ミドルクラス ss。 '20新車バイク総覧〈大型コンパクトスーパースポーツ|国産車〉

ミドルクラスのスポーツバイク12選!高性能な大型バイクの魅力をご紹介!

ミドルクラス ss

・見通しが悪い ・対向車線がある ・車が走っている ・自転車がいる ・歩行者がいる ・何が落ちているか分からない etc・・・ 挙げたらキリがないのでこの辺にしておきますが、危険なものが(ものすごく)多いです。 そんなところをドンドン速く走るのは、自殺行為以外の何でもありません。 「曲がれるんだからガンガン行くぞ!」と速く走っていたら、車が突然飛び出してきて、そのままドカン!!!・・・なんてことになったらイヤですよね。 自制心がない人がリッターSSに乗るのは恐怖以外の何でもないんです。 リッターSSに乗るのは「バイクの基本」と「自制心」を身に付けてからにしましょう。 もっとも、これは他のバイクでも同じなんですけどね。 「ヤマハ YZF-R1M」にいたっては300万円を超えている・・ 仮に買えたとしても、廃車にならずに乗り続けられるのであれば問題ありません。 ですが、(ここまで何度も言いましたが)リッターSSには「事故りやすい要素」がいーっぱいあります。 立ちゴケや(軽度の)走りゴケならまだしも、最悪の場合はバイクが廃車になることも考えられます。 200万円越えのバイクが一瞬で廃車になったとき、あなたの経済的・精神的・身体的な被害がどれだけのものになるか想像できるでしょうか。 「初心者」「リッターSS」という二つの要因が重なったとき、廃車になるリスクは非常に高くなります。 もう一度言いますが、200万円超えのバイクが廃車になったとき、あなたはそれに耐えることができますか? 働いてコツコツとおカネを貯め、ようやく買ったバイクが一瞬で鉄クズになったとき、あなたは「まあ、こういうこともあるよね」と割り切ることができますか? たまに「有り金は好きなモノに全部使え!」とか「好きなバイクは借金してでも買え!」とか言って焚きつけてくる人がいるけど、仮にあなたが資産を失ったとしても、その人たちは一切責任を取らないよ? Sponsored Link 免許があるから大丈夫?本当ですか? 以上、初心者にリッターSSをおすすめしない理由を書いてみました。 リッターSSに限った話ではありませんが、憧れ「だけ」でバイクを買ってしまう人が少なからずいます。 その結果、理想と現実のギャップに辟易して早々にバイクを手放したり、事故ったという事例がいまだに後を絶ちません。 憧れでバイクを買うことを否定するわけではありませんが、せっかくバイクを買ったのに早々に手放したり事故ったのでは本末転倒です。 意気込んでバイクを買う前に、一旦立ち止まって考えなおしてみませんか。 中には「せっかく大型免許を取得したんだからリッターに乗らないと!」と言う人がいます。 ですが、 大型二輪免許を取得したからといって、 無理にリッターに乗る必要はありません。 さらに言うと、 いきなり大型ではなく、 小型や中型に乗っても何の問題もありません。 大型二輪免許の取得が容易になったとはいえ、 何だかんだでリッターバイクは乗り手を選ぶんです。 いきなりリッターバイクに乗りたいという気持ちは分かりますが、その前に「自分を知る」ことが大事だと思うんです。 公道を走る以上、自分だけではなく周りにも被害を与えないようにする必要があるんです。 「リッターバイクに乗りたい!」という気持ちは分かりますが、それは「最低限の知識・技能」を身に付けてからでも全然遅くないですよ? 国産のミドルSSといえば「ホンダ CBR600RR」「ヤマハ YZF-R6」「スズキ GSX-R600 or 750」「カワサキ ZX-6R」があるね 言っておきますが、ミドルSSも速いですよ。 あくまで「リッターSSほどではない」というだけであり、 ミドルSSも十分(というか、ものすごく)速いです。 SSに乗りたいのであれば、GSX-R600やZX-6RといったミドルSSも検討してみてはいかがでしょうか。 リッターにはリッターの良さがあるように、ミドルクラスにはミドルクラスの良さがあります。 