子供 歯科 矯正 医療 費 控除。 医療費控除について【歯列矯正は医療費控除の対象になるの?】

子供の歯科矯正の医療費控除はどうなる?

子供 歯科 矯正 医療 費 控除

医療費控除とは 医療費控除とは、年間に支払った医療費が10万円を超える場合に、収めた税金の一部が還付される仕組みです。 また、翌年の6月以降に支払う住民税も、医療費控除が考慮された金額になるため、その分安くなります。 インビザラインは医療費控除の対象にならない? 医療費控除は医療に掛かったすべての費用が認められるわけではありません。 医療費控除の対象となるかどうかの大まかな違いは、治療目的か、見た目の改善などの美容目的かによって異なります。 子供の場合 子ども場合は、発育段階にある子供の成長を阻害しないように必要な治療だとされているため、医療費控除の対象として認められる場合が多いです。 一般的には中学生ぐらいまでは、認められるケースが多いようですが、判断は各税務署の判断となりますので確認が必要です。 大人になってからの矯正 現在、インビザラインや、裏側矯正など、目立たない矯正方法が誕生したこともあって、大人になってから歯列矯正を行う方も増えてきていますが、大人になってからの歯列矯正の場合は、医療費控除が認められない場合も出てきます。 しかし、必ずしも認められない訳ではありません。 歯列矯正を行う場合、かみ合わせ等に問題がある場合も多いため、 「噛み合わせや、歯並びに問題があり、機能的な改善のために矯正治療が必要」と診断された場合などは、大人になってからの歯列矯正の場合でも医療費控除の対象として認められます。 歯列矯正をご検討中の方で、医療費控除を申請しようとお考えの方は、医療費控除に必要な診断書を出して貰うことが可能かどうか、事前に歯科医院に確認してみると良いと思います。 医療費控除の計算方法 医療費控除の申請を行うと、すでに支払っている所得税の還付が受けられます。 また、所得税の還付の他に、翌年に支払う住民税も安くなります。 それぞれの計算方法は以下の通りです。 (例1) 年間の所得400万円で、年間の医療費が50万円、保険で受け取った金額が0円の場合 費用の合計が50万円ですので、そこから、10万円を引きます。 (所得が200万円以下の場合は総所得の5%) 次に、保険で受け取った金額がある場合はその金額を引きます。 この金額が、医療控除の対象の金額となります。 そこに、所得に応じた税率を掛けます。 【住民税の計算】 住民税の場合は、ほとんどの場合、一律で10%(市民税と県民税の合計)ですので、控除対象の金額の10%分の住民税が安くなります。 先程の例 年間の所得400万円で、年間の医療費が50万円、保険で受け取った金額が0円の場合 控除対象金額は40万円となりますので、40万円の10%の4万円分の住民税が安くなります。 025%など、市町村によって、異なる地域もあります。 医療費控除の対象期間 医療費控除は、年間に支払った費用が10万円を超える場合に対象となります。 対象となる期間についてですが、1月1日から12月31日までに支払った金額が対象となります。 治療を行った日ではなく、支払った日が対象となりますので、仮に入院などされた場合で、12月31日に入院して、翌1月の退院の際に支払いを行った場合などは、1月の年が対象となります。 医療費控除には確定申告が必要です サラリーマンの方ですと、毎年年末調整を行っていると思いますが、医療費控除は年末調整の対象外となっているため、医療費控除を行うためにはご自身で確定申告を行う必要があります。 といっても、確定申告自体はそれほど難しいものではなく、国税庁のホームページで専用のフォームがありますので、手順に沿ってお名前、ご住所、年収などをご入力していただくことで、かんたんに確定申告書を作成することが可能です。 以下に確定申告書作成に必要な物をまとめてみました。 一般的には中学生ぐらいまでであれば、問題なく控除の対象となると思われます。 大人になってからの矯正の場合も、審美性を求める為だけの治療ではなく、機能的な回復のために治療が必要と診断された場合は医療費控除の対象となります。 これからインビザライン等での歯列矯正をお考えの方は、ご自身の症状は医療費控除の申請に必要な診断書を出してもらうことが可能なのか、事前に歯科医院に確認し、もし可能な場合は、医療費控除の申請を行い、少しでもご負担を減らしつつ歯の治療を行っていただければ幸いです。

