マネックス証券 評判。 マネックス証券の評判は?メリット・デメリットからキャンペーン情報までまとめました

マネックス証券の評判、メリット・デメリットを徹底解説!

マネックス証券 評判

マネックス証券の特徴まとめ マネックス証券のメリットやサービス内容についてまとめます。 無料のオンラインセミナーや独占販売の投資信託は人気が高く、投資情報を得るために口座を持っておいても損はありません。 また、 IPOの取り扱い数も意外と多いのがマネックス証券の特徴です。 ロボアドバイザーのON COMPASS 最近は、資産運用をすべてロボットにお任せする「 ロボアドバイザー」が人気です。 資産運用の経験や知識を持たない方でも、ロボットの質問に答え、資産運用の目標を設定するだけで、ロボットが最適な資産運用の方針を提案してくれます。 最適な資産運用の方法は、金融工学に基いて算出できるため、人間の提案でもロボットの提案でも、結果は同じです。 結果が同じなら複雑な金融工学によるポートフォリオの提案は、プログラムによって自動化してしまった方が、より低コストなサービスを提供できるのではないか。 これが、ロボアドバイザーのコンセプトです。 マネックス証券は、セゾンカードで有名な「クレディセゾン」と、低コストETFの運営で世界的にも名高い「バンガード投信」とタッグを組み、「」というロボアドバイザーを提供しています。 (MSV = マネックス・セゾン・バンガードの略称) マネックス証券で取り扱うON COMPASSは通称「マネラップ」と呼ばれ、10万円から低コストのロボアドバイザーによる資産運用がスタートできます。 私もON COMPASSでの資産運用を実践しているのですが、低コストなバンガードETFを中心としたポートフォリオになっていて、本気度の高いサービスだと感じています。 株式売買手数料は判断が難しい マネックス証券の株式売買手数料は、高いとも安いとも言い難いです。 というのも、1注文の約定金額が10万円以下など、比較的小さめの取引においては競争力があるのですが、 約定代金が増えると他社と比較にならないくらい手数料が高くなる特徴があるからです。 手数料コースは2種類あり、 取引毎手数料コースでは約定代金10万円以下なら110円(税込)の手数料となります。 これは、ネット証券同士で比較してもトップクラスの安さです。 しかし、約定代金が50万円を超えてくると、成行と指値によって手数料率が変化するなど、計算がややこしくなってきます。 また、他の証券会社と比較しても安いとは言えなくなってきます。 さらに、デイトレーダー向けの 一日定額手数料コースは高いです。 一日に何度も取引をするデイトレーダーでマネックス証券をメインに利用している人は珍しいと思います。 これらの手数料体系は信用取引においても同じです。 なお、マネックス証券は 信用取引口座の新規開設から1ヶ月間は取引手数料が実質無料(手数料相当額を最大10万円までキャッシュバック)となるのでおすすめです。 ミニ株に相当する ワン株(単元未満株)は、約定代金の0. 5%(最低手数料48円)で取引できます。 任天堂のような株価が高い銘柄でも、1株単位で買うことができるので、初めて株式投資をする方にもワン株はおすすめです。 マネックス証券はネット証券の中でも IPO(新規公開株式)の取扱が多めです。 私の知る限り、に次いでIPOの数は多く、私自身マネックス証券で何度かIPO銘柄をゲットしたことがあります。 IPO銘柄は上場と同時に2倍以上の値上がりとなることも珍しくないので、良い銘柄があれば積極的に抽選に応募したいところです。 連続売買やツイン指値などの多彩な注文方法 サラリーマンの方など、マーケットがオープンしている日中の時間帯に株式取引ができない方は多いです。 そうした方の悩みを解消してくれるのが、マネックス証券の多彩な注文方法です。 マネックス証券には、連続売買やツイン指値といった数多くの注文方法が用意されており、相場を監視していなくても条件に合わせて半自動で売買をすることができます。 連続注文 あらかじめ設定した注文が約定したら、自動的に次の注文を出す方法です。 例えば保有株A社の株式が売れたら、自動的にB社の買い注文を出す。 と言った使い方ができます。 リバース注文 買い注文が約定したら自動的に売り注文を設定できる注文方法です。 株式市場を監視していなくても、買い注文と利益確定の売り指値が自動的に行えます。 ツイン指値 保有株に対して、利益確定したい株価と損切りの株価を同時に設定する注文方法です。 