縄跳び 消費 カロリー。 縄跳びの消費カロリーは?消費カロリーをアップさせる3つの方法

縄跳びの消費カロリーは約1.4倍⁉効果的に行う方法はコレ!

縄跳び 消費 カロリー

縄跳びの消費カロリーはどれくらいあると思いますか?縄跳びダイエットはとても流行りましたが、それは縄跳びの消費カロリーが他の運動と比べて高いからと言えます。 さらに、縄跳びは100円均一でも売っていて、すぐに手に入れられて、簡単に始められます。 また小学校の頃から誰でもやったことがある、なじみのある運動なので「久しぶりにやってみよう」と思いやすい、ということもあるかもしれませんね。 縄跳びの効果ですが、ゆっくりのジョギング1時間と縄跳び1時間なら消費カロリーは、縄跳びの方が高いそうです。 さらに縄跳びたった15分で、ウォーキング40分と同じくらいの消費カロリーなんです。 この縄跳びをダイエットに活用しないわけにはいきませんね。 それで今回は、縄跳びの消費カロリーと縄跳びをする時の5つのポイントをご紹介しますね。 ぜひ参考にして、気軽に縄跳びを始めてみるのはいかがでしょうか。 10キロ減量も夢じゃない! 縄跳びの消費カロリーと5つのポイント その1:縄跳びの消費カロリーの計算方法 縄跳びの消費カロリーを知るにはMETS法という計算式を使います。 METSとは運動の強度を示す単位です。何もしていない時のエネルギー消費量を1とすると、その運動などで消費するエネルギーがその何倍になるかを示します。 それで体重50キロの人が20分縄跳びをすると、消費カロリーは1. その2:縄跳びをする時間 縄跳びで消費カロリーを上げてダイエット効果を上げるには、20分以上続けるようにしましょう。 縄跳びのような有酸素運動は、続けて20分以上経つと脂肪が燃焼し始めます。 しかし実際に縄跳びをやってみると5分でへとへとになるかもしれませんね。 縄跳びを始めたての時は1秒に1回くらいのペースで、3分くらいから始めましょう。 体に過度な負担をかけずに、3分ずつ跳び、休憩を挟んで、3セットくらい行うと良いでしょう。 それで縄跳びに慣れてきたら、1日に行う回数やセット数を増やしていきます。 20分~30分跳べるようになってきたらかなり効果が表れるでしょう。 少しずつ回数を増やすことで無理なく消費カロリーを徐々にアップさせ、挫折を防いで長続きさせることができます。 その3:縄跳びの跳び方 縄跳びは足を揃えてジャンプする方法が主流ですね。 しかし続けて20~30分跳べるようになったら、ボクサーの練習のように、足踏みするように片足ずつ交互に跳ぶ練習をしてみましょう。 さらに運動量も高まり、カロリーが消費しやすくなります。 また慣れれば、両足を揃えて跳ぶより、長く続けることができると思います。 実際に走りながら跳ぶのもおすすめです。 景色が変わるので気分転換にもなりますよ。 その4:足や膝を痛めないようにする 縄跳びは、繰り返しジャンプを続けるため、足首や両膝に負担がかかり痛めることがあります。 それで、いきなり縄跳びを跳びはじめるのはやめましょう。 まずストレッチなどの準備運動をして、足首や膝を柔らかくしておきます。 またクッションがしっかりあるシューズを履いたり、どたどたと跳ぶのではなくつま先で軽くジャンプするようにして、足や膝の負担にならないように工夫しましょう。 その5:縄跳びの前後の運動 縄跳びで消費カロリーをさらに高める方法があります。 それは、縄跳びの前に軽くジョギングやストレッチや体操などをして、体を温めた状態にすると、縄跳びの脂肪燃焼効果が良くなります。 また、腹筋やスクワットなどで筋肉を動かしておくのも、脂肪燃焼を早めるのでおすすめです。 また縄跳びが終わった後は、脚をマッサージしたりストレッチをしておくと、筋肉痛やむくみを防いで脚やせにもつながりますので、忘れないようにしましょう。 縄跳びの消費カロリーと5つのポイントはいかがでしたか? 縄跳びは有酸素運動で直接脂肪を燃焼させ、ジャンプをすることで全身の脂肪を刺激して、効果的な全身運動となりますので、かなりダイエット効果を期待できます。 縄跳びは、減量のプロのボクサーも取り入れている方法です。 これを続けることで、人によっては10キロ痩せることもあります。 ぜひ縄跳びで健康的に痩せて、引き締まった体を手に入れてくださいね。 まとめ 10キロ減量も夢じゃない!縄跳びの消費カロリーと5つのポイント その1:縄跳びの消費カロリーの計算方法 その2:縄跳びをする時間 その3:縄跳びの跳び方 その4:足や膝を痛めないようにする その5:縄跳びの前後の運動 お肌スベスベの最強解毒プログラム。 週末だけで一気に痩せる! 毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする、新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか? 体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。 Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!.

