銀座 か つかみ。 銀座の高級とんかつ専門店「銀座 かつかみ」さんについてご紹介!【新・日本男児と中居】

豚の複数部位をコース仕立てで味わえる! 新感覚とんかつ専門店『銀座かつかみ』が早くも予約必至の名店に

銀座 か つかみ

このエリアでは、大衆料理である「とんかつ」もまた一段レベルを上げる。 それを仕掛けたのは2018年にオープンしたばかりの『銀座かつかみ』。 なんと「とんかつ」を中心にしたコース料理に仕立てあげたのです。 同じ揚げ物である、天ぷらや串揚げにできたのだから盲点といば盲点だったのかも。 とは言え、とんかつの大きなポーションや揚げ物としての重たさという、解決すべき課題も多いのも事実。 これを1つ1つ乗り越えて完成したのが「かつかみ」のとんかつコースなのでございます。 同時スタートのフルコース! 18時と20時の同時スタートにすることで、1つ1つのとんかつを席数でシェアすることが可能に。 とんかつ店ではロースにするか、ヒレにするかの永遠の課題がありますが、どの部位でも一切れないし二切れずつ楽しむことができるようになっております。 いま流行のシェアの文化がとんかつ界にも流入しているのです。 笑 また、重たさという部分でも随所に口直しを用意するなどの工夫が施されます。 キャベツなどの野菜も含め、肉も素材の味を優先している印象。 過度な味付けを施さないことも食べやすい理由の1つでしょう。 温度や余熱の時間などを調整して、素材本来の旨味を引き出してくれます。 以下、スペシャルコース 「トマトの出汁サラダ」 「山形牛のブレザオラ」とろける脂と塩気がたまりません。 「ひれかつ」まずは肉の旨味が汁を伝ってきます。 咀嚼の後は油の風味と相まって肉の旨味が続いていきます。 「本日の赤身かつ(そともも)」豚の甘さがぶわっと口の中で。 独特の風味が特徴的。 食べ比べだから気付ける違い! 「口直し」キウイのオレンジソース掛け 「メンチカツバーガー」酸味のきいたソース。 パテのメンチカツはどれが肉汁かわからぬほど一瞬で溶けていきます。 バーガーなのにご飯と食べたい。 笑 「パインジュース」これもまた口直し的な役割 「山形牛の牛かつ」トリュフがあるかと思えば、雲丹卵黄醤油も。 味変の前に素朴な味も忘れずに楽しみましょう。 「生車海老のエビフライ」頭から丸ごといただきます。 頭にある味噌がソースになるので、この順番は絶対に間違えちゃダメ。 「お好みかつ」数種類から蟹クリームコロッケを選択。 実はオーナーが蟹料理のきた福と同じ。 資産のフル活用!! 「リブロースカツ」たっぷりのワサビにも負けぬ脂の旨味! 「食事」数種類から一番人気のカツカレーを選択。 カレーには挽肉も加えて肉感倍増。 「かき氷」数種類からマンゴーを選択。 最後の口直しとして完全にスッキリ!.

次の

「銀座かつかみ」銀座で極上のカツが味わえるコース専門店!|スマートライフハック

銀座 か つかみ

意外な出合いも楽しめる、とんかつとワインのマリアージュ• 様々な部位のとんかつを、一切れずつコース仕立てで提供するという、新しいスタイルが話題となっている【銀座かつかみ】。 コースによって昼は4~5種類のとんかつ、夜は希少部位を含めた6種類のとんかつとエビフライなどを、揚げたてでいただけます。 それぞれベストなタイミングで出せるようにと、席数を13席に限定しているため、夜は完全予約制。 昼も予約がオススメです。 『ワインみつくろいコース』では、ソムリエの店長が厳選したワインが、絶妙なタイミングでサーブされます。 落ち着いた雰囲気の中で、とんかつの奥深さに出合える、そんなお店です。 最寄駅 東京メトロ各線 銀座駅 徒歩5分 アクセス 東京メトロ各線 銀座駅より徒歩5分 住所 東京都中央区銀座5-6-10 銀座ミヤコビル5F 営業時間 ランチ 11:30~15:00 L. 正しい情報はお店にお問い合わせください。 こだわり•

次の

「銀座かつかみ」銀座で極上のカツが味わえるコース専門店!|スマートライフハック

銀座 か つかみ

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」381日目、本日は8月21日に銀座5丁目、みゆき通り沿いにオープンしたとんかつ店「銀座かつかみ」にお伺いいたしました。 当ブログでもご紹介させていただいた和食の名店が入っている都ビルの5階、みゆき通りとすずらん通りの交差点です。 エレベーターを降り、ドアを開けるとすぐにカウンター席、奥にはテーブル席もあるようです。 ほどよく高級感があり、ほどよくカジュアルな落ち着いた雰囲気です。 まずは・キャベツの浅漬け、はりはり漬け さらに千切りキャベツ。 キャベツに使うニンジンのドレッシングはかなり濃厚です。 こちらの面白いのは少しずつ、色々な部位のトンカツがいただけること。 ありそうで無かったスタイルです。 ご飯、なめこ味噌汁も到着し、まずはこちらの部位から。 お肉は山形県産の米澤豚を使用しています。 ・ヒレ 上にたまった肉汁を飲んでからカツをいただいてくださいとのこと。 とんかつを器にして飲む肉汁、期待した通りの甘み。 肉も柔らかで甘〜。 岩塩付けるとなお甘〜い。 美味!薬味はソース2種、辛子が用意されるのですが、ほとんど塩のみでいただきました。 ・ロース 見るからに美しいシルキーな断面。 普段ロースは食べませんが、いわゆる脂っこさは全く無く、肉質良く美味。 控えめな薄い衣も好みです。 ・肩ロース かなり力強い肉の味。 少しずつ出てくるので味の違いがわかりやすくて楽しい! ・しんたま(もも) 希少部位のしんたま。 とんかつで食べるのは初めてかも。 噛むと上質なジュースがジュワリ。 適度な歯ごたえと旨味が素敵。 車海老はいらないなと思ったのですが、とんかつがとても美味しいので追加オーダー。 味噌の入った頭からかぶりつき。 オレンジ色の卵も入った大当たり。 プリプリで美味。 頼んで正解。 ・メンチカツ こちらも肉汁たっぷり。 今まで食べたメンチカツの中でもトップクラス。 ご飯と合うのはもちろん、このジューシーな感じはパンに挟んで食べても目茶美味しいそう。 カレーも豚肉ミンチがたっぷり入って、程よいスパイス感で美味。 あと数杯は余裕で食べられそうです。 肉自体が美味しいのはもちろん、ギュッと閉じ込めた肉汁が素晴らしく、すぐに人気が出そうな香りです。 大将も最初ちょっと怖い方かな。。。 と思いきや、とっても優しい方でした。 夜の予約は2名からでさらに色々な部位が少しずついただけるとのこと。 とんかつ好きとしては必ずお伺いしたいと思います。 とんかつの新世界、ごちそうさまでした! お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

次の