100円で購入した株が、110円になったら利益確定、一方で90円になったら損切りと、2つの注文を同時に出すことができます。 逆指値 株価が設定した水準に達したら注文を発動します。 株価が一定の高さになったら成行買いをする。 保有株が一定の株価を下回ったら成行売りをするなど。 期間指定 最大30日間同じ注文を継続できます。 仮に注文当日に約定しなくても、注文を再設定する必要がないので便利です。 3,000銘柄の米国株を取り扱う あまり知られていませんが、マネックス証券は 海外株式で競争力があります。 取り扱っているのは米国株と中国株の2種類のみとなりますが、中でも米国株の取扱銘柄数は随一となっており、約3,000銘柄の購入が可能です。 米国株の手数料は最低0ドル、最高でも20ドルとなっており、格安の手数料でマイクロソフトやアメリカンエキスプレスといった、名だたる企業の株式に投資できます。 また、マネックス証券が外国株に強い理由として、 米国株のトレーディングツールがあることがあげられます。 マネックスグループの子会社となる米TradeStation社が提供する取引ツール「トレードステーション」は世界的にも高い評価を得ており、株価の値動きをリアルタイムで監視しながら米国株の取引ができます。 マネックス証券では、米国株・中国株ともに特定口座での取引ができるので、米国株の取引で利益が出ても、原則として確定申告は不要です。 多彩な取引ツールが無料で利用可能 マネックス証券は取引ツールの数が非常に多いことでも評判です。 新しく開発された 新マネックストレーダーは、株式取引・先物オプション取引に特化したツールです。 FX取引のように買付・売却がスピーディーにできる「2WAY」注文ができるほか、株価やチャートが一定条件に達したらアラートで知らせてくれる機能もあります。 新しいマネックストレーダーはデイトレーダーにも人気で、「ツールはマネックス証券で」という流れも生まれつつあるようです。 マネックス証券が資産運用・資産設計を目的とした投資家から多くの支持を集めている理由は、こうした部分にも表れています。 前述しましたが、米国株向けの専用取引ツール「トレードステーション」を提供している点も評価できます。 iPhone、iPad向けのモバイルアプリも充実しており、外出先でもリアルタイムの株価をチェックしながらスピーディーに取引ができます。 モバイルアプリの登録銘柄情報は、新マネックストレーダーと共有できるので、どこにいても保有株や気になる銘柄の監視ができるようになっています。 取引に応じてマネックスポイントが貯まる マネックス証券は「マネックスポイント」というポイントプログラムを導入しています。 ポイントは主に投資信託の購入・保有で貯めることが可能です。 5%をマネックスポイントで還元。 (マネックスセゾンカード保有者は4. 08%」を付与。 投資信託を保有しているだけで毎月もらえます。 実質的には投資信託の保有残高に対して年率0. 08%分のポイントが獲得できる計算です。 貯めたポイントは、50ポイント = 50円相当の株式取引手数料として使えます。 また、WAONポイントやTポイント、nanacoポイントやJAL・ANAのマイルといった他社のポイントサービスと交換することも可能です。 ただし、マネックスポイントには有効期限があります。 ポイントを獲得した日の翌々年度末(3月31日)が有効期限となるため注意が必要です。 つまり、最短でも1年、最長で2年でポイントが失効します。 1,000円からの金投資「マネックスゴールド」 インフレ対策の資産として「金」への投資が注目されています。 金は希少性が高く、リスク回避やインフレに強い資産として知られ、将来のリスクに備えて積立投資をする投資家も多いです。 マネックス証券では、「 マネックス・ゴールド」と題して1,000円(または1g)からの金投資ができます。 1回だけの「スポット取引」と毎月自動継続で買付を行う「積立プラン」が用意されており、手数料はどちらも約定代金の2. 5%です。 (売却時は手数料無料) 約定代金の2. 5%と聞くと手数料が高いイメージはありますが、三菱マテリアルや田中貴金属などと比較すると、マネックスゴールドの手数料は安めです。 また、金は100g単位で現物資産として引き出すことも可能です。 マネックスゴールドで積み立てた金が100gを超えたら、自宅への配送で実物を眺めることもできます。 