘嚢状体:gloeocystidia)、著しく光を屈折して輝いてみえる油状の内容物を有するものを 油管シスチジア(ゆかんシスチジア:oleocystidia)という。 前者はサンゴハリタケ属 Hericium 、後者はイタチナミハタケ属 Lentinellus その他に、その典型的な例がある。 さらに、アセタケ属 やアナタケ属 Schizopora などに見出される、厚い壁を備え、表面に不定形の結晶をこうむるシスチジアは、特に ランプロシスチジア( 油冠シスチジア:lamprocystidia)と称されることがある。 不定形の結晶を欠き、単に厚い細胞壁を有するならば、 厚壁シスチジア(こうへきシスチジア)あるいは メチュロイド(metuloid)の呼称が適用される。 アセタケ属に見出される油冠シスチジアの一例。 厚い細胞壁を備え、厚壁シスチジアの一例でもある。 シスチジアの定義には多少あいまいな部分もあるが、見出される位置・形態・化学的性質などによって、上記の呼称が適宜に併用されて記載に用いられている。 その存在意義としては、担子器同士の間隔の調整・重力の検知(傘を水平に保ち、効率的に胞子を飛散させるため)・二次代謝産物の貯蔵や排泄などの役割を担っているとも考えられているが、まだ推測の域を出ない部分が多い。 通常、シスチジアの有無を肉眼で確認するのは困難であるが、( Rickenella fibula)、( Marasmius cohaerens)など、一部の種では肉眼でも見出すことができる大きなシスチジアを持つものがある。 また、ひだの縁にシスチジアが密生するものでは、ルーペでその存在を知ることが出来る場合も多い。 特にひだ(もしくは管孔壁)そのものが有色でシスチジアが無色であるもの(ナヨタケ属・・など)、あるいは逆に、ひだや管孔が無色であるのにシスチジアが特有の色調を帯びるもの(・やなど)においては、ルーペを用いなくても注意深い観察によってシスチジアの有無が判断できる場合がしばしばある。 表皮(Pellis) [ ] 子実体の表面を包む組織を指す呼称で、子実体の内部組織(肉)と区別し得る程度の組織的分化が認められる場合に適用される呼称である。 では殻皮とほぼ同義である。 構成要素が、かさや柄などの表面に対して垂直に配列する場合には derm、平行に配列する場合には cutisと称されるが、両者の区別はややあいまいである。 一種類の要素からなるもの(単層)と複数の要素で構成されるもの(複層)とがあり、後者の場合では、上表皮(suprapellis)・下表皮(subpellis)などと細分されることがある。 さらに、表皮最外層の菌糸から異型細胞(表皮シスチジア)を突出させる型や、表皮層を構成する菌糸の壁が次第に溶けて崩壊し、ゼラチン質となる型(など)もあり、その構造は科・属・種の同定に際して重視される。 胞子 [ ] 詳細は「」を参照 参考文献 [ ]• Singer, R. , 1986. The Agaricales in Modern Taxonomy 4th and reviced ed. Koeltz Scientific Book. Largent, D. , and D. Stuntz, 1986. How to Identify Mushrooms to Genus I. Macroscopic Features. Mad River Press. Largent, D. , 1977. How to Identify Mushrooms to Genus I. Macroscopic Features. Mad River Press. 河原栄(訳)・井口潔(監訳)、2010. 『図解きのこ鑑別法 マクロとミクロによる属の見分け方』. 西村書店、東京. 池田良幸、2005. 『北陸のきのこ図鑑』. 橋本確文堂、金沢. 関連項目 [ ].

次の

しめじって英語でなんて言うの?