リッターSSを検討するのは、 ミドルSSに乗ってみてからでも遅くないですよ。 さきほども言いましたが、リッターSSに安全に乗り続けるには「最低限の知識・技能」が必要です。 まずはこれを身に付けましょう。 ・ミドルSS(または他のバイク)で「バイクそのもの」に慣れる ・バイクの本を読む ・(可能であれば)オフロード走行やジムカーナもやってみる といった方法を試してみましょう。 これらの方法で少しづつ上達し、ゆくゆくはバイク初心者から脱出しましょう。 それでは、この辺で。 いつの日か、あなたがリッターSSに乗り続けることができるほど上達していることを祈って。 あなたがダートを走って「こんなはずでは」と思った部分こそ、バイクの本質である。 そんな体験をしたなら、あなたは幸せだ。 ちょっとくらい転んだっていいじゃないか。 バイクに傷がひとつできる替わりに、何年もかかって気付くテーマを即座に見い出せる。 それまでの何倍もバイクが面白くなる。 うまくもなる。 そしてこれは、安全走行にもつながる。 警察の交通標語なんか知ったことではない。 うまいことが安全なのだ。 すべてのライダーはうまくなろうと努力する義務がある。 ヘタクソは、危ないのだ。 (ベストライディングの探求 18ページ).

次の

ヤエーの返答率

ミドルクラス ss

続きましてご紹介するミドルクラスのマシンは、カワサキのバイクになります。 カワサキと言えばこれまでにも多くの排気量でいろいろなバイクを販売しているメーカーですね、そんなカワサキのミドルクラスのスポーツバイクと言えば、ということで、皆様もいわなくてもわかるほど有名なマシンもご紹介します。 まずは、ミドルクラスの中でも低価格が売りな、ER-6Fをご紹介します。 こちらのバイクは、2006年に登場し、水冷の並列2気筒エンジンを搭載するマシンとして登場しました。 フルカウルモデルのスポーツバイクのため、高速道路などでも安心して走行できるバイクです。 逆輸入車ということもあり、割と他のライダーとかぶらないバイクとしても知られています。 続きまして、ミドルクラスのおすすめ高性能バイクは、カワサキと言えばNinjaシリーズということで、NinjaシリーズのミドルクラスであるNinja650をご紹介します。 Ninja650は2017年に登場したABS搭載車が初めてでした。 元々は上記でご紹介したER-6FがNinja650と呼ばれており、そこからフルモデルチェンジを行い進化した物が今回ご紹介するNinja650になります、ER-6Fではなかった、エッジの効いた、まさに角の立つようなシャープで鋭利なスタイルが追加されました、これぞNinjaシリーズと呼べるほどのデザインとなったNinja650が新たなNinjaのミドルクラスとして今も現役で人気を得ているバイクになっています。 続きましてご紹介したいのは、スズキが販売するミドルクラスのスポーツバイクになります。 スズキが販売するスポーツバイクは多くありますが、今回ご紹介するのはGSX-R600になります。 ジスペケという愛称でも知られているGSXシリーズのミドルスポーツクラスになります。 その性能はとても高く、1992年にGSX-R750が水冷となり、その翌年である1993年に登場したのがGSX-R600になります。 GSX-R750をメインのイメージとしつつ改修されました。 2001年に大きくフルモデルチェンジがされ、フューエルインジェクションに変わました、それ以降もモデルチェンジを繰り返し2017年まで逆輸入のバイクとして販売されていました。

次の

ミドルクラスSSバイク選びで迷ってます。GSX

ミドルクラス ss