幅広いラインナップの投資信託 投資信託もノーロードファンドを中心に幅広く取り扱います。 マネックス証券は投資信託の管理が行いやすいので、私も利用しています。 投資信託の中には、買付手数料無料のノーロードファンドと、買付手数料が必要なものがあります。 しかし、マネックス証券の場合、買付手数料の1. 5%(マネックスセゾンカード保有者は4. 5%)が、マネックスポイントとして還元されるので、通常の手数料よりも安く投資信託を購入することができます。 マネックスポイントは1ポイント=5円相当の価値なので、投信の手数料は実質7. 5%OFF(マネックスセゾンカード会員なら22. 5%OFF)となります。 1,000通貨から取引できるFX PLUS マネックス証券の「FX PLUS」は、1,000通貨から取引可能なFXサービスです。 証券口座からFX PLUS口座への資金移動は24時間いつでも可能で、FX取引はFX口座で行います。 マネックス証券のFX PLUSでは13通貨ペアの取引ができます。 ただし、米ドル円のスプレッドが2銭、ユーロ円で4銭となっているので、一般的なFX専門業者のスプレッドと比較するとコストは高めです。 (取引手数料は無料です) 貸株サービスで金利収入が得られる 長期保有していて売却する予定がない銘柄は、貸株サービスを利用することで金利収入が得られます。 貸株サービスによって私たちの保有株は、マネックス証券を通じて、空売りをしている投資家に貸し出されます。 空売りは少なからず短期的な株価下落圧力にはなりますが、短期的な圧力は長期保有の投資家にとっては無視できるので、基本的に貸株サービスはメリットの方が大きいです。 一部の銘柄には「ボーナス金利」が設定されており、銀行の定期預金を大きく上回る利息を得ることができます。 貸株の注意点として、配当金や株主優待の権利を失うというデメリットがありますが、これについては「 株主優待・配当金自動取得」を設定しておくことで防げます。 株主としての権利が発生するタイミングで自動的に貸株を中止し、権利日を通過してから再び貸株を再開してくれるので、金利収入を得ながら、配当金と株主優待はしっかり得られるというお得なサービスです。 ただし、マネックス証券の貸株サービスは信用取引口座を開設している方は利用できません。 マネックスポイントで実質コストを削減 マネックス証券の隠れたメリットに「 マネックスポイント」の存在があります。 投資信託の購入は 申込手数料の1. 5%(マネックスセゾンカード保有者は4. 5%)のポイント還元、投資信託保有時は 平均残高の0. また、株式取引の「一日定額コース」では日計り取引(デイトレード)に関しては手数料の片道分がポイント還元され、実質半額となります。 「取引毎手数料コース」では月間手数料が30万円を超えると、月間の株式売買手数料の半額をポイント還元してくれます。 (株式取引で付与されたポイントの使いみちは手数料への充当に限定されます) 貯めたマネックスポイントは1ポイント=5円相当として、株式手数料に充当したり、電子マネーWAONやSuicaポイント、航空会社のマイルと交換することが可能です。 ポイント還元分を考慮すると、マネックス証券の手数料もそこまで高くはないかなという印象です。 マネックス証券の口コミ マネックス証券を実際に使っている個人投資家の口コミをまとめました。 今日一日で2500円超えてしまったし、メンドイけど他社への乗り換えも考えるかぁ。 昨日申し込んだんだけどいつから出来るんだろう? 気まぐれでSBI証券開けたら米国株手数料が改定されてマネックスと同水準になってる!マネックスのメリットが薄くなったな。 マネックスの証券口座から銀行口座への出金って指示だけなら土日でもできたんだな。 (超今更) — 宮口コー KoMiyaguchi 2016年7月29日 管理人のマネックス証券に対する意見 マネックス証券でIPOに当選した経験もあり、個人的にはIPO狙いの証券会社として使うのもありかなと思います。 その他、金の積立ができる「マネックスゴールド」や、口座開設者限定の無料オンラインセミナーの豊富さなど、使い所を絞って活用すると、メリットがたくさんあるネット証券です。 最近、SBI証券が米国株式の手数料引き下げに踏み切ったため、以前より優位性は薄れましたが、マネックス証券は米国株に強い証券会社としても評判です。 専用取引ツールの「トレードステーション」と格安手数料、そして取引可能な銘柄数が多いので、ちょっとマイナーな米国株も売買できたりします。

