ぎっちょ 意味。 左利きの「ぎっちょ」の語源は?

左ギッチョのギッチョの意味と語源は?

ぎっちょ 意味

質問の直接の回答ではないのですが、誤解をするひとがでて、誤解の拡大再生産をしてしまわないために、訂正を入れておきます。 「ちょん」ということばには、「朝鮮人」という意味はまるでありません。 「ちょう」と「ちょん」は音が似ているので、混同しただけです。 「ちょん」ということばを辞書でひいていただければ一発で分かります。 」と3番目に説明している、れっきとした日本語です(*)。 たしかに、戦前戦中(戦後も)在日韓国朝鮮人を差別するために、「ちょん」という言葉を使っていますが、「ちょん」に朝鮮人の意味があるのではなく、「知恵が足りないもの」とさげすんで言うためにそれを意味する「ちょん」と言っていたのです。 まさしくだから、[「ちょん」=「朝鮮人」]ではない!ということです。 「ばかちょん」の「ちょん」もまったく同様です。 「ばか」でも「ちょん」でも、とは文字通り 「理解力が鈍かったり、知恵が足りなかったりしても」 という意味の言葉なのです。 ここに朝鮮人をあてはめる、その精神構造こそ、差別なのです。 くりかえしますが「差別のために使う用語」なんていう語は存在しませんし、存在してはいけません。 言葉がわるいのではありません。 差別するこころで使えば「視覚障碍者」ということばだって、十分差別的な意味を帯びさせることは可能なのです! なお、どこの説にも「ぎっちょ」の「ちょ」が朝鮮人から来たとも、「ちょん」から来たとも書かれていないのは、いうまでもありません。 だって関係ないんだから。 ですよね?>専門家さん *…この証拠として、広辞苑第5版は、「ちょん」の用例として1870~76年(明治3~9)刊の「洋道中膝栗毛」の一節をあげています。 広辞苑第5版でご確認ください。 参考URL: あの。。 うちのもう亡くなったばぁちゃんの説なんですが、、昔ばあちゃんがいってて、私も聞いたことがあります。 その説明によると、差別用語として使われている意味がわかると思われますが、もともと、これは[ぎっちょんちょん]というのがもとで、最後のちょんは朝鮮人のこと、それで、ぎっちょんっというのは、右手をちょんぎるということだそうです。 当時、朝鮮人だとばれたら、朝鮮人だと周りの人がすぐわかる様に、(悪さしないように)右手を切ったそうです。 右手をとられて、左手しかない。 という意味です。 そこから転じて、ギッチョンのみでは、片手がない。 奇形ということだとなった、と教わりました。 当時小学生で、道徳で差別用語を習ったばかりだったので、やっぱりつかっちゃいけないんだなぁと、思ったのを覚えています。 ちなみに、と、インスタントカメラのことを、同じようにばぁちゃんが言ってたんですが、これはばかでも、ちょんでも撮れるという意味で、これもつかっちゃだめだ~と教わりました。 さて、 PC等が発明前の 手書のみの時代を考えてみるのもマイナスと私は捉えません。 即ち、右利きの方々にとり、 現行の右から左の 縦書き」では文字が擦れ or滲み 易く、逆に左利きでは横書きの時同様の状態に難儀する訳です。 つまり、右利きの方が多数派と言う点で、左利きを抑圧する前に、「縦書きでは左から右に変更すれば便利で合理性に富みそう」に映るのです。 尚、左利きの私が「抑圧」に与しないのは言う迄もありません 「そうしない 即ち、縦書きの時は右利きが不利に陥る のが受忍されるなら、左利きで横書きの時も同様では」、と強調したいだけです。 それに右利きの人でも 例えば捻挫等で 右腕だけが使えぬ時は瞬間的に「左利き」にならざるを得ないのですからね。 更に、多数決云々に関してですが、「多数派が正しい時、少数派が間違いとは限らない」のは次の様に考えたら、どうでしょう。 「1万円の買物代金の支払には計1万円支払えば済むのであって、1万円札で常時支払わなくて構わぬ」と。 右利きでない or変更出来ぬ 時は左利きで、代替可能で、「1万円の支払が2千円札5枚でもOK」なのと同じく、 堂々としない迄も 「卑下するに値しない」のを再掲して置きます。 蛇足ながら02/10は「レフト」の日だそうです。 