私は大型のミドルクラスSSに乗っています。 場所や状況等ありますが、ヤエーをする方や返答率に大きく差があるように感じます。 特にやらなければいけないというわけではないので、そこまでムッとしたり、思う所はないのですが。 また返答率も高いです。 あれば返します。 こちらからしても無視されるときが多い気がします。 私の気のせいかもしれませんが、どうしてこのような差があるのでしょうか? 皆様のご意見をお待ちしております。 きなこもち-もち2さんの意見なんか分かる気がします。 私の場合もネイキッドやSSの人はみんな返してくれる人が多いのですが、アメリカン 特にハーレー の人って余り返してくれないですよね。 きっと自分の世界に入りきってしまっていて、音や風、そして走ることだけを純粋に楽しんでいるのでしょうかね〜。 個人的な偏見ですが、アメリカンに乗っている人って1人が好きで、俺に構うんじゃねぇっていう感じの人が多いと思うんですよね。 だからヤエーを返してくれないのではないかと… そうではないアメリカン乗りの方すいません。 たまにオフ車に乗っている人にヤエーするとウィリーとかしてくれて凄く嬉しいんですよね。 だからオフ車の人には積極的にヤエーをしていますね(笑) こんにちは。 私自身がフルカウルタイプにしか興味のない人間ですので、その視点からの回答です。 アメリカンは男臭さを売りにする方が乗るケースが非常に多いので、 相手も同じだとはっきりわからないとコミュニケーションを取りたがらないですね……。 ではでは! いつから「ヤエー」なんて、ヤギの鳴き声みたいは言い方になったんですかね?・・・笑 我々、往年のバイク乗りにとっては、ツーリングのあいさつは、「ピースサイン」と呼んでいました。 日本中のバイク乗りがそう呼んでいましたね。 今では、幾分か、意味をつけて、というか、こじつけてそう呼ぶのですね。 まあ、それはいいとして、 バイク乗りの挨拶は、ツーリングなどに出て、気持ちが解放されていないと無理がありますね。 もともとは、ツーリングライダーの挨拶だったのですから。 よく、大型ダンプの運転手どうしが、クラクションで挨拶しているのを見かけます、というか聞きます。 あれは、同業者としての、一体感やつながりがあるんですよね。 ですから、毎朝の通勤のバイクにそれを求めるのは無理というものです。 バイクに乗っていても、向こうとこっちとでは、「同じバイク乗り」の意識はないでしょうね。 特に、原付に乗っている人は、ほとんど自転車感覚なので、バイク乗りの仲間には数えない方がよろしいかと。 しかも、街中だと、信号を見てないと、歩行者を見てないと、前の車も後ろの車も見てないといけない忙しい状況なので、ゆっくりと対向車のあなたのバイクを見て、挨拶しようなんて・・・・・・とても無理です。 もちろん、ツーリングのメッカの土地に行けば、 多くのバイク乗りが走っていますので、早めにピースサインだして、相手に気づいてもらえるようにすれば、返答率はあがりますよ。 バイクの種類によって、返答率が違うのではなくて、走っている人がツーリングライダーかどうかで違ってくるのです。 生活ライダーからの返答を期待してはいけません。 仕事の事を考えながら走っているのですから、それを妨げてはいけません。 回答有難うございました。 別の質問も込みで回答してくださったのですかね。 ヤエーなんてどこ発祥かはわかりません。 ただツーリング動画にてyeahで表現してあり、それから来ているので、私はヤエーが定着しています。 (日本語文字に起こすとヤギっぽいのは否めません。 通学通勤で使用するのであれば、原付やスクーターで十分ではないでしょうか?毎日乗るのに燃費は悪く、乗車姿勢、振動、保険等様々な点において、わざわざその他の車種、排気量の大きなバイクに乗っているのは変だと思います。 ですので原付、スクーター以外に乗っている方は趣味もしくは好きで乗っておられる方が多いのではないでしょうか?それならばバイク乗りの意識という点では間違いなくあると思いますが。 また、街中やカーブなど事故に繋がるような状況において挨拶するなんて考えは持ち合わせておりません。 ツーリングスポットでの経験を踏まえて車種別に質問を記載しております。 そして仕事のことを考えながら走っているのは危険ですね。 それは妨げてまでも止めさせるべきだと私は思います。 Q バイクの購入を考えてます。 