コロナ 釣り ダメ。 コロナ対策でレジのお釣りをトレーに置くのは無意味

コロナの影響で「釣り禁止」拡大

コロナ 釣り ダメ

こんにちは!plumです。 「西日本釣り博2020」の中止や 新製品の発売延期、最近では人気釣り系YouTuberの 「釣りよかでしょう」の活動休止など、釣り業界にも新型コロナウイルスの影響が出てきています。 「釣りは外だし人も少ないからコロナでも大丈夫だろ」という意見もありますが、もう一度改めて考えるべき時期かもしれません。 今回は 『新型コロナウイルスが与える釣り業界への影響』についてまとめてみました。 一部の情報にはなりますが、少しでも共有できたらと思います。 新型コロナウイルスが釣り業界に与える影響とは 新型コロナウイルスの影響により、全国小中高校の休校やディズニーランドの休園など異例の事態が招かれていますが、釣り業界にはどのような影響があるのでしょうか。 人の少ない静かな海で釣りをすることは一見安全にも思えますが、 新型コロナウイルスの影響は単に感染だけでなく、様々な面で人々を困らせているようです。 釣りイベントの中止・延期 出典:西日本釣り博2020 新型コロナウイルスの感染拡大防止対策に伴い釣り関連のイベントも続々と中止が発表されました。 中でも3月7日,8日に福岡県北九州市で開催を予定していた 「西日本釣り博2020」と3月14日,15日に愛知県名古屋市で開催を予定していた 「THE KEEPCAST2020」の開催中止は多くのアングラーにとって残念な結果となってしまいました。 各釣具店で行われる展示受注会なども中止が発表されていますので、自分が行く予定であったイベントの中止・延期などについてはHPなどで一度確認しておくと良いでしょう。 開催中止・延期イベントの一部 【シマノ公式HP】 【釣具のキャスティング】 【つり具のブンブン】 釣りエサ(虫エサ)の入荷が困難に 新型コロナウイルスの影響で釣具店では イソメの入荷が困難な状況となっているところがあるようです。 大半が中国からの輸入であるイソメは、コロナウイルスによる流通の停滞だけが原因ではなく、 養殖・採集による生産量自体が低下しているようです。 釣り人にとって虫エサはかかせない物ですが、このまま感染の勢いが止まらなければ数カ月先までこのような状況が続いてしまうかもしれません。 釣具の入荷遅延 釣具店では一部商品の入荷遅延に関するお知らせが出されている店舗もあります。 特に年明けに発表された新製品の入荷を心待ちにしていたアングラーにとってはかなりの痛手で、 予定されていた時期よりも大幅に入荷が遅れてしまう可能性があります。 