人民 による 人民 の ため の 政治 意味。 質問!ITmedia

「人民の人民による人民のための政治」の、最初の「人民の」っていう部分が微妙に分からないんですが、どういう意味ですか?「人民による」と意味が被っているように思えてしまいます。

人民 による 人民 の ため の 政治 意味

日本語の「国民」は英語で「National(国籍を持つ人)」と「Nation(国家に対する義務・権利を有する人)」の二つの意味が有るそうです。 中国語では「国家」になりますが、英語の「Nation」も「国家」の意味が有るので当然かもしれません。 英語の「Nation」は日本語で「国民」とも「国家」とも訳しますが、中国語の「国民」は「Bingで翻訳」すると日本語での意味では、何故か「国立」になります。 日本人同士でさえ言葉の行き違いが生じるのに、外国人との会話は更に複雑になり誤解も大きくなります。 日本語の「人民」は英語で「People(人々)」、中国語でも「人(人民)」です。 そこで、日本語で言う「国民」の意味(定義)ですが、英語の「Nation」に近く、「国に属し、納税の義務と権利を有する人」とします。 「納税の義務」だけだと、ただ取られっぱなしを意味しますが、「納税の権利」があると云う事は「意見を主張できる」事も意味します。 アメリカが、奴隷制などを巡って国を二分して戦ったとされる南北戦争の最中に、「人民の、人民による、人民のための政治」というフレーズで有名な「ゲティスバーグ演説」が行われました。 この演説の中に「・・・戦うことにより、自由の精神をはぐくみ、自由の心情にささげられたこの国家が、或いは、このようなあらゆる国家が、長く存続することは可能なのかどうかを試しているわけである。 ・・・」との一節があります。 南北戦争は「奴隷制の否定」を唱えた北部が勝ったとされていますが、北部にも「奴隷制」を支持する州もあり、当時は「奴隷」には人権も無く決して「国民」と言える存在ではありませんでした。 そこで、リンカーンが何故「国民」ではなく「人民」と言ったのかが分かります。 「人民」には「国民」と「国民ではない人」が含まれていると云う事です。 但し、ここで言う「国民では無い人」は「非国民」ではなく「国民としての権利を持たない人」と云う意味です。 つまり「人民」とは「権利の有無に拘わらず、国に属する人。 」と云う意味になります。 「中華人民共和国」もその国家体制を見れば「人民」が相応しい言い方だと判ります。 リンカーン演説の「・・・戦うことにより、自由の精神をはぐくみ、・・・」は、自分が信じる「自由の為には戦争も辞さない」、或いは「戦争が自由の精神を育む」と解釈できます。 正に、中国共産党の革命時の言い方そのものです。 今でも、習近平は戦争の準備をしながら、自由貿易を主張しています。 「自分の自由」の為に戦う米中は双子の兄弟のようです。 この反省からか、アメリカの「People(人民)」は、最近になって自らを「Citizen(市民)」と名乗る人が増えたようです。 「市民」には「国家に管理されない(されたくない)人」の意味が有るそうですが、これは あくまでも「自称市民」なので本来の「市民」とは関係ありません。 その土地に所縁の無い「自称市民」は日本にも増え始めているようです。 日本には「国民」しかいないとは思いますが、若しかしたら本来の「非国民」を意味する「市民」や「人民」がいるかもしれません。