次の

手数料高めのマネックス証券を選ぶメリットについてまとめてみる

マネックス証券 評判

投資初心者には心強い会社!~有益な投資情報が多い~ マネックス証券は、株式・投資信託・IPOなど多くの金融商品を取扱う総合証券です。 投資初心者~ベテランまで幅広い層から人気が高く、一部の個人投資家からは 「マネックス証券を利用したら、他の証券会社では取引ができない!」という声があるほどです。 マネックス証券の利用者からは「他社よりも使いやすい」「分かりやすい」という意見が多く聞かれます。 「投資は資産運用」という概念を持っている会社なので、取引ページを見ても専門用語などは極力使わないように考慮されています。 投資初心者や経験が浅い人から、評価が高いのも納得です。 また、有益な投資情報が多いことでも評価が高く、投資経験が少ない人にとっては大きなサポートになると思います。 セミナーやレポート情報の為に口座開設を行う人がいるほどですから、情報集めが苦手な人は注目してください。 このページでは、マネックス証券のメリット・デメリット、口コミ評判などを徹底解説していきます。 <専門家(1級FP技能士)の評価> 投資初心者から「どの証券が良いですか・・?」と聞かれたら、マネックス証券の名を最初に挙げると思います! 投資経験が長い人からも 「こんな有益な情報が、本当に無料なの?」といった意見が多々あります。 投資成績の大半は情報で決まるので(手数料より大切)、経験が浅い人には有力候補です。 【関連】 これが本当に無料?質の高い情報が得られます 投資情報の提供は全ての証券会社で行われますが、 レポートやセミナー 無料・オンライン)の質ではマネックス証券の優位性が高いと感じている投資家が多いと思います。 各証券とも情報提供に積極的ですが、量が多いだけで内容が薄い粗悪な商品も一部で見られます。 マネックス証券の発信する情報は正統派なものが多く管理人もレポートに目を通すのが日課になっています。 簡単・客観的に書かれていて 5分程度で読むことが可能です。 投資の勉強がする時間が無い人は、これだけでも読んでおくと良いと思います。 こういった大きな変動があったときは、マネックス証券からは 専門家から緊急レポートが発せられるケースが多くあります。 管理人は緊急レポートを参考にすることで危険回避やチャンスを掴む事が出来た経験があります。 その内容は多くの人が注目する日経平均株価はもちろんですが、 米国株や中国株といったマニアックなものについてもセミナーが開催され最新情報が提供されます。 リアルタイムで見れなった人も、後日に過去の収録分一覧から見ることができます。 専門家の意見がタイムリーに聞けるのは大きな魅力だと思います。 株式手数料はリーズナブル!投資信託は全て申込手数料が0円 マネックス証券の株式売買手数料は100円~と低水準。 特に初心者~中級者にとって取引頻度が高いと言われる 10~30万のボリュームゾーンで割安なレベルとなっています。 通常の株式売買は基本的に100株単ですので、銘柄によっては50万~100万円も必要。 投資の経験が少ない人には勇気がいる金額です。 しかし、マネックス証券の 「ワン株」を利用すれば、1株から取引ができます(銘柄によっては数百円から取引が可能)。 この「ワン株」で細かく取引をすれば、仮に失敗しても損失金額は限定的。 経験を積むのには非常に有効です。 もちろん株数が少なくても立派な株主ですから会社の配当金も受取れます。 手数料も 業界最低水準の約定代金の0. また、一単元(100株)が50万を超えるような銘柄購入では、この「ワン株」を利用をすれば少額で欲しい銘柄が手に入ります。 