キノコ 英語

マッシュルームと一言で言いますが、あちらの人にとっては、それなりに色々な種類があるらしいです。 彼らは彼らなりに「キノコ」の世界があるわけで、こちらが、シイタケ、シメジの世界を当然のものとして話をしても、通じないかもしれません。 I like most of mushrooms, but I don't really like what you call "common mushrooms. " I like what you would call "exotic" mushrooms, like shimeji, mitake, eringi, etc. To me an other Japanese, they are what much more common mushrooms, normally available in a grocery store. 最後のところ、ちゃんと作文を完成させずに、中途半端なものを書き込んでしまいましたので、訂正・再投稿させていただきます。 I like most mushrooms, but I don't really like what you call "common mushrooms" in English. I like what you would call "exotic" mushrooms, i. , shimeji, maitake, eringi, etc. To me and to other Japanese, they are much more common than your common mushrooms, because they are what we normally find in a grocery store. マッシュルーム mushroom はキノコを意味する英語だが、日本では西洋料理に使われる白い栽培のツクリタケ Agaricusbisporus J. Lange Pilatを指す。 英語では、common mushroom、White mushroomなど。 同様にフランス語のシャンピニョン champignon も広くキノコを意味するのであるが、日本ではツクリタケのみをシャンピニョンと呼んでいる。 【解説】 ツクリタケは担子菌類ハラタケ科のキノコで、傘は5~10cm、最初球形、のち開いて平らとなる。 表面は初め白色、のち淡黄褐色。 肉は厚く、白色、空気に触れると淡紅色となる。 ひだは茎に離生して密。 最初は白色、ついで淡紅色、発育するにつれて褐色から紫褐色となる。 茎は長さ4~8cm、径1~3cmで、白色、中実。 幼時は基部が膨大するが、生長後は上下同大。 白色で膜質のつばをもつ。 胞子は広楕円形、大きさ6. 2胞子型。 ヨーロッパで開発された種類で、白色種、褐色種、黄色種などがある。 フランス、オランダ、韓国、フィリピン、アメリカなどで盛んに栽培されている。 栽培は遠肥 きゆうひ または人工堆肥 わら100、米ぬか2. 5、硫安2. 5、過リン酸石灰1、消石灰1の割合で混合堆積し発酵させたもの を用いて栽培舎内で行う。 シロオオハラタケ、ザラエノハラタケなど近縁の野生種があるが、いずれも食用になる。 しめじ:Shimeji mashrooms、Lyophyllum shimeji、euagaric fungusなど。 なぜ、この程度のことが調べられないか、理解できんが。 A ベストアンサー sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー 赤ちゃんや年齢の小さい子どもだったら、 precious: 大切な存在という意味で。 sweetie: これが一番使用頻度が高いかな。 Bye crocodile! "というように、さようならを言う際に、alligatorと呼びかけられたらcrocodileで返す(逆でもいい)ことになっています。 sweetie: これが一番使用頻度が高いかな。 Bye crocodile! "というように、さようならを言う際に、alligatorと呼びかけられたらcrocodileで返す(逆でもいい)ことになっています。 A ベストアンサー Hamburger steakという言い回しは辞書にも載っているのであるのだとは思いますが、アメリカでよく耳にする表現ではないですね。 ドイツ料理店やギリシャ料理店なんかではGerman steakとかHamburger steakと言う表現を目にするかもしれません 普通一般のダイナーやレストランでそういうメニューがあるかなあと考えると、質問者さんがお書きのSalisbury steak が一番近いのではないでしょうか。 Hamburgerのバン抜きと注文することも出来ますね。 ただ微妙に違いますが。 日本でのハンバーグステーキには必ずといっていいほどつなぎが入っています。 卵とかパン粉とかたまねぎのみじん切りとか。 アメリカでHamburgerと言ったらつなぎが入っていることはめったにありません。 塩コショウと多少のスパイスで味付けされたひき肉パティを指すわけですから。 Salisbury steak はひき肉につなぎが入っているものです。 ですのでこれが一番近いかと思います。 A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 なぜか? 排卵は月に1度とは限りません。 なので、完全な「安全日」などないんですよ実は。 しかも、生理前の症状って、排卵前の症状と似てることだってあるんですよ。 体感で今は安全日!と決めて行為をするのは、うーんどうでしょう。 生理不順だとなおさらですね。 生理中でも妊娠するというのは、生理後に排卵があった場合 わかりやすく例えると 生理4日目にしたとするでしょ、そして生理が6日で終わってその4日後に 排卵したとするでしょ、精子が6日間生き続けていたら受精するということです。 可能性で言えばすごく薄いですよ?でもあり得る話だということ。 体が生理を始める準備 これはちょっと違うかなぁ。 生理の準備をしているというより、排卵してそれが受精して着床して・・・ その「妊娠の準備」をしていたものが不必要になった時に生理がくる。 のほうが合ってると思います。 なぜか? 排卵は月に1度とは限りません。 なので、完全な「安全日」などないんですよ実は。 しかも、生理前の症状って、排卵前の症状と似てることだってあるんですよ。 体感で今は安全日!と決めて行為をするのは、うーんどうでしょう。 生理不順だとなおさらですね。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の

【英語】「野菜・キノコ」に関する英単語一覧

キノコ 英語

上記の場所でダイキノコを確認。 中央に大きな岩がある広場のような場所。 慣らしの洞穴 ストーリー攻略でダイキノコを採取したエリア。 通り道の左側にある。 集中の森 確認できた場所 集中の森のエリア内にランダムで出現する。 探索が長くなる場合がある。 生えていなかった場合は、再度レイドをこなして探索をしよう。 ファイトケイブ・慣らしの洞穴を優先 まずは、すぐ近くに隣接しているファイトケイブと慣らしの洞穴を探索するのが良い。 あくの塔に空を飛んで移動できるため、スタート地点にしやすい。 闘心の洞窟・集中の森を探索 ファイトケイブと慣らしの洞窟の探索が終了したら、闘心の洞窟を探索する。 その後に、探索エリアが広い集中の森を探索すると良い。 ダイキノコとは? ダイスープの素材に必要.

次の