「ダイワ 20 ソルティガシリーズ」の発売延期 出典:DAIWA ダイワ公式HPより2月に発売を予定していた 「20 ソルティガシリース」の発売延期が発表されました。 致し方ない事ですが、心待ちにしていたアングラーにとってこれはかなり残念なお知らせだと思います。 一刻も早くコロナウイルスの収束してくれることを願うばかりです。 延期後の発売日等詳細につきましては下記メーカーHPをご確認ください。 部品不足による修理期間の延長 商品の納期遅延と同じく修理においても必要な部品の確保ができない状況で、メーカーに修理を依頼している場合、期間の延長が懸念されます。 【ヤマガブランクス公式HP】 釣り船屋(遊漁船)の自粛・乗船人数制限 出典:釣船屋 新型コロナウイルスの影響により、釣り船屋(游漁船)もそれぞれしかるべき対応を取っています。 マスクの着用や乗船人数の制限、県や市から自粛要請が出され出船自体が停止になっているところもあるようです。 感染防止のためには外出しないことが一番ですが、乗船する際には 体温測定や マスクの着用など、自らしっかりと感染対策を行っておきましょう。 「釣りよかでしょう」の活動自粛 ヒカキンやヒカルなどの人気YouTuber達が動画で視聴者に向けて外出自粛を呼びかけるなどする中、佐賀県を中心に活動する人気釣り系YouTuberグループの 「釣りよかでしょう」は 一か月の活動自粛を発表しました。 動画内では 「釣り場へ直で行って直で帰ってくれば安全だろうけど、この自粛ムードの中『俺らが外出てるし良いじゃん』みたいになっても嫌だ」と語り、自ら自粛することで釣り人達にも危機感を持ってもらうよう喚起しています。 地方YouTuberとして率先して自ら自粛を決断することは、 まだまだ危機感の薄い地方の人達に対して大きな影響を与えたと思います。 「一か月という活動休止期間はこれからの状況次第で伸びることもある」と語っているので、一日も早く新型コロナウイルスが収束することを願うとともに彼らの復帰を気長に待ちましょう。 釣りは大丈夫だと油断しないこと! 自宅に引きこもってばかりでは気も滅入ってしまうし、大好きな釣りを我慢するのはかなりのストレスになると思います。 しかし、ついコンビニや釣具屋に立ち寄ってしまったり、釣りに出掛けることでそれを見た子供たちも「じゃあ僕たちも外で遊ぼう」となりかねません。 新型コロナウイルスの影響で、メーカーや釣具店も対応に追われかなり大変な状況だと思います。 早期に新型コロナが収束し、釣り人全員が心おきなく釣りに出掛けられる日が来ることを願います。