購入ルートとしてオークション、通販、店頭購入などをありますが、購入後のメンテナンスをどうするかで悩んでます。 先日近所のレッドバロンに行ったら 「程度の悪いバイクをオークションで安く購入した物を当店に持ち込んで修理を依頼され、色々修理をしたら結構高い金額になってトラブルになることが多いため、数年前からレッドバロングループ以外で購入したバイクのメンテナンスは原則受け付けてません。 」 と言われました。 店のリスクを考えると納得できる理由ですが、最近は同じような理由で他店(特にオークション)で購入したバイクのメンテナンスを断るショップが増えているようです。 私は仕事の都合上引越しが多いため、仮に個人経営のショップや地域のチェーン店(一部地域のみで展開してる店)で買っても引越し後にそのショップはないので困ってしまいます。 そういうことを考えると多少販売価格高くても全国チェーンのショップ(レッドバロン等)で購入した方がよいのかもしれません… そこで購入店以外でメンテはできるのか?というこを教えてください。 もし可能な場合は店の形態(個人経営ショップ、地域チェーン店、YSPやホンダドリームなどのディーラー)なども教えて欲しいです。 バイクの購入を考えてます。 購入ルートとしてオークション、通販、店頭購入などをありますが、購入後のメンテナンスをどうするかで悩んでます。 先日近所のレッドバロンに行ったら 「程度の悪いバイクをオークションで安く購入した物を当店に持ち込んで修理を依頼され、色々修理をしたら結構高い金額になってトラブルになることが多いため、数年前からレッドバロングループ以外で購入したバイクのメンテナンスは原則受け付けてません。 」 と言われました。 店のリスクを考えると納得できる理由ですが... A ベストアンサー 基本的に、どこの店でも他店購入のバイクの修理は受け付けています。 レッドバロンの場合は、大規模店は売るだけで直さないという評判が立つのを嫌がり、自店購入のお客を最優先させるためという名目で他店購入の車両は修理しないか制限するという方針です。 ちゃんとした店で状態の良い中古車や新車の場合には、修理と言ってもたかが知れているので、他店購入バイクでも見てもらえるはずです。 走行中エンジンが止まって動かない、目の前のバイク屋に入ったら断られたでは人でなしですから。 本当に、オークション購入車両でのトラブルは多いのです。 私も何度も経験しています。 (元バイク屋です) 程度の良いバイクならバイク屋でも買い取るんです。 買い取らないようなボロがオークションに流れているのです。 私なら絶対にオークションで買う気はおきないですね。 >そこで購入店以外でメンテはできるのか?というこを教えてください。 できます。 メンテといっても、よほどの旧車や外車でなければ、たかが知れていると思います。 消耗品の交換や車検くらいでしょう。 ただ、問題は大きな故障やすぐに原因のつかめない不調があった場合ですね。 メカニックは医者と同じですから、一台のバイクを長く見ていれば、不調があっても「いついつ何を交換しているはずなので、他が原因」と予測することが可能です。 人間で言えば、過去の病歴を知っているのと同じです。 これが一見のバイクの場合、健康診断、精密検査から始めないとなりません。 これが他店購入だと高額修理費になる原因です。 他店購入でも、12ヶ月点検や車検などで全体的に見てもらっていれば、修理は受けつけないとか、わからない値段を請求されることは無いかと思います。 新車であれば、レッドバロンで買ってもいいかもしれませんが。 あそこは中古車で利益を出しているので、新車であればレッドバロンより安い店はそう多くないです。 メカニックの技術が、店によってムラがあるのが難点ですが。 ローン金利も高いので、現金で買うか信金の自動車ローンなどを利用したほうがいいです。 ちなみに、バイクにメーカー系ディーラーはありません。 YSPもプロスもSBSもARKも、メーカー資本の入っていない経営です。 メーカーとの契約により看板を上げているだけです。 基本的に、どこの店でも他店購入のバイクの修理は受け付けています。 