次の

リンカーンのゲティスバーグ演説

人民 による 人民 の ため の 政治 意味

これまで、繰り返し質問があった問題なので、まずこのページ下部の関連質問のところを参照されてはいかがでしょうか。 ただ、法律や契約書を読み解くような解釈は無駄ではないかと思います。 この文章は、詩のようなものです。 理屈で理解するには限度がありそうです。 それにしてもお、アメリカ人もビックリの藤岡解釈には驚きました。 この演説が行われた時期や場所をまったく無視しています。 リンカーンは、貴族主義的で、奴隷制度を擁護する時代錯誤の南部の国家システムに対し、北部のシステムが優れていることを強調するために、このフレーズを取り上げたのです。 この箇所だけを取り出して、構文や文法を議論するのは、木をみて森をみないたぐいではないでしょうか。 sankei. htm 筆者の拓殖大学藤岡信勝教授は、 ・実は〈government of the people〉を「人民の政府」と訳すのは完全な誤訳なのである。 ・なぜなら、これは「人民を『対象』として統治する政府」という意味だからである。 ・「人民の政府」という日本語の語句をいくらひねくり回してもそういう意味は絶対に出てこない。 と言い切っていますが、本当なんでしょうか?文法的な解説も記述されていましたが、英語に弱いためよくわかりませんでした。 どなたか分かりやすく解説していただけないでしょうか? 「人民の、人民による、人民のための政府」という有名な訳が誤訳だったなんて、ちょっとショックです。 A ベストアンサー 以下は、『ニホン語、話せますか?』(マーク・ピーターセン 著)からの抜粋です。 (藤岡教授と同様な主張が日本にあることについて) 「英語圏で141年以上も続いてきた常識的受け止め方が引っ繰り返される、リンカーンも驚くにちがいない、突拍子もない文法的解釈だが、(中略) リンカーンの言葉について簡単に言えば、government which is of the people and is by the people and is for the people(ちなみに、中国ではこれは「民有、民治、民享的政府」と訳されているようだが)の of the people は、いわば、「人民の合意の上で出来た」や、「人民の間から生まれた」などのような意味を表している。 」 A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 A ベストアンサー 法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。 長年内閣法制局の長官をつとめた方です。 もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。 図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。 「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出ている通りです。 少し憲法の条文から具体例をあげておきましょう。 ・国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。 (第17条) ・思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。 ・生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利(第13条)…3つが同格で並列。 ・配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては(第24条)…「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚(以上5件並列)」と「『婚姻及び家族』(以上2件並列)に関するその他の事項」が同格で並列。 (これを大小関係を逆に読むと,「配偶者の選択~婚姻」がひとまとまりで6つ並列になりますが,そうすると財産権と婚姻が並列になっておかしいですね。 ) (この場合,「、離婚」を「及び離婚」としても同じです。 ちょっとくどくなるので省いたのでしょうか。 ) ・強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。 (第38条)…「強制、拷問若しくは脅迫(以上3件並列)による自白」と「不当に長く『抑留若しくは拘禁』(以上2件並列)された後の自白」が同格で並列。 ・何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。 (第34条) 最後に,少し長いですが,よく出てくる例として地方自治法第152条から。 1 普通地方公共団体の長に事故があるとき、又は長が欠けたときは、副知事又は助役がその職務を代理する。 (以下略) 2 副知事若しくは助役にも事故があるとき若しくは副知事若しくは助役も欠けたとき又は副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において当該普通地方公共団体の長に事故があるとき若しくは当該普通地方公共団体の長が欠けたときは、当該普通地方公共団体の長の指定する吏員がその職務を代理する。 (以下略) 第1項は意味の流れをつかむために書いただけですが,普通の「又は」が使われています。 さて,一見複雑な第2項は次のように読みます。 「(副知事若しくは助役)にも事故があるとき 若しくは (副知事若しくは助役)も欠けたとき」 又は 「副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において (当該普通地方公共団体の長に事故があるとき 若しくは 当該普通地方公共団体の長が欠けたとき)」 は、… また,このことから,大小3段階ある場合は,「若しくは(小)」<「若しくは(大)」<「又は」となっていることがわかります。 