次の

医療費控除について

子供 歯科 矯正 医療 費 控除

歯列矯正において医療費控除の対象になる条件とは、歯並びの悪さが咬み合わせや発音などの機能面に悪影響を及ぼしていると認められたケースに限ります。 例えば、「咬み合わせが悪く、しっかり咬めない」「歯並びが悪くてクリアな発音ができない」「子供の歯や顎を正しく発育促進させるため」など、機能の回復に矯正治療が必要であると認められたケースや、子供の矯正が対象です。 咀嚼改善(そしゃくかいぜん=よく咬めるようになること)や発音障害の改善、子供の正しい発育促進のためなど、「機能回復のために歯列矯正が必要である」と診断を受ければ、年齢を問わず医療費控除を受けられます。 子供の矯正は、子供の成長を阻害しないための治療行為として認められており、基本的には医療費控除の対象となります。 一方で、大人の矯正は機能回復のための治療に限られており、美容や見た目の改善を目的とした歯列矯正は医療費控除の対象とはなりませんのでご注意下さい。 医療費控除対象の「1年間に支払った医療費」には何が含まれますか? 「1年間に支払った医療費」とは、1月から12月までの1年間に支払った「治療費」と「通院のための交通費」のことを言います。 検査代や装置代、調整料など矯正治療に関わる費用のほか、通院のための交通費も医療費控除の対象として認められています。 また、治療を受ける本人の交通費だけでなく、例えばお子さんの治療に大人が付き添った際の同伴者の通院費も控除の対象です。 ただし、控除として認められている交通費は、基本的にバスや電車など公共交通機関です。 自家用車のガソリン代や駐車場代は控除の対象にはなりませんのでご注意ください。 ローンやクレジット払いも控除の対象に! 高額な治療費が必要な矯正治療の支払いにおいて、クレジット払いやローン(デンタルローン)払いを選択される方も多いと思います。 医療費控除は現金払いだけでなく、クレジット支払いやローン払いなど、分割で支払うケースにおいても控除の対象です。 ただし、注意しておきたいのはローン契約(デンタルローン)をしたタイミング。 「いつローン契約をしたのか」がポイントになります。 ローンは、患 者さんが支払うべき治療費を信販会社が立替払いをして、その立替え分を患者さんが分割で信販会社に返済してゆくものです。 ですから、信販会社が立替え払いした金額が、患者さんの立て替え払いした年の控除対象となります。 例えば、実際の治療は翌年からであっても、医療費控除の申請対象となるのはローン契約をした年です。 そのため、年をまたいで治療を計画している場合は、その点を踏まえて支払いやローン契約をすると良いかしれません。 また、クレジットやローンの金利手数料は控除の対象外であるということも併せて覚えておきましょう。 医療費控除を受けるときの支出を証明する書類として、ローンの契約書や信販会社の領収書はお手元に保存しておきましょう。 いつ、どうやって手続きをしますか? 一般的な所得税の確定申告の相談及び申告書の受付は、例年2月16日から同年3月17日までと決められていますが、2020年(令和2年)は2月17日から3月16日までとなっています。 では、医療費控除の申告受付はいつからいつまでかご存知でしょうか。 実は、医療費控除は翌年1月から申告が可能です。 医療費控除の申告は「還付申告」にあたります。 還付金を受け取る「還付申告」の場合は、医療費のかかった年の翌年1月1日から5年以内であれば申請が可能。 例えば、2019年の申告であれば2020年1月から~12月31日まで申告が可能というわけです。 万が一、その年の申告期間を過ぎてしまっても5年前まで遡って申告できるので、申告忘れが発生しても次回の申告で対応が可能ですよ。 申告書の提出方法• 申告するときの住所地を管轄する税務署に郵送する• 申告時の住所地を管轄する税務署の受付に持参する。 (時間外収受箱への投函も可• 電子申告(e-tax)で申告する 4. 誰が申告すればよいでしょうか?• 2017年分の確定申告からは、領収書の提出から「医療費控除の明細書」の提出に変わりました。 特例として2017~2019年分までは従来通り医療費の領収書の提出でも可能です• 自分自身や家族のために1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に対象となります。 矯正治療の費用だけでなく、病気やケガで、病院や診療所で治療した医療費も含めて申告できます。 1年間で支払った医療費から、保険金などで充填される金額と10万円(所得が200万円以下の場合、所得の5%)を差し引いた金額が、医療費控除の計算対象となります。 夫婦共働きで妻が扶養控除から外れていても、生計が一緒であれば医療費を合算して、夫もしくは妻のどちらからでも申告することできます。 ほとんどの場合、所得が多い人が申告したほうが戻ってくる金額(還付金)が高くなります。 大人の矯正治療の場合、医療費控除の対象とするために診断書が必要です。 ご自身が対象になるか、担当の歯科医院に確認しましょう。 診断書の条件や、申告方法については、住所地の税務署に確認しましょう。 一括払いだけでなく分割払い、デンタルローンも医療費控除の対象になります(利子は対象外)。 ローン契約書や領収書などは必ず保管しておきましょう。 メディア運用会社について.