次の

消費カロリーがすごい!エア縄跳びダイエットの効果とやり方!?

縄跳び 消費 カロリー

ダイエットで縄跳びは非常に効率的な方法の一つです。 今回は縄跳びでダイエットをお考えの方に、• 縄跳びダイエットの効果• 縄跳びダイエットの実践方法• 縄跳びダイエットの回数や時間の目安• 縄跳びダイエットのメリット• 縄跳びダイエットで気を付けること をご紹介します。 縄跳びダイエットは全身に効果あり! 縄跳びダイエットは下半身への効果が強いという記事が多いですね。 たしかに他の運動よりも下半身のシェイプアップには向いています。 お尻ー太ももーふくらはぎを集中的に強化し、引き締めることができます。 しかし、実は下半身だけではなく、二の腕の引き締め効果、腹筋や背筋をかなり使う運動でもあり、 全身に効果があるのです。 お腹痩せに効果あり 意外にも効果が高いのがお腹痩せです。 ランニングやウォーキングなどでは、あまり活性化できないお腹の脂肪も縄跳びの激しい上下運動により、温度が高まり、脂肪分解酵素リパーゼを刺激します。 脂肪が激しく動くことにより、血行が促進され、リパーゼを働かせるための、ノンアドレナリン、アドレナリン、副腎皮質ホルモンが、十分に運ばれ脂肪燃焼効率が高まります。 お腹周りの脂肪が気になる人は、縄跳びでお腹の脂肪が激しく揺れることによって、お腹痩せ効果が期待できます。 二の腕の引き締めにも効果あり お腹と同じ理由で二の腕痩せ効果も期待できます。 二の腕は、普段の生活の中であまり使われることのない部位です。 血液が滞り、リパーゼが活性化しにくい状態となっています。 縄跳びは長時間にわたって、軽く腕を動かし続ける運動でもあります。 二の腕のタプタプが気になる人にも効果てきめんです。 縄跳びダイエットは胸痩せするので注意が必要 お腹や二の腕と同様に胸痩せします。 男性の場合はおっぱいがなくなって嬉しいかもしれませんが、女性の場合は少し注意が必要です。 縄跳びを長時間やると、女性の胸を支えているクーパー靭帯というものが次第の伸びてきます。 筋肉や脂肪と違い、人体は損傷すると元に戻りません。 つまりどんどん胸が垂れ下がってしまうということですね。 縄跳びダイエットに取り組む際は、しっかり胸を固定できるスポブラなどを着用しましょう。 縄跳びダイエットは何回飛べばいい?時間や回数の目安 目指す体重目標や期間によって目標回数は変わってきますが、 最初は長くても5分300回程度からスタートしたほうがよいでしょう。 5分300回だと、1回あたり1秒と少し遅いペースな感じがしますが、5分間飛び続けることは非常に難しいです。 5分だけでも、翌日猛烈な筋肉痛に襲われることでしょう。 体重が重い方は3分でもいいと思います。 初日からはりきって20分以上やってしまうと、再起不能なほど疲れます。 身体を慣れなせて徐々に回数を増やしていくのがポイントです。 慣れてくれば500回~1000回を目標にしよう 徐々に体が慣れてきたなーと思ったら、目標を引き上げ500回~1000回を目指します。 一日1000回飛べれば、かなりダイエット効果が上がってきます。 最終目標としては、30分間で1000回を目指します。 もちろん休憩などは挟んでOKです。 詳しくは実践方法でさらに解説します。 縄跳びの消費カロリー 60キロと80キロの人を例に消費カロリーを見ていきましょう。 60キロ10分間:約120キロカロリー• 60キロ20分間:約240キロカロリー• 80キロ10分間:約140キロカロリー• 80キロ20分間:約280キロカロリー• 60キロの人は一回当たり:0. 1~0. 12キロカロリー• 80キロの人は一回当たり:0. 12~0. 