次の

コロナ外出自粛で釣りもダメなら釣りビジョンvodお試し無料

コロナ 釣り ダメ

コロナ外出自粛で釣りもダメ コロナウィルスの影響で大好きな釣りに行けなくて ストレスが溜まっているなどということはないですか? 釣りなんて屋外でやるものだから、そこまで気を付けなくても 大丈夫なんじゃないの?などと思っているのではないですか? でも、新型コロナウィルスは私たちが思っているよりも感染 する率が高いのではないでしょうか? じゃないと、これほど感染するわけがないと思うんですよね~。 人それぞれがそれなりに気を付けているはずなので、そろそろ 治まってもいいはずなのに、予想に反して未だに増え続けて います。 確かに外出自粛規制がかけられて、出かける人が少なくなって きたので、数字の上では大分減少してきました。 しかし、それでも未だに何人かの陽性感染者は増え続けています。 しかも、下手をすれば命に関わるかもしれない恐ろしい病原菌がです。 「釣りは屋外だからいいや!うつるわけがない!」という常識は通用 しないかもしれませんね。 私は、この間公園を歩いていた時、子供が放ったシャボン玉が目の前に 飛んできて、思わずすべてに触れないように避けてその場を通過しました。 もしも、シャボン玉を飛ばした子供がコロナウィルスの感染者で、その子が 飛ばしたシャボン玉が私の目の前で割れたとしたら、それって飛沫を浴びる ことになるのでしょうか? 誰もならないとは、言い切れませんよね? それと同じように、飛沫を浴びないように間を空けて、並んで釣りを している人が風上で思い切りくしゃみをした場合、風下にいる自分は 飛沫を浴びることになるのでしょうか? これって、当然ながら浴びると考えた方が妥当ですよね。 こうして考えてみると、外に出ればあらゆるところで飛沫を 浴びる可能性が出てくるんですよ。 私はなるべく外に出ることを控えていますが、出れば必ず 5人はくしゃみや咳をしている人を見かけます。 この時期、マスクをして外に出るのは当たり前の常識ですが 中には常識が全く通用しない人もたくさんいます。 そういう時は、自分に降り注いできた無理難題と思うようにして このピンチを如何にうまいこと切り抜けることができるかと 何でも前向きに考えるようにしています。 釣り好きな人が、もう我慢の限界だと強行して釣りに行ったと します。 残念なことに運悪く、側の釣り人のくしゃみを浴びてしまい コロナに感染してしまうかもしれません。 そんなこと、起こるわけがないという保証はどこにもありません。 少なくとも、コロナにかかる可能性があるのなら、できる限り 避けて行動した方が得策なことは間違いないと思います。 釣りビジョンvodで無料お試し 釣りビジョンvodで、現在お試しキャンペーン実施中のようです。 釣りというのは、イメージがとても大切な要素だと思います。 人それぞれ、合っているかどうかは別にして、如何にその時の状況を 思い浮かべることができるかで、釣れない時の対応策を打つことが できると思います。 例えば、ヘラブナ釣りひとつを取ってみても、急に空ツンが多くなり 良いアタリがあっても一切ハリがかりしないような時、上ずってきた ので、タナを上げてみようとか バス釣りをやっていて、もう少しスピードを遅らせって巻いてみようとか こういうアクションをくわえて見ようなど 適当にやってみても、それはうまくいかない場合が多いと思います。 人それぞれですが、多くの釣り名人は自分なりに分析した根拠に基づいて 次の一手を決めて行動しています。 考え方は、人それぞれですが、それなりに自分の中で解釈をして みんな自分のものにしているのだと思います。 釣り名人のみなさん!そうですよね? ゜゜。。 それと、ルアーの巻き方や底取りの方法、エサの付け方とか 釣りが上達するような内容のものはとても参考になるのでは ないかと思います。 釣りビジョンvodの動画が、果たしてそのような作りで編集 されているかどうかはわかりませんが、それなら2週間の無料 お試しがあるので、その間に視聴してみればいいのではないかと 思います。 釣り名人と呼ばれている人は、みんなそれぞれ一生懸命努力をしています。 中には、好きで子供の頃からずーっと釣りをしてきたという人もいますが そういう人は側に釣りができる環境にあったということです。 これから釣りを始めたいという人からしてみれば、物凄く恵まれた環境下で 育ったということですね。 昨今では、釣り人気が物凄い事になっており、年々釣りをする場所も 狭いところに大勢で釣りをしなければならないようなケースもあると 思います。 そのような場所で、全くの初心者が入り込んで釣りを開始する というのも無謀な話です。 釣りには、釣りのエチケットというものがあり、掛けた魚を 他の人の仕掛けに絡ませないようにするということもあります。 そういう技術は、中々本を読んでも身に付かないのではないか? と思います。 かといって、誰も釣りをしていないような場所で釣りをしても 獲物にありつける確率は、グーンと低くなってしまいます。 そういうところでは、魚が掛からないので、他の人の仕掛けに 絡ませないように避ける練習はできません。 動画を観ながら、みんなかけた魚はどっちの方向に引いているのだろう? などという視点を変えながら観ることができれば、自分のプラスになる のではないか?と思います。 いずれにしても、人よりも一歩抜きに出たいと思うのであれば 何でもそうですが、より一層努力をすることが肝心だと思います。

