おおかみ ちゃん。 オオカミちゃん ヒナ(FAKYのHina)が可愛い!本名や高校は?プロフィールもあり!

全ページ読める|きょうは、おおかみ|絵本ナビ : キョウ・マクレア,イザベル・アーセノー,小島 明子 みんなの声・通販

おおかみ ちゃん

AbemaTVのオリジナル恋愛リアリティーショー「オオカミシリーズ」の最新作『月とオオカミちゃんには騙されない』の最終話「運命の最終告白1時間SP」が29日、放送された。 「オオカミ」シリーズは、真実の恋をしたい男女がデートや共同作業を通して恋の駆け引きを繰り返し、本気の恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー。 前回に引き続き、俳優の神尾楓珠がゲストとして出演。 男性メンバーからの告白となる今回は、告白を受ける女性メンバーがオオカミちゃんの着ぐるみを着て、赤い風船を手に持ち、男性メンバーからの告白に対し OKだった場合、風船を相手へ渡し、オオカミちゃんだった場合はその風船を手放す。 ルークが「共通点とか、お互いの好きなこととか、一緒の部分があるなと思って。 話してるうちに俺の中で、りおんが気になる存在になっていきました。 りおんがオオカミちゃんじゃないって信じてます」と告げ、手を差し出すと、りおんは風船をルークに手渡し、「オオカミちゃんじゃないです。 スケボーを一緒にしてくれたり、釣り堀連れてってくれたり、ルークといるときが本当に楽しかった。 だから、これから、友達としてたくさん遊んだりしたいです」と答えた。 「よかった…」と、声を震わせ喜ぶルークと、笑顔のりおんに、スタジオは「お似合い!」「おめでとう!」と祝福の声が上がった。 続いて、第一印象からずっと一途な想いを貫くラッパーのコアが、アーティストのヒナに告白。 コアは「正直いろいろあったし、俺も遠回りしたかもしれないけど、これがベストな答えだって俺自身思ってるし、ヒナにとってもそうであってほしい。 これからももっとヒナのこと知りたいと思うし、できたら隣にいたいなって思う。 オオカミちゃんかどうか、中間(告白)のときにも言ったけど、信じてるとかじゃなくて、全部知ってるんで安心してください」と、一貫したヒナへの想いを告白。 スタジオが固唾(かたず)を呑んで見守る中、ヒナはコアに風船を渡し、着ぐるみの頭を脱ぐと「オオカミちゃんじゃありません」と満面の笑みを見せた。 」「すげぇ!」「マジか!」と驚きの声が上がり、Dream Amiは「やったー!」と喜びを爆発。 いい意味でMC陣の予想を裏切り、見事ハッピーエンドを迎えた2人に拍手喝采が贈られた。 次に、女優のあずさへの告白を決意した俳優のしょうたろうが告白の場に現れるが、そこにあずさの姿はなく、代わりに一通の手紙が。 手紙には、「ナナちゃんの復活が叶わなかった場合、自分がオオカミちゃんだということをナナちゃんに告げる」というあずさの決意とともに、しょうたろうへの謝罪と感謝の言葉が綴られていた。 続く、大学生のりょうすけが「中間告白のときに、一緒にいられたらいいねって話をしたと思うんだけど、これららも2人で笑えたらなって思います。 りこはオオカミじゃないと思っています」と、『Popteen』専属モデルのりこに告白し、手を差し出すが、りこは風船を手放し、その場を去る。 りこからの手紙には「私は本当ならここに立つ資格すらない。 ダメなオオカミちゃんでした。 …私は、もう一回冬が来ても、りょうすけを選んでたと思う」と告げると、あふれてくる涙をこらえきれず「やばい、涙出てきた」と顔を伏せ、号泣してしまっていた。 そんなりこを見たりょうすけは「オオカミちゃんだったらさ…。 やっぱいいや」と、核心を突かずあえて言葉を飲み込んだ。 りこは、手紙でこのときを振り返り、「あのとき私が泣いたことで、りょうすけくんはオオカミちゃんだと気づいたはずです。 それなのに私の涙に気づかないふりをして、私の役を全うさせようとしてくれた。 自分が辛いとか、そんなことよりも先に私のことを考えてくれていた」と、りょうすけの優しさを称えると、続けて「2人で手をつないで見上げたあの月は、私が今までに見た月の中で一番きれいでした」と、最後の気持ちを伝えていた。 悲しい恋の終わりに、「楽しかったな」とつぶやき、嗚咽を漏らすりょうすけ。 飯豊さんは「すごいな、これ…。 過去イチ泣いたかもしれない」と声を震わせた。 『Ray』専属モデルのナナからの手紙には「とおるくんとは料理も一緒にしたし、念願だったテニスもできたし、とおるくんやみんなと過ごした楽しい時間のおかげで、私は少しの後悔もありません。 ありがとう」と感謝の言葉が記され、「私はオオカミちゃんではありませんでした」と、ナナがオオカミちゃんではなかったことが明らかになると、とおるは安堵の表情を浮かべた。 ナナは「でも、正直そのことは私にとってそんなに大切じゃない気がしています。 私がオオカミちゃんじゃなかったことも、他の誰かがオオカミちゃんだってことも、この冬の楽しい思い出の中ではそんなに重要じゃないはずです。 お芝居じゃ描けない、本物だからこそさ、りこちゃんとりょうすけの2人の心のやりとりみたいなのが、たまんなかったです」と、絶賛した。 また、スペシャルゲストとしてついに最終回まで見届けた神尾は「本当に楽しかったです。 恋愛ってこうだよな〜、って思うことがいっぱいあった」と感慨深げに語り、波乱の展開を見せ続けた『月とオオカミちゃんには騙されない』の余韻に浸っていた。