14キロカロリー ダイエット効果を出すためには最低10分程度を継続することが理想的です。 さらに詳しく見たい人はこちらのページが参考になります。 他の運動となわとびの消費カロリーの比較 縄跳びがいかに効率のいい運動であるかを知るために外の運動と比べてみましょう。 10分ランニング(8. 縄跳びダイエットのやり方 まずは実践方法から、縄跳びダイエットの方法はただ一つ。 ひたすら縄跳びを続けること。 入念なストレッチを• なるべく引っかからない飛び方で• 正しいフォームを意識しよう 最初はしっかりとストレッチ これは、「縄跳びダイエットで気を付けること」でも詳しく話しますが、他のダイエットに比べて足痩せの効果が高い一方で、脚への負担が高くなってきます。 しっかりと脚を中心にストレッチを行いましょう。 1セット1分で100回 縄跳びダイエットってその場でできて楽そう!と思うかもしれませんが、単位時間当たりの消費カロリーが非常に高いため超つかれます。 1分でも飛び続ければ、汗ばんできますし、ふくらはぎがパンパンになります。 1セット1分程度を目安に体を慣れさせるようにしましょう。 徐々にセット数を増やしながら最終的に10セット1000回を目指します。 縄跳びダイエット初日から慣れるまでの回数目安・メニュー• 入念な準備運動• 1セット目:1分60回~100回• 休憩30秒• 2セット目:1分間100回• 休憩30秒• 3セット目:1分間100回 もっとできるなーという人でも、後々激しく疲れますので、無理のない程度にとどめておきましょう。 1000回飛べばどのくらい痩せる?効果を実感する期間 一日1000回を実践すれば、確実に痩せていくことができます。 1週間程度で、身体全体が締まってきた印象を感じる人もいるでしょう。 食事管理をしっかり行ったうえで実践すれば、少なくとも1カ月2~3キロ。 多い人では3~5キロ程度の減量も可能です。 引っかからない飛び方を探す これは一見消費カロリーに関係しないかもしれませんが、何度も引っ掛かると、モチベーションに関わってきます。 やっぱり引っ掛かる回数が多いほど、気持ちがすぐに疲れやすくなります。 飛び方は基本的にはなんでもよいですが、自分が飛びやすい飛び方で飛ぶことが続けるコツです。 モチベーション維持には縄跳び表を参考にする 小学校時代に見たことがある人も多いはず。 この表に書いている飛び方・回数にチャレンジすることで、数をこなしている感覚を極力なくして、あっという間に一日のノルマを達成することができます。 正しいフォームを意識しよう 縄跳びは短時間で大量のカロリーを消費できる分、単位時間当たりの反復回数が非常に多い運動です。 逆に言えば、身体のバランスが良くないままで飛んでしまうと、身体に痛みを感じるようになってしまいます。 実践するときは、必ず正しいフォームを意識しましょう。 こちらのサイトにいろんな種類の飛び方が動画付きで解説されています。 移動しなくていい• お金がかからない• 短時間で大量カロリー消費• 短期目標があって飽きにくい 移動しなくていい・その場でできる 縄跳びは近くの公園や駐車場でいつでも運動を行うことができます。 ジムに通っても、大半の人は「通うめんどくささ」で辞めてしまう人が多いですね。 なわとびなら、思い立った時にすぐに実践できますね。 めんどくささが他の運動に比べて少ないのは、運動を継続しやすい大切なポイントです。 お金がかからない お金がかからないのは大きなメリットの一つです。 縄跳びなんて一つ100円程度から売っていますから、誰でも手に入れることができますね。 短時間で大量のカロリーを消費できる 先ほども解説した通り、有酸素運動の中ではかなり効率的にカロリーを消費できる運動です。 