さて、 PC等が発明前の 手書のみの時代を考えてみるのもマイナスと私は捉えません。 即ち、右利きの方々にとり、 現行の右から左の 縦書き」では文字が擦れ or滲み 易く、逆に左利きでは横書きの時同様の状態に難儀する訳です。 つまり、右利きの方が多数派と言う点で、左利きを抑圧する前に、「縦書きでは左から右に変更すれば便利で合理性に富み... A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 A ベストアンサー 百姓も当の本人には「お百姓さん」といえばセーフですし、「おまわり」も「おまわりさん」といえばいいんです。 職業に敬称である「さん」をつければほぼOKですね。 日本語ってそんなもんですよ。 ただ、やはりその当事者がいないときは「百姓」「ポリ公」などと呼んでしまいます。 20数年前までは、百姓ではない人でも、その人のことをばかにするために「百姓!」なんてよぶシーンも映画の中では見られましたね。 「田舎者がァ!」などと同じニュアンスです。 難しいのは、放送禁止用語(あくまでも自主規制ですが)と我々が日常会話する言葉とは違うってことです。 例を上げれば、放送では「外人」はNGで「外国人」と言わなければいけません。 我々の日常会話ではどうでしょうか?外人に何か差別的な意識はないと思います。 ご存知でしょうが、10数年20年前まで放送でも使われていたことばが、現在「ピー」となって伏せられる場合もありますが、例えば最近はNHKBSでもWOWOWなどでも昔の映画を放送する場合「オリジナルを尊重し・・・」などと放送開始前にテロップが出て、いわゆる放送禁止用語が普通に出るようになりました。 要するに使う側に差別的な意識があるかないかですね。 私個人では我々が日常に会話をする場合、そこに差別的意識がなければ「百姓」などはOKだと思います。 お酒が大好きな人のことを「左利き」もしくは「左党」などといいます。 これは・・・これも右利き世界だからこそなのですが、右ききの人が大工道具のノミで木を削る場合、左手にノミ、右手に金槌ですよね?なので、ノミが呑みを連想させ、酒飲みのことを左利きとか左党などといいます。 ぎっちょの語源はいろいろあります。 まずはお正月があけてからしめ縄や門松を燃やす儀式・・・多くの地方で「とんど」「どんと」などといいますが、これは「左義長(さぎちょう)」といいます。 毬杖 ぎちょう を三つ立てたところからという説があります。 まさに「ひだりぎちょう」ですね。 これはいわばシャレのようなものです。 また毬杖自体は、今で言うところのホッケーのようなゲームで、棒で毬を転がして相手陣地に打ち込む遊びですが、左利きの人はもちろん左手に持つわけで左毬杖(ひだりぎちょう)となった説もあります。 現在でも右利きのことはあえて言及しませんよね?左利きの場合のみ、「ぎっちょ」「サウスポー」などといいます。 多くの人から見たら奇異に見えたという意味であえてそういう呼び方をしたとするならば差別用語でしょう。 長々と書きましたが、差別用語とはその使う場所、使う目的、使った人の意識、使われた側の気持ちを考える必要があるということですね。 農業従事者に「お百姓さん」はOKでしょうし、日本語ではダメで英語ならOKっていうのも変ですが、左利きの人に「サウスポー」はOKです。 また、「めくら」はだめでも「ブラインド」はOKです。 私が言いたいのは差別用語もすべてれっきとした日本の文化のもとに伝わっている日本語です。 なにもかもダメじゃ、日本語文化が伝わらないってことです。 百姓も当の本人には「お百姓さん」といえばセーフですし、「おまわり」も「おまわりさん」といえばいいんです。 職業に敬称である「さん」をつければほぼOKですね。 日本語ってそんなもんですよ。 ただ、やはりその当事者がいないときは「百姓」「ポリ公」などと呼んでしまいます。 20数年前までは、百姓ではない人でも、その人のことをばかにするために「百姓!」なんてよぶシーンも映画の中では見られましたね。 「田舎者がァ!」などと同じニュアンスです。 難しいのは、放送禁止用語(あくまでも自主...