次の

月とオオカミちゃんを予想!女子メンの誰が狼?シーズン7全話ネタバレ【騙されない】

おおかみ ちゃん

AbemaTVのオリジナル恋愛リアリティーショー「オオカミシリーズ」の最新作『月とオオカミちゃんには騙されない』の最終話「運命の最終告白1時間SP」が29日、放送された。 「オオカミ」シリーズは、真実の恋をしたい男女がデートや共同作業を通して恋の駆け引きを繰り返し、本気の恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー。 前回に引き続き、俳優の神尾楓珠がゲストとして出演。 男性メンバーからの告白となる今回は、告白を受ける女性メンバーがオオカミちゃんの着ぐるみを着て、赤い風船を手に持ち、男性メンバーからの告白に対し OKだった場合、風船を相手へ渡し、オオカミちゃんだった場合はその風船を手放す。 ルークが「共通点とか、お互いの好きなこととか、一緒の部分があるなと思って。 話してるうちに俺の中で、りおんが気になる存在になっていきました。 りおんがオオカミちゃんじゃないって信じてます」と告げ、手を差し出すと、りおんは風船をルークに手渡し、「オオカミちゃんじゃないです。 スケボーを一緒にしてくれたり、釣り堀連れてってくれたり、ルークといるときが本当に楽しかった。 だから、これから、友達としてたくさん遊んだりしたいです」と答えた。 「よかった…」と、声を震わせ喜ぶルークと、笑顔のりおんに、スタジオは「お似合い!」「おめでとう!」と祝福の声が上がった。 続いて、第一印象からずっと一途な想いを貫くラッパーのコアが、アーティストのヒナに告白。 コアは「正直いろいろあったし、俺も遠回りしたかもしれないけど、これがベストな答えだって俺自身思ってるし、ヒナにとってもそうであってほしい。 これからももっとヒナのこと知りたいと思うし、できたら隣にいたいなって思う。 オオカミちゃんかどうか、中間(告白)のときにも言ったけど、信じてるとかじゃなくて、全部知ってるんで安心してください」と、一貫したヒナへの想いを告白。 スタジオが固唾(かたず)を呑んで見守る中、ヒナはコアに風船を渡し、着ぐるみの頭を脱ぐと「オオカミちゃんじゃありません」と満面の笑みを見せた。 」「すげぇ!」「マジか!」と驚きの声が上がり、Dream Amiは「やったー!」と喜びを爆発。 いい意味でMC陣の予想を裏切り、見事ハッピーエンドを迎えた2人に拍手喝采が贈られた。 次に、女優のあずさへの告白を決意した俳優のしょうたろうが告白の場に現れるが、そこにあずさの姿はなく、代わりに一通の手紙が。 手紙には、「ナナちゃんの復活が叶わなかった場合、自分がオオカミちゃんだということをナナちゃんに告げる」というあずさの決意とともに、しょうたろうへの謝罪と感謝の言葉が綴られていた。 続く、大学生のりょうすけが「中間告白のときに、一緒にいられたらいいねって話をしたと思うんだけど、これららも2人で笑えたらなって思います。 りこはオオカミじゃないと思っています」と、『Popteen』専属モデルのりこに告白し、手を差し出すが、りこは風船を手放し、その場を去る。 りこからの手紙には「私は本当ならここに立つ資格すらない。 ダメなオオカミちゃんでした。 …私は、もう一回冬が来ても、りょうすけを選んでたと思う」と告げると、あふれてくる涙をこらえきれず「やばい、涙出てきた」と顔を伏せ、号泣してしまっていた。 そんなりこを見たりょうすけは「オオカミちゃんだったらさ…。 やっぱいいや」と、核心を突かずあえて言葉を飲み込んだ。 りこは、手紙でこのときを振り返り、「あのとき私が泣いたことで、りょうすけくんはオオカミちゃんだと気づいたはずです。 それなのに私の涙に気づかないふりをして、私の役を全うさせようとしてくれた。 自分が辛いとか、そんなことよりも先に私のことを考えてくれていた」と、りょうすけの優しさを称えると、続けて「2人で手をつないで見上げたあの月は、私が今までに見た月の中で一番きれいでした」と、最後の気持ちを伝えていた。 悲しい恋の終わりに、「楽しかったな」とつぶやき、嗚咽を漏らすりょうすけ。 飯豊さんは「すごいな、これ…。 過去イチ泣いたかもしれない」と声を震わせた。 『Ray』専属モデルのナナからの手紙には「とおるくんとは料理も一緒にしたし、念願だったテニスもできたし、とおるくんやみんなと過ごした楽しい時間のおかげで、私は少しの後悔もありません。 ありがとう」と感謝の言葉が記され、「私はオオカミちゃんではありませんでした」と、ナナがオオカミちゃんではなかったことが明らかになると、とおるは安堵の表情を浮かべた。 ナナは「でも、正直そのことは私にとってそんなに大切じゃない気がしています。 私がオオカミちゃんじゃなかったことも、他の誰かがオオカミちゃんだってことも、この冬の楽しい思い出の中ではそんなに重要じゃないはずです。 お芝居じゃ描けない、本物だからこそさ、りこちゃんとりょうすけの2人の心のやりとりみたいなのが、たまんなかったです」と、絶賛した。 また、スペシャルゲストとしてついに最終回まで見届けた神尾は「本当に楽しかったです。 恋愛ってこうだよな〜、って思うことがいっぱいあった」と感慨深げに語り、波乱の展開を見せ続けた『月とオオカミちゃんには騙されない』の余韻に浸っていた。