忙しい人、毎日30分も時間が取れない人は、縄跳びがとても効率的です。 短時間で大量の汗とカロリーを消費できます。 短期目標があって飽きにくい 「ランニングやウォーキングは、飽きてしまう」が結構言います。 私もそうです。 縄跳びなら長期的な減量目標の他に、 「今日は何とびが、何回連続でできた!」など、一日の目標が非常に立てやすく、達成感も強いです。 ゲーム的な感覚の中でダイエットに取り組むことができます。 また、「SCC」「SOO」「SSO」「TJ」など、小学校では習わなかった協議会用の技に取り組むと楽しくなってきますよ。 縄跳びダイエットで気を付けること 縄跳びダイエットにはたくさんのメリットがありますが、気を付けなければならないことがあります。 ケガのリスクは他の運動より高い• 夜、外でやるときは音に注意 ケガのリスクは他の運動より高い 運動強度が高い分、ケガのリスクは他の運動よりも高くなってきます。 体重が重い人ほどひざや足裏を痛め安いので、注意が必要です。 慣れてくるまでは、 最初は1日ぐらいの間隔をあけて、一回2分以内を意識してやると、ケガのリスクが軽減されます。 ケガ防ぐために心がけること 縄跳びでケガのリスクを防止するためには、ストレッチ以外にも、3つの心がけがあります。 正しいフォームで飛ぶこと• 柔らかい土の上でやること• しっかりとクッション性のある靴でやること 正しいフォームを常に心がける 反復回数が多い分、 間違ったフォームでやると、脚さらには腰をケガする可能性があります。 追い込みすぎてフォームを崩すのではなく、しっかりと正しい姿勢で実践できているか確認しながら行います。 柔らかい土の上でやる 実践する場所が柔らかい土なのか、反発の大きいコンクリートの上なのかで、身体への負担は大きく変わってきます。 足に負担が軽いのは、柔らかい土の上です。 飛びやすさを考えるとコンクリートの方が反発が大きくやりやすさを感じるでしょうが、なるべく柔らかい場所で飛ぶようにしましょう。 クッション性の高い靴でやる 最後にくつですね。 靴はランニングでも重要ですが、縄跳びではさらに重要です。 ランニングよりも強く地面をけるため、脚への衝撃は強めになります。 薄い靴はなるべくさけましょう。 クロックスや運動靴以外は論外です。 しっかりとクッション性のある靴で実践しましょう。 夜、外でやるのは注意が必要 縄跳び独自のデメリットともいえる音の問題です。 普通に飛ぶだけなら、そこまで音は大きくありませんが、二重とびをしたりすると、多少音が大きくなりますし、その場から動かないので、最初は気にならなくても、時間がたつにつれて、だんだん音が気になってしまう人もいるはずです。 環境への配慮を忘れないようにしましょう。 実際にエア縄跳び用の商品もあります。 2000円程度で購入でき、体重設定・カロリーカウントができる商品もあります。 エア縄跳びの時も同様に、縄跳びを持っていることをイメージして、行います。 カロリー消費量はほとんど変わらないので、おすすめです。 縄跳びのおすすめ商品はこちらのページで紹介してます。 ケガのリスクを最初から認識しておき、徐々にペースを上げていく事で、安全に効果的なトレーニングとなるでしょう。 特に忙しい方にはおすすめです。 ぜひやってみてください。 縄跳びはウォーキングとの組み合わせがおすすめ 縄跳びは非常にカロリー消費が高い一方、長い時間継続するが難しいという人も多いと思います。 そんな人は、ウォーキング&縄跳びの組み合わせがおすすめです。 こちらのページで紹介しています。  ダイエット方法一覧 いろんなダイエット方法やダイエットの原理を解説しています。 ダイエット計画 ダイエットを成功へと導く計画の立て方です。