次の

ぎっちょ

ぎっちょ 意味

この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2015年1月) 大正7年()発表。 元々のメロディーは、によって作曲された「」(Marching Through Georgia)で、時の将軍のの様子を描いた行進曲である。 添田によって作詞される以前から、明治25年()に「」の題で国文学者・の作詞によるが販売されたり 、が街宣活動で演奏するなど 広く親しまれていた。 これに添田が改めて歌詞をつけたものが「パイノパイノパイ」である。 資料によっては作曲者も(添田さつき)やとされていることがあるが正確ではない。 日本では原曲よりも「パイノパイノパイ」での知名度が高いため、がジョージア行進曲を演奏したところ、卑俗な歌を演奏するとはいかがなものかと苦情が来たというエピソードもある。 に勤めていた添田がある日「」の掲載許可を貰いに父・の元を訪ねると気まぐれに、を一つ作ってみないかと言われた。 当時流行りつつあった洋食屋のメニューを羅列したような仮歌であったが、唖蝉坊がメロディーを口ずさむと、幼少期にの実家に預けられていた時に遊び仲間から「ますらたけを」のメロディーで囃し立てられた記憶が急に蘇り、小説家志望で歌は嫌いでなかったこともあり、作詞経験はないがつい釣り込まれてしまった。 その席上、唖蝉坊にはどうせ浮世は出鱈目だという人生感があり、口癖になっていてその場でも出た。 そうして「デタラメ」が「ラメ」となり「ラメチャン」となって囃子言葉はスラスラと決まり、全体は宿直の一晩で書き上げた。 このとき添田知道はわずか19歳だった。 「パイノパイノパイ」の大流行につれて新たな歌詞が求められ、・・の風俗、更にの戦後処理のために全権として参加した・が愛妾や・の店主を伴ったことが大新聞に取り上げられたこと、会議の結果としてが所有していたの権益やの権を得た戦勝気分を背景として添田が改詩したものが「平和節」の名で大正8年()に発表された。 後の時代にもや、によってもリメイクされ世相や政治を風刺する際に替え歌が歌われたりなど、今でも健在である。 なお、3番に出てくる「市長のいうことよくきいて豆粕食うこと痩せること」とは、当時米価が高騰しを買えなくなっていた市民に対し、はを取り締まるどころかをあてがうことを暗愚だとする政治批判である。 後に「自宅の階段を二段踏み外しただけのことで亡くなり、豆粕でだったんだろうなどと豆粕を食わされた市民から言われたのも、気のどくながら詮方なかった」と添田に評されている。 また、4番に出てくる「ボロ電車」とは当時唯一の交通機関であったを冷やかしたものである。 時節が第一次世界大戦後の期にあり、「平和節」にあるように物価が猛烈に高騰したことから「倍の倍の倍」というもじりもあった。 東京節に出てくるモノ [ ] 両議院(第二回仮議事堂)• 両議院(第二回仮議事堂 )• 帝劇()• 馬場先門• 仲見世• 十二階()• 牛()• 満員電車 作品への起用 [ ] の部分のが、幾つかの、映画主題歌に使用されていた。 (46年)に東宝映画の『』の主題歌として使用(歌唱:)タイトルは「パイノパイノ日本」• (昭和49年)に松竹映画の『』の主題歌として使用(歌唱:)タイトルは「ドリフの極楽はどこだ」• に「」のCMソングとして使用(歌唱:)。 に「」のCMソングとして使用(歌唱:)。 放送のテレビアニメ『』第1話では、主人公の小梅(声:)が劇中歌として歌った(歌詞中の「乞食」は「喧嘩」に変更)。 秋冬期に「」のCMソングとして使用(歌唱:)。 カヴァーした主な人物 [ ]• (CDではアルバム『エノケン芸道一代〜』収録)• (CDではオムニバスアルバム『明治・大正・昭和 はやり唄全集』『懐かしのはやり唄集 新版』収録)• (CDではオムニバスアルバム『名曲全集〜明治・大正の唄〜』収録)• (発売。 シングル「パイのパイのパイ」。 同年公開の映画『』劇中歌)• (オリジナルに補作詞。 発売のアルバム『万年床』収録)• (発売。 シングル。 タイトルは「ドリフのバイのバイのバイ」)『The Hustle』の要素も加えられている。 (発売。 シングル「のんき節」のB面曲)• (発売のアルバム『これで終わりだと思ったら大間違いだ!! 』収録。 タイトルは「猛毒のバイのバイのバイ」)• (発売のアルバム『ウチナージンタ』収録)• (発売のアルバム『』収録)• (発売のアルバム『』収録)• (発売のアルバム『Taruphology』収録)• /(発売のアルバム『かんからそんぐ 添田唖然坊・知道をうたう』収録)• (7月放送のアニメ『』の第1話の冒頭で挿入歌として使用された。 アルバム『』に収録されている。 原曲の「スリに乞食にかっぱらい」という部分が「スリに喧嘩にかっぱらい」と改められている)• (2009年発売の『』の同梱特典CDに収録。 作中ではないものの、この歌がアダルトゲーム関連で使用された稀有な例。 ただし、タイトル・歌詞の「東京」はゲーム設定の都合上「東都」とされている)• (2011年、東日本大震災復興支援のための募金サイト「DIY HEARTS」で動画として配信された。 また、七尾旅人、近藤等則、坂田明とライブでセッションした。 その他 [ ]• 本曲をとして使用している。 - 系列で放送されていた。 本曲のタイトルから着想を得た「」というコーナーが存在する。 脚注 [ ]• () - 近代書誌・近代画像データベース• 添田唖蝉坊・添田知道著作集 4 演歌の明治大正史(添田知道・刀水書房・1982年)• 米川明彦編『日本俗語大辞典(第3版)』東京堂出版 488頁• 現在のは11年()11月竣工のため、歌詞に出てくる建物とは異なる。 、東京都立図書館「都市・東京の記憶」。 初代の(三菱海上火災保険)本社ビル。 現在の東京海上ビルディングは、昭和49年()3月竣工の2代目である。 TBSラジオ FM90. 2020年4月10日閲覧。 お江戸、いいね!ledge. 2020年5月1日閲覧。 日本語 , 2020年5月1日閲覧。

