わるい て ぐせ。 オーロンゲ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

村日記 わるいてぐせガメノデス

わるい て ぐせ

はじめまして 初めて育成論を投稿いたします、てっかと申します。 今回は タスキカウンター型マニューラの型を紹介します。 この育成論ではエースバーンを親の仇であるかのように扱っているため、エースバーンをしばくための考察ばかりが見られます。 ご了承ください。 突然ですが解禁から速攻で使用率上位に上り詰めたあのウサギ、腹立ちませんか? しかし奴は基本物理型、 相手が脳筋なら吹き飛ばせます。 また、御三家の夢特性解禁直後の状況下を想定していますので、 相手が特殊技を打ってくることは想定していません。 初手エースバーンからのダイマックスでこっちのポケモンを持って行かれるあの悔しさ。 そんな苦しみともおさらばしましょう。 持ち物 きあいのタスキ 性格・努力値と調整 せっかち(わるいてぐせできのみを奪った後混乱しないために、無補正にせっかちミントを使うことが望ましい) A252、S212 最速エースバーン抜き 、余りH 個体値は上記が望ましいです 技構成 カウンター 確定枠 、こおりのつぶて、つららおとし、つるぎのまい その他技候補 ・れいとうパンチ 命中安定を求める方に。 当然威力が下がるのとワンチャンひるみが狙えなくなるのでつららのほうが良いと思いますが。 ・あなをほる 初手ダイアークをされた場合相手のダイマックスターンを枯らすことができます。 エースバーン以外のダイマックスターンも枯らせるので実用性は高め ・つららばり ミミッキュに親を殺された方はおすすめ ・ちょうはつ エースバーンの後ろで積みに来た奴らや受けポケを煽れます ・フェイント コメント欄の方からの提案。 神速を打ってくるルカリオ等に強く出れる。 まもるも無視できるがばけのかわは割れないので注意 立ち回り例 マニューラは初手カウンターや! 相手がダイマックスしてきたら美味しいです。 まずタスキで物理技を耐え、カウンターで削ります。 そしてつぶてでとどめ。 幸いなことに 相手に岩技はありません。 他の物理アタッカーにも強気で立ち回れますが、ドラパルトは無理です。 また、相手がとびひざげりやかえんボールを外す場面が稀にあります。 そのとき相手は交代をしたりふいうちを打ってきたりするので、その場合は剣舞を積むことで 純粋なアタッカーにもなれます。 また特性をわるいてぐせにすることで、タスキを消費後に敵の持ち物を奪うことができます。 ダイジェットカウンター とびはねる ダイバーンカウンターと同じなので割愛 元技がアクロバットの場合タスキに到達しないが、タイプがひこうになっているためつぶてで落ちる 【その他ポケモン】 HB特化カバルドン:剣舞つららで確定2発 81. 拙い文章でしたがなんとか書き切りました…。 皆さまここまで読んでくださりありがとうございました。 問題点等ございましたらぜひコメントお願いします。 HAは個体値を31にすることで確定です。 Dなのですが、わるいてぐせ発動のために逆Vにしてもいいのですが、マニューラは実はD種族値が85と微妙に高くなっているので、敵の技を2回以上耐えようとするのであれば 受け構築の熱湯など Vでいいかと思われます。 