次の

縄跳びの消費カロリーはどれくらい?縄跳びのダイエット効果と跳び方をご紹介|feely(フィーリー)

縄跳び 消費 カロリー

縄跳びの消費カロリー 体重50kgの方がゆっくりのペースで10分縄跳びを跳んだ際の消費カロリー量は約70kcalとなっています。 縄跳びのスピードや体重によって消費するカロリーの数値は上下しますが、実はいたって簡単な計算で求めることが可能です。 消費カロリーを把握してダイエットを行うと具体的な数字が目に見えるようになるので、モチベーションを保つためにも避けて通らないようにしましょう。 それでは早速縄跳びの消費カロリーを求める計算式について紹介します。 上記の「体重50kgの方がゆっくりのペースで10分縄跳びを跳んだ際」の消費カロリーの計算式は「METs」という単位を使用した計算式となっています。 1 METsを使った消費カロリーの計算式 METsを使った消費カロリーの計算式は、以下の通りです。 05 この計算式を使うことでより正確なカロリー消費量を求めることができます。 METsとは、さまざまな運動を行った際、 安静にしている時と比較して何倍のカロリー消費が行われたのかを数字として表した単位のことを言います。 独 国立健康・栄養研究所 が作成した「」には縄跳び以外の運動のMETsも記載されているので是非ご覧ください。 計算式のMETsの部分にそれぞれの運動に設定されている数値を代入することでカロリー消費量を求めることができます。 2 縄跳びのMETs もちろん縄跳びにもMETsが設定されています。 ゆっくりのペース 毎分100ステップ未満 8. 3METs このように縄跳びの速さによってMETsが変化しています。 ゆっくりペースの縄跳びは8. 8METsと数値化されていますが、これは安静時の1. 0METsと比較すると8. 8倍のカロリー消費が発生しているという意味を表しています。 50kgの方がゆっくりペースで30分間縄跳びを跳んだ場合の消費カロリーは以下の通りです。 05=231kcal このようにMETsを利用した計算を行うと、簡単に消費カロリーを求めることができるのです。 体重や運動量によって消費カロリーは変動するので、現在の自分の状況を計算式に組み込み、計算してみてください。 消費カロリーを知ることで、食事メニューやダイエットの組み立てが楽になり、効率が良く管理しやすくなるので、METsを活用しダイエットをより効果的なものにしましょう。 カロリー消費量を上げるための縄跳びの3つのコツ METs換算だとランニングよりも消費カロリーが高いとされている縄跳び。 実はさらにカロリー消費量をアップさせる方法が存在します。 今回は3つに絞って紹介しますが、 スタンダードな方法でも縄跳びは十分負荷がかかる運動ですので、無理はせずにあなたの体調とよく相談してから行うようにしてください。 合わせて読みたい! 1 最低でも1日30分以上は行う 跳び方にもよりますが、縄跳びは脂肪や糖をエネルギー源とする有酸素運動です。 継続して運動を行うことが必要なので、1日に最低でも計30分ほどは縄跳びを行いましょう。 継続して運動を行う理由として、有酸素運動に使用されるエネルギーが体脂肪に切り替わるのが運動開始から20分頃とされていることが挙げられます。 そこからより長く運動を行えば消費カロリーの量も増加します。 縄跳びを30分間ずっと行い続けるのが難しい場合は、1日の中で15分2セットなど分割して行っても大丈夫です。 ダイエットを始めて間もない方は体力が続かない場合もあります。 忙しい場合は連続して行わずとも、1日の間でスキを見つけて3セット行うのも一つの手です。 2 普段より速く縄を回してみる 2番目は縄を回すスピードを普段のスピードよりも速くするという方法です。 縄を回すスピードを速くすれば、おのずと縄をジャンプするスピードも速くなります。 ジャンプするスピードが速くなれば運動強度が高くなり、カロリー消費量もアップします。 スピードによってMETsも変化するので、計算式に代入するMETsの値はその都度運動の強度に合わせて計算を行ってください。 最初はゆっくりのペースで短時間から始め、慣れてきたらペースを上げて、回数や時間を増やし運動強度を高めていきましょう。 3 交互に片足ずつ跳んでみる 最後に紹介するのは交互に足を上げて縄跳びを跳ぶ方法です。 イメージしづらい方もいらっしゃるかと思いますので、まずは下記の動画でイメージを掴んでください。 素早いスピードで跳ばなくとも、片足ずつ足を上げて跳ぶと普通の縄跳びに加えて、もも上げのようなトレーニングも同時に行えるので効果も高くなりますよ。 太ももには、大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋という4つの筋肉からなる「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」という複合筋が存在します。 この大腿四頭筋は筋肉の中でも大きなサイズの筋肉です。 鍛えることで基礎代謝を向上させ、その後も日常生活や運動でカロリーを消費する生活を続けることで太りにくい体を維持することができます。 普通の縄跳びに慣れてより効果を感じたいと思った時には、片足跳びを取り入れてみると変化があるかもしれませんよ。 関連記事はこちら! 3. まとめ 今回は縄跳びダイエットに関して紹介しました。 運動によるカロリーの消費量は「METs」を使用した計算式で求めることができました。 ノーマルな縄跳びを短い時間、短い回数から体の調子に合わせて行い、徐々に運動の強度を高め、体を追い込んでいきましょう。 縄跳びダイエットを正しく行えば、あなたが目指す最高の体が手に入るはずです。

次の