レッドバロンの場合は、大規模店は売るだけで直さないという評判が立つのを嫌がり、自店購入のお客を最優先させるためという名目で他店購入の車両は修理しないか制限するという方針です。 ちゃんとした店で状態の良い中古車や新車の場合には、修理と言ってもたかが知れているので、他店購入バイクでも見てもらえるはずです。 走行中エンジンが止まって動かない、目の前のバイク屋に入ったら断られたでは人でなしですから。 本当に、... A ベストアンサー ・教習所でくれる書類 ・印鑑 シャチハタはダメ ・お金 ・免許証 ・ 眼鏡 筆記具は備え付けの物が有ると思います。 受付で教習所の書類見せると、必要書類を貰えます。 それに記入して、印紙を貼って窓口に提出すればOK。 あとは視力と聴力テストと写真撮影。 学科試験は免除ですが、視力と聴力テスト 会話の受け答えが出来ればOK はあります。 免許証はゴールドが引き継げます。 以前は教習ビデオを1時間位見せられて、その間に新しい免許証が出来上がったんですが、いまはIC付になったのでどうなっているんだろう…? A ベストアンサー メンテナンスがより重要になると言えます。 それを怠れば,濡らさない場合より故障や不具合の頻度は上がるでしょうね。 雨中走行での懸念は, ・チェーン・オイルの流亡が早まる ・可動部のグリスの流亡が早まる ・金属部品各所に錆び呼びやすくなる ことでしょう。 初めの2点が,「その水にオイルが…」の理由でしょう。 また場合によっては,下方からの水の跳ね上げや,深い水たまり走行などで,電装系の浸水のリスクが増える可能性もあります。 ただし,バイクは雨中走行を考慮して設計・製造されているので,給脂や清掃時の錆びの早期発見・対処などで問題を防止できます。 経験的には,オーナーズマニュアル等にある,清掃・点検・整備をキチンとすれば,それほど故障は心配ないと言えます。 私はリスクを減らすために,「雨中乗らない」ことより,メンテナンスと駐車時に濡らさない(カバーをする)ようにしています。 A ベストアンサー 水冷:エンジンの温度が安定させやすく、シリンダーとピストンのクリアランスを空冷に比べて詰めることができるため、高出力が可能である。 また、オイルの消費も少なく低粘度のものを使用することが可能。 そのためエンジン単体では、効率がよく低燃費にしやすい。 排気もきれい。 シリンダーの周りに冷却水が回る部分があるので、エンジンのメカノイズが小さい。 冷却水、ラジエター、ウォーターポンプなどが必要なのでその分重たくなる。 2年に一度程度、冷却水を交換する必要がある。 大排気量の場合は、廃熱が大きいため、夏期は不快になりやすい。 (ファンが回ったときに一気に熱さを感じる。 ) 空冷:熱変化が大きいことから、シリンダーとピシトンの間に余裕を持たせる必要があるので、高出力化が難しい。 また、オイルの消費も多くなりやすいため、オイルはやや固めのものを使用することになる。 そのためエンジン単体では、効率が落ち、低燃費にしにくい。 排気の美しさの面でも不利。 水冷に比べてメカノイズが大きい。 冷却に関する機構が不要で軽量。 冷却系統のメンテナンスが不要。 夏期に感じる熱さは、水冷に比べて廃熱が分散している分やや楽。 スズキの油冷は、空冷とほとんど同じです。 水冷:エンジンの温度が安定させやすく、シリンダーとピストンのクリアランスを空冷に比べて詰めることができるため、高出力が可能である。 また、オイルの消費も少なく低粘度のものを使用することが可能。 そのためエンジン単体では、効率がよく低燃費にしやすい。 排気もきれい。 シリンダーの周りに冷却水が回る部分があるので、エンジンのメカノイズが小さい。 冷却水、ラジエター、ウォーターポンプなどが必要なのでその分重たくなる。 2年に一度程度、冷却水を交換する必要がある。 大排気量の場合は... A ベストアンサー バイクは雨の中も走る物なので汚れる以外特に気にしませんが、駐車する場所が雨の掛からないところであれば柔らかいタオルでメーター周りなどを中心にして水気を拭き取ります、その後タンクやカウル等も含め拭くくらいのものでもし雨が掛かる場所であればメーターやキーのあたりだけ水気を拭いてビニールなどであまり水気が掛からないようにしていました。 