次の

子供の歯列矯正で医療費控除は使える?

子供 歯科 矯正 医療 費 控除

1128 医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例 [平成31年4月1日現在法令等] 1 医療費控除の対象となる医療費 歯科医師による診療又は治療の対価で、その病状などに応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額は、医療費控除の対象となる医療費に該当します。 2 歯の治療に伴う一般的な費用が医療費控除の対象となるかの判断• 1 歯の治療については、保険のきかないいわゆる自由診療によるものや、高価な材料を使用する場合などがあり治療代がかなり高額になることがあります。 このような場合、一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません。 現在、金やポーセレンは歯の治療材料として一般的に使用されているといえますから、これらを使った治療の対価は、医療費控除の対象になります。 2 発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。 しかし、同じ歯列矯正でも、容ぼうを美化するための費用は、医療費控除の対象になりません。 3 治療のための通院費も医療費控除の対象になります。 小さいお子さんの通院に付添が必要なときなどは、付添人の交通費も通院費に含まれます。 通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額も記録しておくようにしてください。 通院費として認められるのは、交通機関などを利用したときの人的役務の提供の対価として支出されるものをいい、したがって、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象になりません。 3 歯の治療費を歯科ローンやクレジットにより支払う場合 歯科ローンは、患者が支払うべき治療費を信販会社が立替払をして、その立替分を患者が分割で信販会社に返済していくものです。 したがって、信販会社が立替払をした金額は、その患者のその立替払をした年(歯科ローン契約が成立した時)の医療費控除の対象になります。 なお、歯科ローンを利用した場合には、患者の手もとに歯科医の領収書がない場合があると考えられますが、この場合には、医療費控除を受けるときの支出を証明する書類として、歯科ローンの契約書や信販会社の領収書を保存してください。 注 歯科ローンに係る金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりません。 4 医療費控除を受ける場合の注意事項• 1 治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となります。 2 生命保険契約、損害保険契約又は健康保険法の規定等に基づき受け取った保険金や給付金(入院給付金、出産育児一時金、高額療養費など)がある場合には、その給付の目的となった医療費の額を限度として、支払った医療費の額から差し引く必要があります。 所法73、所令207、所基通73-3〜4、73-8 参考: 関連コード• 1120• 1122• 1124• 1126• 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、をご覧になって、電話相談をご利用ください。

次の