非常に良いサービスので積極的に活用してみてください。 投信の積立は、全商品が申込手数料が無料! マネックス証券は1000本以上の多くの投資信託を取り扱っています。 大手証券では2~3%程度の買付手数料が発生する商品でも、マネックス証券なら無料になるますのでコスト削減を考えている人には注目です。 積立投資も100円~対応していますので、お小遣いの一部からでも気楽にチャンレジできます。 マネックス証券は商品の販売で収益を得る方法ではなく、 資産形成・資産運用を支援するサービスへの対価として報酬を得るという考えがあるので資産運用を考えている人にはピッタリです。 【注目】毎日積立がワンタッチで可能! 投資信託の積立では買付タイミングが気になる人が多いと思います。 そんな人に注目のなのが、「毎日つみたて」サービス。 マネックス証券では、 毎日積立の設定がワンタッチで簡単にできます。 さらに、日額指定(一日あたりの買付金額を指定)と月額指定(ひと月あたりの合計つみたて金額を指定)の2つから選択できるのが特徴です。 ただしIPO株は、お得意様などに優先的に割り当てられ一般投資家が入手できないケースがほとんどです。 そんな中にあって、マネックス証券の場合は 全てを完全平等抽選で配布しますので、誰もが当選チャンスがあります。 また、IPO年間取扱数も業界トップ水準で「IPO必須証券」と呼ばれています。 マネックスアドバーザー(ロボアド)は 国内で最安レベルの低コストで大注目の存在! また、投資経験者もマーケットの専門家から提供される情報を参考にして、細かく変更できるので満足度が高い。 「手数料の安さ」「取扱い銘柄数の多さ」「取引条件」など、ほとんどの部分で強みがあり、 「米国株であればマネックス証券」というは多くの投資家の中で共通認識となっていると思います。 マネックス証券では年金という視点にたって商品を厳選しており投資家の間でも「最強!」と噂されています。 好条件が揃っていますので加入を考えている人は有力候補と言って良いでしょう。 それは 日本株で50万以上の売買では、手数料が割高になる点です。 100万以上の売買を頻繁に行う投資家にとっては手数料がネックです。 もっとも、初心者~管理人を含む一般投資家は、1回あたりの通常取引は大きくても30~50万程度だと思いますので、それほど神経質にならなくて良いと思います。 (20~30万のボリュームゾーンは最安値水準) 口コミは?良い評価と悪い評価 専門家の間では非常に評価が高い証券会社ですが、実際に利用している一般投資家の意見も気になりますよね?当サイトでは情報会社と連携して、実際にマネックス証券を利用している投資家の声も集めています。 【詳細】 その結果を見ていくと、全体的に高く評価する声が目立ちます。 特に情報力と米国株については高評価が目立ちます! 低評価の声は少数でしたが、 「国内株式の売買手数料を改善して欲しい」といった意見がありました。 確かに金額が大きい投資(100万単位)で行った時には他の大手ネット証券と比べると割高です。 また、意外だったのがアプリを利用して取引を行っている人が思った以上に多かった点です。 「米国株取引専用スマートフォンアプリ」が利用できる点を高評価としている人もいました。 管理人自身の感想としては、ネット上の操作画面が非常にシンプルで分かりやすいのが魅力。 加えて無料セミナーやレポートは非常に充実しているので 投資初心者には向いている証券会社だと思います。