面白い育成論だと思います。 僕から一つ言わせてもらっても良いでしょうか。 マニューラの氷のつぶては非常に 読まれやすいため、上から神速や、守って天候ダメで飛ばされたり、と使いにくかったです。 個人的な感想です。 なので、ニューラの卵技であるフェイントをお勧めします。 ゴーストタイプなんて大体出てきませんし守る貫通で尚且つ、優先度が2なので、 神速よりも早く打てます。 これからも面白い育成論書き続けてください。 ただ、ダイマエースバーンを倒すためにはカウンター後に先制技を一度打つ必要があります。 すると、エースバーンを倒したときにこちら側の先制技の種類がバレてしまうのです。 相手からするとフェイントの他に先制技があるとは考えづらいため、そこでミミッキュを出されてしまうと、化けの皮を剥がす前にかげうちで落とされてしまうのです。 砂+まもるのカバルドンにフェイントを打っても微々たるダメージしか入らない上、しんそくを覚えるポケモンはルカリオ、ウインディ、 トゲキッス と数が少なく、その3匹をみるのであれば環境トップのミミッキュを見るべきだと考えました。 ただフェイントが役立つ場面もあると思いますので、そちらの方も候補として記載させていただきます。 改めてありがとうございます。 こっちのほうがいいやろって思った育成論がありましたらぜひ投稿してみては? 楽しいですよ。 カウンターをメインにする場合、わるいてぐせにする必要はあるのでしょうか? いのちのたまやこだわり系を奪った場合のリスクが高いように思えます。 また、わるいてぐせのためになぜDを下げる必要があるのでしょうか? 失礼しました、Dの理想個体値を聞かれた際に、うっかり「ポケモンがひんしになったときわるいてぐせは発動しない」ということを失念しておりました、修正しておきます。 わるいてぐせである理由として、エースバーン以外のポケモンにも役割を持てるようにすることがあげられます。 ダイマックス技はすべて非接触であるためわるいてぐせが発動していのちのたまやこだわりアイテムをうばうことはないです。 かえんボールも非接触 そのため、エースバーン以外にも役割が持てるわるいてぐせを採用しました。 やはり、わるいてぐせのメリットとデメリットを比較するとやっぱりメリットの方が大きいのですね。 この型を作るにあたってどちらの特性にするかかなり悩んでいたのですが、とても参考になりました。 エースバーンと対面した際、相手がダイマックスしないで撃ってくる技はかえんボールかとんぼがえりであることが多く、とびひざげりはほとんど飛んでこないです。 ダイマックス技は全て非接触 理由は簡単、とびひざげりの外れた時のリスクが大きすぎること、エースバーンのかえんボールは防御特化のマニューラ そんなものほぼほぼいませんが に対して100%以上のダメージが入ることです。 わるいてぐせの発動条件は接触技を受けた時、とんぼがえりは仕方がないですがダイマックス技やかえんボールでは発動しないのです。 エースバーンのとんぼがえりを考慮するよりは他の物理アタッカーの持ち物を奪えた方がよいと考え、わるいてぐせを採用しました。 以上になります。 ありがとうございました。