中にはメーターなどに湿気の進入するバイクも今まで経験していますがメーター周りだけカバーするのもエンジンなどが冷えていないとしませんでした、もちろん今自宅はガレージ内に入れますから雨の中走って帰れば入れた後で上記の用に水気を拭き取るだけです(汚れがひどいと感じたら雨の中でも水道で簡単に洗車します(私は基本的に晴れの日には滅多に洗車しない)その理由はわざわざ濡らしたくないからでもちろん水の掛け方なども上から緩い圧力でと注意もします(フェンダーの裏くらいは注意して圧力を上げます)でもシート下やタンク下に水がかからない注意は常にしますしメーターのあたりに水道で水をかけたことも有りません。 こんなやり方で長く乗っていますが今のバイクは国産ではないので電気系他特に注意をしています(過去にレギュレターが職場でパンクして高く付いたから)またいろいろと電装品の後付もしていますから・・・ 従ってあまりにも細かく気にすることはないと言うのが私の言いたいことで、するなら上記の事を頭に置いて最低限の事で済ませましょう、またその気になればバケツ一杯の水でも工夫次第で洗車も出来ますよ(バイクだけでなく車でもね)これらは実際に私がしていたことです(以前タクシーに乗っていたことがありバケツの洗車はそのとき覚えた)要するに工夫次第です。 毎日乗るバイクなら天気の良い日にフロントフォークなどのインナーチューブなど錆が浮いてくれば困るところ(カウルの陰で見にくい部分)などに注意したりドライブチェーンのメンテナンスをまめにすることで駆動系の寿命が大きく変わります(私は雨の中走ったら次の天気の良い日に時間を出来るだけ作ってドライブチェーンなどのメンテナンスは必ずします(専用のクリーナーとグリス使用して)これが意外と高いけど長く乗れば結果的に安く付きます。 簡単に雨の中走ったらこの程度の事を気にしていれば良いと思いますが、その他ではワイヤーや各部の可動部分に定期的にグリスアップなどしますしゴムのパーツにはシリコングリスなどを使うようにして出来るだけ長く使用できるようにしています 新車時のワイヤーやレバーを5万キロくらいでは平気で使用できます)ドライブチェーン一式は33000キロ時に一度交換してますが。 またカバーなども屋根の下では不要な湿気を呼ぶことも有るので使用しません、雨の日に外で一晩泊める必要がある場合(旅館に宿泊などで)はエンジンなどが冷えるまで待ってカバー掛けますがそれだけです(質問者が濡れていない車体に雨の日に掛けるのは良いことですが雨が上がったら湿気を呼んでいると思うので注意してください)もちろん盗難予防の意味で使用することも多く有ります(目を付けられにくいように考えて)この場合は天候関係有りません。 バイクは雨の中も走る物なので汚れる以外特に気にしませんが、駐車する場所が雨の掛からないところであれば柔らかいタオルでメーター周りなどを中心にして水気を拭き取ります、その後タンクやカウル等も含め拭くくらいのものでもし雨が掛かる場所であればメーターやキーのあたりだけ水気を拭いてビニールなどであまり水気が掛からないようにしていました。 中にはメーターなどに湿気の進入するバイクも今まで経験していますがメーター周りだけカバーするのもエンジンなどが冷えていないとしませんでした、もちろ... (注意:走行後は非常に熱いので火傷をします。 走行前にする事) ディスク面が波打ってませんか?もしそうならバイク屋さんで研磨してもらってください。 ひどくなると研磨不可能になり交換(高額)になります ディスク面がほとんど平らならパットが原因と思います。 ディスクにパットのカドが鋭角にあたる為です。 A ベストアンサー オンもオフも混ぜて10数台乗り継いでる人間です。 オフロード車で走る「メリット」もありますが、あえてオフロード者に乗る人は「魅力」に魅かれている場合も多いです。 ・軽量な車体でとり回しが楽 例えば250ccですとオンロードバイクが140kg~に対して オフロードバイクはせいぜい重くても~120kgぐらいです。 住宅街を抜けての通勤や買い物に行くときは本当に便利です。 後、オンロードバイクのような高回転でパワーを出すものと違い 低回転から力強く足を運んでくれるのでキビキビ走ってくれます それに全体的に見て燃費のいいバイクも多いです。 ・高い目線 ミニバン人気の一つ「車体からの視野の広さ」と同じ部分があります オンロードバイクのように前傾姿勢になりにくいので目線が高く遠くまで見えます。 街中をレーサーレプリカで走ると首が疲れます(笑 ・週末のツーリングにもってこい 気合を入れて峠に通うような人でなければオフロード車の走行性能で十分です 尚且つ標準キャリアのバイクが多くて箱をつけてても「ツーリングライダー」として様になります オンロードバイクはツアラーでないと、なかなか「箱付き」は不恰好ですから…。 ・車体の整備性のよさ、頑丈な作り 単気筒のバイクが多く、パーツ点数の少なさからDIY整備が非常に楽です ある程度バラす前提があること(泥が色んなところに入り込みますので)から 基本的には各部パーツのはずし方も複雑でなく、簡単なものが多いです また、林道などでコケることも前提に作ってますので道路で緊急回避でコケたとしても 大体の場合はそのままなにごともないようにエンジンかけて走ってけれます。 オンロード車はすぐハンドル曲がったとかタンクヘコんだとか外装に色々気を使いますから…。 ・二人乗りが楽 意外なメリットで、私の場合はこれがありました。 一つ前の型のKLXに乗っていたのですが、シートがちょうどよい弾力で それなりに幅広、かといってまたを開くわけでもないので 女の子を乗せて「このバイクが一番いい」といわれました アメリカンは密着できず背もたれ便りになるのが逆に怖かったそうです。 私がオフロードに乗っていて感じたメリットはこんなところです。 質問主さんのように「なんで?」と感じる方やカッコ悪いという方も多く 私も当初はそう感じていたのですが、次第にはまっていきました 無骨なデザインやタフで頼れる相棒という感じで、とても信頼がおけます。 オフロード好きって、本当にバイク好きそう…と、自分に酔いしれてた時期もありました(笑 オンもオフも混ぜて10数台乗り継いでる人間です。 オフロード車で走る「メリット」もありますが、あえてオフロード者に乗る人は「魅力」に魅かれている場合も多いです。 ・軽量な車体でとり回しが楽 例えば250ccですとオンロードバイクが140kg~に対して オフロードバイクはせいぜい重くても~120kgぐらいです。 住宅街を抜けての通勤や買い物に行くときは本当に便利です。 後、オンロードバイクのような高回転でパワーを出すものと違い 低回転から力強く足を運んでくれるのでキビキビ走ってくれます... A ベストアンサー 焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。 又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。 どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・ 又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも) もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい) なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。 焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。 又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。 どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...

次の