条文を説明する場合など2つの「若しくは」を区別する時は,「大若し(おおもし)」「小若し(こもし)」と通称しています。 ちなみに,「及び」<「並びに(小)」<「並びに(大)」です。 「小並び」「大並び」といいます。 以上,ご参考まで。 法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。 長年内閣法制局の長官をつとめた方です。 もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。 図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。 「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出... Q 様々な歴史書で紹介されていますが、アメリカの南北戦争は、黒人奴隷制に対する南北間の主張の対立が原因だったと聞きます。 つまりプランテーション農業に要する奴隷の固定化を主張する南部と、工業化が進み労働力の流動化が求められる北部という対立ですね。 子供の頃に読んだ偉人伝で、リンカーン大統領は黒人奴隷を解放しようとして南部に戦いを挑み、その結果勝利し、黒人開放へと歴史は進んだと教えられました。 でもハッキリ言って、当時小さいながらもアメリカ白人が黒人奴隷を解放するために、なぜ戦ったのか不思議に感じていました。 普通考えるとあり得ないですよね。 あまりにもキレイゴトすぎるというか ・・・ もし自分が北部の白人兵士だったら、黒人奴隷を開放するために戦場に行って南部の白人と戦えますか? 結局は62万人もの犠牲を出して戦争は終結したのですが、朝鮮半島のように同胞どうしが国内で戦う悲惨な歴史をアメリカはもっているわけですよね。 そこでお聞きしたいのですが、有体にいってアメリカの南北戦争とは結局は 「黒人奴隷による安価な労働力」 を南北で取り合ったというのが正しい考え方でしょうか? もしそうなら、リンカーン大統領はなぜ偉人というか歴史に残る大統領として今でも語り継がれるのでしょうか? 仮に 「たしかに労働力の取り合いだったとしても、結果的に奴隷制の廃止、またその後、黒人奴隷の人権も認められるキッカケになったじゃないか」 という意見があったとしても、実際にアメリカで黒人が白人同様の人権を認められるのに南北戦争後、約100年以上もの時間を要しているわけすよね? つまり奴隷解放、人権回復というのは南北戦争がなくても20世紀に入ってからの時代の趨勢で実現されていたというか ・・・ それとなぜ英語では南北戦争ではなく、Civil War (市民戦争?) と表現されるのでしょうか? 様々な歴史書で紹介されていますが、アメリカの南北戦争は、黒人奴隷制に対する南北間の主張の対立が原因だったと聞きます。 つまりプランテーション農業に要する奴隷の固定化を主張する南部と、工業化が進み労働力の流動化が求められる北部という対立ですね。 子供の頃に読んだ偉人伝で、リンカーン大統領は黒人奴隷を解放しようとして南部に戦いを挑み、その結果勝利し、黒人開放へと歴史は進んだと教えられました。 でもハッキリ言って、当時小さいながらもアメリカ白人が黒人奴隷を解放するために、... A ベストアンサー 南北戦争の原因は諸説いろいろありますが、非常に単純化すれば、北部の新興工業地域と南部の大規模農業地域の対立ということです。 アメリカの農業は既に工業化が発達しているイギリスへ原料となる綿等の原料農産物供給をすることにより発達しました。 南北戦争以前から南部ではイギリスへの輸出のための綿花栽培のプランテーションが大規模に行われていました。 南部の大規模農業は奴隷制に支えられ、非常に生産性が高く、安価な農産物を大量に生産できました。 競争力ある南部の農業は自由に輸出したいですから自由貿易を望みます。 ところが新興工業地域の北部にとっては、まだ生産性が低い自国製品では進んだ英国製工業製品に太刀打ちでがきません。 イギリスからの輸入品との競争に弱い北部工業地域は、保護貿易を主張します。 南北戦争とはこのような国内産業のあり方、対外政策のあり方をめぐっての戦争だったわけです。 だから南北戦争では北部は南部に打撃を与えるための戦術として奴隷解放を主張したと思われます。 (現に「勝つためなら奴隷のことなんてどうでもいい」というような発言も残っています。 ) そして北軍の勝利となり、国内産業保護的な政策をとることができるようになり、これを背景としてアメリカ国内における工業が飛躍的に発展するわけです。 これがいわばアメリカ版産業革命です。 Civi lWarと呼ばれるのは多分対外戦争ではないからでしょう。 リンカーンが語り継がれるのは別に奴隷解放を主張したからではなく「人民の、人民による、人民のための政府」という演説が有名になったためでしょう。 日本でのリンカーン人気は、有色人種差別に苦しんだ明治の頃の日本人が、「奴隷解放宣言」を真に受けて広く紹介したためと思われます。 南北戦争の原因は諸説いろいろありますが、非常に単純化すれば、北部の新興工業地域と南部の大規模農業地域の対立ということです。 アメリカの農業は既に工業化が発達しているイギリスへ原料となる綿等の原料農産物供給をすることにより発達しました。 南北戦争以前から南部ではイギリスへの輸出のための綿花栽培のプランテーションが大規模に行われていました。 南部の大規模農業は奴隷制に支えられ、非常に生産性が高く、安価な農産物を大量に生産できました。 競争力ある南部の農業は自由に輸出したいですか...