次の

マニューラ育成論 : トリプルアクセル習得!!強化版マニューラ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

わるい て ぐせ

ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技がすべて失敗する 第6世代は条件なし。 戦闘に出てきた時、すべての相手の持っている道具の名前が分かる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 第6世代は命中率:90 Lv. 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. ダイマックスしている相手には無効。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 第6世代は威力:20、PP:15 レコ. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 通常攻撃。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える 追加効果は複数の相手が対象ではない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の

【ポケモン剣盾】わるいてぐせの効果とポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

わるい て ぐせ

代表的な癖(クセ)とその特徴 癖にはいろんな種類があるし、人それぞれに違ってくる。 けれど、代表的な癖はその人の精神状態を如実に表してしまう。 癖の内容 精神状態 爪を噛む・貧乏ゆすり イライラ 髪を触る 緊張 鼻を触る・口元を隠す 嘘をついている 顎を引く・視線を合わせる 敵意 指で何かを叩いてリズムをとる 焦り・いらだち 腕を組む 納得がいかない・拒絶 その他にも、指の関節を鳴らす癖や、臭いものを嗅いでしまう癖、トイレで独り言を言う癖、いろんなヘンテコなクセがある。 癖とは、パターン化された行動だ。 そこには必ず、何かしらの意味があるはず。 では癖というものはどうやってできるのだろうか? 癖(クセ)が身に付いてしまう5つの原因 癖を作り上げるのレシピ、それには数種類のパターンが存在する。 ストレス ストレスがかかった状態になると、それを回避するためにある種のパターン行動を起こすことがある。 もっともメジャーなのは「貧乏ゆすり」だろう。 イライラや不安を解消するために、無意識に行う人も多いのではないだろうか。 因みに私は緊張状態に「後髪を触る」という癖を持っている。 これは例えば「怒られている時」や「超美人と話している時」などの緊張状態に表れる。 自分の髪を触るという行為によって逆に自分が今緊張しているのだな、と悟ることさえある。 何もしないでいる状態、はより緊張が高まる。 後ろ髪をさわることで緊張が緩まっている可能性は大いにある。 特定の行動をすることで、特定の心理状態を変化させる。 癖は自分ではどうしようもない心の動きをコントロールするための習慣的行動というわけだ。 好きな芸能人、尊敬する人、憧れのあの人、仲良くなりたい人なんかの仕草を真似して行うことで、憧れの人と自分とを同一化しているわけだ。 そしてその行為自体に満足する。 また、心理学的に人は「 好意を持っている人の行動を真似する」傾向がある。 親の行動を真似ることで身に付く癖もあるだろう。 一緒にいる時間の長い親友や恋人の癖がうつっちゃう可能性もゼロではないはずだ。 因みに筆者はジョジョの奇妙な冒険第3部の主人公空条承太郎の口癖「やれやれだぜ…」が口癖となっている。 例えば食卓で醤油をこぼした時などに「やれやれだぜ…」のニヒルに冷笑するわけだが、冷静に考えるとまったくどうかしている。 うまくいった経験 行動や習慣というのは、経験の積み重ねによって形成されていく。 「Aという状況の時にBという行動をしたら上手くいった」 こういった経験が積み重なると、それが癖になってしまうことがある。 この場合、必ずしもBという行動が成功につながらなくてもいい。 自分がBという行動をしたからうまくいったんだ、とそう思い込むだけでいい。 こういった経験が繰り返されることで、それは習慣と化し、癖になっていく。 「大事な試合やテストのときは、左足から玄関を出る」 なんてヘンテコなクセも、因果関係のない成功体験が原因だろう。 つまり、 癖とは自分の過去の経験が作り上げるのだ。 脳の構造が癖の原因ともなる 癖には 遺伝的な要素や 脳の構造なども関係してくる可能性がある。 独ルール大学ボーフム校の研究者らは、脳と性格の違いを明らかにするため264人を調査。 サイコロジカル・サイエンス誌に8月に掲載されたこの研究では、やるべきことにすぐ取り組めるかどうかに影響を与える脳の2つの領域が特定された。 参照元:(ニューズウィーク) 最新の研究によると、先延ばし癖を持っている人の脳には2つの特徴があったという。 