次の

『月とオオカミちゃんには騙されない』ランウェイで圧巻のパフォーマンス 『TGC 2020 S/S』レポ|Real Sound|リアルサウンド テック

おおかみ ちゃん

あいりからの手紙を受け取る。 【オオカミちゃん】アメリカでカップル成立!かずま&みちカップル 『オオカミちゃん』で、カップル成立した2組のうち、アメリカでカップル成立となったのが、 かずま ミッチェル和馬 と ミチでした。 かずま ミッチェル和馬 のプロフィール 本名:ミッチェル和馬 オオカミちゃんネーム:かずま 職業:アーティスト・モデル 生年月日:2000年5月15日 出身地はニューヨーク州で、8歳の頃に日本にきたそうです。 日本語・北京語を話すバイリンガルモデルとして活躍されています。 【オオカミちゃん】かずま・みち カップル成立を振り返り! ミチを除くすべてのメンバーが告白を終え、砂浜で最後の時間を楽しんでいた時、アメリカ留学の為に旅立ってしまったかずまから月LINEが。 相手はお互い惹かれ合っていたミチでした。 かずま:『ミチちゃんに告白したいので、アメリカに来てくれませんか?』 嬉しそうにスマホを見つめるミチ。 舞台はなんとアメリカへ移ります! かずまの告白、そしてミチがオオカミちゃんなのかが暴かれます。 かずま:「最初に出会ったときからいいなと思ってて。 好きだってことを伝えに来ました」 手を差し出すと、ミチは赤い風船をかずまへ渡したのでした。 過去のオオカミシリーズでカップル成立しても、その後必ずしも付き合うわけではないようなので、かずま&ミチも付き合わなかったんでしょうか?? 2人とも、SNSなどでも 「正式に付き合っている」とは言っていないようです。 本人もあまり言わないみたい( よしあき) ・私も恋愛したいって思える2人だった( けみお) ・事務所からは「仲が良いお友達」と聞いている( よしあき) こんな感じですね。 事務所が「お友達」と言っているので付き合っていないのかな?? よしあきくんの口ぶりから、言いたいけど口止めされているのかな~と思ったのですが、真相は分からずでした。

次の