次の

「ぎっちょんっちょん」の意味を教えってください

ぎっちょ 意味

いまどきの人は知らない!えんがちょとは 「えーんがちょっ!」、昭和に子供時代を過ごした人なら聞き覚えがあるかもしれません。 または「えんがちょ」とは知らずに使っていた人もいるかもしれません。 「えんがちょ」とは子供の遊びのひとつです。 例えばあなたの友達もしくは自分が野良猫や飼い犬の糞を踏んでしまったり、落ちてきた鳥の糞が頭にあたったり、または食べていた物にハエがとまったりしたとします。 そんなときに使ったり使われたりするのが「えんがちょ」です。 「えんがちょ」とは汚い物や人から、またはその物や人が持っているであろう悪運から自分を守るための呪文やおまじないとして使われる子供の口遊びのひとつなのです。 えんがちょの意味を詳しく解説 実は残酷な言葉?! 「えんがちょ」の意味を詳しく見ていきましょう。 縁を切る 「えんがちょ」とは「縁を ちょん 切る」を表す言葉とされています。 汚い、不浄なものと縁を切って自分への感染を防ぐために使われる呪文、またはおまじないに近い意味を持った言葉です。 差別用語? 「えんがちょ」とは差別用語ともとることができます。 子供の遊びの一種なのに差別になるの?と思うかもしれませんが、そもそも「えんがちょ」とは汚い物に触れてしまった人、もしくは不浄とみなされた人に対して手で決められたポーズを作り声を大にして 「汚れたあなたとは縁を切ります」と堂々と宣言をするようなものなのです。 運悪く汚れてしまった、または不浄とみなされた子は「えんがちょ」をされて周りの子からは逃げられて、仲間外れにされるのです。 子供の時には言葉の意味を深く考えず、それこそただの遊びと思い笑いながらしていたことが、その行為自体は実は残酷なものであったりします。 Sponsored Link えんがちょの語源は意外に古い 「えんがちょ」の由来 日本古来より不浄な状態「穢れ」を嫌い、防ぐ風習はあるとされています。 「えんがちょ」の由来は「縁が千代切った」と考えられていて、人と人との「縁」またはあそぶ、ふざけるの意味を持つ「戯」を千年また非常に長い年月、「千代」に切ると言う意味になります。 また、「えんがちょ」の「ちょ」は現代でもよく聞く「ちょん切る」の「ちょん」の擬音がそのまま使われていると考えられます。 「えんがちょ」の歴史 古いものでは13世紀半ば、800年ほど前には成立していたとされる平治物語の絵巻、「平治物語絵詞」に「えんがちょ」をしている人々が描かれています。 絵巻には平治の乱で敗れた信西の生首を見ている群衆が生首に向かって「えんがちょ」を行っています。 これは戦国の時代では勝つことが全てであって敗者は不浄なものと考えられていたためで、群衆は敗者の不浄な生首やそれが持っているであろう悪運から自分を守るために「えんがちょ」を行ったのです。 また絵巻には子供ではなく大人が「えんがちょ」を行っているところが描かれていて、この当時「えんがちょ」とは 単なる子供の口遊びではなく、もっと深刻な意味があったのだと推測できます。 忌みごもりとの繋がり 肉親の死後、一定期間自宅に篭り外部との接触を避け喪に服すことを「忌みごもり」といいます。 現代では「喪中」と言われているものです。 なぜ「喪中」という期間が定められたのでしょうか? これも死は不浄なもの、または 死は移ると考えられていたことから忌みごもりという文化ができたと言われています。 そもそも「死は移る」と考えられるようになったのは感染症、伝染病が猛威を奮っていた時代で死体から病が伝染すると言われていたことから、「死は移る」と考えられるようになったと思われます。 Sponsored Link 関西ではえんがちょが通じない?!地方別呼び方をチェック 「びっき」、「ぎっちょ」って何?! 方言と一緒で「えんがちょ」も地方各地で呼び方が違うようです。 さっそく見ていきましょう。 北海道 北海道では「びっき」「ぴっころ」「えったちーんき」等と言われています。 北海道は面積が広いこともあり北海道だけでもいくつかの呼び方があるみたいです。 ちなみに北海道にはもともと「えった」という方言があり、これは ロシア語の「エータ」が語源になっていると考えられています。 「えったちーんき」の「えった」はここからきているのでしょう。 意味は「タッチ」と同じで、鬼ごっこで鬼が逃げている人を捕まえた時に使われます。 東北 青森では「ピースバリア」、福島では「バーリ」「けーがれ」等と言われています。 また「バリア」は東北地方に限らず多くの地方で「えんがちょ」の代わりに使われています。 関東 東京では「えっぴー」、神奈川では「鍵締めた」「ガッキンバリア」「エンピ」、埼玉では「ギッチョバリア」等と言われています。 関東でも「バリア」が多く使われているようですが、東京では「えっぴー」が主流のようです。 関西 神戸では「みっき」、大阪では「ぎっちょ」「べべんじょ、かんじょ、かぎしめた」等と言われています。 関西と関東で大きく呼び方に違いがあるような印象を受けます。 