次の

お釣りの手渡しはダメ?濃厚接触、どこまで気にするべきなのか│アヤノ.メ

コロナ 釣り ダメ

タケチヨ釣りブログへようこそ。 先日発令された緊急事態宣言。 新型コロナウイルスが全世界に瞬く間に感染拡大し、令和2年1月16日神奈川県で最初にコロナウイルス感染者が確認されてから、わずか "2ヶ月半程度の期間"で日本都市部を中心に1万人近い感染者を出す未曾有の国難に直面しています。 この国難を乗り越えるべく日本政府がついに、東京、神奈川、千葉、埼玉、兵庫、大阪、福岡7都道府県に追加で残りの40道府県も加え本格的に緊急事態宣言を強化することとなりました。 スポンサーリンク コロナ釣りもダメ!コロナ影響自粛の期間はいつまで続くのか? コロナウイルスの感染爆発を阻止すべく発令された今回の緊急事態宣言ですが、多くのユーチューバーや芸能人などの自粛を強く呼びかける影響もあって、春イカシーズンというのに堤防には人影も少なく 「海釣りはダメ!」といったような、自粛ムードが蔓延しているように思われます。 コロナウイルス対策として、大好きな海釣りを私自身も自粛中です。 静かにリールを分解して、ベアリング各所にグリスを塗る作業など "釣り道具のメンテナンス"に精をだし、釣りに行きたい気持ちをグッと我慢している次第です。 緊急事態宣言の期間 今回発令された安倍首相の発言によると、 "4月8日からゴールデンウィーク(gw)明けの5月6日までの約1カ月の期間"が、今のところの予定している緊急事態宣言の期間だそうです。 これにより国民一人一人が不要不急の行動(海釣りダメ)を自粛し、 「人との接触を7割〜8割減らすことで、専門家の試算した国内の1カ月後のコロナウイルスの感染者数が8万人を超えない。 」と言っていました。 (1ヶ月後には減少傾向) しかし、万が一感染者数が予想を上回る場合には "緊急事態宣言期間の延長"もあり得るようなので、自粛ムード(海釣りダメ)がいつまで続くのかはこの1カ月の "コロナウイルス感染者の数"次第といったところです。 釣りよかさんも活動休止 人気ユーチューバーの釣りよかさんもコロナ影響を受けて、自粛活動休止を決定したようです。 海釣りファンに絶大な人気を誇る釣りよかさんの海釣り自粛、活動休止の影響でさらなる海釣り自粛ムードは全国に広がることになるでしょうね。 緊急事態宣言の最長期間 今回発令された緊急事態宣言には最長期間があるそうで、今年の2月から "最長2年間の延長が可能"だと法律で決まっているようです。 最悪2年間は海釣りを自粛することになる可能性があります。 (苦行です。 涙) なんとしてもこの1カ月、 "不要不急(海釣りダメ)の自粛を徹底"して、最短の自粛(1カ月)で済むように一人一人の精一杯の努力が大切です。 3つの密の尊守 海釣りがダメと思っていた理由は、楽しみのための外出をすること自体が "モラルに反している"のではないかと勘違いしていたためです。 コロナ対策として不要不急の自粛の対象とは、 "人の密集した場所、人との距離が密接な場所、密閉された場所"、この3つの密に集約されます。 コロナウイルスの感染しやすい状況を把握して行動することが一番のコロナ対策なんですね。 マスクと除菌スプレー マスクの入手が困難です。 コロナウイルスの終息までまだまだ時間もかかりますので、商品のあるうちにお早めのご購入を強くオススメします。 帰宅後の常識習慣アルコール除菌 マスクと合わせて除菌予防スプレー アルコール除菌スプレーなども品薄な状態です。 マスク専用の除菌スプレーを併用すれば、コロナウイルス感染のリスクを減少させることができますよ。 ゴールデンウィーク釣り自粛 ゴールデンウィーク(gw)は、特に人の移動が激しく地方の釣り場などは人で溢れかえるため、 "人の密集を作ってしまう可能性"がありますので注意してください。 人が密集、密接するような場所は屋外であってもコロナウイルス感染リスクが高くなり大変危険です。 "ゴールデンウィーク(gw)など大型連休や夏休みの期間中"は釣りの外出は特に自粛するべきです。 おわりに いかがでしたか。 "海釣りはダメ?コロナ影響で自粛ムード満載!期間はいつまで続くのか?"について解説させていただきました。 海釣りは不要不急の "自粛の対象にはならない"らしく、コソコソと海釣りに出かける必要はないみたいですが緊急事態宣言の期間中は自粛した方が無難かと… コロナの影響で自粛ムードは、この先益々高まります。 体調の優れないときや雨降りなど体調を崩しかねない場合は、無理な海釣りを決してしないように注意しましょう。 それでは、3つの密を尊守しながら手洗いやうがいの徹底を心掛け、一日も早いコロナウイルス終息のためできる限りの外出自粛に努めていきましょう。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 スポンサーリンク sasaki07takefumi05.

次の