次の

トレードステーション(マネックス証券) 評価や評判を徹底検証

マネックス証券 評判

マネックス証券の良い評判・悪い評判 マネックス証券は初心者の方から 特に評判の良いネット証券です。 特にインターネットでの株取引が初めてという方にはおすすめしていて、わかりやすさ、サポートの質、注文方法の種類や無料で使えるツールや情報も豊富です。 「初めての人でも使いやすい」と「使い込んだ時のハイレベルな機能」を兼ね備えていて、しかも手数料も安い水準に入るということで、当サイトのユーザーさんからもかなり良い評判を得ています。 実際の今のユーザーの評判はかなり良いのに、ネット上では手数料に関する悪い評判が見受けられます。 実はこれには原因があります。 手数料に関する評判に関してはページ後半で解説しますので、まずは総合的な評判から紹介します。 口座開設は(公式サイト)から 総合的な評判はかなり良く、当サイトでも一番のおすすめのネット証券 マネックス証券の評判で多いのは、「とにかく使いやすい」ということです。 当サイトは株初心者向けなので「はじめてネット証券を使う」「はじめてインターネットで株取引をする」「ネット証券のツールを初めて使う」といった方が多いです。 そんな方たちからの感想や、また複数のネット証券で口座開設をして使い分けている方からの評判で、一番良い評判が多いのがマネックス証券です。 実際にマネックス証券を使っている私自信の経験と、初心者の方からのフィードバックをもとにという記事も書いていますのでそちらも参照してください。 手数料に関する悪い評判が多かったですが・・・ マネックス証券は昔は手数料がとても高いネット証券だったので、インターネットで「マネックス証券 評判」などで検索すると、「手数料が高すぎる」といった昔の悪い評判が出てきますが、日時を見ると昔の評判ばかりです。 現在は手数料も改定されて他のネット証券と同水準の安い手数料になりました。 2011年5月の 株式売買手数料改定で手数料はグッと安くなり、 サービスや使い勝手の良さはそのままで他のネット証券と比べても手数料の安いネット証券になりました。 実際に私も個人的に昔は使い勝手の良いマネックス証券の画面やツールで情報収集をして、実際の取引は手数料の安い他のネット証券で行っていましたが、現在はマネックス証券をメインのネット証券としてそのまま取引でも使っています。 つまり、「今は大丈夫!」です。 そもそも手数料が高くても情報ツールとしてかなり活用できるネット証券でしたので、手数料も安くなった今、一番おすすめしているネット証券です。 「良いけど高い」から「良くてリーズナブル」へ 「使い勝手はすごくいいけど手数料が高い」という、手数料を気にせず取引する人向けで、「ツールだけ利用して取引は他のネット証券で」という人の多いネット証券だったマネックス証券ですが、手数料改定で使いやすさやサービス・機能の良さはそのままで料金だけ他のネット証券と比較しても安い水準に値下げしました。 それによって 「使い勝手も良くて安いマネックス証券」になり、それ以降は当サイトのユーザーからは一番人気の高いネット証券になっていて、株初心者の方が多い当サイト経由のネット証券の口座開設の申し込み数は常にダントツでNo1となっています。 「使いやすさ」で評判のマネックス証券 マネックス証券は第三者評価機関であるモーニングスター社のゴメスコンサルティングの2010年1月オンライン証券ランキングの「サイトの使いやすさ」で第一位を獲得しています。 (参考:)• 見やすいと評判の注文画面• 便利な即時入金サービス• 簡単な操作で銘柄検索ができる• パソコン操作の質問ができるパソコンサポートダイヤル など、サイトの使いやすさに関しては定評があります。 「取引画面が使いやすい」「初心者でもわかりやすい」といった使いやすさの面での良い評判が多いネット証券です。 また、パソコンが苦手な方のためにパソコンの使い方をサポートしてくれる「パソコンサポートダイヤル」を用意するなど、サポート体制が充実しているのもマネックス証券の良い評判につながっていると思います。 初心者が初めて使うのにピッタリのネット証券 ゴメスコンサルティングのオンライン証券ランキングでは、サイトの使いやすさだけでなく長期的投資を行うユーザーを想定した「バイ&ホールド重視型」のランキングでも一位を獲得しています。 (参考:) 初心者の方には長期投資のスタイルは向いていますので、サイトの使いやすさも良く長期投資にも向いているマネックス証券は初心者が初めて使うのにピッタリのネット証券と言えますね。 また、マネックス証券はツールの豊富さと使いやすさでも人気です。 使いやすいだけではなく使いこなせばかなり高機能なツールなども揃っています。 (参考:) 実は管理人もメインで使っている証券会社です 私も今でもメインの証券会社として、マネックス証券を使い続けていますし、マネックス証券のなどはかなり多用しています。 デイトレーダーのように短期でガンガントレードをしたいという人にはというツールも用意されています。 管理人は長期投資派なのでツールにそこまでの高機能を求めていないため使っていませんが、デイトレをする人の話によるとこのトレードステーションは無料で使えるのが信じられないくらいかなり高機能なツールのようです。 マネックス証券の口座開設は無料なので、マネックス証券の使いやすさやサポート、そしてツールの便利さを試してみて下さい。 口座開設は(公式サイト)から 参考リンク:.

次の