エクセル 白黒 印刷。 新社会人は覚えておきたいExcelの印刷ワザ3つ [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル 常に白黒でグレー印刷するにはエクセル表で、カラーで色をつけてある...

エクセル 白黒 印刷

白黒印刷や簡易印刷:エクセル2010基本講座• 白黒印刷や簡易印刷• カラー印刷ができないページプリンターなどのモノクロ印刷用のプリンターで使用するときや、カラープリンターでインクの節約などでモノクロ印刷をしたいケースがあります。 単純な白黒印刷ではグラフなどの塗りつぶした要素の区別ができなくなりますが、この「白黒印刷」の機能を使うとグラフでは塗りつぶしの色がパターンに置き換えて印刷され、見やすいものが作成できます。 スポンサードリンク• 「ページ設定」ダイアログボックスにその設定があります。 [ページレイアウト]タブの[シートのオプション]グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 または、[ページレイアウト]タブの[ページ設定]グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 ページ設定ダイアログの[シート]タブを選択します。 「白黒印刷」にチェックを入れ[OK]ボタンをクリックします。 文字色や罫線は黒、セルの背景は白で印刷されます。 グラフは黒系のパターンで印刷されます。 なお、元の状態は下図のようなものです。 簡易印刷では罫線や塗りつぶしの色 網掛け などの書式やグラフや図形などのオブジェクトを省略して印刷することができます。 基本的には入力されているデータのみを印刷したいケースで利用します。 「ページ設定」ダイアログボックスにその設定があります。 [ページレイアウト]タブの[シートのオプション]グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 または、[ページレイアウト]タブの[ページ設定]グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 ページ設定ダイアログの[シート]タブを選択します。 「簡易印刷」にチェックを入れ[OK]ボタンをクリックします。 セルの背景や罫線、グラフなどは印刷されません。 文字は元の色が使用されるため、白色にしていたら印刷されません。 なお、元の状態は下図のようなものです。 スポンサードリンク |||白黒印刷や簡易印刷.

次の

エクセル(Excel)の印刷設定を複数シートで一括変更ができない。

エクセル 白黒 印刷

社内会議の配付資料は、白黒印刷することが多い。 カラープリンターがあっても、経費を考えて白黒印刷を選ぶケースはあるだろう。 Excelを使ってカラフルなグラフを作成したとき、画面上では美しく見えても、白黒印刷するとデータの見分けがつかなくなることがある。 そこで今回は、白黒印刷でも見やすいグラフの作り方を解説しよう。 0168 白黒印刷でグラフをきれいに見せるテクニック Excelでは、見栄えが良くカラフルなグラフを作成できる。 特に、Excel 2007、2010では、中間色を駆使して洗練されたデザインのグラフを手早くできるようになった。 ところが、実際に会議資料などは白黒印刷することが多く、せっかくのカラーが生かせないばかりか、見づらいグラフになってしまうことがある。 そこで、今回はExcel 2010で白黒印刷に最適な「ページ設定」を行う方法と、「グラフの書式」を変更する方法を解説する。 ここで[白黒印刷]をチェックするだけで、自動的に最適な設定を利用できる(画面1、画面2)。 カラーで作成したグラフには、白黒でも見やすい塗りのパターンが設定される(画面3)。 画面1 グラフ入りのドキュメントを作成したら、[ファイル]タブの[印刷]をクリック。 [ページ設定]をクリックする。 画面2 [シート]タブをクリックし、[白黒印刷]にチェックを入れて、[OK]をクリックする。 画面3 グラフに塗りのパターンが設定されて、白黒でも見やすくなる。 さらに、グラフの間隔を離して、個別のグラフを見やすくする方法も、試してみよう(画面7)。 画面4 作成したグラフのデータ要素の1つを右クリックして、[データ系列の書式設定]を選択する。 画面5 [塗りつぶし]の[塗りつぶし(パターン)]を選択し、パターンを選ぶ。 [前景色]を黒、[背景色]を白にしたら、[閉じる]をクリックする。 画面6 同様に、他のデータ要素にも塗りつぶしのパターンを設定すれば、モノクロでも見やすいグラフにできる。 データの区切りがわかりにくいときは、[データ系列の書式設定]書式設定ダイアログボックスで[枠線のスタイル]も追加すると良い。 画面7 [データ系列の書式設定]書式設定ダイアログボックスで、[系列のオプション]の[系列の重なり]を[離す]の方向にドラッグすると、グラフの間隔を空けることができる。 これで、プリンターの解像度が低い場合にも、個別のデータ要素を見分けやすくなる。 グラフの書式では、美しいグラデーション、影やぼかしなども設定できる。 社外に向けてのプレゼンなど、ここぞという場面ではデザイン効果を駆使して、説得力ある資料を作成してみよう。 ビジネスドキュメントの作成では、画面上での見た目だけでなく、印刷環境や見せる相手のことまで考えることがポイントとなる。 編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス) 制作編集:エヌプラス Copyright 2010 livedoor. All rights reserved.

次の

グラフの白黒印刷・白黒パターン|エクセル(excel)の応用操作

エクセル 白黒 印刷

今回は、白黒印刷でも見やすいグラフの設定のコツをご紹介します。 白画面上ではうまく塗り分けたつもりなのに、印刷したら薄くて見えにくかったなんてことはありませんか?そんな失敗を防ぐコツをご紹介します。 失敗例 グラフをクリックして、グラフツールから一番左の白黒を選んでみました。 白黒になりました。 凡例が3パターンくらいならこれでも大丈夫なのですが、 印刷機によっては、一番薄いグレーの部分が消えてしまうことがあります。 慣れると10秒くらいで設定できますので、ぜひお試しください。 印刷プレビューでよく確認してから印刷してください。 自分でカスタム お任せ設定でたいていはうまくできるのですが、時々失敗することがあります。 そんな時、自分でカスタムする方法をご紹介します。 この時、グラフ内の塗り分けたい部分全体に丸がついていることをご確認ください。 次に塗りつぶしの色を設定します。 濃い色(暗い色)を隣あって配置すると、印刷した際に見えにくくなります。 気をつけて塗り分けしましょう。 次は、塗りつぶし(パターン)を選び、模様で見分けがつくようにします。 印刷した際に薄くなって消えてしまうのを防ぐためです。 目盛線をダブルクリックしてもよいのですが、 グラフ内はごちゃごちゃしていて選択しにくいです。 グラフ全体をクリックしたら、右上にグラフツールという部分がでてきます。 その目盛線から選択していくと選択しやすいです。 目盛線はデフォルトでは、0. 75ptでした。 若干太く1. 25ptにしてみました。 太さはお好みで。 円グラフの場合 円グラフの場合、もうひと手間を加えるとさらに見やすくなります。 これが選択中の印です。 この状態になると、系列のオプションという画面がでてきます。 ここでは、5%だけ円グラフを切り離してみました。 少しすき間ができると、印刷した際に、境界線が分かりやすくなります。 飛び出したい部分をダブルクリックしてマウスでドラッグするとできます。 特に説明したい部分を飛び出させておくといいです。 さらに、真っ黒の塗りつぶしをつかってみました。 棒グラフでも特に強調したい部分は黒で設定しておくとよいかもしれません。 さて、いかがだったでしょうか?次回は、ワードの記事の予定です。

次の