次の

「人民の、人民による、人民のための政府」は誤訳?

人民 による 人民 の ため の 政治 意味

いつの頃からか、「人民の、人民による、人民のための政治」というのは誤訳で、「人民が、人民のために、人民を統治すること」、あるいは、「人民による、人民のための、人民統治」が正しいのだ、つまり government of the people の of は目的格で the people は govern の目的語になるという説がまことしやかに喧伝されています。 一部の英和辞典までこの新説に同調した記述をしています。 はたして新説は正しいのでしょうか? わたしはとんでもない珍説だと思います。 「人民の、人民による、人民のための政治」こそ、正しい訳なのです。 Google で検索しても government of the people を「人民を統治すること」と解釈したネイティヴの文例は皆無です。 アメリカ人のマーク・ピーターセンがこのことに関して言及し、「リンカーンも驚くに違いない、突拍子もない文法的解釈... 」と述べています。 以下は、マーク・ピーターセン著 『ニホン語話せますか? 新潮社 』からの抜粋(37~39ページ)です。 和訳ではなく著者が日本語で書いたものです。 参考にどうぞ。 (改行は私が勝手に行いました)。 その学習が身に付いたかどうかはともかくとして、日本人が日本語をどのように見ているのかも私にとって興味深い問題なので、「日本語本」を読むことは苦にならない。 ただ、一つだけ気になることがある。 著者の多くが、日本語の話を進めながら、英語との比較をしたくなる気持ちになりがちなこと、 そしてそこに出てくる英語に関する情報が、妙に英語のリアリティーからズレているケースがきわめて多い、ということである。... 「英語との比較」の話ではないが、最近『丸谷才一の日本語相談』(朝日新聞社)にも驚かされた部分があった。 きっかけは、こんな「問い」である。 「リンカーンの有名な言葉、『人民の、人民による、人民のための政治』ですが、『人民による、人民のための政治』だけで意味が尽くされていると思います。 『人民の』には、どういう意味があるのですか。 助詞『の』について詳しく説明してください」。 この場合の「の」の曖昧さが指摘されて、鋭い質問だと思ったのですが、その答えに、こんなことが書かれていた。 「government of the people, by the people, for the peopleは、『人民を、人民によって、人民のために統治すること』の意である」。 つまり、government of the peopleのofは、「所属」... や「所有」... 等々を示すようなofではなく、「目的格関係」... を示すofだと説明しているわけである。 英語圏で141年以上も続いてきた常識的受け止め方が引っ繰り返される、リンカーンも驚くに違いない、突拍子もない文法的解釈だが、 実は、そこでやっと著者がいちばん指摘したかったと思われるポイントが浮上するのだ。 つまり、現在の日本語では当たり前となっている「歴史の研究(=歴史を研究すること)」などのような表現に見られる「目的格」を示す「の」は、「どうも昔はなかったらしい」、英語のofの影響でそれが生じたのではないか、というポイントである。 リンカーンの言葉について簡単に言えば、government which is of the people and is by the people and is for the people (ちなみに、中国ではこれを「民有、民治、民享的政府」と訳されているようだが)のof the peopleは、いわば、「人民の合意の上で出来た」や、「人民の間から生まれた」などのような意味を表している。 リンカーンはこの言葉で「government=政治」を説明しているわけで、 governmentに統治されるのはthe birdsでもthe flowersでもなくthe peopleだよ、とわざわざ述べる必要も意図も、言うまでもなく、ない。 これから、歴史的な事情、文法上の見解なども含めて、「新説の奇妙さ」を詳述する予定です。 みなさんのご意見も聞かせてください。 Thank you. 英語学習に励んでいる者で、サイトを面白く拝読しております。 さて、このof の解釈について、10年以上悩んでおりました。 私事ながら、法律系の人間で、人民による政治、人民のための政治は判るのですが、"of"とは何か?が憲法、行政法的にはよく分からないという非英語的疑問を持ったからです。 人民が所有する政治(政府)というのも奇妙な気がします。 英米法はそうなのかな? なお、ofの新説は、小林よしのり(右的主張を行う漫画家)が作中で取り上げており、そんなものかなあとおもっていましたが、丸谷才一氏が主張されたのですか。 たしかに、人民を統治する政府なんて、当たり前のことなので変です。 >「人民の合意の上で出来た」や、「人民の間から生まれた」などのような意味を表している。 なるほど。 ofにはそう言う意味もあるのですね。 Posted by: December 13, 2009 01:31 PM.

次の