また「えんがちょ」とは随分変わった呼び方でもあります。 これでは関西で「えんがちょ」が通じないのも納得できますね。 その他の地方 中部地方の名古屋では「やめち」「めんき」「ガーチョ」「メーンキ」「イーンキ」、中国地方の広島では「ぶりっきゅー」、九州の福岡では「がっぴ」、佐賀では「ブッチ、バリヤ」等と言われているそうです。 同じ意味、同じシチュエーションで使われるの言葉でも地方によって多種多様な呼び方があることがわかります。 Sponsored Link 指を使うのは万国共通!えんがちょの4つのやり方 「えんがちょ」には様々なやり方があって片手でできるものと両手を使うものがあります。 共通していることは「えんがちょ」をされる対象となった人に触れることなくポーズを作れることです。 これは子供がいかに暴力的にならずに遊べるか考えた上で生み出されたポーズなのかもしれません。 片手で作る「えんがちょ」の形 a中指と人差し指を交差させる a中指と薬指を交差させる a握りこぶしを作り人差し指と中指の間から親指を出す a人指し指と親指で輪を作る 両手で作る「えんがちょ」の形 a両手の親指と人差し指で輪っかを作り鎖のように繋げる a両手の親指と人差し指で円を作り第三者に切り離してもらう a両手の人差し指を交差させてバツマークを作る a両手の人指し指を繋ぎ、第三者に切り離してもらう Sponsored Link えんがちょのルールを詳しく解説 子供時代にみんながやっていたあの遊びが「えんがちょ」だった?! 登場人物 「えんがちょ」のルールは鬼ごっこにとても似ていますが、最低でも3人の登場人物が必要になります。 一人目は運の悪いことに何かしらの不衛生なものに触れて汚れてしまった、もしくは汚いとみなされた「えんがちょ」をされる人になります。 二人目は「えんがちょ」のポーズを作る人、そして三人目は「えんがちょ!」または「縁切った!」等と言って二人目の人が作った「えんがちょ」のポーズを切ってくれる役割の人です。 もちろん本当に手をはさみなどで切るのではなく、手刀で切る真似をするだけです。 遊び方 「えんがちょ」をされる人、汚れてしまった人はその汚れを周りにいる誰かに触れることによって移すことができます。 移されたくない周りの人は「えんがちょ」と言ってポーズを作り三人目の人に作ったポーズを切ってもらいます。 すると「えんがちょ」によって縁を切った子には触れても汚れを移せなくなる、という仕組みです。 大人になって考えてみると実はけっこう残酷な遊びをしていたのかもしれない、と少し罪悪感が沸いてきます。 「えんがちょ」をする側はともかくされる側はけっして気持ちのいいものではなく、現代では当人たちは遊んでいただけのつもりでも、いじめととらえられる可能性も大いにあります。 子供は純粋なゆえに時に残酷なのですね。 Sponsored Link 千と千尋の神隠しの他にもえんがちょが使われている あの大人気アニメにも「えんがちょ」が使われている?! それぞれの「えんがちょ」の使い方にも注目! 千と千尋の神隠し」で使われている「えんがちょ」 「千と千尋の神隠し」で初めて「えんはちょ」を聞いた、という人も少なくないと思います。 映画内では千尋が湯婆婆の姉の銭婆によって呪いのかけられた虫を踏んでしまったときに、釜爺が千尋に両手で輪を作らせた上で「えんがちょ!」といって手刀でその輪を切ってくれます。 これは千尋を呪いから守るための「えんがちょ」であって呪いとの縁 円 を切ったと考えられます。 これは 今まで話してきた「えんがちょ」とほぼ同じ意味で使用されています。 「えんがちょ」の変わった使い方 さて、実は「千と千尋の神隠し」以外のアニメにも「えんがちょ」または「えんがちょ」ととれるものが使われています。 ですが本来の「えんがちょ」の使い方とは少し違う意味合いで描かれています。 子供だけでなく大人にも大人気の漫画「ワンピース」では両手の人指し指を交差させて「えんがちょ」のポーズをとっているキャラクターが描かれていますが、それは敵からの攻撃を守るために使われていて本来の縁を切る、という意味とは少し変わっています。 またウルトラマンや古いものだと鉄人28号でもワンピースと同じような使い方で「えんがちょ」を使うシーンが出てきます。 ヒーローが敵の攻撃を跳ね返すために胸の前で両手をクロスさせ「バリア」を張ります。 この2つのアニメも当時子供に大人気だったことを踏まえると、この影響で いくつかの地方で「えんがちょ」の代わりに「バリア」が使われるようになったと考えられます。 もうひとつ、長く人気を誇るアニメ「クレヨンしんちゃん」にも「えんがちょ」がでてきます。 不仲の2人の間で「えんがちょ」が使われていて、ここでは「不浄」という意味はなく「絶交」という意味で「えんがちょ」が使われています。 最近では「えんがちょ」という言葉自体を聞くことが稀になりましたが、時代物やドラマではなく上記のような子供向けのアニメ作品で使われているのをみると現代では子供の遊びのひとつとして多くの人々の記憶に残っているのでしょう。 Sponsored Link.

次の