また、偏桃体と前帯状皮質背側部の連結が弱いとネガティブ思考を抑えることができなくなってしまう。 その結果、「やることを後回しにするクセ」が身に付いてしまう。 これはあくまでも例に過ぎないけれど、 自分ではどうしようもない癖の原因が脳の構造にある可能性は大いにあるだろう。 癖には文化も関係してくる 癖にはその人の精神状態が反映されることが多い。 わかりやすいものに「腕組み」という癖がある。 腕組みには防衛や拒否の感情の表れといわれている。 例えば話し合いをしていて相手が腕組みをしたら、自分の話に納得していないというメッセージになる。 この否定を表す癖だけど、日本人は腕組する人が多いのに、面白いことにアメリカでは「腰に手を当てる」という癖を持っている人が多い。 防衛の心理が腰に手を当てる癖に現れるわけだ。 これは防衛の仕草が元々「腰にある銃に手をかける」という仕草を表すらしい。 まさに銃社会アメリカという感じ。 確かに日本じゃあ「呆れた顔で腰に手を当てる」なんて仕草はドラマの中だってお目にかかったことがない。 肩をすくめる、列に並ばない、なんてのも文化が作り出した癖なのだろう。 そんなわけで、 癖にはその人の生まれ育った文化なんかも関係してくるのかもしれない。 大雑把に5種類の癖の原因を上げたが、他にもいろいろな要因で癖は発生する。 原因と結果の関係は癖にも当てはまる。 原因を解消する為に癖が現れるのだ。 癖を行った自分に何らかのメリットがあるという事。 つまり、 癖には自分の精神状態を正常に戻す作用や、ストレス解消効果もあるのだ。 「学生が勉強中にペン回しをするクセを無理に止めさせると学習効果が下がる」 そんな面白い実験結果がある。 ペン回しは学習時のストレスを発散させる効果があり、それが学習効率を上げている可能性もあるわけだ。 よい癖と悪い癖の違い 「無意識に出てしまうような、偏った好みや傾向。 習慣化している、 あまり好ましくない言行」 これは最初に紹介した癖の意味だ。 癖は「あまり好ましくない言葉や行いのこと」とあるけれど、そうとも言い切れない部分もある。 確かに癖には直した方がいいものもある。 例えば「 道端に唾を吐く」なんて癖は下品だし、「 変な箸の持ち方」なんて癖も直した方がいいだろう。 社会的に不都合な状態になったり、周りに迷惑をかけるような癖は「悪い癖」といえる。 だけど自分のストレスを解消するために行うような誰にも迷惑をかけない行為は、むしろ自分にとってプラスになる可能性がある。 もし無理に癖をやらないようにしたら、よけいにストレスを感じてしまうかもしれない つまり、癖の良し悪しは誰かに迷惑をかけているかいないかで分かれるわけだ。 自分も周りも困っていない癖ならなおさなくっていいけど、周りが不快に思うような癖は治した方いいってことになる。 しかし単に行動を直すだけでは改善できない種類の癖もある。 愛情不足で育ったこどもは「爪を噛む」癖があるかもしれないし、ストレスで「髪の毛を抜く」癖や、「自傷行為」なんて癖が現れるかもしれない。 これは行為を改善したとしても、その原因がある限りまた別の癖は現れる。 改善するには自分の癖の原因を知ることが大切。 それはある意味では自分の人生を見つめなおす行為なのかもしれない。 癖を観察する癖を身に着つけよう 癖にはストレス解消や自分を守る機能がある。 ペン回しを無理に止めさせた学生の学習効率が下がったように。 だから自分の癖を無理に止める必要はない。 それが逆にストレスになって状況が悪くなるかもしれないのだから。 それに自分じゃどうしようもない癖だって、状況が変われば自然に消えることが多いのだ。 ある人からこんな話を聞いたことがある。 その人は八百屋で仕事をしていて、毎朝大量のダンボール箱に積まれた野菜たちを冷蔵倉庫で整理しなければならなかった。 思いのほか重い野菜、そしてトラック満杯につまったダンボール。 その過酷な重労働に同僚たちはこう叫びながら、ただひたすらに仕事をしたという。 「死んだ方がマシだ!!!」 凍えるのような寒さの巨大冷蔵庫で、汗にまみれながら叫ぶ。 背丈ほども積まれたダンボールに囲まれて。 私はその話に爆笑し、なぜかその後「死んだ方がマシだ!!」が口癖になってしまった。 これは「模倣」が原因の癖だといえる。 もうひとつ、私にはヘンテコなクセがある。 だけど私は正反対で、落ち込んでいたり、フッと嫌な思い出が頭をよぎったり、ネガティブ思考で頭の中がいっぱいの時に鼻歌を歌う癖がある。 これは恐らく、頭の中の負の思考を、鼻歌を歌うことで遮断しようとしているからだと思われる。 これは「ストレス」が原因の癖であり、ネガティブ思考を凌ぐためにけっこう役に立っている…気がする。 なくて七癖。 人それぞれいろんな癖を持っているもの。 そしてその癖の裏には、それぞれにいろんな動機や原因がある。 自分の癖を理解すれば、自分の心理をもっと深く理解できるかもしれないし、他人の癖を理解すれば、その人ともっとわかり合えるかもしれない。 自分や誰かの 癖を観察する癖を身に着つけたら、けっこう面白いかもしれないね。

次の